初日にての観賞



解説
大好きな父親を911のアメリカ同時多発テロで亡くした少年が、父親の
残した鍵の謎を探るべくニューヨーク中を奔走する姿を描く感動ドラマ。
ジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説を、トム・ハンクス
とサンドラ・ブロックという二人のアカデミー賞受賞俳優の共演で映画化。
『リトル・ダンサー』『愛を読むひと』の名匠、スティーヴン・ダルドリー
が監督を務める。
鍵穴探しの旅で父の死を乗り越え、力強く成長する少年には、映画初出演の
トーマス・ホーンを抜てき。
ダルドリー監督の繊細な演出と俳優陣の演技が感動を呼ぶ。

A Day In The Life


あらすじ
911の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした少年
オスカー(トーマス・ホーン)。
ある日、父の部屋に入ったオスカーは、見たことのない1本の鍵を見つける。
その鍵に父からのメッセージが託されているかもしれないと考えたオスカーは、
この広いニューヨークで鍵の謎を解くため旅に出る。

A Day In The Life


9・11からどれくらい経つんだろう?

まだ哀しみが言えない家族のことを思うと、やるせない思いがする。

冒頭の遺体が入ってない棺だけの埋葬。

オスカーは「こんなのは葬式ごっこにすぎない」と怒りを露わにする。

大切な父、トム・ハンクスをあのニューヨーク同時多発テロで亡くした

少年オスカー。

死の直前に電話が6回も留守電に入っていたのだが、電話に出ることが

できなかったことを未だに後悔し続けていた。

一方、サンドラ・ブロック演じる母はふさぎ込んでいた。

オスカーはそんな母を「存在感がないので、この家では僕と母の二人では

なく、一人半だ」と非難する。

ある日、父の部屋で見つけた一本の鍵、その鍵が合うロッカーに、ひょっと

したら父親の遺品などが眠っているのではないかと思い、鍵が合う場所を

探す旅に出かけようとする。

同行するのは祖母の同居人だというじいちゃん。そのじいちゃんは何かの

ショックで口が聞けない状態になっていた。筆談で少年と交流をするじいちゃん。

そのじいちゃんは何者なのか?

そして鍵が合う場所を見つけられるのか?

ニューヨーク中を旅してまわるオスカーを応援するのが実は母親の

サンドラ・ブロック。

ここでもいい存在感を見せている。

オスカーがこの旅をするなかで、徐々に哀しみを受け入れ、成長していく様子が

見事に描かれている。

2時間20分くらいの映画であるが、ダドリー監督の演出が今回も光っていた。

にほんブログ村に参加しています。
応援のクリックをお願いしますね。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

AD

コメント(4)