アーティスト

劇場にて鑑賞



解説
サイレントからトーキーへと移り変わるころのハリウッドを舞台に、スター俳優
の葛藤(かっとう)と愛を美しいモノクロ映像でつづるサイレント映画。
フランスのミシェル・アザナヴィシウス監督がメガホンを取り、ヨーロッパのみ
ならずアメリカの映画賞をも席巻。
芸術家(アーティスト)であることに誇りをもち、時代の変化の波に乗れずに凋落
(ちょうらく)してしまうスターを演じるのは、『OSS 117 私を愛したカフェオーレ』
のジャン・デュジャルダン。
ほかに、ジョン・グッドマンなどのハリウッドの名脇役が出演。
サイレントの傑作の数々へのオマージュが映画ファンの心をくすぐり、シンプルで
ロマンチックなラブストーリーも感動を誘う。

A Day In The Life


あらすじ
1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターとして君臨していたジョージ・
ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新作の舞台あいさつで新人女優
ペピー(ベレニス・ベジョ)と出会う。
その後オーディションを経て、ジョージの何げないアドバイスをきっかけにヒロイン
を務めるほどになったペピーは、トーキー映画のスターへと駆け上がる。
一方ジョージは、かたくなにサイレントにこだわっていたが、自身の監督・主演作が
ヒットせず……。

A Day In The Life


全編モノクロで、サイレント映画である本作は、フランス映画ながら、

アカデミー作品賞、主演男優賞などを受賞。

チャーリーズ・チャップリンのサイレント映画を彷彿とさせる内容は、

サイレントながらも、あらすじはとてもわかりやすい。

サイレント映画のスター、ジョージ・ヴァレンティンを演じるのは、

ジャン・デュジャルダン。

この映画で初めてその名を知った。

ジョージとその愛犬がいいコンビで、映画の冒頭でも舞台挨拶を愛犬と

ジョージがしていた場面が微笑ましい。

ジョージのスターとしての地位も、トーキーに変わる頃には、その座を

新人女優ペピーに明け渡すことになった。

あくまでもサイレントにこだわるジョージは、自分が監督・主演で映画

を作るが、同時公開のペピー主演映画に観客を持っていかれる。

その後の凋落ぶりは、エンタメ界でもそうであるように、悲惨だ。

質屋通い、オークションで生活費を捻出する始末。

逆に新人女優ペピーは、押しも押されぬ大女優に登りつめていく。

当初からジョージに恋を寄せていたペピーは、救いの手を差し延べるが、

同情はされたくないとジョージは拒む。

ラストの二人のタップダンス、このシーンはこの映画の一番の肝でもある。

是非、劇場で観てほしいシーンだ。

にほんブログ村に参加しています。
応援のクリックをお願いしますね。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

AD

コメント(8)