18・29 14話

テーマ:


追記 1829のMVリンク貼っておきます音譜

コチラから~→Love is

         don't forget me

うーん、母の帰国が ジヨンに切り札を与えることになるとは?

へチャン、ピンチだわ~。

自業自得とはいえ、ボンマンの舞台初日にヌンといたのは

はっきり言って失敗。こうなるんじゃないかと思っていたよ。

いつか、ボンマンの足を引っ張るんじゃないかと。。。

どう乗り越えるんだろうか。


ヌンとへチャンの写真がネットに流れたけど

まだこの時点ではへチャンだとは知られていない。

ヌンも 自分がネット上で否定すれば、、というのは

先輩の言うとおり、読みが甘いわ。

記者はさっそく、相手がへチャンだと嗅ぎつけてジヨンに探りを。

隠れ女狐ジヨン、ボンマンを芸能界から抹殺は望んでないし、

ボンマン親子の再会記事をネタに交換するつもり。


そして それを条件にへチャンにボンマンと別れさせよう という

魂胆か~。姑息なジヨン、勝負に出ました。


ボンマン母と交渉、即答できない母だけど

やはり息子会いたさで約束した場所に姿を現す。


一目見て、母だと察したボンマン、母が女優だと言うことも今の姿も

おそらく知っていたのよね。顔色が変わり、その場を去ろうと。

それを追う母、

「ボンマン~。会いたかった・・・。」

ああ~ボンマン辛い。ボンマンだって、どんなに会いたかったか。


「あなたにそう呼ぶ資格はない。。。」

24年も音沙汰のなかった母。大魔王に母を思い出させるものすべて

捨てられてしまったから残ったのはたった1枚の写真。

それをどれだけ見つめて寂しい時を過したのだろう。

それを思うと許せない。。。


ボンマン母の記事を読んだ大魔王は激怒。

血圧上がるから、大声出さなければいいのにね。(笑)

そこに帰宅したボンギュ、耳が不自由なため

まさか母のことで激高していたとは知ることもない。

うーん、何も知らないボンギュも不憫。

ボンギュは赤ちゃんの頃だったんでしょう?

母の顔さえ知らないだろう・・。


何があっても別れない!自分で何とかするわ。


とジヨンにつっぱねたへチャンだったが

悩んだ末、ボンマンのために身を引く決心を。

離婚届には判をつかずに 置いて家を出た。。。

そして向ったのは新婚旅行に行った海岸。

まるで日本にある夫婦岩のようね~。

ちょっと離れてはいるけど。


何があっても生きるのも一緒。死ぬのも一緒!


あの岩のエピソードのように

決して離れ離れにはならないと。

抱き合って写真を撮り、そう誓ったあの海岸・・・。

そして前にも足を運んだイチゴ畑。


14話の最初に見た可笑しな夢はこのいちご畑だったみたい。

これは何か思い出したからここに来た、ということなのかな?

その割には夫婦に 「以前に来たわね」、と言われても

「記憶に無い」、って答えていたけど。

このあたりよくわからない。ワタシだけ??


農家の夫婦のお世話になり、いちごの収穫のお手伝いのへチャン。

このイチゴ畑の木から 出てきたものがある、と

渡されたのはへチャンの住民登録証と10ウォン硬貨。

まるで タイムカプセルだね。

人の畑に勝手にモノを埋めて このカップルは~(笑)


それを自分のノートに大切にテープで貼り付けるへチャン。

昔のエピソード、思い出したのかな??どう?


ボンマンと別れて1日経った・・・

会いたい・・・。カンポン・・・。


自分から別れを決断したけれど1日離れただけで

想いが募る。会いたさで 切ないへチャン。


うーん。携帯の履歴からへチャンの居場所をつきとめたのは

ヌン。

ヌナを捜さないんですか?会いに行ってください

とボンマンに詰め寄るヌン、

純情少年、~ちょっぴり成長したかな?

ボンマンにすれば、これ以上、首を突っ込むな、といいたい所だろう。

でも 行ってあげてよ~ボンマン!ヌンが行くことないけどね(笑)


そして、へチャンの体調に異変が。

なんと おめでたよね!なんとな~く読める展開、

誰か、早くジヨンの策略に気付いて!

あとは記事がどうなるか、だけをクリアすればいいのだし。

今度こそはハッピーエンドを願っています♪


AD

18・29 13話

テーマ:


元気なハイエナたちに気を取られて

ボンマンのことを忘れてた!!なーんて(笑)

ことはありませんが、軽めに、レビュー♪


展開としては ちょっとダレ気味に・・

へチャンが来なかったのだから、

もう、いい加減 諦めなよ~と思う私はイジワルなのかもしれません。

でも母の帰国はドラマラストへの大きな動きです。


それにしても いつ見てもカンポンの笑顔は素敵~

50%増量中(スナック菓子か?)

でもいいのよ♪いいの~

・・・・相変わらず、 ファッションはド派手なTシャツが多いけど。

黒、黄色、緑・・・(笑)

今回のピンクのジャケットはなかなか似合ってた音譜


13話は ゴールデンベルでのヌンの優勝からスタート。

ヌナに告白したい、と公園で待ち続けるヌン。

しかし、へチャンは来ない。代わりに現れたのはボンマン。


「へチャンは来ない。俺とへチャンは11年なんだ。」

「時間は関係ない。僕の方がヌナを理解している。」

とキッパリとした態度のヌン。すごい自信^^;


ボンマンは帰ってきてへチャンに「行ってやれ」と言うけれど

それを真に受けて本当に行ってしまうへチャン!

あら・・そうですか~。

行ってやれ、と言われたからって行くというのは

素直すぎるかもしれないな。

ボンマンの言葉の裏にある想いまでは

やっぱり18歳という精神年齢、汲み取れないのかも・・・。


実際は

公園にヌンチングが来ていて声をかけられずじまいだったから

良かったけれど、行ってどうするつもりだったんだろう。

ヌンがいい子だから、傷つけたくない、というのはわかるけど、

ヘタに携帯メールを送ったりするのもアンデ~。

こういう時にこそ、心を鬼にしなきゃならないのに・・・


家で待つボンマンもいくら相手がお子チャマとはいえ、

あんなに堂々と、「あなたを愛してるとは思えない」、と

言われちゃーー頭に来るだろうし(笑)カチンと来てたなぁ。

言って来いとは言ったものの 内心、落ち着かないボンマン。

高校生に負けたらどうするーー?って。


翌日、ジヨンはへチャンに、「昨日は行ったの?」と。

余計なお世話だ。サラリとイヤミ攻撃をする女だね。


当然、不機嫌なボンマン。へチャンはきゅうりを使って

パックしてあげよう、と彼女なりの気遣いを見せましたが

はねつけてしまうボンマン、凹んでいるへチャンを見て

我に返るのね。エライ、怒っていても逆効果だもの。

懐の深いところ見せなくちゃ。


昔 へチャンが作ってくれた

きゅうり入りの焼酎を今度はボンマンが作って、へチャンに勧めます。

どんなお味なのかな?(笑)


「ヌンもあんたのことも傷つけてばかりね。。

仕事をやめるわ、・・でも記憶はいつ戻るのかな?」、とベソかきのへチャンに

「仕事も続けていいぞ、

俺のワガママだったんだ」、となだめるなんて、優しいじゃない♪

まるで保護者?

年齢差があるほうが喧嘩にならなくて、いいかも?(笑)


けれど、

ゴールデンベルの視聴率は好評。ヌンは検索1位の注目の的。

先輩もこのまま仕事を続けて、と言い出して、

困り顔のへチャン。

会議にはヌンも呼ばれていて、

歴代優勝者を集合させれば?という提案(ジヨンの策)に

ヌンも気が進まないけれど。


もう会わないほうがお互いのためなのに、

また顔を付き合わせることになりそうなへチャンとヌン・・・


へチャンに、

「このまま、友達でいるのもダメなの?」とごねるヌン。

二人でいる所をあの記者@復活班長にチェックされてます!

おっとーーーこの男は危険人物なのに。

これは何かが起こる複線か?


アメリカから映画祭出演のため帰国したボンマン母。

なんと、ソッキョン母@ソウル1945だわ!

こんな所でお会いするとはビックリ(笑)

大魔王もモンヤン先生@ソウルだし笑

局が同じだと役者さんも被る、ということかな。


母は、幼い頃に子供達と別れたようで今のボンマンやボンギュの

顔を知らないらしい。。。むこうで捜さなかったのかね。


帰国したのは息子捜しのため、ということでしょうが、

突然帰ってくる、というのはアメリカの夫が亡くなったからかしら。

ボンマンの口からの生き別れた母のことを立ち聞きした

ジヨンは先にボンマン母、だということを知ってしまうのかもね。


まだ自分の気持ちを整理できないヌンは

ネットでへチャンにメッセージを送っています。

へチャンもそれを見てるんだな。。。悪気はないけど。

そこにやってきて、メッセージを見たボンマン、

そりゃーー怒るだろう!!

ワタシがボンマンでも怒るよ~。


はっきり酷いことを言った方があいつのため、と。

翌日?待ち合わせをすることに。ボンマンの隣に座り、

はっきり 「ボンマンを愛してる」 

とようやく言ったへチャン。

ここまで言われたらいくら子供でも諦めるだろう。

というのは大人の考えか?


ボンマンの舞台の当日、へチャンは夫の舞台に行かずに

車道を自転車で暴走するヌンが心配で

追いかけてるけど、そんなことしてる場合ーーー?

息子だと知らず舞台鑑賞する母、

捨てられた男を演じるボンマンを見て涙が伝う・・・・


うーん、ここまで来て、こんなにヌンが振り回してくれるとは

思わなかったなぁ。

しかも、気持ちには応えられないのに

無視できないへチャン、

記者の魔の手ならぬ、魔のカメラが忍び寄ってるっていうのにーーー。

13話は、気の毒だけど、かなり、ヌンがうざく見えてしまったなぁ。

ごめんね。純情少年よ。乗り越えるのだ。


今回のラストのエピソードはへチャンの妊娠でプロポーズのボンマン。

指輪つきのベビー靴のプレゼント♪

あ~二人は出来ちゃった婚でしたか。

これがダメになったのも、離婚危機の大きな原因だったのでしょう。


へチャンたちは結婚を反対されていたけど

彼女が映画の仕事をやめて大魔王に献身したことから

大魔王には気に入られていたとか。

だから、 薬をどっさり持ってきたり、

なぜ嫁が来ない?と言ったり、突然家に来たり・・

ずっと心配していたわけだ。口の悪いじいさんなりの

優しさを理解できましたー


あとはボンギュの恋を大魔王が認めてくれるのかどうか。

これもお国柄ゆえ、難しいことだろうけど、

へウォンにも幸せになってもらいたいな~。


さあ、ラスト3話、いつへチャンの記憶は戻る?

どのタイミングだろう?


AD

18・29 12話

テーマ:

今回はぶっ飛びスヨン君が拝めますよ~(笑)ロケット

やっとこさ夫婦になったボンマンとへチャン恋の矢

嬉しくてへウォンに報告、それはいいけど

あんなことがなければ叔母になっていた、という言葉が気になるわ。

ひょっとして、過去に辛い想い出が・・・?

そして、今回は へチャンの企画のゴールデンベルで

またまた何か起こりそう、、、、


後で寝床から 起きたボンマン、

へチャンは食事を作って先に出勤していました。

へチャンの作ったスープが塩辛いのか、喉を詰まらせてるボンマン^^(笑)

でもちゃんと水を薄めていただきます♪


ボンマンは 原点に戻るかのように、ひそかに舞台の練習を。

そこには、監督が。 

 ボンマンが演劇部に入ってからスターだったジウはやめてしまったから

あいつのことを理解してやれ、と。


でも気に食わない と・・・。この二人の因縁、けっこう深いのかも。

台本が 捨てられた男?

とまあ、芸能界から捨てられた今のボンマンを

現してます・・・笑おや?あの一瞬映った服装と髪型はいったい・・( ̄□ ̄;)!!

見間違えたかな?(笑)・・・ひとり8役ということでまさか・・・・

「衣装がいまいちだから、私が用意するわ」、とジヨンのおせっかい。

断るボンマンだけど、ジヨンの押しで・・・(-_-;)

へウォンに 「はっきりしなさい」、と釘を刺されて ヌンから

かかってきた電話も避けるへチャン・・

想いがつのるヌンはバス停で待ち伏せ。

やっとへチャンは ボンマンを好きで、旦那だから、友達にはなれない、

と。。。

ショックで傘を放り出し、

雨に打たれるヌンの心もどしゃぶりです・・・汗


雨でびしょ濡れで帰宅のへチャンをエプロン姿で迎えるボンマン、

今日のメニューはキムチのジョンだって!ナイフとフォーク

こんなに尽くされるへチャンが羨ましすぎますから叫び


実は へチャンに母が帰国する話を聞いてもらいたかったのに

言い出せないままのボンマン。

うたた寝のへチャンを抱きかかえてベッドへ。

「そばにいてくれてありがとう。。。。」というボンマンにしんみり。。。汗


翌日の朝の布団の中で目覚めたのに寝たフリするへチャン。

ああ~このシーン、大好き!
12話

キャー!この瞳に見つめられると溶けちゃいそうよっラブラブ

「夫婦とは何だ?

夫婦だから喧嘩しても一緒の布団で寝ような♪」

というボンマン、いいねー^^へチャン、幸せモノだわ~


せっかくのデートもジヨンの作戦でボツになり、

二次会ではないけど食事会の後はジウと打ち合わせ。

また、ジヨンの「今頃、チョンPDと二次会かしらね」、

という言葉がひっかかる。いちいちムカつく女だ。むかっ


そこに現れたヌン、ジヨンといるボンマンを誤解してしまう、という流れに。

「ヌナのそばにいるべきはあんたじゃない」

言われて怒りのボンマン・・・!


それを見たジヨンはしたり顔。。また何か企みそうだね。

忘れ物をしたから、と へチャンに電話をしてきたジヨン、

翌朝

車の中のストッキングを見て一瞬疑念のへチャン、

でも、あれは違うんだよねーー(笑)(笑)


その後、自宅で演劇の練習をするボンマンを見て

ストッキングのワケを理解したから良かった~

それはいいんだけど・・・

出た!!

スヨン君の女装~∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

これね。ロシア女性のようだ 

と監督に言われたヤツって。^^;ははは。

素晴らしい役者魂だわ、天晴れ!!

ウンヒョク@ソウル1945が・・・革命戦士が・・・

レニングラードでこんなこと覚えたんかい?←んなワケない。

やってきた大魔王も全く孫の変装だとは気付きませんでした。(笑)

孫とわかったら心臓マヒ起こしそうだね^^;


ボンマンはへチャンから頼まれたバラエティ番組、

ゴールデンベルに出演することに。

問題を見てたら、やっぱり韓国のお国柄、、という歴史クイズ。

ここでは深くは追求しません。軽~く、スルーです。(笑)

なんとなく読める展開通り、ヌンが決勝進出、

お助けマンの黒騎士ロボットがボンマンです。

このまま、リングに上がれそうな雰囲気~(爆)

「あんなヤツを助けるなんて・・」とボヤくけどそこは大人。

公私混同はしないのね(笑)ボンマン、見事正解!


そして いよいよの ラスト問題で突然、

ヌンの目からは涙が・・・汗

ワルツが印象的な映画の問題・・へチャンとのダンスを思い出しちゃったのね。

頑張れ、ヌン!涙を拭いて気を取り直し、

最後の問題もクリアーしたヌンは優勝!

ジヨンMCの 

「一番初めに祝って欲しい人は誰ですか?」に、

「お姉さんです。」とヌン。

「そのお姉さんはここにいますか」。の問いに

「はい。」と・・・・。

普通に見ていると何気ないMC。でもジヨンの作為ありあり、、、(-_-;)

ヌン、ここで告白してもいいよ、

でも男なら これでダメなら自分の気持ちにここでけじめをつけるべき。

叶わぬ片想いだけど、

これも振り返ってみれば青春の1ページなんだよね~。


今回のラストは ボンマンが初めてへチャンを意識した時の

エピソード。オンマの匂いがした、というボンマン。

母が恋しいボンマンならではの嗅覚だったのね♪(笑)



AD

18・29 11話

テーマ:

ジウの出現でまたもや波乱のこの夫婦。

でも 今回ラストで初めて涙!

このドラマで泣くとは思わなかった~汗

完全カンポン目線での視聴ですドキドキ

勝手に妄想を膨らませてジウはダメだ!と車で追いかけようとするボンマン、

落ち着いてー!(笑)


ジヨンはボンマンの気を引きたいばかりに、体調の悪いフリを・・

心配したボンマンは見舞いに行くけど電球を交換して手を洗う時に

時計を忘れる、という、ベタな展開~

ボンマンはジヨンに負い目があるから

気を使ったんだろうけど。ジヨンはボンマンを試したのね。

後日、

これをいかにも 会ってたわ といわんばかりに

へチャンに時計を返すジヨン。嫌な感じ。。


//


どん底のボンマンは仕事を選んではいられなくなり、

苦労の連続、バラエティ番組の撮影、

冷凍庫ではマジで置き去りで冷凍人間になりかけ・・・(笑)

でも雪の結晶フリーズ雪の結晶したボンマンが漫画チック~

でも笑っちゃいけないんだろうけど

(え?いいのか~・・狙ってるんだから^^)

このドラマってどこかシリアスにはならないところがいい~♪

でもね・・へチャンはヌンと会ってる場合?

ヌンの目に映るへチャンがキラキラキラキラ輝いてますけど・・・(-_-;)

申し訳ないけど、ヌンの気持ちを知りながらも会うへチャンや

ヌンに想い入れできなくて・・

この場面は家事をしながら見ちゃったわ。(苦笑)

いい加減、、、へチャンはボンマンを愛してない、と信じ込んでいるヌンに

はっきり本当のことを言ってあげないと。


ジウの企画ではMCにジヨンを誘うことになり、またもや

へチャンとボンマンをかき回していく展開へ・・・


へチャンの仕事を妨害しようとブレーカーを落とすボンマンってば

お子チャマみたい~(笑)


保存してないのでもちろん、へチャンが作成中の記事はアウト!

かわりにボンマンが手伝うから、というくだりの 四文字熟語、、

呉越同舟 5月にのむどぶろくはウマい は?一体?~???

それってギャグなの?かどうかさえわからないですけど・・・。

うーーん。スルーしましょ。仲良くなったからヨシってことで・・

何気にろうそくがロマンチックなのに。。夜の街

・・


翌日の会議で、提出した企画では 水準が低いわ、

とジヨンにばっさりと斬られるへチャン。

まあ、たしかに・・当たってるんだろうケド・・イヤミな女炸裂のジヨン。


そして、ジウとの仕事を辞めて欲しいボンマン、飲み会でジウとは口論。

大喧嘩!

「寛大になれ!」

ってあんたが夫婦のことに口出すんじゃないよ!

「愛するにはNYがいい、」なんて意味深メール送っておいて・・・

「読んだのか?」だと。

そりゃ、へチャンのメールを勝手に読むのはルール違反かもしれない・・

でも、

やっぱりこのジウってやつ、どうーも、気に食わないんだよね(怒)


仕事も私生活も 辛いばかりのボンマン、

「俺は妻に逃げられそうな男なんだ!

あいつのところにでもいけ。」なんて、、、

心にもないことを口にしてしまった・・・(x_x;)

「知らなかったけど、そうだったんだね・・」とへチャン。

あー記憶に無いし、少なくとも、今はそう思ってないんだよ。


家を出ようとするへチャンに

「 行かないでくれ・・・機嫌直してくれ・・」とボンマン。


ハグ

ひぇ~ん!

このドラマで初めて目が潤んでしまった~(ToT)

やっと自分の心に素直になったボンマン、男泣き、というより

でっかいボウヤが泣いてるみたい~

でも、そんなボンマンが可愛くてキュンキュンしちゃった!(笑)

そして大きな身体のボンマンをそっと優しく抱きしめるへチャン。

18歳のへチャンがオンマに見えた瞬間です♪^^


そして今回のラストのエピソードはいよいよ~?いて座

というシーンでした!

布団で敷居を作っておいてそーっとラブラブ

手を伸ばすボンマン。。ふふ、可愛いわ笑

手を伸ばすなら敷居なんていらないのにねッ。

そのほうが盛り上がるかな(爆)←オイッ


これを 仕掛けたのも、プロポーズをしたのもへチャンでした!

まだ結婚に自信がない、というボンマンにジウと留学しようかと、、の

へチャン。こんな頃からジウとの留学話が出ていたとは~。

案外、ジウはずっとへチャンが好きだった、ということなのかしら。

どうもあの男は軽くてそんな風に見えないんだけど?


そういえば、ジヨンの映画にはどうやらアメリカから20年ぶりに戻る

俳優が出演するらしい?これってボンマンの母親でしょうね。

終盤にはオンマも登場しそう・・



18・29 9、10話

テーマ:

9話は 盗作疑惑を知ればへチャンが傷つくから、と隠そうと必死の

ボンマン、涙ぐましい~

でも いつかわかることなんだし、

へチャンに隠して、ジヨンと内密に進めようとするやり方も

どうなんだろう、、、ジヨンも映画をリメイクにしようとしたり、

奔走してくれてはいたみたいだけどさ、

またこの女ってば、「オッパは苦しんでるわ、、、」って

一言余計なのよ(-_-;)


なんとかしなければ、とジヨンがボンマンに相談する前に

盗作だと知らないマネージャーはマスコミに

サンヨンの妻が脚本を受賞し、スターと脚本家カップルと

大々的に宣伝、新聞の一面に・・・。


妄想までしてウキウキのへチャンを

へチャンを傷つけたくないばかりに

自分が何度もオーディションに受からず、落ち込んでいた時に

足を運んだ遊園地にへチャンを連れて行くボンマン。


かつて へチャンに勇気付けられていたことを思い出すんだよね~、、、

おまけにどうしても「盗作」という言葉が言えないボンマンは

飲めないお酒を一気してぶっ倒れてしまう^^;


こういう優しさゆえのボンマンの行動、

ぶっ倒れて醜態を晒してしまうけれど

やっぱり愛しく見えて たまらないです~(≧▽≦)ラブラブ←(アホ)


あんな大きい人を抱えて家に連れて行くのは

ホント、大変そう(爆)

また ヌンが諦めきれずにへチャンの家の前で待ってて、

酔いつぶれたサンヨンを持て余してしまうへチャンを見て

ほおっておけずに手伝おうとする。


あ~ダメダメ、ボクちゃんってば~(>_<)

家の中に入って二人の暮らしを見てしまえばさらに傷つくでしょうに。

罪だよ、へチャン、、、もうはっきり言わなきゃ。

男と女に友情なんて成立しないのだから。


酔ってるくせに、へチャンがインタビューに出る!と知って

仮病を装うサンヨンは入院。
//
二人で一緒に

あの狭ーいベッドでおねんねするシーンも

ツボだった~ドキドキ

このベッド広いからって(笑)狭いでしょ!誰が見ても~って

思いっきりツッコミ~^^

あんなに密着して ボンマン、眠れたのかなぁ?(笑)

まあ、まさか病院でヘンな気起こせないだろうケド^^;

腕枕なんかしちゃって~

翌日のへチャン、思い出しながらニマニマしてるしっ!


病院でジヨンは 自分がなんとかする!と

ジヨンの仮病ってことにするつもりらしいけど

それは違うでしょ~?

ボンマンとへチャン二人で解決しなきゃいけない問題なのに。

ジヨンが 自分を犠牲にするといいつつボンマンの気を引くように

見える私ってひねくれてる?(苦笑)


記事が出回る前に旅行に出発しなければ!とせかすボンマン。


しかし!何にも知らないへチャンはジヨンのメッセージで

再び何か隠し事がある、とジヨンに会いに・・・

記者たちの方が一足早く、駆けつけ、これでへチャンも

自分が盗作をしていたことを知ってしまいました。


ところで 高校時代にへチャンが憧れてたジウ先輩が

受賞を聞きつけて現れた!

ボンマンが逆境の中、新たなライバル出現かぁ、、、

しかも、ジウには1ヶ月前に

ボンマンとうまくいってないことを相談していたらしい・・

これまた、オトコ関係が複雑になっていきそう(汗)

しかも あの手紙を捨てたのはジウだったんだっけ。

この男、なんとなく、気に食わない。

それに少年時代の方がずーっとイケメンだったよ( ̄^ ̄)


11話は二人に訪れた試練の回ですね、、、

今までなら二人の絆で乗り越えてきたのに~。


落ち込むへチャンは部屋に閉じこもりきり。

なんとか元気付けようとドア越しに食事の差し入れをするボンマン、

韓国では酢豚ってタレにつけて食べるものなんだー!?

これはぷちサプライズ~(笑)↓この画像ラーメンだと思ってた^^;


酢豚?

いつの間にか家出のへチャンが向った先は

心の雑念を振り払うために修行・・・?

しかし、なーーんじゃこの道場は??

ってぐらい道場主が怪しすぎる~(笑)


盗作をしてしまった自分が情けなくて、

ボンマンに迷惑をかけた自分が情けなくて・・・

灰になって消えてしまいたいって気持ち、たまらないだろうと思う。


でも 道場で

爆弾をぐるぐるに巻きつけられてドカン!!

 妄想に苦しむへチャンがメチャクチャ可笑しい~


心配で駆けつけたボンマンは

ロマンスが盗作ではなく、モチーフは似ているけど

物語自体が違う、パロディーだから、大丈夫だ、って

慰めるのね。


そうそう、最初から隠すんじゃなくて本当にそうなのか

へチャンを信じてあげなければいけなかったことに気付いたボンマン。


が、しかし?


・・パロディだからいいのか、どうかは実際、疑問のようなーー?(-_-;)

高校時代に考えた偽ホームアローン?にも笑ったけどね。


完全に仕事を干されたボンマン。

それをへチャンに悟られまい、と外に出かけ、たとえ脇役でももらえないか
交渉・・・

へチャンはというと ヌンとお出かけ。

ボンマンが家にいないから、と またヌンに話し相手になってもらうのってどうなの?

へチャンを自宅に送ったヌンを見たボンマンも

「今度は 俺がいるときに家に来いよ」 

ってちょっと大人?の発言でした(笑)


昔、へチャンがごちそうしてくれたきゅうりの焼酎を思い出して

どっさりきゅうりを買い込むボンマン。

きゅうりの焼酎お酒なんてあるんだねーーー?これも知らなくてビックリ。

どんな味なんだ?


ボンマンは何度も過去を思い出して感傷に浸りがち。。。

それが全然記憶にないへチャン、こんな時に慰めてあげられないのも

記憶喪失とはいえ、罪だと思う。


あー

ここっていったいドコ?(笑)見晴らし良さそう♪

それにしても

あの時って友達の家に泊まることにして、二人でお泊りしたのかな~?

そういうことばっか気になるわ~(笑)ラブラブ!・・・失礼しました。


・・・で、帰宅したら

ヌンや女子高生コンビまでお邪魔してて少しゲンナリの表情のボンマン。

きゅうりをどうして買ってきたのかも言えずじまい・・・。

しかし、それをさらに追い討ちをかけるような

へチャンの放送作家のアルバイトの話。


それを聞いて、

「なんでチョンジウなんだ?」って怒りのボンマン。

さすがに

ジウに先月ニューヨークに行きたい 

とメールしていたことが引っ掛かる。。。。。


18・29 7~8話

テーマ:

なんだかなぁ、、二人で苦労を共にしてきた記憶がないし、

精神年齢が、18歳という幼さだから仕方ないのかもしれないけど

7話では、へチャンがボンマンを信じなさすぎるのがイライラ、、、(-_-;)


やっぱり へチャンが誤解して家を飛び出していってしまった~

へチャン母の墓のある故郷(韓ドラお決まりの離れ島?)へ行ったものだから

♪へチャンの夫でスター サンヨンが来ました~♪カラオケ

港では特大スピーカーで放送されるのが

定番なのか(笑)


港ではお祭り騒ぎの大宴会状態。

アジュンマたちに大歓迎されてさわりまくられるサンヨン、

嫌な顔せずに 歌え!と言われりゃ歌わなきゃ~

人気稼業は辛いよっ(笑)


7話

サンヨンの踊って歌うシーンも素敵よんドキドキ

もーノリノリですっ♪


当日は船がなく、帰れず、その日は泊まることに・・・

しかし、仲直りできずに部屋を飛び出すへチャン、

「聞いてくれ、話をしよう」、というボンマンと口論に。

じゃあ死んでやる!と ボンマン。

へチャン~止めてくれよ、、言ったから引き返せないし(-_-;)

というボンマンの心の声が可笑しい^^


海岸から足を滑らせてもう少しでボンマンは海に落ちそうになったけど

これでとりあえずは元サヤに。そして、足をくじいたへチャンを

定番のオンブ~~~♪

スヨン君の背中は大きそうでいいな~ラブラブ

と、まあ、ここまでは良かった。


まさか本当にスターのサンヨンの妻だと信じられなかったヌンは

へチャンを映したビデオテープをプレゼント!


しかも 自分が好かれてるとは夢にも思ってないから、

家にボンマンがいるってのに、堂々と見てて、ボンマンに見つかった。(-_-;)

これがへチャンの笑顔満載、楽しそうなんだよね~。

そりゃーボンマンの血圧も上がりそうだわ(笑)

ボンマンの言うとおり、一回り年下で相手が高校生じゃ、

犯罪だって言われかねないし、たとえ何もなくたって 

こんなことが

あの記者に知れたら、マスコミのかっこうの餌食にされる(汗)


で、ボンマンは撮影中にも関わらず

捜しに行ったものだから放送事故を起こして監督の怒りを買い

ボンマンは降板になってしまった(汗)


ボンマンのマネージャーも苦労し通しですよね~。

誰かにグチりたくもなるでしょう~

この人はバツイチでへウォンがお気に入り。

呼びされたへウォンは全く相手にしませんが~。(笑)


やっと元通りかと思いきや またへチャンの誤解で

また家を飛び出してしまうんだね。

こういう展開の繰り返しかな?(苦笑)


待っていられるか?

あなたを待っているわ・・・


と、まあ、これだけ聞いたら誤解しちゃうよね。


なにもあんな所で演技の練習しなくてもいいのに、廊下でやる?

まさかジヨンの作為?

おまけにへチャンが撮影所に来たこともわかっていて、

しかも、へチャンの動揺ぶりを目にしたのに黙っているというしたたかさ・・・。

へチャンは一生懸命作った海苔巻きを渡さずに持って帰ってしまった~


仕事を降板させられて落ち込むボンマン、、

こんな時は妻に支えて欲しいだろうに、

ボンマンが気の毒に見えてきました。


後から降板の話を聞いて反省する、という展開は予想がつくものの

イライラ~。

へチャン、頼むから大人になってーーー。


8話

へチャンも謝ろうと決めて家に戻ったはいいけどなかなか素直に

なれず、口喧嘩、荷物をまとめて追い出されたへチャン^^;

本当に人妻なのか気になり確かめに来るヌン。

へチャンの口から結婚してると聞かされてショックのヌン。

でも へチャンを放っておけません。

結局はドラマのセリフだったことを知り、ハラボジを口実にして

帰宅しました。

(自分のダンナの作品の脚本ぐらいちゃんと知っておきなよ~

へチャンたら!

と突っ込みたいけどなにせ18歳!自分のことで必死だから頭回らない(笑)


それでも、ダンナの失った信用を取り戻すために

マネージャーの要望でへチャンは うつ病だった、と公表することに承諾。

ユウウツそうな顔も上手いわ~へチャン!(笑)

ボンマンは不本意そうだけど、、、


テレビに映った辛そうな(笑)へチャンを見て鵜呑みにしたヌンは

ボンマンに 忠告しに行くわけよ~

ボンマンたら へチャンに花束まで買ってたのに

怒って投げ捨ててしまった、、、モッタイナイ。。。


ダメになりかかった映画はジヨンの要望もあって

サンヨンがキャスティングされたのはいいけど

製作会社の社長からの命令で、

イメージに合うよう痩せなければならなくなった!

またジヨンと共演というのが気に食わないが、まあ、いいか。


もしかしてこのドラマのためにわざとスヨン君は太ってたとか?(笑)

いやぁ、ほんと、ダイエットしなきゃ!な上半身なんだもの♪プニプニ~^^

で、野菜ダイエットで下痢、腹痛に苦しむサンヨンのお腹に

顔をのっけるシーンも微笑ましかった~

ダイエットがあまりにキツくて、夜中にコッソリ食べようとする姿も

プニプニスヨン君だから、リアリティあって、また可笑しい♪


で、なんといっても8話の目玉といえば、ココ!


包帯ぐるぐる

あちゃーーーー!なんてこったい!

革命戦士ウンヒョク@ソウル1945と同一人物とは思えないっ!(x_x;)

ウンヒョクってば思想に命を捧げる前は

包帯でぐるぐる巻き、そんな趣味やってたんだぁ(爆)←違う。


これ、ほんとオカシくてずっと笑いっぱなし~^^

しかも 足が痛くてマッサージしてもらって

感じたのか?ボンマンが

ムラムラメラメラしてるのが さらに オカシイーーーー!

で・・・ いいトコでハラボジが現れたので未遂に終わりましたが。


そして。

映画の撮影に入った、ジヨンのセリフに

ふと、以前 へチャンが言った言葉を思い出すボンマン。


10年間1度も愛してるといってもらったことがないわ



あー、韓国の男性ってアジアのイタリア人っていうけど

ボンマンはそんなクサイセリフは言えない性格だったのか~。(笑)

ま、付き合い長いと言葉に出して言わなくなるし、

今までの怒りっぽかったボンマン見てたら

なんとなくそれも うなづける、、、

ただでさえ華やかな業界で、人気スターじゃ女性がほっとかない。

おまけに売れてたら家で過す時間も少なくて、

よっぽど妻に理解がないと 辛い結婚生活でしょうよ~

でも きっとボンマンがへチャンに今まで

甘えてばかりだったことに気付くんだろうな。


ソンミが書いた映画の脚本はなんと盗作疑惑が持ち上がり

実はへチャンがソンミの名前で応募していたらしい・・・・

ええー?じゃなくてソンミが借金返済のために

へチャンの作品を盗んだけれど 

その作品自体が盗作なの?


自分が書いた作品の受賞を知って大喜びのへチャンだけど

これから新たな波乱が待ち受けているってことね。

そして、まだ視聴者が知らない秘密が紐解かれていくってわけ?

気になってまた続きを見てしまいそう、。、。




18・29 5~6話

テーマ:

このドラマ、毎回ラストの若きボンマンとへチャンのシーンを

見るのが楽しみ♪


5話は、濡れて読めなくなったラブレターのエピだったのね。

ラブレターを上手く書けなくて、

でもへチャンを思い出しながら書くカンポンの表情が素敵だった~^^


5話

ほんとに、スヨンさんって横顔も綺麗なのよーーーうっとりラブラブ


海辺のジヨンとボンマンを誤解したへチャンに嫉妬の火が

ついた(笑)

翌朝も3人で朝食を。

別に3人で食べなくてもいいと思いますけど、、、

で、半熟目玉焼きが嫌いなボンマンのために

自分のと交換するジヨン。記憶がない、とはいえ、

オットの好みをジヨンが知っていて

自分が知らないなんて、いい気はしない~!


ジヨンの前で、わざと見せ付けようとしたり、

テーブルの下で足を絡めているんじゃないか?と

探りを入れるへチャン、とっても幼稚でわかりやすいヨジャだ♪

でも、足を絡める姿連想する辺りは

18歳の発想じゃないと思うけど(爆)


「サンヨンとジヨンはお似合いよ~、

妻と別れればいいのにっ!」

海辺での撮影に群がるファンたちの心無い噂話に傷つくへチャン。汗

スターの妻という立場上、ずっとこんな思いをしてきたのかも。

その場にいづらくなるよね、、、


日本の高校生観光客を案内してバッくれるへチャンは

人魚姫の像と飛んでいくスカーフを見て一瞬思い出しそうだったのにな~。


そして、いつの間にか遊園地にいるへチャンを

行方不明だ! と必死で探し回るボンマン。

遊園地では 日本人に

「カン様~♪」と騒がれるのが大受け!わははは。


ずっとへチャンのお子チャマな行動に振り回されっぱなしの

サンヨンがお気の毒ですな~^^;


へチャンはPCで日記をつけていて、その中には

ジヨンとボンマンの仲を誤解する現場を見たことも綴られていた・・・

誤魔化して「これは壊れてるから~!」と捨てるボンマン。

ちゃっかり後でへチャンが拾ってたよ!

あー、これ、いつ気付くんだろう、、、


へチャンは映画祭に出すドキュメンタリーを撮ろうと、

中華の出前持ちする少年に張り付いてラブホテルへ。

へチャン、ほんと、猪突猛進、イノシシタイプ?(笑)

制服姿で29歳の女が

ビデオを持ってラブホテルに入るって怪しすぎでしょうが♪

どう見てもコスプレマニアか?

スケ番(←古い)たちに警察に通報されて知られてしまって

ボンマンに叱られるのね・・・

泣きじゃくるへチャンを優しく抱きしめてなだめるボンマンって

まるで保護者だ~^^;


いまだに一緒の部屋で寝させてももらえないけど

ヌンからのビデオメールを見て嫉妬~メラメラのボンマン、

やっとこさの強引キスキスマークにキュンキュンしちゃったぁ~

キャ~いやだぁ、ぷぷぷ( ´艸`)

へチャンもしっかり受け入れました♪


背中にシップを貼るとこもよかったなぁ~(笑)

この頃のスヨンさんって太ってたんだねぇ(爆)

でも、大きな背中に貼ってあげたくなるね♪


6話ラストの誕生日キスシーンのスヨン君はどこかで見たことあったけど、

ここだったんだ~と感激!

しかし、スン止めで残念~ここで終わるのぉ?


6話


高校生ヌンを相手に嫉妬するのも、キスしただけで

大喜びしてるのも可愛いボンマン。見てると

こっちまでニマニマしちゃう~^^


マネージャーに 

ひとつずつ、教えていかないとな♪

なんて言ってるよ、ほんと奥様は18歳だ(←死語、、、、)


へチャンもマジで初キッスしたかのようにルンルンで

妹の所に報告(笑)

しかし、ヌンにまで キスしたことある?って言うのは

罪ですね、、、


夫婦なのに、別室で寝ていたたことを知って大魔王が大激怒!

一緒に寝ろ!早く孫の顔を見せろ!とそんなに

怒ってばかりでよく脳卒中にならないもんだ(汗)

口は悪いけど実は寂しいおじいちゃん。

孫を作ってから、お前の人生だ!だって言ってたなぁ。

気持ちはわからなくないけど普通に喋りましょうネ 普通に笑

そして、キスも済んだし、いよいよハッパンか?と思いきや、

ベッドで18歳のへチャンの顔が浮かんでドッキリ!?のボンマン~

いったい、どーしちゃったのかな?


へチャンが通っているなら、と映画学校で監督の依頼を受けて

メロ映画の講義をするボンマン、初キスのエピまで

嬉し、恥ずかし、告白するのに その相手を

ジヨンでは?と誤解するへチャン、

ああ、こんなに一途なボンマンをどーしてわからないの?


スターになったら愛する人が寂しい思いをする。

僕は愛する人とずっとそばにいたい。


高校生らしからぬ ヌンの言葉はボンマンにグサリ!

と来たかもしれないね~・・

でも、寂しい思いをさせないように、ボンマンはへチャンに尽くしてるんだけどな、、


そうそう、もったいぶったジヨンのあの指輪って意味ある?

ジヨンは何考えてるのやら・・・

へチャンも言ってたけど 何事もなかったように

エステに付き合ったり、買い物したり、

いい子を装ってるけどコワイ女だわ~。


ボンマンの誕生日のプレゼントに、と、

 はりきって刺繍入りのキーホルダーを作るへチャン。


へチャンという妻がいるのに

でしゃばりジヨンはみんなで祝おう、とお店を予約。

一応へチャンにも誘いの声をかけてメールはしていたけど・・・


へチャンからの、家で待ってるわドキドキというボンマンへのメールを削除、

ここらから、本性発揮?

へウォンが電話してなかったらまたすれ違っていた所だよ。

速攻で帰宅するボンマン。

へウォン、頼りになる妹です~^^


しかーーーーし!

PCのゴミ箱の中身を消してなかったボンマンのツメが甘かった!

とうとう、あの日記を見てしまったのね、、、

せっかく 誕生日でうまくいきそうだったのに、

また 一波乱あるんだろうな、、、

あー、このドラマ一気に見てしまいたいっ!!




18・29 3、4話

テーマ:

18歳に戻ったへチャンが可愛いね!

18歳に戻った、というよりも、

頭の中だけが18歳のそのままで11年後にタイムスリップしたような

状態というべきか?

携帯の着メロを聞いただけで 誰かいる!って

ビビってるしのも笑える~~←これは2話でした。


オンマがすでに死んだことも覚えてないへチャン。

ついボンマンがカッとなって

言ってしまったことからパーティ会場で泣き出してしまうし・・・

それにしてもスヨン君のあの黄色いジャケットはなんとかならんの?

とにかくファッションが奇抜すぎる~

4話での水色の花柄Tシャツといい、ピンクのスカーフといい、

狙ってるとしか思えません。(笑)

ボンマンも気が短くてすぐ怒鳴るもんだから

へチャンが家を飛び出すわ、離婚の相談に行くわ、

そんなに大嫌いだったの?


ボンマンはへチャンを好きだったけど、へチャンは他の先輩に

好意を持っていたみたい。


現在と過去が同時に進行して行くようで、

ボンマンとへチャンのなれそめが描かれていくのも

面白そう~~~^^


へチャンは自分がカードローンで使い込んでいたことを知って

妹のへウォンに カード地獄で死ぬ人もいる、と脅されて

行ったのがいかにも怪しげなサラ金業者・・・(笑)

身体放棄書って・・・・(-_-;)

18歳じゃ、世間知らずだから仕方ないとはいえ、

ほんと、危なっかしくて見てられない^^;


治療をしようと病院に行き、催眠療法をしたのはいいけど

思い出したのは 

いかがわしいホテルでボンマンに

襲われそうになったところーー(笑)

しかもパンツねこへびが黒なんですけど(爆)(爆)

キャー!スヨン君のアップが~~~

もう、ここも大爆笑でお腹抱えましたよ~

でもボンマンは

 お前が襲ってきたんだ!!って言うのよね。

実際、へチャンが酔いつぶれて着替えさせようとしたところを

無理やりチューキスマークしたのはへチャンだったじゃーーん♪

いいなぁ~~~~

しかも 若き頃のスヨン君がストレートヘアで可愛いよ~ラブラブ


自分がカードで車を買ってたことを知り、

お金がないから、仕方なく家事をすることに。

すっごいシースルーの黒のビキニパンツを見て

うえ~!って顔のへチャン。あれってボンマンがはいてたのかな?

想像するなよ、オイ~~^^;


ふたりはボンマン父の法事で祖父の実家に泊まることに。

どうも 祖父の大魔王とは犬猿の仲。

ボンマンの母って弟を産んで家を出ていたんだ。

1メートル以上近づくな!と言われていたボンマンだけど

ベッドを代わって貰ったのが申し訳ない、と思ったのか、

同じベッドで寝ようと言い出したへチャン。


4話ピンク

キャ~このベッドカバーのピンク?が艶かしい~

注・うちのブログはアヤシイサイトではございません


ホリがアッパ~

・・・で 何もしないまま突き飛ばされて(笑)

翌日 腰が痛むボンマン。まわりには

もうすぐ孫の顔が見られるなぁ~ なんて誤解されてる(笑)


夫婦でCM出演 という話が持ち込まれて

ギャラが入るなら!と引き受け、

公園でヌンを相手に一生懸命練習するへチャン。

なぜかノートPCを取り出したヌンが見せたのは

噂のシャルウィ○ンスだよ~(爆)

ここだったのね~

so-netでは差し替えかな?^^;


映画監督を夢見ていたらしい、ヌンと一緒に映画学校に通うの?

純情なヌンはまさかへチャンが

人妻だと知らずに恋してしまうんだろうな。

そういえば、ソンミが受賞して賞金を貰っていた

あの脚本、、なんだか匂うわ~(笑)

もしかしてへチャンが書いたものを盗作?


努力も虚しく、監督からCMを降板させられてしまいますが

釜山は二人の思い出の場所だから、思い出すかも、、

と ボンマンが連れて行くことにするのね

また相手の女優はジヨン(ヨンセン)なのかぁ、、、(-_-;)

いい子ぶってるけどこれからライバル役の本領を発揮していくのかな。

今の所は仮面を被って様子見ってところ。


ボンマンを嫌い!といいながらも胸がときめくへチャン、

そして ひとりでダンスの練習をするへチャンを見て

ボンマンも再び恋してる?

やーーーん 見つめ合う時のスヨンさんのあの目が~

そんな目で見つめないで~ドキドキ(パボすぎ)


4話ダンス

離婚寸前だった二人はこれでもう一度同じ相手と恋愛できるのかな。

あー私も18歳とは言わないから28歳に戻りたいーー!

でも容姿がこのままだと意味ないが^^;


例の座布団も、

後輩が間違えてボンマンに渡してしまったんだ~。

ボンマンは「あれか?捨てた!」というけど

図書館で枕代わりにして気持ち良さそうに寝てるボンマン少年。

実は嬉しかったんだろうな♪

この寝顔も超カワイイ!!!

それに その寝顔を見たへチャンも

ま、いいか~って表情だったね♪


かわいいボンマン少年

18・29 1、2話

テーマ:

キャー♪このドラマ、面白い!


ソウル1945の後の癒しにはピッタリ~^^

でも個人的には カンボンマンよりウンヒョク@ソウルの方が

男臭くてシャープなので好みだけど、

このドラマの

スヨンさんは可愛い~!!


ボンマンのパーマ、あれはストレートにした方がいいよ~笑

それとやたら赤い唇が気になってしまうなぁ、、や~ん。。

口紅塗ってるんだよね?


それに スターなのに家の中では

オッサンみたいなランニング・・・(笑)(笑)

しかも 上半身凄いしドキドキ(爆)←オイオイ


これってヒロインの記憶喪失ものらしいけど

こういう記憶喪失は新しいジャンルだなぁ^^


へチャンが冬ソナ見て

「どうして私の記憶喪失は治らないの?」

と、泣くシーンも笑える~。

これ、冬ソナが放送された後のドラマだったのかな?

同じKBSだしね。しかし、KBSったら、

18・29にしても雪の女王、復活、ウェディング、ファンジニ、

みーんな

KBSワールドでは放送せずに他局に権利売ってしまったんだな~と

実感。ウェディングは今頃放送しだしたけど、、、


話を戻します。


スターのカンボンマンとイへチャンは高校時代の同級生で

夫婦。ボンマンの浮気疑惑?で離婚届を持参しようとするところを

事故で記憶喪失に。しかも、その記憶喪失によって

高校時代で、ボンマンと付き合う前まで

(18歳)に戻ってしまうんだものね!


へチャンは自分の鏡を見るまで

自分が年取ってることことに気付かないし、

妹やボンマンの姿を見ても誰だかわからない状態。


しかも病院を脱出して高校に戻って体育してるあたりは

まあ、ありえないだろうーー連発なんだけど

このドラマのノリが良いので有無を言わせないというか、

(言ってるけど)許せてしまいます~^^


高校で出会った 妻夫木クン似の可愛い子が

まさかボンマンのライバルになんてならないよねー?

だって、頭の中は18歳に戻った、ということは

アジョッシ扱いされてる ボンマンが不利なんじゃ、、、汗。


このドラマは子役?高校時代だけど)も

雰囲気が似てる人を起用してますね。

高校時代のボンマンも、カッコいい~(笑)

でも高校生見てもさすがに萌えるとこまでいきませんが^^;


ライバル役はヨンセン@チャングム。

普通だったら、ヒロインとライバル役は逆なのではと思います。

でも、29歳のへチャンはやっぱり気が強そうだから、

お転婆娘がそのまま大人になった、、っとこかしら。

それに、ヨンセンはいい子ぶってるけど実は

腹黒いライバル、という役だったりして。。。


そして、そして、

お前は処女じゃないんだ、

2年間夫婦だったんだよ。

頭で覚えてなくても身体は覚えてるだろ?

サンヨン(ボンマン)のキワドイセリフにドッキリーー!!

いや~ん、あの顔でこんなこと言われたら、、、、

萌えすぎて昇天しそうです(爆)パボネ~


すいません、このドラマのレビューはハチャメチャになりそうですわ、、