押しつ押されつな日々

文芸翻訳修行中の駆け出し翻訳者 兼 新米カーチャンが、
赤子を抱えて右往左往する様をつづる不定期更新ブログ(になる予定)。


テーマ:

 こんにちは。
 
 みなさんは「ひもづく」っていう言葉、聞いたことはありますか? 意味はご存じでしょうか。使ったことはありますか?
 わたしがこの単語に出会ったのは1年前でした。そして先日、再会を果たし……どうしてもなじめないので、いろいろ調べてしまいました。その結果をここにまとめてみます。

【見出し一覧】
1.きっかけ
2.定義
3.いつから?
4.自動詞? 他動詞?
5.使用範囲の広がり
6.おわりに

【本文】

1.きっかけ
 twitterを始めてみようかと思案中だったときのこと。これって携帯メールからでもつぶやけるのかな? などと思いながら検索していたTwitterブログの記事(2010年1月26日)にて「ひもづく」という表現に出会いました。

これをクリックすると、あなたのアカウントにひもづいた秘密のメールアドレスを表示します。
 
 ひもがついてちゃあ、秘密っぽくないような気もしますが……。
「お、何だこのひもは?」
 くいっ。(ひもを引っぱる)
「こっ、これは……秘密のメールアドレス(゜д゜;)!」

 なんか楽しそう( ´艸`)……じゃなくて、気になる! というのがことの始まりです。


2.定義
 このことばがIT関係の方々の間では普通に使われているということは、じつは1年前から知っていました。仕事中にこの単語に出会って、そのときにも「ひもづくって何だ!」と、いろいろ調べたわけです。そのときに「関連づける」くらいの意味だということを学びました。

 当時は専門用語として解説されているページはなかったと思います。ところが今回、一般の方々も利用するであろうtwitter関連のウェブサイトで使われていたので、いよいよ標準語に格上げか!? と思ったら、いつの間にかNTTPCの用語解説辞典に載っていました。それによると、

【紐付け】
ひもづけ
 ある文字やデータに、別の情報を関連付けること。あるいは、特定の機器に情報を関連付けることも紐付け(ひもづけ)ということがある。(後略)

 このページには例が載っているのでわかりやすいです。IDやらアカウントやらが特に「ひもづく」のが好きみたいですね。


3.いつから?
 定義がわかったところで、いったいいつ頃からこの言葉は使われ始めたのか? というのが今のもっぱらの関心事であります。「ひもづく」「ひもづけ」について疑問を感じていた方は以前からいらっしゃったみたいで、ブログやメルマガで取り上げられています。以下、その一例。

-テープ起こしメルマガ「おこ総研通信」第39号(2004年10月10日)

最近気になる言い回し
その30.ひもづく(ひもづいて、ひもづける)

 例えばこんなぐあい → 私どもは○○と○○をひもづけて考えております。

 「広辞苑」「大辞林」はもちろん、いわゆる用字本等にも出ていないこの言葉。ついでに「古語辞典」まで引っ張り出してみたものの、やっぱりどこにも書いてないっ!!
 いったいぜんたい、いつから、そしてどこから生まれた言葉なんでしょう。そして、その意味は?

 某月某日、Googleで検索をかけてみると、「ひもづける」が7580件、「ひもづいて」が5件、「ひもづく」が90件。

 「ひもがつく」「ひもをつける」というイメージからすると、「関連する・関連させる」とか「つながる・つなげる・つなぐ」「基づく」というような意味で使っているのでしょうか。
(後略)


 2004年にはすでにgoogleで7000件を超えているんですね。興味深いです。ちなみに2010年4月22日現在の検索結果はこちら↓

"ひもづける"--10万6000件
"ひもづいて"--2万8400件
"ひもづく"--2840件
「紐づける | ひもづける | 紐付ける」--38万2000件(!)

 2004年当時よりもかなり浸透している様子です。

-日本語調査結果(131)
 テーマは、「『案件にひもつく』『A社にひもつく会社』等の『ひもつく』という言葉をどう思いますか。」
 回答は以下のように分かれていました。
 
聞いたことがない--65.9%
聞いたけど使わない--18.1%
使っていて問題ない--8.7%
使っているが変だ--7.2%

年齢、性別、都道府県ごとに詳細な結果が分類されていておもしろいです。IDやアカウント以外にも、いろいろなものに「ひもづく」ことができるみたいです。

-へなちょこ校正日誌(2006年8月20日)
 校正のお仕事をなさっている方のブログです。わたしも仕事柄、校正に近いことをしているので、この方の気持ちはとてもよくわかります。
わからない語句が辞書にないだけで「間違い」と決めつけちゃイカンってことですね…。仕事で「業界用語」が使ってあったら、(あまり使いたくはないけれど)むやみに切り捨てぬよう、「要注意」だなぁ…。

 この方も、先の「日本語調査結果」をご覧になったようです。後日のエントリーにも「架電の件」について書いてあったりして(わたしも気になっていた)、おもしろいブログでした。

 で、肝心の「いつから」使われはじめたか。期間の指定「datarange:」を使って調べようと思ったんですが……なんか全然うまくいきませんでした。今回見つけた一番古い記事はEICネットの「1次マニフェストと2次マニフェストの紐付けについて」(2003年12月1日)だったので、それ以前がどうだったのかが知りたいところ。(注1)


4.自動詞? 他動詞?
 さて、なんだかんだで浸透しつつあるらしい「ひもづく」ですが、どうしても引っかかることがあります。それは、「ひもづく」って自動詞なのでは、ということ。
「ひもづける」は「○と×をひもづける」「○を×にひもづける」というふうに他動詞として使えるからまだわかるけども……「ひもづく」は自動詞を他動詞として使っているような違和感がありませんか?
 最初にだれがどんなつもりで「ひもづく」と言ったのか……。「基づく」があるから「ひもづく」もいけると思ったんでしょうか。「ひもづける」とは別で調査が必要かもしれません。


5.使用範囲の広がり
 IDやらアカウントやらと一緒に使われることが多いらしい「ひもづく」。しかし、IT業界から世間一般へと進出を続けるうちに、使われる範囲がどんどん広がっているのではないでしょうか。
 たとえば検索で拾ったこの表現。「経済格差がそのまま教育格差へとひもづいている」……これは「つながる」「結びつく」の意味でしょうかね。
 こういう使い方は、個人的にはしたくないな~。でもこれから増えていくんだろうなあ……。


6.おわりに
 実はこの文章は、今日書いたものではありません。4月ごろに別のところ(過疎ブログ)で書いたものなのですが、今回、再利用(笑)にあたって少し改変しました。
 また、「ひもづけ」の出自をご存じの方、もしくは日本語の自動詞と他動詞に詳しい方はぜひともご教示くださいませ(`・ω・´)ゞ
 ひどく長くなってしまいました。最後まで目を通してくださった奇特な方、どうもありがとうございました♪


(注1)Google検索では、検索結果のURL末尾に&as_qdr=y15という文字列をつけることでそのサイトの公開日を表示することができるようです。この方法を知ったのが最近のことなので、これから試してみます。また、これについてはまた後日、まとめてみたいと思っています。


 それではまた~(。・ω・)ノ゙

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

も子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ことば」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。