プリントちょきちょき♪紙の着せ替え人形&A4雑貨のブログ

無料でプリントしたらできる着せかえや、封筒、カレンダー作ってまーす♪
他にも小さなお子様が楽しめるアニメーション作ってまーす。

↓お探しの素材アイコンをクリックしてください!





*紙の着せ替え人形*



テーマ:

私の息子はアスペルガー症候群という自閉症です。

 

ですので、同級生達が簡単にできる事ができなかったり、

こだわりを持ち過ぎて周りが見えなかったり、

物事を見る視点が他の子と違ったり、

一度、心を閉じると、こっちの世界にしばらく戻ってこなかったりします。

その反面、算数においては同級生と比べるとずばぬけています。

 

そんな息子ですが、私はとくに、こう変えようとか、

普通の子供のようにさせようとか、

社会に適応する人間に育てようとかしていません。

 

学校もそれなりの理由があって行きたくない時は休ませてますし、

(私が外で仕事をしていた時はできませんでしたが•••)

息子が何かに夢中になっている時は、そのままやりたい事をさせていました。

日本にいるとそう言う訳にもいかないのでハワイにも引っ越してきました。

 

自閉症と言う診断も別に必要ないと思っていましたが、

ハワイの学校は自閉症と言う診断がなければ、息子を息子として扱ってくれないので、診断を受ける事にしました。

 

世の中はどこも、そういうものがないと受け入れてくれないみたいですね。

自閉症と言う診断がなければ、無理矢理他の子供と同じようにさせ、

余計状況がひどくなっているのにも関わらず、結局親の教育が悪いせいにする先生。

これは日本でもアメリカでも同じみたいですね。

で、息子が自閉症と解れば、顔色変えて、腫れ物を扱うように接しだす。

 

まぁ、私は教師と言う立場に立った事がないので、その先生のやり方を否定するわけでもないし、ちゃんと息子を一人の人間として扱ってくださる先生もいましたから、いろんな人と出会う上では、そういう人に出会えてよかったのかもしれません。

 

これまで息子の変な行動に白い目で見ていた人も、自閉症なんですと言うと、納得してくれますしね•••。

 

そんな私も、子供の頃はADHDだったようで、普通の子と同じようにできませんでした。

しかもあの頃は、そういう診断をしてくれる環境もあまりなく、無理矢理普通の子と同じようにさせられて、小学生ながらに10円ハゲがあったと言う…(笑)

 

で、私達親子は、ちょっと風変わりなのですが、お題の『学校の宿題』について、先日息子といろいろ話しました。

 

まず、息子は簡単で解りきっている算数の宿題のやる意味がわからないと言いだしました。

 

『宿題はなぜやらないといけないのか?』

 

まぁ、これまで何度も宿題をやりたがらない事はあったのですが、

私は自分の立場上、無理矢理宿題をやらせていました。

息子が宿題をやらずに学校へ行くと、学校から電話がかかってきますし、

ひどくなれば呼び出されます。

そして、あそこの親は子供に宿題をさせない!と言う怠け親のレッテルをはられてしまうという、完全なる親の都合でさせていました。

 

しかし、この度、観光の仕事を辞めたので自分に余裕が出て来たので、息子と二人、なぜ宿題をやらないといけないのか?を考えてみたんです。

 

とりあえず宿題は、復習のためでもあるので、学校でやっている事がちゃんと理解できているかの確認だと言う事で、息子に算数の宿題の問題を解かせてみました。中でも1番難しい問題を解かせて、答え合わせしてみると…

 

合ってました。

(もちろん他のも…)

 

息子は言いました。

『何でできる事をわざわざ時間使ってやらないといけないの?何回やってもできるし、この時間にもっと他の事できるやん?ママも1+1を間違える事はないやろ?』

 

と…

 

た、確かに…。

 

なので次の作戦に。

 

アメリカの大学は、課題が多いと言う事を説明。

学校は24時間開いていて、授業以外はずっと課題をしているんだと。

それの練習なのだと言ってみましたが…

 

息子は言いました。

『そんなん、新しい事を学んだりするための課題やろ?できる事を何回もやる課題じゃないやろ?大学に行けばちゃんとやればいいねん。』

 

と…

 

確かにそう言われれば…。

 

そこで私は思い出しました。

 

私こそ、宿題はやらない子供だったと言う事を。

私は勉強がそれ程できるわけではなかったのですが、

自分に興味の無い事はやりませんでした。

 

なのに、アメリカの美術の大学へ入った時は、楽しくて仕方がないくらい課題に没頭してました。

そこまでやらんでもいいんちゃう?

って言うくらい、徹夜で学校に泊まり込んで課題をやってました。

期限もしっかり守ってたし、自分で言うのもなんですが、成績もすごくよかったです。

 

なので未だに小学校や中学校の宿題をやらなかった事で、私の人生損した事なんてなかったと思います。(高校の頃はみんなが宿題をやらなかったので、ほとんど宿題がなかったですが…)

 

 

『宿題』

やって当たり前の世の中ですが、

なぜすでに解っていて、間違える事もないものを、

貴重な時間を使ってするのか私もわかりません。

 

勉強はすでに学校でやっている。

 

宿題で時間使うよりも、もっと日常生活で学べる事、いっぱいあるのに…。

 

学校教育って本当に不思議。

 

やれと言われた事は全部やらないといけない。

そうでないと、人格も否定されるくらい成績の評価が悪い。

 

なんか、とても変わったシステムですよね。

 

でも、この世の中で普通教育を受けているのですから、

理由はともあれ、やらないといけないみたいなので、

どうにかしてやってもらおうとは思います。

 

 

ちなみにこの前は、『私が計算機で計算してやるから、答えだけ書け!』

と言う事で、とりあえずやってしまえばこっちのもんだ!作戦を立ててやらせてみたのですが、

私が計算機を使って答えを出すより、息子の計算の方が早く、結局自分でやってました(笑)

私こそ無駄な計算をしていたと言う…。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。