ようやく今週末、劇場で観ました。

原作は既読です。



解説
東野圭吾のミステリー小説「加賀恭一郎シリーズ」の「新参者」を基に、
阿部寛主演で放送されたテレビドラマの劇場版。
東京・日本橋で起こった殺人事件の謎に挑む主人公・加賀の姿と、事件
に絡む人々の深いきずなを描いていく。
メガホンを取るのは、『いま、会いにゆきます』の土井裕泰。
新垣結衣、山崎努、中井貴一ほかドラマ版にも登場した黒木メイサや溝端
淳平が共演。
事件の裏にひそむ家族や恋人との関係にも迫り、ミステリーとしてだけでは
なくヒューマン・ドラマとしても楽しめる。

A Day In The Life


あらすじ
腹部を刺された状態で8分間も歩き続け、東京・日本橋の麒麟(きりん)の
像の下で息絶えた男性。
一方、容疑者の男は逃亡中に事故に遭い、意識不明の重体となる。
日本橋署の加賀恭一郎(阿部寛)は事件を捜査するにつれ、関係者の知られ
ざる一面に近づいていく。
被害者はなぜ必死で歩いたのか、はたまた加害者の恋人が彼の無罪を主張する
理由とは……。

A Day In The Life


東野圭吾の本は好きで、文庫本、単行本はほぼ読んでいる。

中でも加賀恭一郎シリーズ、前回の「新参者」そして今回の「麒麟の翼」は東京

の下町が舞台で、加賀シリーズの新境地ともいえる作品である。

事件は日本橋の麒麟の像の下で息絶えた男、青柳武明を警官が発見するところ

から始まる。

その息絶えた男は映画では中井貴一が演じている。

そのすぐ後に、トラックに轢かれ、昏睡状態になった容疑者と思われる人物、

八島冬樹、映画では三浦貴大が演じている。

その恋人役を新垣結衣が演じていた。

事件は人形町の聞き込みから始まる。そして麒麟の翼という言葉がキーワード

になっている。

犯人は八島冬樹なのか?

そして動機は?

映画は原作にほぼ忠実にまとめられていて、そこそこ楽しめたが、映画を観て

原作を読むか、原作を読んで映画を観るかは観客の判断にゆだねるとしよう。

にほんブログ村に参加しています。
応援のクリックをお願いしますね。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

AD

コメント(4)