リュ・スヨン氏が素敵ですね~キラキラ

あのキリッとした瞳と鼻筋に見入ってしまう・・・・^^

俳優という職業はこの人のためにあるんじゃないか、と思うぐらい。

好みではないけど気になる・・・・♪←ちょっと褒めすぎ?(笑)


ウンヒョクはドンギの計らいがあって釈放され、

親元を離れて京城へ・・・

ゲヒも自ら進んでソッキョンの侍女となり、東京へ。

ソッキョン母にあんな仕打ちを受けたのに・・

ソッキョンが憧れの存在なのはわかるけど、

私だったらあの家族に近づきたくないわ・・

そして、数年後・・・ウンヒョクは文官高等試験に見事合格。


以前から、イ参儀の息子ドンウと、ムン子爵の娘ソッキョンとの縁組が

親同士では進められていた。

あれ?対立するかと思えば こういう流れになったのね~。

元イ家の下働きだったムン子爵は家柄が良くないけれど

「花嫁の家柄は問わないものだ」、ということで成立。

しかし、芸術家の道を突き進みたい ソッキョンはその気なし。

ドンウはソッキョンに好意あり?


合格したものの、ウンヒョクは過去の事件をパクチャンジュに

報告されたため、要注意人物?ということになり 勤務は保留のまま。

「子爵の身元保証を貰って来い」 だなんて、、諦めさせるためにそんなことを。

ウンヒョクも過去の過ちがずっとつきまとうんです・・。

相変わらずパクチャンジュはお嬢様に一方的な片想い。

ハンカチを大切にするのはいいけど

お嬢さんは俺の運命だ って決め込んでて危ないヤツだわ~(笑)

ソッキョンは全然眼中にないでしょ?


家族のため、と堪えて頭を下げるウンヒョクだけど、当然、

子爵が良い返事をするわけも無かった・・・・。


また、ウンヒョクもねぇ、、

「姉と家族に借りを返して下さい!」って怒鳴るのは逆効果だろう・・。

ああ~ウンヒョク、今までの努力が水の泡。炭鉱に逆戻りか・・・(-_-;)

と いうところに、

ソッキョンが自ら総督府?に出向き、

「自分が保障人になります!」と申し出たのは驚き!

ひょっとして

ソッキョンは久々のウンヒョクとの再会でビビッ!とキタ?

そりゃーあんなにカッコよくなっちゃうとね♪(って違うか^^;)

考えると、自分を溺れさせたウンヒョクだけど

彼は今も昔も自分と対等な目線で接する男だから、かな・・・

まわりにちやほやされてきてプライドが高い女って

こういう男に惹かれるのよ(-_-;)

でも、ソッキョンみたいな女は温厚そうなドンウの方が合うんじゃない?


ドンギは半日思想が災いしたのか 3年も刑務所に。そして出所。

これも3年で済んだのは 子爵が総督府に何度も頭を下げたから。

なのに、弟の思想はいまだ変らず、この兄弟は縁を切ることに・・・。

こんな鬼みたいな子爵でも家族は大切なんですね~

こういう時代でなければ縁を切ることもなかったのかもしれないのに。

そう思うと 彼も人間に見えますね(笑)


そうそう、イ参儀の愛人の先生は妊娠!

子供が生まれたらドンウとは兄弟に・・・

「先生の愛が欲しいだけです~ 」なんて、言ってるけど

この女も地位を狙ってるんだろうなぁ・・・。

それにしても この女優さん、キレイだわ~って

そんなことはどうでもいいんだけど~(笑)


AD


このドラマ、ありがちなシンデレラストーリーを思わせるシーンが

多いにもかかわらず、新鮮に感じるのはなぜだろう?

とにかく 面白い~!^^

御曹司のドンジュがブッサイクだからかな?(笑)

ああ、またこの口がいらんこと言いますわ~

パクサンミン氏のファンの方ごめんなさい~。

↑いるの?


ホテはユギョンに正体がバレて、こっぴどく振られてしまいました。

「チャヨナー・・オレは何をやってもだめだ・・」

雨に打たれる臨海君@王の女 いえ、

ホテが可哀想で見てられない~(泣)

施設でチャヨンと過した高校時代、バス停で脱げたチャヨンの靴を拾って転んで

びしょ濡れになった二人。。。

破れたボロ傘しかないけどチャヨンが少しでも濡れない様に差してやる。

そんなホテは院長のセクハラに耐えられず逃げ出したチャヨンを

見捨てられなかった。お互いあの頃は必要としてた・・・。


ホテはお人好しで何をやってもダメな男だけど

昔も今もこの人なりに精一杯チャヨンを守ってるのかも・・・・。

ある時は友のように、ある時は夫のように・・・。

難病のドゥリの面倒を見る姿はまるで本当の父親のようだもの。

チャヨンはというとドンジュの家での働きぶりがハルモニに

認められてお気に入りに♪さすが元接客業!歌も上手いもんだ^^

ドンジュも明るく前向きなチャヨンが家にいることで

いつしか心が和んでいるんじゃない?

会社の記念パーティに出席するドレスもドンジュが見立ててやる、なんて、

チャヨンに惹かれてる証拠です。

(ちょっとパリ恋のパロディっぽい?しかもそのドレスは売るらしいし(笑)^^


ところがチャヨンがこっそりドゥリにかけた電話の「サランへ。。」を

ヒモがいる、と勘違いしてしまい、

車の中でひとり大嫉妬~~

いっちょ前に恋の炎燃やしてやんの~!

これが なうり~だったら キャー!ラブラブって萌えるんだけど・・

キモいのなんのって^^;

パクサンミン氏、演技うますぎです~。

顔以外はカッコいいんだから!

歩き方といい、立ち振る舞いといい、the御曹司してます(笑)

臨海君よりこっちを見るのが面白くなってきた♪


ドンジュはというと復讐のため同業を始めた元妻にうんざり・・。

この二人がなぜ上手く行かなかったのかやっとわかった。

元妻スンヒはドンジュの親友の彼女で親友は失恋のショックで自殺していた。

彼女といたら親友に化けて出てこられそうで

そりゃー耐えられないわね・・・


気分がめいって帰宅すると偶然家の前にいたのはチャヨン。

誘って気晴らしにデート♪バーでピアノまで弾いてる姿は嬉しそう~^^

こういう演出って定番なわけ?(笑)

しかも全然似合わないんですが(爆)

その後まっすぐに帰宅せず、ホテルへ向うドンジュ。

また チャヨンの電話を聞きつけて嫉妬の嵐!!

どうせ金目当てか!

と 無理やり押し倒そうとするドンジュ。

一度は拒否するけどホテの言葉がチラついて

覚悟を決めるチャヨン。。。息子を死なせるわけにはいかない・・・

「私は高いのよ。」

そういいながらも横たわり目を閉じて涙する彼女に

結局その手を止めてしまうドンジュ。

あーこういう男に限って天邪鬼。

なんでオレ様がこんなヒモつき女を?ってところか~。

好きになってるくせに素直じゃないわ。。。

バラまかれたお金を拾うチャヨンに泣けた。。。。母はツライ。。


ドゥリは小児科の権威という女医とめぐり合うのだけど、

なんと、この女性が、カンミヒ~(笑)

ボケ老人から女医まで何でもこなすわね♪

彼女はスンヒの母・・・。その病院にはスンヒの妹が入院しており、

ボーダーライン人格障害・・・

どっかで聞いたような病名ですが(笑)


ドンジュ弟も医師でそこに勤務しているなんて狭すぎるわね。

彼は1%のお兄ちゃんだ!^^ドンジュ元妻を慕っていたの?

そしてハルモニはチャヨンが少しでもいないと大騒ぎし、ぶっ倒れて入院。

病院にキャラが全員集合してきた~


この病院にはドゥリも入院してるんだから、これはマズイ!(>_<)

そろそろチャヨンが子持ちだってことがバレてしまう?

そんな中、再びチョサンベにお金を持ち逃げされたホテ。

またですか?まったくアンタは。。

どこまでお人好しなの?チョサンベ信用しちゃダメじゃない~。

チャヨンが泣きたくなるのもわかるなぁ。。

おまけにホテの胸で泣いている写真をユギョンに盗み撮りされてしまい、

ドンジュ母とドンジュにも知られてしまうことに。

家を出て行ことになるチャヨンはハルモニとの別れが辛そう。。。。


あ~なぜか チャヨンが子持ちのスジョン@バリに見えてきた(笑)

私だけですね、きっと^^; 

AD

つぶやき。。。

テーマ:

このブログを始めて 早2年。

(あら!2年以上も うだうだ書いてるんだと はたと我に返った私^^;)


始めた当時は とりあえず、ヒマつぶしじゃないけど、

HP作りは難しいけれどブログなら簡単~!

それにドラマの感想などを書きとめておくのも面白いかな、、と

いう程度の軽い気持ちでした。

文才もないし、人に読んでもらう、ということはあまり深くは考えず^^;

思ったことをそのまま書いてしまってるので、

口の悪い私の感想を読んで気分を害された方が

いらしたら お許し下さいね。(笑)


最初はネットの繋がりなんて、顔が見えないし、

文字だけでは、受け取り方によって変るものだ・・とか、

実際は 向こうがどう思っているかわからないし・・・

話題で盛り上がった時だけで通りすがりのものでしかない。

希薄なものなのだ。

そんな 冷めた見方も自分の中にあるのも事実でした・・・


でも それだけじゃない!

と この1年で感じるようになりました。


それは こんな私にも、

ここでお会いしたことは無いけど、継続して

ブログや掲示板でお話できるようになった方が出来たこと、

そして

実際にお会いして楽しいひと時を過ごせるようになったこと・・

とても 大きかったように思います。

ありがたや~ 韓ドラチング( ̄▽+ ̄*)

チングのおかげで、爆裂トークしたり、ファンミにご一緒させてもらったり。

ドラマ視聴が何倍も楽しくなったは言うまでもありません。。。


もちろん、カキコしたことないけどロムして下さる方にも感謝です。

アメブロにも解析がついたのでわかるようになったのですが

うちに来てくださる方の70%以上の方が

お気に入りに入れてくださっているのですから^^

チョンマル、コマウォヨ~


去年は夏以降、体調を崩し、更新もままなりませんでしたが

これからも細々と つぶやいていきますので

どうぞヨロシクお願いします♪


AD


臨海君@王の女が ナサケナイ~(ノ_-。)

とは聞いていたので覚悟してたけど

これまた 凄まじいダメ男(苦笑) 性格は悪くないみたいだけど・・

1話から 逃げ回るシーンの連続。



このドラマ、よくある 契約結婚から本気の恋へ・・という話でしょうか?

ということは 

あのとっちゃんボウヤと可愛くないヒロイン

恋に落ちるの?ははは。

現在、3話ですが、展開も早いし、テンポもいいし、一気に見てしまいそう~!


サイパンのホテルのマッサージ師他諸々をして働くチャヨン(キムジヨン)には

幼い息子ドゥリと同居人のホテ(キムユソク=臨海君)がいる。

チャヨンとホテは施設の頃からの幼馴染でサイパンでの不法滞在者ってこと?

ホテは、チョサンベ@バリに騙されて

チャヨンが貯めたチャヨンの息子の手術代が水の泡になってしまう。

つい、南の島でチョサンベ見たら バリ思い出しますね(笑)

ホテはチャヨンの足手まといなわけで

いつもヘマばかりで殴られてるんだよね^^;


サイパンに映画の撮影でやってきた映画制作会社社長のドンジュ。

彼が どっかで見たような・・・一見、劇団ひとり?っぽい顔 と思っていたら

愛の群像のソック(パクサンミン)じゃないの!

ここでは 御曹司という役らしいけど 


とにかく キモいッ!!

グリーンローズのヒョンテ以来のキモさです~。


で、たびたび登場する上半身脱ぎシーンは定番でしょうか?

これは不要ですよん!

御曹司=南の島=必ず水着でプール←そうとも限らないけど

全然目の保養にならないっちゅーねん(-_-;)やめてくれ~。


そんな ドンジュのどこがいいのかよくわからんけど

妻のスンヒはへギョちゃん似の美女だし、

愛人の歌手ユギョンと熱愛中。スンヒとは政略結婚で

息が詰まり、別れたいのが本音・・・・。

チャヨンも疑問に思ってたけど離婚するぐらいならなぜ最初から

ユギョンと結婚しようと努力しなかったのかな?


ドンジュの秘書がパリ恋秘書クンだわ♪

やたらここではオトコマエに見えるのは何故(?_?)(笑)

彼はホテに スンヒを誘惑するように依頼。

下剤を飲み物に忍ばせ 医師のフリしてスンヒに近づく。

でも頭のいいスンヒには通用しませんね。


そんな浅はかなテを使っても別れたいドンジュに、

「彼女が相手なら別れてあげる」 と言うスンヒ。

その彼女とは、マッサージに呼ばれたチャヨン。

スンヒはまさか、こんな女を相手にするわけない、と思って

言ったのだけど、


ドンジュはその言葉通り、スンヒと離婚するため実行してしまう。

まんまと嵌められたチャヨン、

チャヨンも3年の契約で10億出す

と言われて心が揺れる・・・・

カタチだけでも 御曹司と結婚!

今の生活では考えられないお金が手に入れば息子も手術ができる~

というわけで契約結婚に承諾。


どうやら、スンヒはドンジュを愛しているんだよね~?

ここまでされると気の毒な気もするけど、このまま

黙って引き下がるとは思えない・・・


ユギョンはそんなドンジュの裏切りが許せず、

わざとホテとの婚約を記者に 話しちゃうし、、、


ホテも医者だなんて 嘘はすぐにバレて

すぐにポイッと捨てられるんじゃないかな?(笑)

また 彼女にデレデレしてる姿がなんともナサケナイーーーー。

あてつけにキスされた時もポワーンとしてたもん。


それと、ホテが三国志のセリフを吐くところは

臨海君を彷彿させましたね(爆)

やっぱり 彼は時代劇の方が迫力あるわ^^;


韓国に帰ってきた チャヨンは ドンジュの実家で苦労しそう・・

姑やハルモニのイジメに耐えられるかな?


ハルモニはチョン最高尚宮様ですね!これまた老け役ですが

頑固な役を上手く演じておられます~^^

魔王 滑り出しは・・・

テーマ:


魔王

KBS水木ドラマ 魔王、どうやら 初回は思ったより

視聴率は伸びなかったんですね。。


初回の視聴率は 

1位が 魔女ユヒ 2位 ありがとう

魔王は3位でした。

これはネット視聴の数は入ってないそうですが・・


サスペンス系ということもあるし、

お茶の間は ホームドラマに流れてしまったのかも(笑)


私はまだ字幕なし・・・ではストーリーを把握できず、

雰囲気を感じただけでした

とても推理できるレベルじゃないですね。^^;

このドラマは字幕付の放送を待ったほうがいいのかも。

KBSに登録すれば 後日

タシポギで見れますし、

登録してないから見れなかったわ、というお方のために

You tube さんで 見つけた 魔王 1話 の8分の1のリンクを

貼っておきますね♪ココ

リンクを辿れば この続きもあるようです。

中国語の字幕つきなので なんとなーくわかるかな。。。^^

中国圏は仕事が早い?(笑)

まあ、いつまで置いてあるかは???念のため。


オムテウン氏、刑事役がぴったりで、

髪型が短いせいか、男っぷりもますます上がったぁ!(笑)←ここは笑うトコ?

ハウンより渋~くて

いぶし銀の光を放っておりますね

まさにモッチンナムジャ・・・でした♪

ジフニも 影のある ミステリアスな弁護士役が

ハマってる~ちょっと若すぎるけど・・・あの切れ長の瞳、、横顔がまた

美しいのよね!

つい、アップは見とれてしまいました・・・


ヒロインのシンミナちゃんはどうしてもまだ幼く見える・・・

オムテウン氏と共演の女優さんって

幼く見える方が多くない?


メロな部分はどれぐらいなのか

まだ なんとも わかりませんが

期待しないほうがいいのかな?

復活の時は かなり切なさも全開!だったので(個人的にはね)

やっぱり期待しちゃう自分がいるんですよ~(笑)



2話から5話までは子役時代のお話でようやく主人公達の

生い立ちなどが理解できそうです。

濃いお話ですが、1話あたりが50分なので

見やすかったですね。

毎回1時間越えだったら疲れそうだな、、と

心配していましたが 案外サクサク見れます♪

集中放送だから、なるべく溜めないようにしなきゃ~。。

支配する側(富裕層)と支配される側(労働者)

同じ人間なのに全く違う世界がある現実。

不平等への憤りからウンヒョクは共産主義へと傾倒していく、ということが

いいたいの・・・・?なんだか・・・です。

時代からいっても、 労働者の待遇は劣悪だったのでしょうけどね。

それにしても ウンヒョクはまだ少年なのに

やることが過激!?

鉱山の工場での爆発事故でウンヒョクの姉は

事故死。

病院にも行かせずに、工場を閉鎖しちゃう社長の行動は

信じられません。家族も現場に入れないなんて。

また、この事故も自分を陥れるための罠だと

考えるのは犯人捜しのことばかり。

(まあ、これはどうかわからないけど)

弟は人柄が良く、労働者を心配し、すぐに対応しない兄の不実を

不満に思っていました。

おまけに社長は現場に現れないどころか、

娘のソッキョンの祝賀パーティなんてやってるものだから

ウンヒョクは衝動的に社長に向けたナイフが

皮肉にもムンの弟をナイフで刺してしまう。

ウンヒョクがこれにひどい仕置きを受けたのは言うまでもなくて、

(拷問担当は日本の軍人だった、、、)

それでもムンの弟は先のある少年だから、と

ウンヒョクを

解放してやってくれ、と訴える。

イ参議の息子ドンウも解放して下さい、とムンに頼んでいました。

ながら見だったので理解不足なのかもしれないけど、^^;

ドンウとは同級生だったのかしら?

最初、

てっきり パダ@星を射る に似てるから、アレ?と思ったんだけど(笑)

パダは 木村アキラジュ?だっけ。

ソッキョンにサインを求めてたファンの労働者がなるのよね。きっと。

ドンウはイ参議の息子で、イ参議はムンの鉱山を

奪われた立場。

ムンとイはこれからもなにかと対立しそう・・・?

やっとのことで解放されたウンヒョク。

自分の姉はあんな死に方をしたのに

ひとごとのように海辺でレジャーを楽しむ ソッキョンたちに

どうしても復讐せずにいられない。




ここから5話 です

ソッキョンを溺れさせて行方不明を装い、謝罪を要求する手紙を

ムンに送るウンヒョク。この子も懲りないわ。(呆)

後のこと考えないのね。

こういうやり方して責められるのは親でしょうに。

当然、ムン子爵たちは娘がいない!と大騒ぎ。

見失った、とゲヒも子爵妻の怒りを買うことに。

偶然、海岸でウンヒョクを見かけたゲヒは

倒れたソッキョンのために薬を持参し、無事ソッキョンは

命拾い。

けれど当然、ウンヒョクは無事では済まされないよね・・

華麗なる一族 最終話

テーマ:

山崎豊子さんの 原作ということで

楽しみに見ていたけれど

個人的には 白い巨塔や 大地の子 の方が断然好き。

華麗・・や、巨塔(映画版)は風刺的な意味合いが強いしね。

大地・・が一番読み終わった後に感動が大きかった。。。


あ、華麗なるの感想ですが

あのぶ厚い原作本3冊をたった10話で駆け抜けたわりには

最終話、鉄平が雪山に登ってからが長かった気がします。


大介が主役の原作を、ドラマでは鉄平を主役にしているので

鉄への情熱、夢、そしてくしくも父の策略によって

苦渋を呑まなければならなかった無念を

原作にはなかった遺書を使って、表現されてましたが。。


原作では山小屋で 合併のために

自社を追い込んだことを初めて知り、三雲頭取までも自分のふがいなさゆえ

失脚させてしまったことが鉄平の心に追い討ちをかけていたんだけど

このあたりはちょっと違うような。。。。


鉄平は祖父と父の因縁の犠牲者に過ぎない。

鉄平自身の経営者としての甘さももちろんある。

だから父には勝てなかったのだけど

大介も鉄平が敬介に似ていようと自分の子だとわかっていたらここまで

後ろから斬りつけただろうか。。。。

ほんと、管財人を帝国製鉄にして、告訴取り下げさせるとはね。。。


自分の夢を打ち砕かれた上、

自分が生まれてしまったことを完全に否定されてしまったら

絶望して、死にたい気持ちにもなるだろうなぁ・・・

「だが、お前は生まれてしまった・・・」

ってナンだよ!!アンタ!人間として最低でしょ?

どうして、鉄平に罪はない、と思えないの~。。。


自分がいなくなることで万俵家に平和が訪れる という

鉄平の結論は哀しすぎる。

いくら、大介の憎しみ、苦しみも深くても

生まれた鉄平が何をしたっての?


原作では もっと 寂しい万俵家の食卓シーンで

完、となるわけだけど、そのあたりも描かれてはいなかった。


大介はこの後、美馬に裏切られてあっけなく阪神銀行は

吸収されてしまう。

大介が鉄平という血の繋がった跡取りを失ったことを

もっと痛感して苦しむシーンも見たかった。。。。

美馬のギラリと光るあの目が予感させてましたが(笑)


ちょっとツッコミですけど

たしか、前々回あたりで鉄平が血液検査してたのに

アレはなんなんでしょうね?^^;

それと、死んでから、高炉が完成したぞ・・・って

皆で眺めてたけれど鉄平は帝国製鉄の傘下にだけは入りたくなかった

んだから 鉄平は喜ばないのでは。


木村君の後半の演技、あの目はなかなか良かったと思いますよ~

最初は違和感感じてたけど、、、、

頑張ってました。




やっぱり 観てしまった。。。。。

やっぱり 書いてしまった。。。。

茶母嬖人だから。

私の心臓を貫いた愛。。。


心臓

何度観ても 涙が出る。

野心と愛の狭間で揺れ動き、苦しみ抜いたユン。

そしてそれは重い病のように深すぎたのだ。 

チェオクに出会うために生まれてきたかのような

ユンの愛に。。。

私の心臓も貫かれたかのようだった。。。。

「お前と共に呼吸をしながら生きたかった。

お前に想いを寄せてからは

一度も深い眠りについたことはなかった・・・

だがお前は私のために苦しむな・・」


最期

民のため といいながら 権力を我が手にしようとする輩達。

ソンベクは 彼らに 踊らされてしまったのかもしれない。

チェヒへの想いを残しながら・・・・


道は最初から道ではなく

多くの民が通った後に道ができる。


そういい残して 仲間を逃したソンベク。。。


「新たなる道を作りたかった。

私が亡き後多くの民がここを歩き

新たなる世を切り開く。

我が命が尽きようとも

その魂だけは断じて死なん。

ただ・・・チェヒ・・・」


草原




はるか遠い山

目もくらむほど青い山

その深淵を察することのできぬ縁

計り知れない愛。

私の心臓を貫いた愛。

二度と 二度と 私のために生きるな。


まるで ユンが空の上から二人を静かに見守っているかのように

思えたこの言葉は NHKではカットされていたのが

哀しくてならない。。。。

吹替え、多すぎるカットシーン。

この地上波で 茶母の良さが伝わったのかどうかは

疑問だけれど 少しでも 多くの人に知ってもらう

きっかけになったことには意味がある。

やはり この作品が好きだから そう思える。。。。

たかがドラマなのに 馬鹿みたい。

そう 思われても構わない。

茶母は3人の物語なのに、とうとう 最後まで 

ユン目線になってしまい、

ソンベクファンの方には 申し訳なかったです。。。^^;

今まで 拙いレビューにお付き合いいただき有難うございました!

何度も書いてしつこいね~という 苦情は受け付けません。(笑)


追記 

初見のカットシーンを含めたレビューは

コチラ

オムテウン 7倍アップしたギャランティーも迷いなく

情報はココ


オムテウンが 復活 製作陣からのオファーを受けて

魔王に出演することを決めたことは

知っていましたが

復活の時と比較して 出演料が7倍になってたんですね。


それでも トップスターとは距離のあるものだとか。


「復活」製作当時は主役級の俳優ではなかったものね。

ギャランティー・・私には さっぱり 見当もつかない話ですが、

復活の成功で オム・テウン氏の評価も格段にアップしたことは

間違いないようです音譜


さて、魔王は 来る 21日から放送スタート予定。

画面が固まってもいいから、少しでも雰囲気を味わいたいし、

リアル視聴やってみっかな?

と思っていたら、なんと、

3月11日以降KBSは会員登録しないと

視聴できなくなったんですねーあせる

知人から聞いたときは MBC白い巨塔を視聴した翌日だったので

え? ウソでしょ? と耳を疑ったのですが間違いないようです。

なんでKBSだけ??魔王が始まるってのに・・・

しかも登録の際のパスポート番号入力・・・・

新婚旅行以来 海外には行ってないから(悲)

パスポートはあれから切れたまんま。

だめだ、こりゃ!!



ソウル1945 1

テーマ:

絶賛の声高いドラマなので楽しみにしていました。

最初の1話から 惹きつけられる展開でしたが

緊張の連続。

なにが、なんだか?登場人物が多くて理解するのが

大変。役職などは覚えるのに時間がかかりそう。

1950年当時の北と南の状況はなんとなくわかりそう?


ぶっちゃけ、

第二次世界大戦後~朝鮮戦争の中での4人の男女の愛を描いてる・・?

ヒロインのキムへギョン は フルハウスへウォンだよ。

で、主人公は 噂のリュ・スヨン氏ーーーー!

KBS演技大賞2006で何か受賞されてましたね?

ラストダンス・・は未見ですが、

一度見たら忘れられないタイプ。強烈で個性的♪

キリッとしてて目を引く顔立ちだわ~キラキラ


ウニョク(リュ・スヨン)をドンウ(キムホジン)の車のトランクに隠して

北に逃がそうとしたへギョンは南に残るが投獄されてしまう。 

一緒に逃げればよかったのに・・・

ドンウのことや自分を家族のことを考えて留まってしまったのか・・

 

ヒロイン へギョンの婚約者ドンウは南の大統領の息子。

ドンウってひらめ顔でリュスヨン氏のライバル役にしてはイマイチ、印象が薄い。^^;

彼もへギョンとウニョクを見逃してしまいましたが

大統領の息子のためお咎めなし。でも養子だとか。

「お天気が悪いからピクニックは止めた方がいいわ」

一見意味不明の打電でウニョクの逃亡をちくったソッキョン(ソ・ユジン)、

どこかで見たことあるな、と思ったら

ナイスガイの女刑事。

へギョンの母が コ・ドゥシムさん(花よりも美しく)、

せめて妹だけでも・・と 北に逃がそうとしていました。

南の警部補・・?がパクサンミョン氏(パダ@星を射る)

今回は悪役のようで。この方も善悪、両方いけるタイプですね。(笑)

花より・・を見た後なので 少し違和感感じますが・・

思いっきり 顔歪めて(・_・;)ワルーイ顔を作ってる?(爆)


どうやら、2話は 主人公たちのバックボーンが描かれているらしいので

理解できそう?


一話ごとのレビューはキツイし、2,3話ずつまとめて書こうかな。