お知らせ

テーマ:
携帯からの投稿です。パソコンを修理に出すのでしばらくお休みさせていただきます。以前からフリーズしたり動作に異常があったにもかかわらず見てみぬフリをしていましたがとうとう起動しなくなってしまい、ハードの修理と初期化をせざるをえなくなりました。ちょうど子供たちも夏休みに突入するので私もブログの夏休みということで~苦笑。修理代金のことを考えると実はあまり嬉しくないのですが…お返事は復活したらさせていただきますね。それではみなさん、ごきげんよう(-o-;)
AD

7月の視聴状況

テーマ:

7月頭に書こうと思いながら忘れてた!

わすれたままにしておいても全く支障ないのだけど(笑)


一応、メモ、ということで♪


全71話と長かったソウル1945も来週でいよいよ再放送が

終わる。このレビュー、長かった、、、まとめるのも

疲れたけど見て満足度の高いドラマでした♪

今年見たドラマでは文句なしに1番面白かった!

(南北分断、戦争モノで辛いシーンもある。

面白いというのは語弊があるかな?見ごたえがある、という意味です)


あと レビュー中は


雪の女王 BSでは12話まで進んでいるのですがレビューは

9話まで。内容も中盤以降、シリアスにということもあって

書くのも ゼ~ゼ~。

かなり息切れが激しくてレビューはリタイヤする可能性も?

ドラマ自体は好きなのですが・・・


コレに対してレビューするのも楽しいのは18・29

so-netの放送は今週末で最終回なんですよね。

これはスヨンssiの魅力満載、ラスダンと比べると、

体重も増量中だったのね(笑)

ワタシは明朗は見たことないからなんともいえないけど

(噂ではかなりヒドイ?^^;)

悪役のイメージが払拭されると思うのでぜひ、見て欲しい♪

スーパージュニアのシウォン君も綺麗なので必見!


KBSワールドでは

19の純情

これはうっかり見逃しててもう20話も過ぎてしまった・・。

ソドンヨでお馴染みク・ヘソンちゃんがキュート!!

だっさ~いジャージ着てるし、ニワトリの被りモノしてるし、、

おばちゃん軍団とトラックの荷台に乗せられたり・・

でも、元気はつらつ、何着てもカワイイよ♪

序盤のエピがなんとなくクムスンぽい気がしたけど

クムスンより笑いがあって楽しめそう^^

問題は相手役のナムジャが・・いまいちなのが残念。


チャンヒビン

溜めていけど11話まで追いかけました。

王と皇后、嬪、との三角関係、それにぶらさがろうとする

勢力の権力争いのドラマ。王の女を思い出しますね~

画面が重いし、暗いし、ドロドロしてるし、

音楽は壮大なドラマのイメージを表したいのかもしれないけど大げさだし・・

毎回ラストのオペラ声のBGM、なんすか?アレ?

それと、困ったことに、

男性陣に華がまったくないっ!!

あのホジュンでさえ準主役レベルにカワイイ子がいたのにさぁ~。。

ブツブツ。

それと、グァンリョルさんのチューシーン、何回も見せられたし(-_-;)

グァンリョルさんが女官にデレデレ骨抜きにされている演技が

上手いんだけどね(そんなとこ どうでもいいか?)

主役3人も芸達者だし、脇もお馴染みの史劇メンバー勢ぞろい。

あんなに波乱万丈だったホジュンでも64話。

100話もどう話が続くのかある意味 興味ありますが

テンション続くのか?どうか?


余談ですが、

史劇好きな母のためにーRWに落としたらDVDのデータが消えてた!!

安価なDVDだから?台湾製だから?もう~いやになっちゃう。(涙)

これでダメになったDVDを何枚(何十枚)棄ててしまったことか・・・。

今、政府がコピーワンスを10回まで録画に、検討する、という話だけれど

メーカーがいつ対応機種を発売するか、これから先になるだろうし

そうなっても対応の機種を買わなきゃならないってことだもん。(汗)

いくら著作権を守るためといっても、その1回が

ちゃんとダビングされてないのだから、話にならない。(ため息)

100回上書きどころか、1回でアウトだよ??(怒)


話を戻して・・


今週末から再放送の 「悲しみにさようなら」

パクソニョンさん主演で、号泣モノ~心が洗われるよ~!と

ハングゴキョシルのお仲間から

大絶賛されているので視聴予定。でも、たしか長編だったような・・(笑)


後はDVDをボチボチ。

朱蒙 はなぜか、58話どまり。後半、チュモンが変身してから

イルグクさん、実はカッコ良かったのね(笑)

なんて、今頃気付いたのですが。

まあ、BSもまだ12話だし、ゆっくり行こうかと。


スヨンssi目当てで見始めた「初恋」「輪廻」

一度に見るとモッタイナイから笑 少しずつ見ています♪

輪廻のスヨンssiが クールでカッコいいわ~ん^^ラブラブ

スヨン見たさでネット視聴の不良カップルも紙芝居状態だけど

毎週土日の楽しみだった・・・(今週で終わっちゃうけど)


ファンタスティックカップルは8月にBSジャパンで始まるので

それに合わせるかも。

これはヒロインの夫役のビリーがアジョッシだけどキモカワイイ。


最近見終えたもので激ハマりしたのは

恋するハイエナ !!男性版、satcを意識して作られたとか、、

これは面白かった~^^

年齢視聴制限の厳しいかの国、ということで考えると

むこうではケーブルで放送されたというのもうなづけました。

色とコメディはこのドラマのエッセンスであり、

現実の男性像を映し出していたのかも。

後半は友情、家族愛を描いていて、私好みでした。

今後は、

シンソンロクさん繋がりで「ありがとうございます」を見てみたいなぁ~

手元にないけど・・

そうそう、そういえば、


BSで7月から?と噂のあったファンジニも

放送予定なしのようだし、

関西では唯一韓ドラに力を入れてるサンテレビ。

復活 が終わっちゃったのよね。後続はピアノだとか。

青い草原・・という話はどうなったんだろう??

あの青い草原の上で はピアノの後続でスタートするようです♪

高校野球の都合で時間はずれるようですが、、


こんなこと書きながらも 今週末で夏休みに突入するので

いくつ見れるのかは不明です~^^;

子供達が寝てる間にコッソリ見るしかなさそう。





AD

18・29 14話

テーマ:


追記 1829のMVリンク貼っておきます音譜

コチラから~→Love is

         don't forget me

うーん、母の帰国が ジヨンに切り札を与えることになるとは?

へチャン、ピンチだわ~。

自業自得とはいえ、ボンマンの舞台初日にヌンといたのは

はっきり言って失敗。こうなるんじゃないかと思っていたよ。

いつか、ボンマンの足を引っ張るんじゃないかと。。。

どう乗り越えるんだろうか。


ヌンとへチャンの写真がネットに流れたけど

まだこの時点ではへチャンだとは知られていない。

ヌンも 自分がネット上で否定すれば、、というのは

先輩の言うとおり、読みが甘いわ。

記者はさっそく、相手がへチャンだと嗅ぎつけてジヨンに探りを。

隠れ女狐ジヨン、ボンマンを芸能界から抹殺は望んでないし、

ボンマン親子の再会記事をネタに交換するつもり。


そして それを条件にへチャンにボンマンと別れさせよう という

魂胆か~。姑息なジヨン、勝負に出ました。


ボンマン母と交渉、即答できない母だけど

やはり息子会いたさで約束した場所に姿を現す。


一目見て、母だと察したボンマン、母が女優だと言うことも今の姿も

おそらく知っていたのよね。顔色が変わり、その場を去ろうと。

それを追う母、

「ボンマン~。会いたかった・・・。」

ああ~ボンマン辛い。ボンマンだって、どんなに会いたかったか。


「あなたにそう呼ぶ資格はない。。。」

24年も音沙汰のなかった母。大魔王に母を思い出させるものすべて

捨てられてしまったから残ったのはたった1枚の写真。

それをどれだけ見つめて寂しい時を過したのだろう。

それを思うと許せない。。。


ボンマン母の記事を読んだ大魔王は激怒。

血圧上がるから、大声出さなければいいのにね。(笑)

そこに帰宅したボンギュ、耳が不自由なため

まさか母のことで激高していたとは知ることもない。

うーん、何も知らないボンギュも不憫。

ボンギュは赤ちゃんの頃だったんでしょう?

母の顔さえ知らないだろう・・。


何があっても別れない!自分で何とかするわ。


とジヨンにつっぱねたへチャンだったが

悩んだ末、ボンマンのために身を引く決心を。

離婚届には判をつかずに 置いて家を出た。。。

そして向ったのは新婚旅行に行った海岸。

まるで日本にある夫婦岩のようね~。

ちょっと離れてはいるけど。


何があっても生きるのも一緒。死ぬのも一緒!


あの岩のエピソードのように

決して離れ離れにはならないと。

抱き合って写真を撮り、そう誓ったあの海岸・・・。

そして前にも足を運んだイチゴ畑。


14話の最初に見た可笑しな夢はこのいちご畑だったみたい。

これは何か思い出したからここに来た、ということなのかな?

その割には夫婦に 「以前に来たわね」、と言われても

「記憶に無い」、って答えていたけど。

このあたりよくわからない。ワタシだけ??


農家の夫婦のお世話になり、いちごの収穫のお手伝いのへチャン。

このイチゴ畑の木から 出てきたものがある、と

渡されたのはへチャンの住民登録証と10ウォン硬貨。

まるで タイムカプセルだね。

人の畑に勝手にモノを埋めて このカップルは~(笑)


それを自分のノートに大切にテープで貼り付けるへチャン。

昔のエピソード、思い出したのかな??どう?


ボンマンと別れて1日経った・・・

会いたい・・・。カンポン・・・。


自分から別れを決断したけれど1日離れただけで

想いが募る。会いたさで 切ないへチャン。


うーん。携帯の履歴からへチャンの居場所をつきとめたのは

ヌン。

ヌナを捜さないんですか?会いに行ってください

とボンマンに詰め寄るヌン、

純情少年、~ちょっぴり成長したかな?

ボンマンにすれば、これ以上、首を突っ込むな、といいたい所だろう。

でも 行ってあげてよ~ボンマン!ヌンが行くことないけどね(笑)


そして、へチャンの体調に異変が。

なんと おめでたよね!なんとな~く読める展開、

誰か、早くジヨンの策略に気付いて!

あとは記事がどうなるか、だけをクリアすればいいのだし。

今度こそはハッピーエンドを願っています♪


AD

18・29 13話

テーマ:


元気なハイエナたちに気を取られて

ボンマンのことを忘れてた!!なーんて(笑)

ことはありませんが、軽めに、レビュー♪


展開としては ちょっとダレ気味に・・

へチャンが来なかったのだから、

もう、いい加減 諦めなよ~と思う私はイジワルなのかもしれません。

でも母の帰国はドラマラストへの大きな動きです。


それにしても いつ見てもカンポンの笑顔は素敵~

50%増量中(スナック菓子か?)

でもいいのよ♪いいの~

・・・・相変わらず、 ファッションはド派手なTシャツが多いけど。

黒、黄色、緑・・・(笑)

今回のピンクのジャケットはなかなか似合ってた音譜


13話は ゴールデンベルでのヌンの優勝からスタート。

ヌナに告白したい、と公園で待ち続けるヌン。

しかし、へチャンは来ない。代わりに現れたのはボンマン。


「へチャンは来ない。俺とへチャンは11年なんだ。」

「時間は関係ない。僕の方がヌナを理解している。」

とキッパリとした態度のヌン。すごい自信^^;


ボンマンは帰ってきてへチャンに「行ってやれ」と言うけれど

それを真に受けて本当に行ってしまうへチャン!

あら・・そうですか~。

行ってやれ、と言われたからって行くというのは

素直すぎるかもしれないな。

ボンマンの言葉の裏にある想いまでは

やっぱり18歳という精神年齢、汲み取れないのかも・・・。


実際は

公園にヌンチングが来ていて声をかけられずじまいだったから

良かったけれど、行ってどうするつもりだったんだろう。

ヌンがいい子だから、傷つけたくない、というのはわかるけど、

ヘタに携帯メールを送ったりするのもアンデ~。

こういう時にこそ、心を鬼にしなきゃならないのに・・・


家で待つボンマンもいくら相手がお子チャマとはいえ、

あんなに堂々と、「あなたを愛してるとは思えない」、と

言われちゃーー頭に来るだろうし(笑)カチンと来てたなぁ。

言って来いとは言ったものの 内心、落ち着かないボンマン。

高校生に負けたらどうするーー?って。


翌日、ジヨンはへチャンに、「昨日は行ったの?」と。

余計なお世話だ。サラリとイヤミ攻撃をする女だね。


当然、不機嫌なボンマン。へチャンはきゅうりを使って

パックしてあげよう、と彼女なりの気遣いを見せましたが

はねつけてしまうボンマン、凹んでいるへチャンを見て

我に返るのね。エライ、怒っていても逆効果だもの。

懐の深いところ見せなくちゃ。


昔 へチャンが作ってくれた

きゅうり入りの焼酎を今度はボンマンが作って、へチャンに勧めます。

どんなお味なのかな?(笑)


「ヌンもあんたのことも傷つけてばかりね。。

仕事をやめるわ、・・でも記憶はいつ戻るのかな?」、とベソかきのへチャンに

「仕事も続けていいぞ、

俺のワガママだったんだ」、となだめるなんて、優しいじゃない♪

まるで保護者?

年齢差があるほうが喧嘩にならなくて、いいかも?(笑)


けれど、

ゴールデンベルの視聴率は好評。ヌンは検索1位の注目の的。

先輩もこのまま仕事を続けて、と言い出して、

困り顔のへチャン。

会議にはヌンも呼ばれていて、

歴代優勝者を集合させれば?という提案(ジヨンの策)に

ヌンも気が進まないけれど。


もう会わないほうがお互いのためなのに、

また顔を付き合わせることになりそうなへチャンとヌン・・・


へチャンに、

「このまま、友達でいるのもダメなの?」とごねるヌン。

二人でいる所をあの記者@復活班長にチェックされてます!

おっとーーーこの男は危険人物なのに。

これは何かが起こる複線か?


アメリカから映画祭出演のため帰国したボンマン母。

なんと、ソッキョン母@ソウル1945だわ!

こんな所でお会いするとはビックリ(笑)

大魔王もモンヤン先生@ソウルだし笑

局が同じだと役者さんも被る、ということかな。


母は、幼い頃に子供達と別れたようで今のボンマンやボンギュの

顔を知らないらしい。。。むこうで捜さなかったのかね。


帰国したのは息子捜しのため、ということでしょうが、

突然帰ってくる、というのはアメリカの夫が亡くなったからかしら。

ボンマンの口からの生き別れた母のことを立ち聞きした

ジヨンは先にボンマン母、だということを知ってしまうのかもね。


まだ自分の気持ちを整理できないヌンは

ネットでへチャンにメッセージを送っています。

へチャンもそれを見てるんだな。。。悪気はないけど。

そこにやってきて、メッセージを見たボンマン、

そりゃーー怒るだろう!!

ワタシがボンマンでも怒るよ~。


はっきり酷いことを言った方があいつのため、と。

翌日?待ち合わせをすることに。ボンマンの隣に座り、

はっきり 「ボンマンを愛してる」 

とようやく言ったへチャン。

ここまで言われたらいくら子供でも諦めるだろう。

というのは大人の考えか?


ボンマンの舞台の当日、へチャンは夫の舞台に行かずに

車道を自転車で暴走するヌンが心配で

追いかけてるけど、そんなことしてる場合ーーー?

息子だと知らず舞台鑑賞する母、

捨てられた男を演じるボンマンを見て涙が伝う・・・・


うーん、ここまで来て、こんなにヌンが振り回してくれるとは

思わなかったなぁ。

しかも、気持ちには応えられないのに

無視できないへチャン、

記者の魔の手ならぬ、魔のカメラが忍び寄ってるっていうのにーーー。

13話は、気の毒だけど、かなり、ヌンがうざく見えてしまったなぁ。

ごめんね。純情少年よ。乗り越えるのだ。


今回のラストのエピソードはへチャンの妊娠でプロポーズのボンマン。

指輪つきのベビー靴のプレゼント♪

あ~二人は出来ちゃった婚でしたか。

これがダメになったのも、離婚危機の大きな原因だったのでしょう。


へチャンたちは結婚を反対されていたけど

彼女が映画の仕事をやめて大魔王に献身したことから

大魔王には気に入られていたとか。

だから、 薬をどっさり持ってきたり、

なぜ嫁が来ない?と言ったり、突然家に来たり・・

ずっと心配していたわけだ。口の悪いじいさんなりの

優しさを理解できましたー


あとはボンギュの恋を大魔王が認めてくれるのかどうか。

これもお国柄ゆえ、難しいことだろうけど、

へウォンにも幸せになってもらいたいな~。


さあ、ラスト3話、いつへチャンの記憶は戻る?

どのタイミングだろう?


このあたりから、

まさかそんな??あやつが~・・・

なんてことしてくれるんだ!!で、、アレ?

なんか、おかしくない?ってな

驚きの展開へ進みそう~。

あの人がこうなるとは思ってもいなかったわぁ~。

ある意味公平に描いている、というべきか・・・。

なんなのかね~。


過酷な威興までの道のりは過酷で幼いジョンウは

病に倒れてしまった。


ジョンウを助けたいウンヒョク。でも

反動の子供を優先できる立場ではない。

追い詰められたウンヒョクたちは政治犯を交換に北進しようと

ドンウたちと交渉することに。


しかし!

パクチャンジュの罵りがチョルヒョンの神経を逆撫でしてしまい、

銃撃戦に。チャンジュってどこまでも最低な男。

チョルヒョンをそんな風にしたのは他でもないあんたでしょうが。


その犠牲にはならず、どうにか命拾いをしたインピョン、

しかし、ジョンウは病院で息を引き取った。。。。あせる

年老いた父は生き残り、幼い命は消えて行くなんて。

ああ、もう見てられない、、、


へギョンやウンヒョク両親、ソッキョンは反動だと市中引き回しに。

自分のそばに来ようとする死刑囚のへギョンを人目にさらすわけには

いかない!へギョンだけは・・・と、自らの舌まで噛み切る母・・・

壮絶すぎる親の想いにまた涙が。

幸い、へギョン母の傷は浅くてホッと胸を撫で下ろしましたが~。

傷も癒えないうちに獄中へ。酷い・・・


あの思い出のベンチにたたずむへギョン。ここでドンウと再会。

これ以上ドンウを苦しめられない、と

逃げようとするへギョンを追い、ひっしと抱きしめるドンウ。汗

「なぜここに来たの、僕に会いたかったからでは?」

「母のことを思い出すと辛いんです、それどころじゃないんです!」と

へギョン。でも 会いたかったのかも。。


何があってもへギョンを守る!というドンウ。

数日だけあなたのそばにいます・・・

と心でつぶやくへギョン。やっぱり自分のためにドンウの人生を

壊したくないのね。その後、ドンウ父にも釘を刺されたし・・・


ジョンウの病死で哀しみのどん底に突き落とされたジョンウ母は

ドンウとへギョンをどうしても許せず告発するという。

それを逆恨みというのよ!

逃げ遅れたのはドンウのせいではないはず。

ただ、 たった幼い息子を失った母の辛さ、

尋常ではいられないのだろうけど・・・

インピョンも歳だからもう子供は望めないだろうし。


それを聞いた以上、チャンジュたちが黙っているはずがない。

ドンウの別荘に追ってきた!

二人で逃げようとするドンウ、躊躇するへギョン。


道端で倒れても大海に沈んでも僕たちの運命だから

後悔するのはやめよう。

海の化石になっても君を離さないよ・・


どうしても死ぬのならウンヒョクさんのそばで死にます。

ウンヒョクさんを忘れることは出来ません。

ウンヒョクさんを愛しています。


と 振り切るへギョン。

この言葉って真実でもあり、

ドンウのための優しい?(のかどうかわからないが)

嘘でもあるんだと思う。

ここで流れたイムジン河。名曲のようですね。

また、河を渡るシーンなのよね。。。

しみじみと泣きましたよ。しみじみと。

ロケ地、どこなんだろうな・・・気になるなぁ。行けないけど。


検問所で通してもらえるように貰ったドンウの名刺も

使わず、結局、へギョンは ウンヒョクの所へも行けずじまい。

一人で隠れて生きる決心をする・・・・。

へギョン、なんて人生なんだろう。


最低男チャンジュはソッキョンを

獄中から救い出し、懲りずにまたプロポーズ。

私を侮辱するなら殺して!

あなたより私の気持ちが重要なの!

あなたには品格がないのよ

自分の気持ちが重要ってところがソッキョンだってこと

まだわからないのかな?

彼女は男のために自分を変えられないよ。


命を懸けて救っても全く、相手にされないし、

品格がない、とまで言われたら

俺は虫か??と 一応、傷つくんだね。

そーんな図体の大きい虫、いませんが?

でも、酔った勢いで 

ソンヒを暴行してしまうなんて~(-_-;)うわ。。。

あんたのハダカなんて み、見たくない~爆

でも、

「この虫けらヤロウ!(自分のこと)」

と自暴自棄になって後悔してるようで・・・。

ソンヒもいくら両親を助けたいからといって、

男の部屋に一人で入っちゃダメでしょ?


翌日・・反省したチャンジュ、一応良心が痛んだのか

「助けてやるが 二人はダメだ、お前が父か母、どちらか選べ」

ってまた、あんたそんな酷いことをソンヒに選択させるの?

しかも、ソンヒは 「私と結婚して!!」って・・・

え、そう来る?親のためとはいえ、野獣でいいの?( ̄□ ̄;)!!


チャンジュ弟の呆れ顔、

「兄さんの女を見る目はどうなってんだ?」

「一夜の過ちでウンヒョクの義弟になってしまうとは・・・(-_-;)」

のチャンジュに 悪いけど笑ってしまったわ。ははは。


息子達が自分を助けに来る!?

ウンヒョクからの手紙を受け取ったウンヒョク父。


息子を危険な目に遭わせる訳にいかない、と

ウンヒョクが来る前に自らの命を絶つウンヒョク父・・・。

子供のために潔く死を選ぶとは・・・(大泣)

駆けつけたウンヒョク、辛すぎるよ・・・泣、泣。

自分の行動が父の命を奪うことに。あせる

まさに、大儀が親を滅してしまった。。。


ウンヒョク父の朴報を知り、

ソンヒを訪ねるチャンジュ。 図々しくも 

飯食ってく。 ってさ~。

しかも、ちゃんと朝ごはん用意してるソンヒが

よくわからんーーー??まさか??


あの一夜から、急に人間らしくなったチャンジュ。

泣き崩れるソンヒの肩をそっと抱きしめたよ。


ウンヒョク父の葬儀の手配をし、墓前に花を持って現れた!

パクサンミョンssi、少し、神妙な顔つきすると

イイ人~っぽく見えるのが不思議、演技力のなせるワザよね!


そのチャンジュに銃口を向けて

狙っている ウンヒョクとチョルヒョン、

さあ、どうなるーーー?

あれ~?今回のレビュー、パクチャンジュばっかじゃん!(-_-;)

もう~ワタシったら、いったい、どうしちゃったのーー笑)

スヨンssi、あんまり出番ナシ?あーあ。



追記しました~


ハイエナOSTのThe One I Love (スーパージュニアKRY♪)

のMVの動画リンク はコチラ から^^

ソクジン、素敵だった~♪


ジンボム愛のMVはコチラ (笑)

(アメブロはYou tubeが貼れないのが残念)


久々に超特急で見終えてしまった・・・・。

このドラマでこんなに泣かされるとは・・

恐るべし、韓ドラでした~(涙)


特に最終回、参りました!


後半に来て、ソクジン、ジョンウン、チョルスは

いよいよ切ない三角関係へと・・・


スヒョクの秘密がマスコミに流れ、

妻が怒鳴り込んできたことで

ソクジンの秘密を知ったチョルスの怒り。

親友なのに隠していた、というより、

隠すために

ジョンウンを利用したのか?と思ったんだわ。


最初はそうだった、でも俺たち・・・というソクジンを

遮るように 

知ってたの!それでもいいの!

と必死に庇うジョンウンを見て愕然とする・・

自分だって好きなんだものね。

けれどもここで引くしかないチョルス、辛いわ。


ジョンウンの献身ぶり、というか、 努力も涙ぐましい。

ゲ○仲間??のアイデアで なんとか誘惑したくて

ストリッ○ーもどきなダンスまで披露したにもかかわらず

プッ と笑われる始末・・・・(-_-;)

これはめちゃくちゃジョンウンが傷つくだろう~。。。。

女として見てて痛々しいほど。可哀相だった。

笑うなんてヒドイよ!ソクジン!!(怒)

息を飲み込んでたジャン?

ここは怒ってしまいましたよ。

しかも逐一チャーリーに報告するのってどうよ?


チョルスとソクジンたちは幼馴染みで長い付き合い。

ソクジンの母の重い病などもあって、

ソクジンとの友情を再び振り返り、考えるチョルス。


とりあえず、ソクジンたちを温かく見守ろうとしたが

今度は空港でのソクジンとスヒョクの別れのシーンが盗撮され、

ジンボンの手元に渡ることに・・・・。


ジンボンには秘密にしたまま、その写真をもみ消そうと

撮影主と交渉をするチョルス、そこから

ジンボンやジンサンも秘密を知ることに!

自分がかやの外だったことに落ち込むジンボン。

ショックなのもわかるよ。自分は信用されてないのだと。

でも振り返ってみればあのサウナでの発言、

ソクジンを傷つけていたことを思い出すのね。

ジンサンもキツイこと言ってたものね。


結局は 友達の秘密を表には出さないジンボン、

オトコの友情って素晴らしい!


危篤の母からは早く結婚して欲しい、とせがまれたソクジンは

ジョンウンを旅行に誘い、プロポーズするつもりで指輪まで

用意していた・・。

なのに、何度もタイミングを逃し、指輪をポケットから出せずに

ためらうソクジンには やはり心に迷いがあるの?


その夜。

部屋をキャンドルと花びらで飾った演出までやってくれたソクジン!

キャ~なんて、ロマンティック~~♪

そして、ソクジンはジョンウンにキスをラブラブ

ああ~ここで流れるBGMも切ない・・・。

↑また、15話がココで終わった。


・・・・しかし。


どうしても身体はいうことを聞かないのかっ?


お前を抱けるなら 

魂と引き換えにしたっていい・・・

と うなだれるソクジンの背中の哀しい事・・・・

私があなたを苦しめたのね・・というジョンウン、

二人ともが辛くて辛くて(涙)

はぁ~なんでこうなっちゃうんでしょう。


心が繋がっているだけじゃ本当にダメなのかな?

やっぱり相手が女じゃダメなのか?

どうにもならないのに 努力していただけ?

それだけが女の幸せでもないと思うけど。

ソクジンの心に負担になってしまうのかしら・・

このあたりは難しい問題なのかな。


まあ、あんなに仲睦まじく映った二人の間にある

見えない隔たりは

あまりにも大きかったということでしょうか~。


そして、そんな二人の笑顔の裏に苦しみがあったことを

実は知っていた両親・・・。

欲を捨てろ。と妻に言うジンソク父。

ごめんね。いつもあなたの味方だったのよ。

母が死に際に と残した言葉に涙が・・・・。ふう。


親は息子の苦悩を知っていたけど、

知らないふりをして、見守ってきたわけです。

ジョンウンなら息子を変えてくれるかもしれない、と願いながら・・・。

親って有り難いよね。

世間から目を背けられたとしても親だけは子供の幸せを

死ぬ瞬間まで考えて生きるのだから。。。(涙)


それに対して 漢方医と別れて、

(案外、漢方医も別れ際が潔くてお気の毒~。けっこう尽くし女だったのに。)

スヒョン先輩とも想いが通じたジンボンには新たなハードルが

待ち構えていた。前の夫との間に娘がいたのね~。


ジンボンは神経質で子供が大嫌いときているから、

その態度が子供にも伝わってしまう。

スヒョンも女であることより先に母としての人生を優先させてしまい、

前に進めない。

辛い思いをして別れているだけにそう簡単に

は考えられないものだよね。まず、子供と上手くいくかが

第一条件だろうし・・・。


そして、

息子にバツイチの女が?しかも子供がいる?と知って驚くジンボン両親は

怒りが収まらない。しかし、


こいつは不○なんだよ!しかも○なし!

相手がいるうちに一緒にならなきゃ♪

と助け舟を出す ジンサン、 イザとなると頼りになるじゃない?

やってくれるんだよね~♪


あの思い出の教室で告白するジンボン、

人口雪を降らせるジンサンたち。奇跡的?に

振ってくれた雪も彼らを祝福してくれるかのよう・・・^^

四則計算だ、条件だと言っていた彼が

損得なしで 自分の初恋を成就させました!

気難しいジンボンに 頭硬いよ♪ というジヘちゃん、

いいコンビになりそう~このセリフまわしも

字幕つけた人が上手い~同じセリフでも

「簡単に考えて♪」と分けて訳されていたね。

そして、

「ぶどうは夏にいっぱい食べたからいいんだ」、という

あのセリフも笑えました^^


しかも、予想外にも、ジンサンの終着駅は

ヒソンとの真実の愛に目覚めるときたもんだ~。

恋もビジネスでも相性ぴったり!って感じだったものね。

潔く女たちのメールアドレスを次々に削除していくジンサン、

ヒソンへのキメのセリフが 

お前を愛してしまった。

契約違反だから別れよう、というのは実は

引きとめて欲しかったんだろうな(笑)

真実の愛・・・これはちょっとウソ臭い気もするけど(大爆)


ソクジンが父と旅行に行ってる間にそっと身を引くことを決心した

ジョンウン。それでも空港でもソクジンの姿を目で探してるし・・・


ソクジンが見てるから笑顔を作れよ!

と耳打ちする

チョルスの優しさにも ボロボロ泣いた・・・。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

やっぱり ソクジンも 遠くで見守っていたよ。

目に涙を溜めながら・・。

この恋は実らなかったけれど、

安易にジョンウンがチョルスに心が傾くという脚本でなくてホッとしました。

どことなく、結ばれそうなのにすれ違いがあった二人だったから

見ている方も心配でね~落ち着かなかったの。。。


ラストは1年後、空港に

ジョンウンを迎えに来たチョルス。

締めに再び モトカノ ソミが出てきたあたり、

振り出しに戻るってか!?ってなエンディング♪

あのとぼけたチョルスの顔で終わるとこが笑いを誘う~('-^*)/


相変わらずの不運オトコっぽいけどまた

新たな恋物語が始まりそう~な軽さで締めくくっていました


この4人の男たちは決してパーフェクトでもなく、

女性の理想でもない。エ○エ○だし!←特にジンサン。

しかし、どこか憎めず、人間らしい。

なぜか愛しく見えるように描かれている脚本が上手かった。


そして、 それに花を添えたジョンウン、キュートだったし、

愛に一途だったのが感情移入させてくれたわ~あせる


男の本音を上手く綴ってくれた

可笑しくも切なく 素敵な物語に仕上がっていました♪

こんなに伏せ字○○○が多いレビューも初めてだったけどね!^^;

初恋、秘密、ときたら、その後は

愛が実を結ぶタイミングと別れか・・・・

で、また 第二の思春期(第二はソレオンリーか?)

に移ってようやく大人のオトコになるってわけね!


恋愛は男性の人生においてはほんの一小節、一部分に過ぎない、

とよく言われますが

この一部分にもその人なりに苦悩があり、切ない恋の歴史が

刻まれていく。

特に 純粋なヤツほど大切に抱えて心の奥にしまっている。


そう、今の彼女と先輩の間で揺れるジンボン。

やっぱり 心が身体にまで影響するのねー。

キャ~!

詳しくは書けないけどああなっちゃうってわけで・・・

(↑どうなるの?)

彼は真面目だから器用に隠れて二股なんてできそうにありません。

しかし、タツノオトシゴにムカデって効くの?

(↑それを聞いてどうする?)


でも酔った先輩を介抱して反応してる正直な自分を(爆)なぜ

わからないーーー?はたから見たらまるわかりなのにーーー大爆

過去に愛のタイミングを外して別れ、となってしまった

ジンボムに愛の実りは訪れるのか?


ま、ジンサンだけは年がら年中、お忙しいようなので

この純粋な部分からは 除外したいけど!(爆)

そんな 兄貴でも このあたりでは

さすがに 女子高生となると犯罪行為と自覚したのか

保護者のように諭すあたり、微笑ましかったりする。

やっと兄貴も人間に見えた^^;


それと、同業者とは交わるべからず?、って

ヘンな信念まで持ってるのが可笑しかったけど~

この重くなってきた展開の中で一番

息抜きのような存在と言えますね~

あのわけワカラン気?を入れる体操もマジで笑えたし・・・

それを真に受けるジンボンのシーンも大受け^^


そして、一番この4人の中で重いものを背負って生きているように

見える ソクジン・・・。


俺はお前を愛する資格がない、と言いながらも

蔭でこっそりチョルスの家で働くジョンウンを見つめていて・・・

また 切ない顔が似合う俳優さんなんだわ。

結局は アメリカへ帰国するジョンウンを

カジマ~!!と引きとめてしまう。


ゲ○でも世界で一番愛してるの!

と迷いのなかったジョンウンだけど

純粋な彼女がその異質な世界を目にしてしまうと

やはり ソクジンを受け入れられなくなってしまうのでは・・・?


ああ、やっぱり そういう過去を持つ彼を愛した以上、

目を背けたくても ここは通過せざるをえない道だよね。

その後、彼らが親と接するのを見て普通の人と同じなんだ、と

思い直し、ソクジンの腕に抱きしめられるジョンウン。


この二人は心と心で結ばれているように見えるので

すごくプラトニックな想いを

感じてしまうだけに それがさらに切なくなって・・・涙。


けれど 学生時代から あの道に目覚めて

スヒョクを愛していたソクジンが 

心身ともに ジョンウンという女性を愛して

今までの殻を打ち破り、乗り越えられるのか?

ジョンウンがそれでもなお愛し続けることができるのか?

もう、最初に 笑っていたのが嘘のように

重くて切ない展開になってしまった。(´□`。)


その二人の蔭に 泣いている男、チョルス・・・

ドラマの前半で 味噌汁だけなんてイヤだ!と

浮わついたことを言っていた人物とは思えないほどに

ジョンウンへの想いは募る募る・・・

告白のタイミングも これまた外してしまうという

不器用さでなんともナサケナイんだけど

そんな彼も応援したくなってしまうなぁ。


ジョンウンにそっくりなホステスにドキドキして

別人とわかっていても、というか、似ているからこそ、

手も触れることができずに返してしまうあたりも 

チョルスの純な想いが伝わってきて、、、ホロ。


これってソイヒョンちゃん二役かしら?

めっちゃセクシーだったのですが。。。


別れ際にホステスにキスされて 

唇に手を触れるシーンなんて

乙女のようなチョルス!!(笑)

あの恍惚とした恋する表情~

演技の上手さを感じます~♪


さてさて、この3人の男たちの恋の行方、愛の本能はいかなる道へ

たどり着くのか?

ジンサンはいつの間にやらツワモノおとめ座と本能のままに

行動しているので勝手にやってなさい(笑)ってことで。^^;


あと4話で終わってしまうのがもったいなくて・・

飛ばしすぎて見てしまったことを

少し 後悔しています。。。



クゥ~~~あせるあせる

不覚にもこのドラマでウルウル来てしまった(ノ◇≦。)


ただのエ○コメにあらず!

早くも韓ドラ的エピソードが出現です♪

なんか、エ○と純情、絶妙なバランスになってきたよ?

毎回のテーマが

初恋、嫉妬、秘密、とうまく散りばめられてますキラキラ

もう一つなんだっけ?


そんな中で相変わらずなのは

エ○兄貴ジンサンだけね(笑)

彼だけはとことん その街道まっしぐら!!


とうとう 女優だけじゃ飽き足らず、

外人との○P?これはおじけづいて逃げ出したのが

なんとも可笑しくて・・・爆、爆、爆

そしてしまいには病気ネタ?

これでしばらく大人しくしてたらいいんじゃないのかね^^;

そして、しまいにはお相手が ○○○ですかっ!

懲りないやつです~。

ホント、この役者さん、芸達者ですね、地でやってるように見えますもん。


ソクジンとの契約同居を交わして大喜びのジョンウン、

好きな人のそばで毎日顔が見られるなら、と

すっごくウキウキ、仕事ではチョルスと放送作家として

活躍することに。


ヒル、デンデン虫コンビは息もピッタリ!

チョルスは彼女とよりを戻そうと必死だけど

結局は振られてしまった。

最後のプロポーズまで他の人に決められてしまった。


ところが、ハプニングでキスをしたチョルスとジョンウン

仲良く交通事故で入院。

野球場でのキスシーンを偶然見たソクジンは

チョルスと仲睦まじいジョンウンに

嫉妬感情が芽生えたのか?


いざいないとなると 今までジョンウンの明るい笑顔に

癒されていることに気付いたソクジン。。。

着替えを持ってきたり手作り弁当を持ってきたり

甲斐甲斐しいのね♪

いいなぁ~こんな彼氏。。。

これでノーマルなオトコに戻ればいいのに。


と思っていたらまた現れるモトカノ男の子(笑)

忘れそうな頃にやってきて

ソクジンの心をかき乱してくれるんだわ~このオトコ。。

前回のレビューでは切ない顔してても

笑っていたけど 今回は切なくて泣いてしまった。。。


なんか、彼ってゲイなのに?というか、色気があって

セクシー音譜

こんなクソ女に惚れたのか?

モトカノの言葉を打ち消すかのようにバスケゴールに

打ち込む姿、カッコいいじゃないのぉ~ラブラブ


本当のこと話したら・・・・と ソクジンはチャーリー@悲恋 に相談。

やっぱりチャーリー出てきたか!!(笑)

母さんは心臓麻痺で、父さんは卒倒するわよ!

と、チャーリーの言葉が頭をよぎる・・・^^;


もしかして、ジョンウンのこと愛し始めてるの?

と思ったら、今度はそれが打ち明けられずに苦しむソクジン・・


そして我らのマンちゃ~ん(笑)

例の漢方医とはそれなりに知的に?あちらの方もキスマーク

上手く行ってた矢先、 理性的?な彼にも

純情な年頃の恋のエピソードがあったわけよ。

その忘れえぬ年上の初恋の女性が離婚して帰国。

ジンボムの再び目の前に現れた。

そのとたん・・・

マンちゃん!

あんたはそうこうなくっちゃ~♪


漢方医とチューばかりしてないでっ!

胸にキュンと来る演技を待ってたのよ~恋の矢


先輩を目にすると

たちまち あの頃のトキメキが胸に蘇り気になって堪らないジンボム。

なんと、エ○兄貴の餌食になりそうじゃないの~!


あのアジョッシ、自分の小説にまでしようとしてるよ^^;

やっきにジンサンの人形をとりあげようとするジンボムと

ジンサンのシーンに爆笑!

お前は子供かい?オタクかい?


このままだと ジンボムの聖なる女性が穢されてしまうんじゃないかと

ハラハラしたわ~爆笑


先輩宅で夜を明かしたジンボム、ちゃっかり、朝から漢方医が

弁当持参で会社に訪問。


ほつれたボタンが夕方には治ったことでジンボムの心が

他の女にあることを直感で知った彼女。

先輩が後ろにいるとも知らず

「あんなバツイチの女性を相手にすると思いますか。」と

苦し紛れの言葉、先輩に聞かれてオロオロのジンボム!

わっかりやすぅーーーー(笑)


とりあえず、あなたを信じるわ、という大人な彼女だけど

このまま済むわけないよね~。

理性では漢方医の彼女の方がいいとわかっていても

心が言う事を聞くかしら?


そして、そして、医師の道を諦めても自分に

全てを託そうとしているジョンウン・・・・

こんな自分にはジョンウンを愛する資格がない。

となるわけか。

秘密を言えないままだったソクジンは

ついに本当のことを打ち明けようと。。


ああ、これでジョンウンの愛もジエンドか?

普通はダメだろうな。。ドクロ私なら冷めてしまうかも。。

特に、ジョンウンって恋に恋してるって感じだもんね。。


案外、

チョルスとの方が天然バカップルでお似合いなんだろうな。

チョルスは自分の心の変化に気付きつつあるけど

これからどうなるかしら。


ううー!続きが気になってたまらないわ~








噂どおり 面白くて 一気に4話まで見てしまった^^;

ただし、

これはよい子と一緒に視聴は不可!爆弾

こっそり隠れて見なきゃ~ね。

ホント、男ってこんなにおバカなの~?と

笑いたくなるようなドラマ。

オールイン、朱蒙のチェワンギュ氏監督作品とか。

そういえば、2作も男性っぽい作品ですものね。

ハイエナは男の視点での生息?がおもしろ可笑しく描かれてます(笑)


こんなドラマも作れるとは、、韓ドラも王道、史劇、ばかりではなく、

進化してるんだな~と実感です。


一応 主人公はチョルス役のキムミンジョンssiということなのかな。

結婚前に もう一生、味噌汁しか飲めなくなるのはヤダ、と

作家の先輩に連れられて女遊びをしに行き、

そこで酔ったジョンウンと出会ってどさくさにまぎれて?指輪をジョンウンに

持ってかれてしまった。

それが彼女に誤解されて 破談されることに・・・。

どうも、チョルスって彼女がいてもすぐよそ見するタイプよね~

チョルス母が彼女に 「こんな男のどこがいいんだい?」

て言ってたのが うなづける(笑)母に言われるって相当だよ。


ジョンウンは元彼?ソクジン を捜しに来たらしいんだけど

どうやら、

その彼はゲイだった・・。うわ~またそういう役似合いそう。

マユゲ太くて髭も濃いタイプで・・・

ソクジン父は男性にバックハグされてるわが息子を見て 

まさか?

と疑うんだよね。でも息子のマンションを訪れると

バニーちゃん状態のジョンウンがお出迎え(笑)

な~んだ。彼女がいるなら大丈夫か~シッポまで見えて

可愛い子だ♪笑と・・思ったかどうかは知らないが

安心するお父さん。


真実を知ったらショックだろうな、、、今後も波乱がありそう。

ソクジンの愛する人は女性と一応結婚することに

なってしまい、それがソクジンには裏切りで許せない。

でも、心では その彼を忘れられそうにないし・・・

すごーーーく切ない顔してるんだけど・・・ごめん、笑える。

俺はお前に会って迷路に入ってしまった・・・だと。

可哀相に・・・。


あの彼が、アイドル系?の可愛い顔なのがまた面白いよ!

おそらく・・・女性の役だね?(笑)


それにしても

ソ・イヒョンちゃんがすごーくキュート!!

表情豊かでとっても可愛いのよ~

なのに 男性達からは女扱いされていない(-_-;)

どうして??

やっぱり女性はナイスバディでないとダメなのか?^^;


酔ったまま寝てしまって裸足で髪ボサボサのだらしない姿、

ガンジュファンの世の男性たちが

見たら軽くショックかも!(笑)


このドラマで特筆すべきはぶどう畑のオマンソクssiのキャラ!

あーこれはぶどうの後で見てほしいドラマですよ~。

逆でもまた、面白いけどね。^^

自称デキる男っぽいんだけどメガネのふちに

手をかけるしぐさといい、なんだかすっごく コミカル~♪


彼はかなり神経質に自分の御眼鏡にかなう女性を探しているハイエナ。

しかし、、、美人弁護士に足を絡められてドギマギしたり、

上には上がいるんというやつで~♪^^;

せまられる妄想で目が覚めるマンソク氏に大爆笑!!


実はあんまり経験はないタイプなのかもよ?

そのくせ、他の女性には

 四則計算で決める、

犠牲は愛じゃなく奉仕だ、なんて計算高いとこ隠さないもんだから

四則計算してからお返事するわ、と返されてしまう。

バッカだね~♪女心をわかってない。。。(笑)

そんなところも逆に可愛いけど^^


兄役のジンマン? はこれまた 浪費家で弟に借金抱えていて

女にはだらしなさそうで、かな~り、遠慮したいタイプ(笑)

クラブで出会った子とチョルスの新居に行って

縛られてるトコも、本当、大笑い~~

ある意味、演技上手いですね、ハイ(爆)


AⅤ女優の部屋の前で待ち伏せしたり、彼女のために、と

薬を使ってキタか?!という ところに突然、両親が登場。

お母さんのあのゲンナリした顔がまた大爆笑!

そういえば、あの女優さん、、吉本の女優に似てない?

序盤から、ずーっと笑いっぱなしで 

この先がどうも読めないドラマなんだけど

すっごく楽しみです~♪





雪の女王 9

テーマ:


久々の雪の女王、うっかりしている間に地上波に

追いつかれてしまいました!


9話の冒頭、ジヘから驚愕の真実(視聴者は知ってますけど)

を聞かされる

ドックからスタート。ジヘとドックが知り合いであることを

知ったゴヌ先生が先にドックとボラの因縁を知るのかな・・

ここからは見るのが辛そう。。

ふさがりかけた傷口が再び開いてしまいそうで。


やっとジョンギュの写真を見れるようになり、ジョンギュの話もできるように

なったボラ父の様子を見て胸が痛み

激しく動揺するドック・・・


ドックはボラが帰宅するのを待ち、潤んだ瞳で見つめて

一度だけ抱きしめていい?

とボラをハグ。すり抜けるようにその場を立ち去る・・・

ボラにすれば何があったのか?気になっちゃうじゃない~(笑)


ボラ父はボラに

俺が生きている間は母さんに会うな。と

父の思いを受け入れるボラは父さんの味方だから、会わないと。

ええ~?会わせてあげなよ・・・ボラが難病だってこと

わかってるはずなのに。それは親のエゴだ!

後で後悔しても知らないよ!


急に出勤しなくなったドックを心配してジムに立ち寄ると

熱でうなされるドック。

ゴヌ先生を呼ぶボラ、ゴヌ先生には

悪いヨジャになっちゃうわね。でも仕方ないわ。

自分の気持ちをはっきりわかってしまったのだから。


熱が下がり、回復したドック。

自分のせいで命を落としたという友人の話をする・・

葬式も怖くていけなかったのだと・・

家出して行方不明になるくらいに苦しんだのだものね。。。

可哀相・・あんたもその友達も・・・

ボラ、兄のことだって聞いてもドックを可哀相と思えるかしら、、、


ドックはボラを連れて母の食堂へ。

ボラ、今日は偶然地味なファッションだからきっと

ドック母も気に入るわ~(笑)・・とツッコミ。


ボラがジョンギュの妹だと知った母、息子がまだ

なおジョンギュの呪縛から逃れられないと思うと

母もまた過去を思い出して辛くなりそう。

息子がいかに苦しんだのかきっと察しただろうな。


ドックはボラには打ち明けずに黙って

行方をくらましてしまう・・・

ああ、それってボラにとっては罪なんだけど・・・(泣)


ジョンギュ父から用事をいいつかって両水里の別荘へ向ったドック。

ジョンギュの部屋でジョンギュが愛した音楽のテープを見つける。


ドックはボラ父に退職を願い出る・・・

ボラ父は息子のように気が楽になれる、ドックが辞めるのが

寂しかったのか 息子の話を漏らしてしまう。


ボラ父はジョンギュが死んだのはその友人のせいではなく

俺のせいなんだと。。。。でもその友人には会いたくない と。

彼が幸せならジョンギュを思い出して胸が痛むし

不幸だとジョンギュのせいだと胸が痛む・・・


頭では理屈では わかっていても感情が切り離せないんだと思う。

友人のせいじゃないとわかっていても

ジョンギュが不憫で・・・それが親心というものよね。

たとえそれがエゴだとしても。

だからドック母が古傷をえぐるのはやめなさい、というのも

当然だと思う。

しかし、ひとりですべて抱え込んで

気持ちに封印しようとするドックを見るのが辛いわ。


友人の好きな曲だから、と車に積んでボラ父に聴かせるドック。

息子がどんな音楽が好きだったか知らない父は

いい曲だな、と 

テレビのCMでありましたが、

父は息子のことどれくらい知ってますか?

父が教室に席についてて後ろに子供が並んでる、

逆参観状態まさしくあれですよね~

日本だけじゃなく、父が子供のことわかってない のは万国共通なのか?

またここで涙出ちゃったわ。


ジヘに ボラがジョンギュとドックの関係を知ることのないよう

口止めするドック。

もしボラがあんたのこと好きだったら・・?とジヘ。

そんなはずない、というドック。


そんなはずあるんだよ~(涙)

ジョンギュ、もしそうだったら・・・俺はどうするだろう?


なのに、私のカイはあんたよ・恋の矢

告白するボラ!(ちなみにボラがバックハグでした音譜

ここでのエンディングのソンモの歌が効いてるなぁ・・・

ああ、また涙が。。。。


ここまで見て、

つい、親の目線で見てしまう自分に気がついた~涙。