入院していた話は、
みなさんを驚かせてしまったようで。

でも、
本当に私は元気です!!

 
コメント、メッセージ、
ありがとうございます。


とても嬉しいです爆笑


前回の記事↓で

【パズルのピースがはまるように】
という話をしましたが、

最近起こることが、
1つの目的に向かって、
吸い寄せられるように
起こっているというのを感じていて。


だから、
「死ぬかもしれないよ!」と
医者に言われても、

緊急入院となっても、
私自身はケロっとしています。


過信をして、
ケアをしないのは
奢っているとは思いますが、
過信をしているわけではないのです。


すごく言葉にしにくいのですが、
本当の本当に感覚で、
そこに向かう道と言うか
滑り台みたいなものを
ただ滑っているだけなので、


客観的に見たり、
常識的な観点で見たら
「なんてことが起こってるの!?」と
言いたくなるような
一見、悪いことが起こったように
見えると思うけれど、


今の私自身にとっては、
入院も悪いことではないのです。



私がより自由になるために
起こったことだと。


そう思えてるんです。
変な話だけどね。


強がっているわけでも、
ポジティブシンキングに
なろうとしているわけでもなくて、


説明がうまくできないけど
「だってそうなんだもん」としか
言いようがない、
なんの根拠もない話なんだけど。


そうなのです。


だから、
これで私が悪いことになるとかは
一切思ってないので、


足掻くこともせず、
ことが起こるままに、
淡々と1つ1つ課題を
クリアするように
対処?しています。


ここで足掻くと、、、、
より事態は悪化するんだと思う。


今、私の中の全てのベクトルが
一つの方向に向いているから、
私自身が変なことをしなければ、
その方向に行くしかない。


そして、それは単に
目指している目的を達成するのに
邪魔な要素を排除しているのだと思う。


それが
今の私にとっては身体の不調。


これが私が自由に生きるのに
邪魔なものだったんだよね。



ずーっとずーっと
引っかかっていて、
気になっていたけれど、
怖いから見て見ぬ振りをしていた。

それを
ここに向かうぜ!!!と
決めたから、


私の持っている全ての力を使って、
見て見ぬ振りができないように、
向き合わされたのだと思います。


だから
即入院となった時も、
大人しく従ったわけです。


そうじゃなきゃ
大学病院にすら行ってないと思う(笑)


この日程だったのも、
話すと長くなるけど、
うまくできてるなーー!
と、言いたくなる感じでした。


1月中頃から、2月に入ってからも
日々起こる小さなことが、
このため(入院のため)だったのか。
と、思える布石みたいなことばかりで。


もう、私が入院することがわかってて
そのお膳立てをされていたんだなと、
つくづく感じて。  


そう感じるからこそ、
冒頭で言っていた
「滑り台を滑っている」というのも、
それで間違いないと確信する
根拠の一つになっていたりします。


 私がこんな風に
滑り台を滑り始めたのは、
「こうする!」と
覚悟を決めたから。


それだけなんだけど。


今までも、
決めたと思っていたんだけど、

やっぱりどこかで
そんなことを言っている自分を
頭がおかしいと思っていたみたい。


でも、
色々なものを吹っ飛ばして、
もうなんでもいいし、
どうでもいいから、
「私の人生これだ!」と、
決めたら。


正確には、
そう決めきる少し前から、
もう周りは動き始めていて。


私がそうやって
腹を決めるのを知っていたかのように、
お膳立てはスタートしていたのです。



私が何を決めたかと言うと。


皆さんもご承知の通り
「旅人として生きる」という事です。

 
もう、決めたつもりだったけど、
そうじゃなかった話については、
別の記事に書きますね。

 

ちなみに。
私の治療はまだ続くので、

今回の入院すら
布石に過ぎないのですけどね。


入院したおかげで、
先の見通しも立ったので、
良かったです。
 
5月には治療が完結する予定なので、
それまでのんびりやっていきます。


それでも、
今はここ数年の中で一番元気です(笑)


この辺の話も、
また書きます。



お久しぶりです。

 

すっかりご無沙汰さんです。

この1ヶ月間で色々なことがありました!

 

少しずつ書き留めて行こうと思います。

 

直近のできごととしては。

先週の3連休から5日間、

人生初の入院をしておりました。

 

 

その前に近所の病院に行き。

 

その後、

平日は仕事後に都内の病院に通った結果。

 

とっとと大きい病院に行けと渡された紹介状を握りしめて、

土曜日に大学病院を突撃した結果。

 

きっと5年くらい前は「イケメン」と言われてたっぽいドクターに。

 

出会って2分で

「今日は帰さない(即入院)」と言われ。

 

「いやいや、そんな・・・(入院なんて無理です)」

 

「この俺の誘いを断るの?(入院しなかったら毎日通院だよ)」

 

「・・・・・今日は帰りません。(げげげ。・・・入院します)」

 

というやり取り(カッコ書きが本当のやりとり)をしたのち。

 

即刻入院。

 

 

 

家にも帰してもらえず。

そのまま5日間入院しました。

人生初入院!!!

 

 

他にも人生初のMRIとか。

人生初の輸血とか。

人生初祭りをして帰ってきました。

 

 

即刻入院になったのは、

極度の貧血が原因だったのですが。

 

 

近所の病院でも(アラフィフの先生)、

都内の病院でも(アラフォー、アラカンの先生方)など、

出会った先生には口をそろえて

「こんな数字、みたことない」と

言われる数字を叩き出し。

 

「これ、下手したら死んでるから」とか言われ。

(貧血で死ぬことってあるんすか。)

 

 

「普通に生活しているなんて信じられない」とか言われ。

(できてましたけど・・・・)

 

「1滴の血も無駄にしないで!」と

言われたにも関わらず

大学病院で5本も採血されて、

おかげで診察時はいつもにまして

青白い顔になってしまったり。

 

そんな状態でした。

 

 

あまりに驚愕な数字を叩き出したみたいで、

本人はけろっとしているのに、

ドクター、ナースのみなさまが

あわあわしてました。

 

我慢しすぎ。とか

頑張りすぎ。とか言われたのだけど、

私って何においても標準がわからなく、

(すぐわからなくなるので)

よく言えば順応性が高いのか、

「そんなもんか」って思ってしまうのですわ。

 

一応、

階段を3段上っただけで息が切れて、

心臓が痛くなったりしていて。

 

いや、これはさすがにヤバイ・・・と思い

友人に言ったら「私もだよ」と軽く返され。

 

「『私も』なワケないやん!!!」と思ったけど、

自分の状態を大ごとにしたくなかった私は

それを信じたふりをして、

見ずにやり過ごした。

 

というわけでしたが。

そうは問屋が卸さなかったーーー

 

 

で。

こんな出来事が起きると、

「大変だ!!」と言われたりするけど、

私的にはあんまり大変という意識もなく。

 

 

磁石に吸い寄せられているのか、

何かに吸い寄せられているかのように

ある1つの目的に向かって進んでいるという感覚が強くて。

 

 

本当に面白いくらい

パズルのピースが次々にはめ込まれていくみたいに、

小さなことから大きなことまで、

次々とコトが起こっているのです。

 

 

やっと、ここに向かおう!と

決意することができたから。

 

だからそこに向かっての引力が働き始めた。

というわけです。

 

詳しくは、次回へ!!!

 

 

というわけで、私は元気なので

心配メッセージは無用です!

 

 

立て続けに

「お金が急に必要になった」という

投稿を見たのでお金の話を。

 

以前こんな記事を書いたのですが↓

【言葉とお金の使い方を見直してみると、人生が変わる!?】

 

私って、

本当にお金を使うことに躊躇がない。

 

別段お金を持っていなくても

あまり不安になることがない。

 

ちょっと感覚としておかしいかも。

 

 

会社を設立した時、

 

貯金を全て使い、

数百万円の借金をしたし、

 

会社名義でお金を借りて、

1000万円の保証人になったけれども、

 

なんの不安もなかったのです。

 

あはは。

(仕事がうまくいくから大丈夫と思っていたわけではない。むしろ仕事は不安だらけ(笑))

 

この不安のなさのおかげか、

数か月後に借金は無くなり、

保証人ではなくなっていました。

 

「保証人から外れていることなんてありえない」

と、同じところから

お金を借りたことがある方に

言われたのですが。

 

確認したら、

本当に保証人じゃなくなっていたのです。

 

奇跡???

しらない。

 

↑のリンクの記事を書いた時は、

お金のことをもっとどうにかしたい。

自分でもコントロールできるようになりたい。

理解したい。

そんなふうに思っていたけれど。

 

こんな

嘘みたいな、

物語みたいなことを

起こしている身で、

何を言っているのでしょうね。

 

わからない。

扱えてない。

と思っているのは

私の頭だけでした。

 

 

さて、これからが本題ですよ。

 

前回の記事が

お金の使い方についてだったので、

今回は、お金の稼ぎ方について。

 

私は、最初の会社勤めを辞めてから、

セラピスト、講師、コンサルタント・・・

と身一つでお金を稼ぐことを

経験してきました。

 

そうすると、

私と会うことがすでにお金が発生します。

みたいになっている部分もあり。

 

私と話をすることもサービスの一つです。

という部分もあるのです。

 

友人とあっていると

カウンセリングしているみたいに

なってしまっていた時期もあります。

(駆け出しのセラピストの時は特に。

今は、そういうのはありません)

 

 

だから。

 

むやみに人に会わないほうがいい。

とか、

お客さんと食事には行くな。

とか、

そういうことをセラピスト同士では

言われていましたし、

 

個人で仕事をしている方々にとっては、

暗黙のルール的なものになっていると思います。

 

 

だけど

私は気が付いた。

 

 

そんなことは、

しらねー。

 

と。

 

 

たぶん、

暗黙のルールとか

セラピストの方々が言っていることは

正しいのだと思う。

 

 

正直、

会う友達、会う友達から

本気の悩み相談をされたら

疲れる。

 

 

それが私の仕事だから、

ただ働きさせるのかよ。

と思ってしまうだろう。

 

 

例えるなら、

美容師さんにオフの時に

「タダで髪切って」と

言っているようなものなのよ。

 

 

だけど。

 

 

【えこひいき】

したらいいじゃん。

と気がついた。

 

 

自分がしたいと思った人からは

お金をとらなくても

セッションでもヒーリングでも

ボディワークでもコンサルでも

なんでもしたらええやん。

 

 

 

お金をもらいたくない人から

お金をもらって何が楽しいのだろう。

 

つまらねーーー

 

そんなの

面白くなーい!!!

 

やっている意味ナーシ!!

 

 

だから私は

【えこひいき】

し倒すことにした。

 

貰う時はきっちり貰いますけどね。

 

貰わないときは

きっちり貰いません。

 

相手がお金を持っているとか

持っていないなとか関係なく。

 

 

 

「それ、お金請求しなよ」とか

今まで散々言われてきて、

心苦しくもお金を貰ってきたこともあるけど。

 

 

私は、

マイルールでやっていきます。

 

暗黙のルール?

しらねー!!!

 

 

 

でも、

後悔するような無料や割引セッションはしません。

 

 

あくまで私が

そう思ったときだけ。

 

 

たぶん

これが上手く回す秘訣だと思う。

 

 

 

何かに縛られるのは

うんざり。

 

好きにやらせてもらう。

 

ってこと。

 

 

 

そうしたら、

お金をもらうほうも

好きにやらせてもらえるってこと。

 

 

自分がお金の主導権を握る。

 

自分の世界の絶対王者になればいい。

 

 

これだけ。