DVDにて観賞



解説
ソフィー・キンセラのベストセラー小説を、『ベスト・フレンズ・ウェディング』
のP・J・ホーガンが映画化。
お買いもの中毒のヒロイン、レベッカが繰り広げる騒動とロマンチックな恋の行方
を描く。
主演は『ウエディング・クラッシャーズ』のアイラ・フィッシャー。
レベッカと恋に落ちるルークを『キング・アーサー』のヒュー・ダンシーが演じている。
『プラダを着た悪魔』の名スタイリスト、パトリシア・フィールドがセレクトした劇中
衣装の数々も見どころ。

A Day In The Life


あらすじ
一流ファッション誌の記者を目指す、ニューヨーク在住の25歳、
レベッカ(アイラ・フィッシャー)。
何かしら理由を見つけてはショッピングに明け暮れる一方、地味
な園芸雑誌の編集部で退屈な毎日を送る彼女は、キャリアアップ
を狙って転職活動を開始。
ところが、ひょんなハプニングから経済雑誌の編集部に採用され
てしまい……。

A Day In The Life


ストーリーとしてはコミカルで面白かった。

しかしひとつ引っかかっていることがある。

それはクレジットカードで買い物に明け暮れるうちにクレジットカード

地獄に落ちた主人公が被害者で、債権者が悪いという安易な図式が垣間

見れるところである。

当然、借りて返済しない者が悪い。

債権者は取りたてるのは当たり前だ。

法外の利息をふっかけたわけでもないので、合法的な手続きである。

日本でも消費者金融の取り立ての厳しさがクローズアップされ、債務

者が被害者扱いされるけど、それがわかっていて借りる人が返済しない

のが悪いのだ。

そしてクレジットカードの恐ろしさも学校ではあまり教育されていないの

が現実である。

僕はクレジットカードでできる限り買い物はしないことにしているし、で

きるだけ持たない。

買えるまで我慢するか、買わないタイプである。

なんにしても中毒はすぐには治らないので、この映画の中ででてくる仲間内

の会合で治癒するのがいちばんかもしれない。

にほんブログ村に参加しています。
応援のクリックをお願いしますね。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
AD