さや侍

劇場にて鑑賞
A Day In The Life

解説
『大日本人』『しんぼる』と、独特の視点と感性で作品を世に送り出してきた
ダウンタウン松本人志監督の長編第3弾。
侍として戦っていくことをやめた男と、そんな父を軽べつする娘のきずなや
葛藤(かっとう)を、独自の笑いと悲しみを交えて映し出す。
侍の男に、バラエティー番組「働くおっさん劇場」で人気を博していた野見隆明、
その娘を『僕の初恋をキミに捧ぐ』の熊田聖亜が演じる。
時代劇らしからぬ特異な設定など、松本監督ならではの一筋縄ではいかない展開
に注目したい。

あらすじ
ある出来事により、侍として戦うことをやめ、刀を捨てた野見勘十郎(野見隆明)。
そんな父に対し、娘(熊田聖亜)は反発していた。
2人は、あてもなく旅をしていたのだが、無断で脱藩した勘十郎には懸賞金がかけら
れており、とうとう捕まってしまう。
しかし、奇人として世間では有名だった殿様から「30日の業」に成功したら、無罪
にすると言われ……。
A Day In The Life

松本人志のブラックな笑いが好きで、これまでの作品も全部観ている。

今回は、監督自身初の時代劇に挑戦。

母君を亡くした悲しみで全く笑わなくなった若君を三十日間の間で笑わせることが

できたら、無罪放免という条件を課せられた野見勘十郎。
A Day In The Life

顔芸、腹芸、鼻からうどんすすりの芸、火の輪の中を飛び込む芸、ドジョウすくい

など一日一日、趣向を凝らした芸を披露するのだが、全く笑わない若君。

芸のアドバイスをする門番役には板尾創路と柄本明の息子、柄本時生が出演。

刀を持たず、さや侍と軽蔑されている野見に「武士なら潔く自害してください」

と説く娘。

三十日はあっという間に過ぎ、最後の日に奇跡が起きかける・・・

そして野見はお咎めを免れることが出来たのか?

一筋縄でいかない松本監督。

ラストのラストで観客の予想を見事に裏切ることをやってくれた。

これまでのシュールな笑いの映画とは一線を画するヒューマン・ドラマに

注目してほしい。

AD

コメント(4)