マネーボール

DVDにて観賞



解説
アメリカのプロ野球、メジャーリーグの貧乏球団を独自の理論で常勝球団
に育て上げた実在の男の半生を、ブラッド・ピットが演じる感動的なヒュ
ーマンドラマ。
球団のゼネラルマネージャーが独自の理論である「マネーボール理論」を
推し進め、貧乏球団を常勝集団に生まれ変わらせていく過程を描く。
監督を、『カポーティ』のベネット・ミラーが務め、『ソーシャル・ネッ
トワーク』のアーロン・ソーキンが脚本を担当。
ブラッドとフィリップ・シーモア・ホフマンやロビン・ライトなど実力派
キャストによる演技合戦に期待。

A Day In The Life


あらすじ
元プロ野球選手で短気な性格のビリー・ビーン(ブラッド・ピット)は、
アスレチックスのゼネラルマネージャーに就任する。
チームはワールド・チャンピオンになるには程遠い状態で、優秀な選手
は雇えない貧乏球団だった。
あるとき、ピーター・ブランド(ジョナ・ヒル)というデータ分析にたけ
た人物との出会いをきっかけに、「マネーボール理論」を作り上げる。
しかし、「マネーボール理論」に対し選手や監督からは反発を受けてしま
い……。

A Day In The Life


ブラッド・ピット主演の映画ということで期待して、観賞した。

選手を補強する資金がないチームがどうやって勝つか、その手法は

「マネーボール理論」だった。

とにかく塁に出る、ホームランは要らない。

塁にランナーをためて、ヒットで帰す。

かつての日本プロ野球の野村監督率いるヤクルトがそうであった。

データ野球と言われ、ヤクルトの全盛期を作ったのが野村監督だった。

現場の指揮を執る監督役に、フィリップ・シーモア・ホフマン。

何かとビリーが指揮に介入することに、うんざりしていた。

時には摩擦も起こり、ビリーはデータに合わない選手たちを次々

とトレードし、選手とGM間にも不信感が芽生えていた。

しかしビリーはマネーボール理論を貫き、最後は大リーグ史上初の

20連勝という快挙を成し遂げるが、最後のプレーオフで敗れてし

まい、優勝はできなかった。

でもその手法を高くかっていたチームからビリーは誘われるので

あったが・・・・

邦画に「もしドラ」というのがあったが、この洋画版だと思えば

いい。

劇場で観るほどの映画でもなかったかな。

にほんブログ村に参加しています。
応援のクリックをお願いしますね。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

AD

コメント(2)