【News】


いつも何かとお世話になっておりますakicyanさまが
この不景気渦巻く現代にメスを…否カッターで切り裂く
模型パーツ専門ネットショップをOPEN!



『もう1歩前へ』の完成度を求めている紳士淑女の諸君、
雫の1滴までハイグレードな逸品を取りこぼしないように!

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

ガンプラ・プラモ完成品投稿サイト
【MG-モデラーズギャラリー】に参加してみました☆

模型深夜最終便

コミュニティサイト【FG】に参加してみました☆

【参加予定コンペのご紹介】



復活の酒餅6
『オッサンたちが酒飲んで餅ベーション上げて、
80年代のロボットプラモ作るのかよ』コンペ第6回。
9月末締切で絶賛参加者募集中!


【LINKについて】
自分達から告白できない小心者ですので(恥)、
ご依頼頂ければ余程疚しいサイトでない限りお断りしません。
(amebloの読者登録も同じ)お気軽にご連絡くださいませm(__)m

模型深夜最終便
http://ameblo.jp/mokei

模型深夜最終便

Toshiki ID: Toshikin
Kmasa ID: feer0250

.:*:・☆.:*:・'゜'・ .:*:・☆.:*:・'゜'・ .:*:・☆.:*:・'゜'・ .:*:・☆ .:*:・'゜'・



人気ブログランキングへ参加してます。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-16 00:28:25

1/8スコープドック、250GTO、スターウォーズなどなど。

テーマ:【KMASA】1/8スコープドック

今週は1/8から、コクピット部分を進めました。

コクピットのパーツにも歪みがあるものが。
このパーツ座席の後ろに入ります。
パーツの歪みのせいで座席が真っすぐ納まりません。

腰に付くアームパンチのマガジンラックです。
大きい気泡があります。
そこに爪楊枝を差し込んで瞬着で接着しました。

コクピットを仮組み。
真鍮線を接続部分に差し込んでいきました。

胴体をペットボトルと比較です。

そして、コクピットにキリコフィギュアを。
予約特典で直立ポーズと着座ポーズの2体があります。
とりあえず着座のみ仮組み。


ハッチを閉めてみました。
しかし、コクピットのキリコのせいでハッチが上手くしまりません。
シートの位置、キリコの姿勢、色々調整が必要なようです。

立ち姿勢のキリコが持つヘルメットのホース。
キットの説明書ではくるっと回ってヘルメットの中に。
しかし、キットでは??
ここでも歪みを調整します。

腰のサイドアーマーを付けて、サイドのエアアウトレットも付けてみました。
ここから歪みをとりながら接着していきます。

そして、全身の仮組み準備。
久しぶりに脚を。
脚だけで、ガンプラ1/60と同じ大きさです。

全身だとこんな大きさに。
大きさが見えてきました!
流石にもう少し接着して組み立てていかないと自重を支えられません。

一度仮組みをバラして接着しながらサフを塗り組立てと作業を進める必要がありそうです。
ここから細かい作業をしていきます。
あまり面白く無い画像が続きそうですがよろしくお願いします。

そして、次はMPCのR2-D2です。
今回安価で手に入れることが出来ました。
で、早速仮組み!
クリアパーツとの組み合わせキレイです!

頭のてっぺんに変な凹みがあったので紫外線硬化樹脂で盛り上げました。
気泡の後がありますが後で直します。

全身です。
下にあるのがベーシックフィギュアのR2です。
大きくていいです。
プロポーションもまあまあですね。
これもそのまま作ります!

パーツのダボの位置、バリがありますので一づつ整形していかないと上手くディティールが合いません。
ですが、ダボを切り取ればバッチリです。

背中のパネルを開くと中身が。
ここもメッキパーツとクリアパーツの組み合わせで良い感じです。

全身の仮組みです。

メッキパーツが良い感じです。

次にX-WING。

これもMPCです。

コイツは家にずっといます。

昨年につづいて静岡用に自分はこの二つを作ります。

キットに付属のR2はちょっと残念なので、今缶コーヒーに付いている物を使います。

脚を分解して脚の位置を変えます。

主翼にはネオジウム磁石を入れてきちんと翼を閉じれるように。

コクピットのフィギュアと大きさ比較です。

スケールは合っているようなので、このまま使います。

今週はここまでです。

ではではm(_ _)m。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-09 23:09:09

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

テーマ:【KMASA】1/8スコープドック

遅くなりましたが、

明けましておめでとうございますm(_ _)m

今年もマイペースで製作を進めて行きますのでよろしくお願い致します。

 

そして、今年5月に向けて1/8スコープドックを進めて行きます。

まず、本体ポリキャップをはめていきます。

コクピット部分は接続に真鍮線を入れてしっかり接着するための準備です。

仮組みをしながら調整をしていきます。

本体後ろから、ランドセルのラック部分にも真鍮線を入れるために調整を。

コクピットハッチは3mmポリランナーで可動軸を。

ここは3mmドリルで穴を開けてます。

ボディー横のスリットは外すとラジエターのようなディティールがあります。

ただこのカバーそのままでは固定出来ません。

せっかくのデテなのに接着してしまってはもったいない!

微調整をして取り外しが出来るようにします。

ここからは上半身の気泡処理です。

耳部分の気泡です。

いつものように楊枝を瞬間接着剤で接着しました。

ターレット部分にもあります。

このパーツはコクピットの配線?部分です。

シートの裏側なので悩みましたが処理していきます。

そして、頭の仮組み。

真鍮線やプラ板を貼って調節をしています。

頭を胴体に!

上半身が出来ました。

本体のヤスリがけや、気泡処理など地味な作業を続けて行きます。

そして、もう一つ箱を出してきました。

オプションパーツのラウンドムーバー&ソリッドシューターです。

これも製作していきたいと思います。

ソリッドシューターです。

デカイですよ!

ただ、バリも歪みもスゴイです!

今週もスコープドック進めます!

 

ここからは250GTO!

ボディーサイドのスリット、フロントラジエターに空気を送るためのお口(エアインテーク)に穴を開通させていきます。

ドリルで穴を開けて、リューターで裏側から削っていきます。

掃除機で削りカスを吸い取りながらの作業です。

削っているとすぐにカスで削っている場所が見えなくなります。

なかなか進みません。

フロント部分は奥深くまで掘り進みます。

フロント、サイドとも穴が開きました。

やっぱり開いていると違いますね!

サイドからボンネットの穴から向こう側が見えるようになりました。

エンジンや中もが入るとこんなふうには見えなくなりますが。

フロントマスクも良いですね!

ただこの作業でもいらない傷を付けてしまいました。

GTOも1/8の合間に進めて行きます。

 

今週はここまでです。

ではではm(_ _)m

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-12-31 22:34:39

今年一年ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

テーマ:【KMASA】年に1つの完成品

今年も、もう少しで終わりですね。

一年を振り返ると今年はこんな物を作りました。

まずは、真ゲッター2です。

MPCのAT-AT。

レベルの小さいスターデストロイヤー

そして、小さい方のレベル ミレミアムファルコン。

大きい方のミレミアムファルコン。

上の三つのレベルは基本塗装をしてあるキットなので純粋な完成品ではありませんが、

そして、なんといっても今年最高の完成品はフェラーリ330p4。

1年近くの時間がかかってしまいましたが納得のいく作品になりました。

以上6作品が今年の完成品です。

例年以上の完成品になったのは、東京ナイトクラブの皆さん、

ブログやFacebook、ネットの様々な方々のおかげです。

来年も頑張りますのでよろしくお願い致します。

 

本年はありがとうございましたm(_ _)m

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016-12-26 01:19:26

1/8スコープドックは腕から胴体の作業に、1/24フェラーリGTO'64は窓枠の作業を。

テーマ:【KMASA】1/8スコープドック

今週は、歪んだパーツを煮込んで歪みをとっていきます。

肩のフックのパーツです。

左は正常、右は歪んでいます。

手で曲げる事は出来ますが、その状態を維持する事が出来ません。

そこで、鍋で煮込みます。

写真は腕の他のパーツです。

煮込んだ後はこうなります。

この大きさなら煮込むだけで元の状態に戻ってくれました。

他のパーツは手で少し矯正する必要がありました。

前回動かなかったパーツは歪みをとる事で元の状態に戻ってくれます。

ショルダーアーマもポリキャップを付けて装着。

全体を組み立ててみました。

腰パーツも組み立てます。

股関節部分には、また問題のシリンダー。

この部分ただ組み立てたらこんなに曲がってる。

何度か組み立て直しをしてこの位置に落ち着きました。

この腰のパーツですが一番下に付く装甲パーツの一カ所だけが他の部分と違っています。

写真の下の部分だけがスライド方向に対して違う方向にパーツが処理されています。

仮組みした所ここが引っかかり動かない事が分かりましたので後で処理します。

腰パーツにキリコフィギュアを座らせるとこんなイメージです。

そして、胴体の調整をしていきます。

パーツを出してきたのでターレットレンズを組み立ててみました。

パーツのダボは付いていますが、ゆるゆるでとても固定出来る状態ではありません。

この写真はただ乗せてるだけ。

どうしましょう?

胴体のパーツも煮込んで歪みをとります。

腕の外装パーツにも歪みがあったので同じく煮込んでいます。

そして仮組み!

デカイですよ、重いですよ!

こんなの大丈夫なのか本当に分かりません。

安定して展示出来るのか?

それぞれ組み立てて調べたいと思います!

まあ、ボークスの店舗で飾っていたので大丈夫なんでしょうね!

コクピットも様子を見てみました。

完全に隠れてしまいますがエンジンも入っています。

1/8の作業はここまでです。

 

GTOの作業はこの続きから!

ここまで削ってあった物を。

少しづつリューターを使って細いフレームに仕上げていきます。

途中、瞬着が剥がれてしまいましたが、あらためて接着して続きを。

細く削って、元の4枚に戻すためにアセトンに浸けました。

瞬着がキレイに剥がれてくれました。

そして、いつものアルミ缶を切り出して窓のサイズに。

洋白線と、切り出したアルミの板を挟んでハンダ付けします。

二枚の間に隙間を作る事で窓を可動にしたいのです。

ハンダ付け後、前面部分からアルミを抜き出し、形を整形したアルミ板を再び中に。

前面部分をハンダ付けしたら窓枠の完成です。

これで二枚の透明パーツを挟み込めば可動する窓の完成のはず!

いったんアセトンに浸けてフラックスや、缶の塗装を剥がしていきます。

 

今週はここまでです。

m(_ _)m

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-12-18 23:48:08

今週は少しだけしか進みませんでした。

テーマ:【KMASA】1/8スコープドック

今週も作業を進めました。

1/8は、残りの肩アーマーを!

歪んでいたので段差の処理に時間がかかってしまいました。

拳の接続を確認して行きます。

関節部分を処理して行きます。

拳にしっかり接続するために真鍮線を刺すための治具を0.5mmプラ板で作ります。

関節部品3個に穴あけ!

拳側にも穴を開けて!

アンクルガードも付けてみました。

そしてアームパンチの機構を組み立てて行きます。

アームパンチが伸びるとこんな感じです。

ここに前のシリンダーが内蔵されます。

しかし、各パーツを接着して組み立てるとぴくりとも動きません。

パーツが歪んでいるようです。

1/8はここまでです。

次は歪んでいるパーツを煮込む事から始めます。

 

そして、250GTO64。

先週からの続きでドアのフィッティングして行きます。

マスキングテープでパーツをカットする場所をマーキングしていきます。

そして窓枠のために切り出したパーツを瞬間接着剤で重ねて合わせて行きました。

ドアと窓枠のフィッティング!

ドアの内張りも作りますので、ここはしっかり調整して行きます。

窓枠は重ねたままドリルと糸鋸で中身をくり抜いて行きました。

この後電動ツールで削り込んで行きます。

 

今週はここまでです。m(_ _)m

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016-12-12 00:23:53

今週も同時進行です。

テーマ:【KMASA】1/8スコープドック

まずは、ここまで作業してきた部品を洗いました!

そして、肩アーマーの製作に。

パーツの隙間にプラ板を貼って調整します。

パーツの接続のために真鍮線を差し込みます。

真鍮線を刺す事でパーツの少しの歪みなら強引に接続出来ます。

張り込んだプラ板を削って隙間の調整をして行きます。

ここの調整にちょっと時間がかかりました。

今のガンプラ1/144がアーマーにスッポリの大きさです。

今週は片側しか作業出来ませんでした。

来週も続きを。

そして、週末はGTOの続きの作業を!

ドアの開閉のためにマスキングテープに形をトレースして行きます。

型からいつものコーヒー缶を切り出しました。

ドア枠もコーヒー缶から切り出して作ります。

キットの窓枠もタガネで切り取りました。

ここからが大変でした。

開閉のために分厚いレジンを削ってドア部分に穴を開けます。

最初に大まかなアウトラインにドリルで穴を開けて行きます。

両側の作業が終わった所です。

この穴に糸鋸の刃を通して切り抜きました。

そしてリューターで削り込んで行きます。

片側作業するだけでコレだけレジンの粉が出来ます。

この作業のために購入した作業ボックスのおかげで粉をあまり散らかさないで作業出来ました。

反対側も削ります。

少しの余白を残してこの状態になりました。

そして前回切り出したドアを合わせて行きます。

何度も曲げたり伸ばしたり、ヤスリで形状を調整して行きます。

左右揃うとこんな感じです!

上手く納まりそうです。

今週はここまで!

来週はまた1/8の作業から進めます。

 

で派手はm(_ _)m

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-05 00:32:57

1/8スコープドックは腕の続きを、250GTOはトランクの続きを。

テーマ:【KMASA】1/8スコープドック

今週も少しづつ進めています。

まずは前腕部分アームパンチのパーツに真鍮線を差し込みました。

ここは拳のポリキャップを挟み込みますのでしっかりと接着します。

組み立てるとこんな感じになります。

前回判明した片側しか無いパーツですが左右のディティールを切り離し入れ替える事で反対側のパーツを作る事にしました。

なるべく切り取った時のサイズの違いを小さくしたいのでカッターで切り取ります。

さいわいパーツが他より薄い箇所だったので切り取れました。

中心を基本にして接着して行きました。

全てを接着して段差に瞬着を盛ってパテ代わりにしました。

瞬着が固まったらヤスリで形状を修正しました。

まだ隙間や段差がありますがこのパーツはアームパンチが伸びきった時に隙間から見えるだけなので見えない所はこのまま進みます。

そして腕には装甲をはめてみました。

装甲同士の固定にはポリキャップを使用しています。

まだ歪んでいるパーツが有るので隙間が開いていますね。

もう一度装甲は煮込まないとダメかな?

肘関節の丸いパーツは取り外しが出来るようになっています。

裏から接着したこの水平位置にピンのあるパーツで回転して腕に固定します。

ここを外す事で肘関節のボルトにアクセスして関節の固さ、固定をします。

付けるとこんな感じに。

ちなみに肩のアーマーですがパーツ同士の隙間がこんなにあります。

この後プラ板でも挟まないとダメですね。

スコープドックは今週はここまで。

 

64GTOは、トランクの続きを。

前回裏側から削ってきた物を表側から。

一段段差を付けて彫刻刀で掘り進んだ後ピンバイスで穴を開けながら切り抜きました。

写真撮るのを忘れました。

穴が開いたので切り出したトランクの微調整をして行きました。

トランク周辺の厚みも裏から削ってさらに薄くして行きます。

最初の削り方が悪かったために一カ所段差が無くなってしまいました。

また面倒な事をしてます。

スチール缶のトランクも押したり曲げたりして形を馴染ませて行きました。

週末に時間が取れたのでフロントインテーク部分の段差と微妙な左右の差をハンダを盛っては削りの繰り返しで調整しました。

これも仕上がりしか写真撮るの忘れました。

トランク部分は裏側に洋白線をハンダ付け。

これでしっかり形が出ます。

最後に余分なハンダを削って終了です。

トランク周りの傷はそのうち修正します。

まだまだ、ボディー裏面の薄々攻撃は続きますが、

今週はここまで。

 

ではではm(_ _)m。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-28 00:08:36

1/8スコープドックを進めつつ週末は250GTO64の作業を。

テーマ:【KMASA】1/8スコープドック

1/8は肘関節まできました。

マッスルシリンダーも仮組みしています。

関節から先、アームパンチ機構です。

機部にはマガジンとカートリッジがモルードされています。

ここの接続は拳や武装の重量がかかってくるので真鍮線を打ち込みます。

ここにもアルミパイプを使用します。

コレはアームパンチ機構の肝ですね。

肘関節、反対側はパーツの大きさに違いが。

キッチリ接着するためにプラ板を接着して大きさを調整しました。

ここが付けば拳に。

ポリキャップは8mmの大きな物。

キッチリ調整をして行きます。

そして今になって残念な事が。

なんと、このパーツ方側しか入っていませんでした。

さてどうするか?ここはアームパンチのアルミパイプの受け部分です。

対応を考えつつパーツの仮組みを進めました。

この後パーツ一つ一つを仕上げないといけないのが大変です。

大きさ比較でリモコンの登場!

装甲無しの腕と同じ長さです。

可動が楽しいのは事実です。

 

ここからは週末に作業した250GTO_64です。

ボンネットの調整を少し。

はみ出ていたハンダをリューターで削ってます。

そして、リアトランク部分の削り込み。

ここは肉厚が凄くてモーターツールでも使用しないと無理。

平日のよる遅くに使う訳にはいかないので週末に作業。

この前購入したケースが大活躍。

やっとここまで。

リアカウルのスリットも開けたいのでまだまだ全体を削って行きます。

トランク部分は表側からも彫り込んで行きます。

ここは一段、段差を付けますので慎重に削り込んで行きます。

今週はここまで。

 

週末にPRFにお邪魔したのに写真撮るのをすっかり忘れてしまった大バカ物です。

当日は色々な方にお会いして作品を見せて頂いて本当に刺激になりました。

実行委員の方々、本当にご苦労様でした。

 

今週はここまでで。

ありがとうございますm(_ _)m

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-20 23:51:57

1/8スコープドックを進めました。

テーマ:【KMASA】1/8スコープドック

今週もスコープドックを進めます。

まずは、肩関節を。

成型時のずれで組付けが上手くいかない部分を調整しながら組立て。

マッスルシリンダーはシリンダー部分を進めました。

アルミパイプがちゃんと動くように穴を広げます。

太い方の肘関節用マッスルシリンダーも同じ作業を。

肩から肘にかけてのパーツも。

作業を進めている所にG PARTSさんから届いた簡易集塵ボックス(組み立て式)

リビングモデラーの強い見方です!

これでヤスリがけも大丈夫!

微調整をしながら肩のマッスルシリンダーも付けました。

1/8はここまで。

同時進行のフェラーリGTO64のボンネットのインテーク部分が気になっていたので作り直しました。

まだ微調整が必要ですがだいたい思ったとおりの形が出せました。

形が決まったのでボンネット裏からインテーク部分に穴を開けて行きます。

ピンバイスで穴を開けてエッチングはさみで穴を広げて行きました。

ある程度広がった所でリューターを使って形を整えました。

裏側はこの後エンジンとの組み合わせで調整が必要になりますがとりあえず、

フラックスを使っているので、きちんと洗浄しないとすぐ錆びてきます。

穴を開けたので奥までちゃんと処理出来ました。

この後、ドアやトランクも処理して行きたいのでボディーを大幅に削って行きます。

 

もう一つ!

今週は溝呂木さんの雑誌(SPORTS CARS MODELING)が届きました。

今号には自分の512S、330P4を載せて頂きました!

皆さんの素晴しい作品も満載!素晴しい物になっています。

後日もう少し詳しくアップしようと思います。

 

今日はここまでです。

ではではm(_ _)m。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-11-14 00:51:24

止まっていたスコープドックとまたフェラーリ。

テーマ:【KMASA】1/8スコープドック

先週とは違ってこんな画像から。

ずっと止まっていた1/8スコープドックを少しづつ進めます。

まずは、脚までは進めていたので腕の部品を作って行きます。

下の写真は腕のマッスルシリンダーです。

 

キットはもう何年も前のキットです。

今のキットのようにカラーレジンなんて無いし気泡もゆがみも凄いあります。

そこを全部直しながら進めていたら飽きてしまい今まで完成しませんでした。

そこで今回はある程度妥協して進める事にしました。

たぶん、上腕に使うシリンダーを予備を含めて5本。

そして、大きさの違う下腕に使うマッスルシリンダーも。

この断面を見て頂ければ分かると思いますが全て正円ではありません。

最初は全てお湯で煮込んで修正していましたが、今回はそのまま進めます。

段差が出来ている部分にプラ板を貼って調整していきます。

調整後パーツを接着。

このシリンダーも予備を含めて5本作りました。

この後、表面をヤスリで削って次のパーツに。

1/8はここまで。

 

もう一つ、ホビーフォーラムで購入したコレを我慢出来ず少し進めました。

クライマックス製の1/24_64GTOです。

ボディーだけのジャンク品ですが当時のフルキットは自分には買えませんでした。

 

今回下のような状況だったためにキットに付いていた値札の半額で購入。

袋の中を探してみると、パーツが有りました。

そこで、パーツを合わせてみるとピッタリ合いました。

テンションが上がってしまいパーツが無かったボンネットを作り始めてしまいました。

まずは、マスキングテープを使って形をトレースしました。

いつものコーヒーのスチール缶を型から切り出してみました。

そのパーツをペンチやドライバーのお尻を使って湾曲させて行きました。

次にボディーの凹みに合わせて洋白線をボンネットの形にトレースします。

トレースした洋白線を先ほど作ったボンネットにハンダを使って付けました。

洋白線を付けた事でしっかり形が固定されてボディーの面と合わせて行く事が出来るようになりました。

次にボンネットの上のインテークを作ります。

同じくスチール缶を切り出して形を作って行きます。

1回目は幅広くて失敗。

2回目で納得のいく幅になりました。

ハンダを使ってパーツ同士を溶接して行きます。

とりあえずここまできましたが、失敗に気がついたのでまた修正ですね。

今回はココまで。

来週も二つ同時進行で頑張ります。

 

ではでは。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。