千年の愛 9 10話

テーマ:

ビデオメーカー
千年の愛 VOL.1【字幕版】

「身体の具合はどう?」とタツジが姫に日本語で話しかけるところから

始まる9話。

「おかげさまで。」と答える姫。

姫はいつ日本語を習ったんだろうと思ったら倭国にいったことがあるとか。

姫の話す日本語を聞いてインチョルは本当になのかもしれない

思い始めます。

インチョルがデザインした服を着てちょっぴり嬉しそうな姫。

デートを楽しむふたり。ヘアサロンでは間違えてインチョルが

カットされてしまいます。前の にわとりヘアよりはいいかな?

今回もかなり髪が逆立ってますが(笑)


その夜月を見てアリを思い出している姫

ちょっといい雰囲気で思わずキスしそうになるインチョル。

でも「アリ・・」と言われて我に返ります。

「俺はアリじゃない。」インチョルにアリを重ねてしまう姫。

わかっているけれど・・

でもインチョル自身にも惹かれている自分に気付いてます。


家賃が払えない貧乏なインチョルの重荷になるまいと

飯代(笑)になるならとモデルの話を引き受ける姫。

そこにスポンサーとして現れた

グムファにそっくりなウンビを見て姫は驚きます。

すっかり勘違いしてウンビを倒そうとして そこにタツジが・・・

ウンビも何のことやらさっぱり・・?だよね


インチョルはキム会長の手下に見つかり、あやうく首飾りを取られそうに。

でも、インチョル、姫にその首飾り返さなくちゃダメじゃないの?

姫はインチョルが持ってること知らないはずだし。


いったんデザインの話を断ったインチョルだけど生活が苦しいし。

仕方なくプライドを捨てて「仕事を引き受ける」と言います。


でもプレゼンテーションに行くと選ばれるのは7社のうち1社。

タツジに「女に貢がせるなよ」と言われて

インチョルはついカッとなり殴ってしまった・・オイオイ・・・


その頃 姫は自分なりに料理にチャレンジ。

でも古代人ですから。おまけにだし。フライパン焦がして煙が!

そこにやってきたタツジが慌てて消すことに・・・

後片付けまで手伝うタツジ。そこにインチョルがやってきて

ヤキモチかな・・・?

「俺の家で何やってる?こいつを連れて行け!」

怒った姫はインチョルをビンタ!


ここから10話

外へ出て行く姫をタツジが慰めようとするけれど

ヨソクと関係ないとわかっていてもタツジには心を開けない

とはっきり言われてしまったね。

ショックでその場を立ち去るタツジ。


翌日インチョルの家を出ようとする姫。

なんだかんだいいながらも結局後を追いかけて探すけれど

もう姫の姿はなく・・・・

でも行き先はあの占い師の所でした。(笑)同じアパートじゃん~


インチョルはタツジのところへ行ったものだとばかり思っていたら

いないことがわかり、二人は必死で姫の行方を捜します。

占い師の娘に会ったインチョルはそこで姫がお世話になってることを

知り、無理やり力ずくで自分の家に連れ戻します。


心配して怒るインチョルだけど出て行けといったのも

インチョル。

どこにもいくところなどなかったと涙を流す姫、可哀想。

タイムスリップしていくあてなんてないものね~~

涙する姫を抱きしめて謝り、仲直りのキス・・・・

でもそれをタツジが見ちゃったよ。。。。。

現代でもやはり片思いのタツジです。切ないね・・・・


翌日占い師の家で家族のように厚かましく?(笑)

食事をさせてもらうインチョルと姫。

やけに優しいインチョルなの。「ほら、これも食べろよ♪」なんて。


占い師妻のオバサンはウンビ母からお仕事の電話が。

パーティをするから買出しをしろ と。

なんとかウンビとタツジをくっつけようと、食事に招待していたのです!


そこにオバサンは姫を連れて買い物をし、助手として手伝わせるんだけど

料理のできない姫が手伝うとめちゃくちゃに・・・やっぱり(笑)

当然出来上がった料理は不味かったようで

ウンビ母は不機嫌です(笑)


「私が手伝ったから悪いんです」と謝りに出てきた姫。

それを見たタツジは気まずくて・・・

ウンビと外へ出て行き、やけっぱちになったのか

酔ったいきおいか「俺と付き合おうか」と。

またそれにokするウンビ。

ウンビも何考えてるの?タツジが好き?

でもプライド高くて可愛くないのよね性格が(>_<)

男を踏みつけてしまう性格だと占い師にも言われたそうです。

当たってるよ~(笑)


でもタツジは姫のことが忘れられずにウンビと別れた後

インチョル宅に足が向かってしまいます。


ちょうどその頃インチョルが首飾りを持っていたことを

知った姫はインチョルの嘘にやっぱり騙されていたんだと

思ってしまうのね。

だから早く返しなさいと言ったのに。。。。

インチョルも悪気はなかったんだろうけど

返しそびれただけだと思いたいけどね・・・・


せっかくうまくいきかけてたのになぁ。。。






AD

千年の愛 7 8

テーマ:

乱闘になるところをタツジがインチョルと姫を乗せて

とりあえずキム会長の手から逃げるところから始まる7話。

タツジのホテルに匿います。

姫は過去からきたこと、今までのいきさつをタツジは信じるようです。

そして姫はやっと姫らしい扱いを。

エステにヘアセット、ドレスアップしてもらいます。

ソンユリちゃん、やっぱりキレイだわ。

その姫の美しい姿に見とれるタツジとインチョル。

タツジはこのまま姫の面倒を見るつもりかな?

対して貧乏なインチョルは引け目を感じてるし。でも姫を託すのは嫌なのね。

もう、好意を抱いてるのかな?


ウンビの妨害でインチョルのデザインの仕事はボツになってしまい

自暴自棄のインチョル。そんなインチョルの姿を見る姫も辛くて涙です。

目の前のアリとそっくりなインチョルは自分が姫だと信じてはくれない。

やっぱりまだアリの生まれ変わりだと信じてるのかな いや、信じたいのかも。


「アリ・・お前がいるから生きていられる・・・」その言葉を思い出すインチョル。

これからインチョルはどうするの?

タツジは姫を かつて姫の城があった城跡へ連れて行く。
ガイドから当時の話を聞くタツジと姫。

キムチュンチュ?にすべて燃やされたことを思い出し思い出しては

悔し涙の姫。え?キム会長もあの時代に登場したっけ?

は~よくわからん。

「日本統治時代に百済文化を奉りフヨに神宮に作ろうとした。

日本人がフヨをルーツを思っているから。なのに侵略を繰り返したのは

古代史に秘密があるから・・」

というガイドの話には????その秘密がヨソクと関係あるの?

このドラマ、ますますよくわからないんですが・・・・(笑)

深く考えるのはよしましょう。(爆)


8話

あら~帰ってきたタツジは姫に愛の告白。

「お前と出会う前から愛していた」

アリのもとへ帰りたい」 という姫

「あいつはアリじゃない。」いや、「私を迎えに来るはずだ。」

そしてインチョルはホテルのラウンジで待っていた。

デザインの仕事を頼みたいというインチョルを冷たく断るタツジ。

あーあ、仕事もうまくいかないし、このままじゃ姫を引き取りたくても

無理だね・・・貧乏はツライわ・・・


姫を取り戻したいキム会長はタツジのホテルに乗り込んできた。

でも結局黒服の二人組を見てすごすご帰っちゃうし~(笑)

あのボディガードってタツジの実家が送りつけた 忍者って?(笑)

スパイじゃないの?何の目的なのやら・・・(笑)

可笑しすぎるよ~このドラマ!


秘書に彼女に特別な気持ちは抱かないようにって言われるタツジ。

もう遅いようです・・・


インチョルは仕事を捜しに夜の街へ。

ホステス相手に衣装を売りたいところなんだけどなかなか見つからない。

姫のネックレスを取り出して見つめるインチョルにも焦りが・・


現代にきてもタツジとインチョルとの三角関係に悩むことになりそう。

「アリのところに返して」という姫の願いを聞きいれ、送っていく。

そこにインチョルが。

でも「俺はアリじゃない。帰れ。」

冷たい言葉に泣き崩れる姫・・・でもインチョルったら戻ってきたよ!

「お前はなんでそんなにバカなんだ?

いい所なんだから黙って暮らしゃいいだろ?また問題起こしたか?」

結局はそういって姫を連れて帰るのね。

姫はたとえアリじゃなくてもインチョルのそばがいいのね・・・・。


姫はインチョルに日本に行くから船を用意してくれといいだすけど

無理なので(笑)歴史の本を調べることに。

あら?ウンビの家のお手伝いさんがインチョル母だったのね。

そういえば、忘れてたわ~

ウンビ母は占い師のインチョル父に何を占ってもらう気?

夫の浮気相手?占ってどうなることでもないだろうに。汗。。。


タツジはウンビを連れて日本へ。美人画を取り戻すため?

酔ったいきおいでウンビを誘惑しようととして拒絶されるタツジ。

ウンビは怒ってひとりで韓国へ帰ったみたい。

実家では母に怒られてるタツジ。

でもあのトレンチを着た二人組は母がつけたものではないというけど。

嘘なのよね。母の狙いは姫の首飾りのようで・・・・

それを狙って姫を尾行していたんだ。


日本から韓国へ戻ってきたタツジ。社員に姫のスナップ写真を見せられて

広告に彼女はどうかと言われたタツジは

再びインチョルにデザインの話を持ち込もうとするが・・・

タツジったら姫にわざわざ日本語で

会いたかったよ・・体の具合はどう?」

なんて・・・

現代でも姫を奪いたいのね・・・・・ヨソクの怨念か??(笑)

AD

千年の愛 5 6

テーマ:
千年の恋2

この千年の恋(千年の愛)、ツ○ヤで11月にレンタルで登場です♪

もし ジソプに興味のある方は

ご覧になってみてはいかがですか?

でもバリのような深ーい作品ではありませんので

あしからず(爆)


この作品は2003年。バリのひとつ前の作品です。

バリのイヌクとは違って超ダメ男の役なんですよ~

このドラマを見てバリ出来の作家がジソプを念頭において

イヌクを描いたと聞いたような・・・・ということは、

このドラマの中のジソプに惹きつけられる

何かを見出したということですよね。。。。

うーん。バリの作家の方はスゴイわ(笑)←何で笑うかって?

それはこのドラマを見ていただければわかります~♪

それだけ ジソプっていろんな顔を持つ役者ということだよね!


現代で話が動き出してきそうです。

なんと、5話のDVDが23分で切れちゃってる・・・涙。

でもこのあたりは見逃してもなんとかなりそうかな?

ということでブツ切れのレビューとなりました。

どこかのサイトでレビューを読まねば・・・ため息です。


タツジが姫と再会・・・というよりタツジは初対面なのよね。(笑)

でも、タツジの夢の中では会ってたけど^_^;

しかもキスまでしちゃってるし~♪←あ、これはタツジの夢の中で!です。

タツジはもう恋しちゃってるようですが


5話

タツジは韓国支社に来ても仕事をやる気もないみたいで

携帯ゲームに熱中してます。まるでバリのジェミンみたい(笑)


ガラスケースに入れられて見世物となってしまった姫。

メイクをさせられ、洋服を着せられた姫、やっぱり可愛いですね。

キム会長は嬉しそうに見つめてるんだけど姫のその表情は暗い。

そりゃそうよね。可哀想に・・生きてても抜け殻のようです・・・・


その姿を見たインチョルは姫を救出する作戦を考える。

友人に電気室に侵入させて真っ暗になってる間に連れ出そうというわけ。

なんとか逃げ出すことに成功です。

インチョルは途中で転んだ姫のひざの擦り傷をやさしく手当てしてるの。

姫も別人とわかっていてもちょっと嬉しいのかもしれないね・・・

ただ、インチョルは姫の首飾りを見てニヤリ・・・・

ちょっと下心がありそうね。イヤだわインチョルってば^_^;


インチョルの友人は当然ボコボコにされてしまう。

あ~あ可哀想に・・・・・キム会長はカンカンです!


タツジは道のトラックの広告に貼られた姫のポスターを見て

何かを感じたようで・・


道に飛び出してきたインチョルと姫の姿を見たタツジは

やっぱり彼女があの肖像画の姫そっくりであることに気付いたのかな?

これでタツジは姫に近づくためインチョルに仕事を持ちかける・・

という方向になるのかしら。DVDがここで切れたため不明・・・泣。。



6話


インチョルはタツジの会社の展示会?パーティに来ています。

もちろん姫もつれてきてます♪

インチョルの緑のジップアップのトレーナー姿がなんとも・・・(笑)

まあカワイイんだけどね。イヤリングまでしちゃってて~♪


インチョルにここでおとなしく待ってて と言われてる間に

姫はなぜか知らないオジサンにここから立ち去れといわれて

またうでっぷしのスゴイ姫は殴ってしまい騒ぎに。

そこにあの因縁のヨソクにそっくりのタツジが

目の前に現れたため、姫はあの嫌な思い出がフラッシュバックして

気を失ってしまった・・・・・・


タツジは姫を お姫様抱っこ で(笑)自分の部屋に連れて行って介抱します。

あの秘書のイケダも肖像画にそっくりな姫を見てびっくり・・・

インチョルは姫の事を聞いたのかタツジの部屋へ。

姫の面倒を見てほしいと頼むのね。


とりあえず、これでインチョルはやっかい払いができて安心ってこと?

インチョルよ、なんというヤツだ。あんたは!怒!

ちゃんと面倒見てあげてよ!

タツジももちろん夢にまで見た姫にそっくりな女性が現れたわけだし、

引き受けるよね。


目が覚めた姫はタツジの部屋に掛けられた肖像画に気付き、涙する・・・

姫って泣いてばかりなのよ・・・でも泣きたくなる気持ちもわかるよ。。。

この現代で幸せがみつかるといいけれど。。。前途多難です・・・


「どうしてここにあるのか?お前はヨソクの子孫だとは見当がつく。

これは私のものだ!二度と私の前に現れるな!」という。

驚くタツジたち。

肖像画を奪って逃げようとするがタツジたちに

追われて結局は取り上げられてしまう。

なんといっても今では日本の宝ですから!(笑)(笑)


姫はあの肖像画がヨソクに奪われたこと、自分は南扶余の姫だと

訴えるがインチョルには信じられないみたい・・・


うーん・・・これってやっぱりインチョルとタツジが

アリとヨソクの生まれ変わりってことで

話が進むのかな~?それにしてもあのカッコいいアリ将軍が

ダメ男インチョルだったら・・・顔は同じでもどう見ても

同一人物とは思えない。その方が姫は悲しいよね。


ウンビはタツジを家に招待する。ウンビ母はバリのイヌク母だね。

この女優もよく見るよね~貧乏な方が似合ってますけど?(笑)

今回はお金持ちの奥様のようです。

タツジが韓国語が上手いと褒められてたけど母が韓国人で、

小さい頃韓国に住んでたからなんだね。


キム会長は姫がいなくなってしまったことで心の病に。・・・涙です。

すっかり魂抜かれちゃってて・・・可笑しいわ~


インチョルは少しずつ姫の言葉を信じるようになるのかな?

姫ったら、隣の子の教科書を破ってトイレに使っちゃったみたい(笑)

おまけにハングル読めないのね。あ、そうかあの頃は

漢字のみだったからなのか。


インチョルはウンビと待ち合わせてたけどインチョルの隣のオバサンが来て

貧乏だってことがばれて振られてしまいました。ショックです・・・


インチョルの隣の家の子とアイスクリームショップにいるところを

カメラマンにスカウトされる姫。

あら~カワイイといいわねってそんなこと言ってる場合じゃないか?

姫もこれで世間から注目されたりして・・・・?


インチョルはとうとう会長に捕まってしまいました。

団地にインチョルは輩達に連れて来られます。

そこには姫のことが気になったタツジも待っていた・・・

さあ、ここでメインキャラが全員集合~(ウンビ以外)

今のところインチョルは姫の方には気持ちが向いてないのかな・・・・

次が気になるわ~(笑)アホなドラマやけどね(笑)

AD

千年の愛 3 4

テーマ:


このドラマってわけがわからない・・・・

失敗だったのだろうか・・・・?

とちょっぴり不安に思っていたのですが!

我慢して(爆)ヨカッタよ!俄然 面白くなって来ました~~~(笑)


 

とにかくジソプがアリ将軍とはインチョルが別人です~♪

髪型とヒゲ、衣装で渋く変身したアリ将軍のほうが素敵だったんだけど・・・・

ジソプは髪型で雰囲気変わるよね♪

3話

河原でやくざのキム会長に助けられた姫はなぜか彼らをボコボコにしてしまい、

追われて逃げていき、車で通りかかったインチョル(ジソプ)の前に飛び出す。


アリ将軍そっくりのインチョルを見て

アリが生きていた!

と喜ぶ姫、いきなり抱きついてキスしちゃうのよ。ハハハ。

姫ったら積極的だわ。(笑)死んだと思った人が目の前にいるんだからわかるけど。

当然 驚くインチョル~~~!あ、このあたりは2話でしたね。^_^;


でも驚いてばかりもいられず、やくざたちから逃げるインチョルと姫。

インチョルはいきなりわけのわかんない言葉をしゃべるオンナを病院に連れて行く。

精神的に異常がありますね。という医師(笑)

インチョルはかかわりたくなくて置き去りにしようとするが

車の検問で引っかかり、警察へ。仕方なく姫を自宅に連れて行くことに。


トイレの使い方はわからないし、テレビを見ては驚いてるし、蛇口のひねり方から

何にもわからなくて当然といえば当然の姫・・・


アリは再び彼女をデパートの前に置き去りにしようとするけど

夜になってから良心が痛んだのかその場所へ行くと姫はいない。

でもあたりを見回すとなぜかタイヤの陰で座り込んで寂しそうな姫が・・・


インチョルからすれば衣装も言葉もおかしな彼女。

やっかいな女に関わったってなもんで 迷惑そうだし態度も冷たい。

でも姫にとっては 死んでアリの所へ・・

と思って飛び降りたらこんなはじめて見る別世界にワープして、

会った男はアリそっくりなのにアリではないし、

おまけに邪険にされて 姫はアリがそっくりなだけにショックで辛いだろうなぁ・・・


いっぽう日本から韓国支社へ室長としてやってきたタツジ。

ホテル住まいになり、そのお世話をするのが

あの百済の時代に姫の首飾りを盗もうとしていた女とそっくりのウンビ。

ホテルではあの姫の肖像がを持参してるよ~

彼は新羅のヨソク将軍の生まれ変わりってこと?謎・・・


やくざのキム会長たちは事件を起こしたため隠れてフヨのホテルにいた。

怪我させられた姫を恨んでいたみたい・・・

ちなみにインチョルの職業はクラブホステスの衣装のデザイナー(笑)


たまたまナイトクラブで用事を頼まれてフヨまでやくざに会いに行った

インチョル。これ幸いとインチョルに暴力を振るう。

殴られるインチョルはなぜか姫のことが頭に浮かんで来る・・・

姫のことを無意識のうちに考えてるみたい・・・・


姫はインチョルの部屋にいた。この現実が受け止められなくて涙・・・

大声をあげて隣の人に出してもらうとインチョルが傷だらけの顔で帰ってきた。

姫を連れてこなければ命はないぞと言われたインチョルは・・・


4話

タツジはあの時(アリとヨソクと姫)の夢を見てるみたい。そして夢の中には

肖像画の姫が現れてタツジにキスをする・・・・これってヨソクの願望かな?!(笑)

そこで目覚めたタツジ・・・。


あの肖像画はただの美人画ではなく

フジハラ家の家宝であり、日本の宝です ←悪いけど 爆笑~~!!!

あの姫の画像はフジハラの祖先が愛した女性だと

ヘンな着物を着た秘書?イケダナオタカがいう。

会社では韓国語を話すよう言われるタツジ。(笑)

なんで新羅の将軍の子孫が日本のフジハラ家という設定なのかが

よくわからんけど まあそういうことにしとくか! (笑)

ぎこちない日本語聞くのもちょっとツラかったけど・・・・^_^;

役者さんけっこう頑張ってたしね♪


インチョルは姫をやくざのキム会長に渡しちゃった!冷たいよ~

気になってるくせに・・・酷いんじゃないの?

やくざは姫をビンタしたらそれで気が済んだのか(笑)

なぜかそばに置くつもりみたい。カワイイからかね・・・

この会長は極悪人ではなさそうだけど。


キム会長に貰った金でクラブで踊りまくるインチョル。

タツジは会社の歓迎会なのかな?ウンビはタツジのことをひそかに

狙ってそうだよね・・御曹司だし!因縁のある女なんだよね。妨害キャラかな?


そこで偶然タツジとインチョルが喧嘩になったことで顔をあわせるんだけど

だけどなぜか2人は友達だった・・・タツジは韓国に住んでたのね。
だから韓国語もペラペラだったってわけだ(笑)


ん~~?でも、これってどういうつながりなんだろう。

タツジはフジハラ家の正当な子供でないわけ~?養子とか?

キム会長たちは裁判で勝ったらしく これでフヨに隠れる必要も無くなった。

ソウルに帰ることになったのですが・・・・

じゃあ あのおかしなオンナ(姫)はどうするか?
なんと

キムさんは姫をインチョルの出入りするナイトクラブで働かせようと。


心を硬く閉ざしてしまった姫・・・・汚らわしいこの世界で生きるのも嫌みたいだよ・・

インチョルったらいつの間にか姫の首飾り持ってて

それが高価なものだと知って どうすんだろう???


ナイトクラブで姫にビンタされたインチョルだけど・・・

このままにしちゃっていいのか?

姫はインチョルに迷惑そうにされたことで傷ついてるんだよね・・・

覚えていて欲しかったのに・・・頼れる人はインチョルだけなのよ!

別人だから まあ覚えてないのは仕方がないけど(笑)


予告ではガラスケースに入れられた姫が!え~?

見世物ですか~??このままじゃ姫があまりにも可哀想・・・・

インチョル、あなた、それでも男か~?

ちょっとイライラしてきたわ・・・

千年の愛 1 2

テーマ:

千年の・・

百済の姫と将軍アリ、アリに恨みを持つ新羅の将軍ヨソクの

時空を越えたラブストーリー・・・だと思う。たぶん。


とにかくジソプ見たさの一心だったのですが

なんだかおもしろそう?フジハラのタツジが出てくるのは?ですけど。(笑)

一応史劇になるのか?と思ったら2話からは現代へタイムワープ!

正直期待してないのですが 私はとりあえずジソピ~を堪能できれば◎です。

アリ将軍のジソプはりりしくて素敵~特に武将の姿が♪

彼は史劇にもむいてるかも。。。

現代でのインチョルとは雰囲気が全く違います~


1話

新羅のヨソク(キムナムジン)は百済の将軍アリ(ジソプ)の父親たちに

父を殺されたことから恨みを持ち

味方になったと偽って 復讐のときを密かに狙っていた。


百済の姫(ソンユリ)の屋敷に曲者侵入する。それを追う姫。

馬に乗って矢は放つし、戦闘シーンの

剣術もなかなかでカワイイし、カッコいいね♪

その曲者とは新羅のヨソク。

ヨソクにやられそうになる姫だが ヨソクも姫の美しさに心奪われたのか

とどめを刺せずに姿を隠す。

遊郭に迷い込んだ姫ブヨは一見酒と女に溺れた男アリ将軍に反感をもつが

なぜか気になって仕方ない。

アリを自分の護衛につけようとするがイマイチ興味を示してくれなくてイライラ。

あの・・・・ブヨって名前は??虫じゃあるましし(笑)


ヨソクことキムナムジンさんも初見です。彼は松田優作っぽくないですか??

ヨソクたちによって城は攻め落とされてしまい、アリ将軍と姫は城から逃げだす。

ここでアリと姫の心も身体も結ばれていきます。え!?(・_・;)

ちょっとそんなことしてる場合ではないでしょ!

はよ逃げんかい~!!と突っ込みましたが・・・・・

1話からすごい展開で驚きの連続~(笑)


2話は

いきなり現代です。なぜか舞台は2003年東京

ヨソクじゃなくてフジハラノタツジです???

なんで日本なんだろうか??しかもフジハラって・・・^_^;

お金持ちの御曹司なのかな。

で、彼の放蕩ぶりに愛想をつかした母はタツジを韓国支社へとばす。(笑)

「オトーサンが シッタラ アナタハ オシマーイヨ!」

母に怒られるタツジ。

みんな怪しい日本語しゃべりまくってるのが可笑しい~

ひとりだけホンモノの日本語しゃべってる人がいたけど

ほとんどがヘンな日本語(笑)う~ん、吹き替えにしてくれませんか??(笑)


アリと姫は田舎の扶余の兵士たちと生活し しばしの幸せなときを過ごす。

また 愛し合ってますから・・・・まあいいんですけど。少し嫉妬が・・・(笑)

ムヒョクとウンチェでもあんなシーンなかったのに~~!(・_・;)


でも ヨソクたちに 捕まってしまうアリと姫。

自分の女になればアリの命は助けてやると言ったくせに

アリを殺そうとするヨソク。

すきをついて逃げるアリと姫。でも追ってが責めてきてアリはヨソクに

殺されてしまう。姫はそのショックで自ら崖から飛び降りて命を絶とうとする・・・・


でもその飛び降りた先は・・・・なぜか現代。

河原で倒れている姫。それを助けるのは・・・アリではなくて

ガラスの靴のホレ!あのやくざの親分です~~(笑)またやくざや~

姫はどうやら逃げ出すんだよね?姫は強いので(笑)親分はボコられて

姫はこれからインチョルと出会う・・・・ってわけか。。。。


落ち武者のようなアリが素敵でした・・・

もう見られないのね?   死んでしまったから・・涙。


あ、そうそうフジハラタツジの家には姫の肖像画がありました。

じゃあ新羅の末裔がフジハラタツジってこと?なんのこっちゃ?

で、ヨソクの生まれ変わりっていうんじゃないよね・・・