1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-05-17 23:28:27

上半身の位置と股関節外転筋の働き

テーマ:カラダのトリセツ

 こんばんわ


気が付けば、5月も半分が経過し


毎日、毎日があっという間に過ぎ去っていきますね



 明日は、コンディショニング力を高める機能解剖学の


脊柱編ベーシック


お陰様で今回も満員御礼でございます♪



 来週は、PHI Pilates Matインストラクターの


養成セミナー



 最近は、セッションはもちろんのこと


研修や講演などで喋りまくりすてぃな


日々を過ごしております




 「姿勢」や「筋バランス」を考える時


ASISとPSISの差を見た時に、3横指以上だから


骨盤が前傾していて、股関節が屈曲しているから


屈曲筋が短くなっていると考えたりすると思いますが


短くなっているから、日頃働きやすい訳ではないんですよね



 僕も初めて「姿勢」とか「筋バランス」を


学び始めた時って、下位交差症候群だから


こういった筋バランスとかって覚えていたりしていましたが



 実際の動きや姿勢の制御においては


色々な要素が関わってくるんですよね



 同じ骨盤前傾位でも


下半身と上半身の位置関係を見た時に


どの様な位置関係にあるかによって


立位の時に、働きやすい筋などは変わってきますからね



 例えば、下半身に対して、上半身が前方に位置している場合


多くは、骨盤が前傾して、後方にスライドしていることって


多いじゃないですか



 その際に、骨盤が前傾しているってことは


股関節が屈曲しているから、同じ外転筋でも


大腿筋膜張筋とかが働きやすいに違いない!!


なんて考えたとして



 横臥位でエクササイズをするのであれば


たしかに骨盤が前傾して、股関節が屈曲している状態で


外転動作などを行えば、大腿筋膜張筋などに


効き易いと想いますが



 立位での荷重などになると、重力などの影響で


同じ股関節の外転筋でも、中殿筋の後部線維とかの方が


筋が働き易かったりするんですよね~



 初めの段階は


先ずは、代表的な不良姿勢のパターンと


その筋バランスなどを覚えていくことが多いと思いますが


そこで終わってしまうのではなく



 その次は、「バイオメカニクス」的な


観点も学んでいくと良いですよね



 ただ、いきなりバイオメカニクスの専門書は


ハードルが高いという方も多いと思いますので



 明日も、実際に自分のカラダを使って


体感して頂きながら、楽しくお伝えできればと想います



 そして、 6月のきゃっとばっくアカデミアでは


15日は私小林が、29日は理学療法士の先生をお招きして



15日(日)
「姿勢」及び「動き」の評価に基づく効果的なコンディショニング法 ~下肢編 ベーシック~


29日(日)
「誤った荷重伝達・運動連鎖・姿勢戦略に対する知識の整理と運動療法」


上記のセミナーを2本立てで開催致します!!



【セミナー詳細】

一つめはこちら
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 『「姿勢」及び「動き」の評価に基づく効果的なコンディショニング法 ~下肢編 ベーシック~』

日時/6月15日(日)18:00~21:30

会場/猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」

内容/実際のセッションにおいて、クライアントへのカウンセリングを行った後に何を基にエクササイズプログラムを組んでいるでしょうか?クライアント1人1人の姿勢、筋バランス、動きのクセは異なり、1人1人必要なエクササイズも異なります。何を基準に考え、エクササイズの選択をしていますか?

今回のセミナーでは、動きの分析やプログラミングに重要となる 

1.現場でスグに使いやすい代表的なアライメントと動きの評価法 
2、カウンセリング・動きの分析・機能評価の関連性 
3、身体重心 
4、各関節の役割 
5、現場における身体重心の見方および重心がアライメントに与える影響 
6、コアトレーニングピラミッド
7、エクササイズピラミッド

など基本的なポイントを学んだ上で、実際に下肢のアライメントや動きの分析、それを基にどの様に効果的なエクササイズを選択していくのかなどを皆で学び、実践していきます。

評価の実技に時間を多くとっていきます!!


講師/Style Reformer 小林俊夫

参加費/12,960円

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



二つめはこちら

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

「誤った荷重伝達・運動連鎖・姿勢戦略に対する知識の整理と運動療法」


日時/6月29日(日)18:00~21:00

会場/猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」

内容/痛みが治りにくい症例を細かく見ていると、誤った荷重伝達・運動連鎖とも言えるグリッピングが隠れていることがあります。身体が荷重をコントロールする中での姿勢戦略であるため、グリッピングを起こしているターゲットマッスルのストレッチや筋トレでは症状改善効果は得られないと思います。またターゲットに痛みを伴うことがないときもありますので、その扱いが難しくなります。今回の講義ではDiane Lee先生のグリッピングを柔軟に解釈して、臨床で使いやすい評価と運動療法へ活かすことを考えます。誤った荷重伝達を呼吸・筋緊張・運動パターンで分析し、身体機能改善につなげます。

どんな方にお勧め?・日常生活は問題ないが、なかなか治りにくい姿勢に関連した痛みがある・運動はしているけど姿勢がよくならない・筋トレやストレッチになりがちな運動療法の幅を広げたい

講師江原弘之(えばらひろゆき)

理学療法士(日本理学療法協会・認定理学療法士(運動器))

西鶴間メディカルクリニックリハビリテーション科部長ペインリハビリテーションユニット・リーダー

職歴クリニック、総合病院にて「慢性痛」のリハビリテーションに従事。その他、介護予防事業、特別養護老人ホーム、通所リハビリテーション等での臨床経験あり。

論文・書籍江原弘之他:症例報告 下肢慢性疼痛患者への運動療法の経験-疼痛緩和療法との併用.学療法 進歩と展望24,21-25,2011

・「リハビリテーションビジュアルブック」「ブラッシュアップ理学療法」等共同執筆 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


熱く楽しく、皆様と学びを深められたらと想っております!!


お申し込みはこちらから
15日(日)
「姿勢」及び「動き」の評価に基づく効果的なコンディショニング法 ~下肢編 ベーシック~


29日(日)
「誤った荷重伝達・運動連鎖・姿勢戦略に対する知識の整理と運動療法」


としお



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-04-30 20:26:53

首と胸の境目はどこ?

テーマ:カラダのトリセツ

 こんばんわ


今日は朝から恵みの雨ですね



 雨の日は、傘をさして歩かなければいけないこともあり


多くの方がどんよりした気持ちで


うつむきながら歩いていることが多いのではないでしょうか?



 はい


もの凄いこじつけではございますが(笑)


この「うつむく」といったことを考えていった時



 いわゆる「首」を曲げて、顔が下を向く様な動作に


なるかと思いますが



「首」ってどこの事を指すのでしょうか?



今更、何を言ってるかって???



 もちろん、解剖学的に考えると


「頸椎(首の背骨)」のことであり


その頸椎の7番までが「首」ですよね



 しかし、昨日として


じゃなかった


「機能」として考えた場合



 屈曲や伸展、回旋、側屈などの


頭部や頸部の運動には


上位胸椎が関与してきますし



 頸椎の伸展筋群である


頭板状筋や頚板状筋、頭半棘筋や頚半棘筋などが


上位胸椎に付着していることを考えると



 Thの4番など、上位胸椎までを「首」


と考えることも出来るかもしれませんね



 そして、人の身体って面白いな~と思うのは


この頸部の伸展筋群とかが、上手に働くためには


僧帽筋の中部・下部線維とか、菱形筋とか、


前鋸筋とかが働いて、頸部伸展筋群の起始部である


胸椎を安定させて、頸部伸展筋群の支点を創ることが


必要でしょうし、更に考えていくと、


前鋸筋が上手く働くためには、連結する外腹斜筋などが


しっかりと働いていることも大切なんですよね・・・・・・



 はい


これまた、長い番宣ではございましたが(笑)


「脊柱」について、基礎から現場で使える内容までを


しっかりと学びたい方は、ぜひお待ちしております!!



 今回は、告知がギリギリになってしまい


ご迷惑をお掛け致します



 最近は、大変有り難いことに


リピーターの方々で満員御礼となりやすいので


ご興味のある方は、お早目にお申込みくださいませ♪



お逢いできますことを楽しみにお待ちしております!!



小林俊夫





 いつもこんな感じで、和気藹々と行っております♪




「コンディショニング力を高める機能解剖学

~実践に生かす7つのステップ 脊柱編ベーシック~」



内容

「スゴイっ!!カラダが変わった、楽になった」と、お客様や選手に言って貰える様なセッションやレッスン提供する為に必要な機能解剖、単独でぶのではなく、姿勢との関連性や筋バランスの見極め、運動連鎖、ストレッチ、手技、エクササイズ、更にはマーケティングなども含め、以下のポイントを中心に脊柱についてんでいきます。(ベーシックでは、骨、関節、運動連鎖が中心となります)


セミナーの学びのポイント】

  ・椎体及び椎間板の機能と構造
  ・発育発達と脊柱弯曲の出現
  ・腰椎、胸椎、頸椎の各構造や機能及び特徴
  ・腰椎-骨盤-股関節複合体
  ・脊柱の可動域
  ・胸椎と胸郭の運動連鎖
  ・脊柱のカップリングモーション
  ・運動連鎖を利用した脊柱の動き創りエクササイズ
   
 例えば、現代社会では「猫背」の方が多く見られますが、頭の位置が数Cm前に移動するだけで、頸椎と胸椎の運動連鎖などは大きく変わってきます。
 また、うつ伏せのエクササイズを指導する際に、(ピラティスなどで言えばスワンなど)頭の位置をどの様に意識させるかで、胸椎の伸展の引き出しやすさなどが変わってきます。
 しっかりとインナーユニットを働かせて、どんなに腰が反らない様に気を付けたとしても、実は頭部の位置がずれていることで、狙った効果を惹きだせないことも多々あります。
ほんのちょっとした機能解剖学的なPOINTでエクササイズの効果が大きく変わるんです♪
 今回も実際に脊柱に触りながら、運動連鎖を感じたり、エクササイズでの違いを体感したり、明日から使える理論と実技が満載です!

日時518日(日)18:00~21:30


場所:猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」
   (JR、東京メトロ 飯田橋駅より徒歩4分)

受講費:9720円

講師:Style Reformer 小林俊夫


お問い合わせ/きゃっとばっくアカデミア 担当:早川

TEL:03-6228-1946

info@catback4h.com


お申し込みはコチラ


https://pro.form-mailer.jp/fms/2383e64b25545




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-04-20 15:46:32

猫背改善エクササイズは順番が大切?

テーマ:カラダのトリセツ
 こんばんわ

最近、「猫背」関係の記事などを調べていると

以前に比べて、かなり増えてきている様に思います


 やはりスマホの普及と共に

「猫背」の方が増えたり



 暖かくなるにつれて

「姿勢」や「スタイル」に

注目が集まっているのかもしれませんね




 さて、この「猫背」を

改善する為のエクササイズですが


 基本的に、コレだけやれば大丈夫!!

といったものではなく


 複数のストレッチやエクササイズなどを

組み合わせることによって

改善していきます


 そして

その複数のストレッチやエクササイズも

ただそれをやれば良いのではなく

行う順番などが



とっても とっても とっても 

とっても とっても とっても

だ~い~じ~なのよ


まあ、冗談はさておき


 例えば

よく「猫背改善エクササイズ」や

ストレッチとして

「背筋」みたいなものや

「肩甲骨」を背骨に引き寄せるもの

などが紹介されることが多いのですが


 これも先に

他のエクササイズなどを通して

骨盤のコントロールを覚えたり

腰を安定させることが出来る様になっていないと


 胸を開いているつもりが

かえって腰の反りを強くしてしまったり

頭が前に出てしまったりと

逆効果になってしまうことも多々あります


 じゃあ

どうすれば良いの?

ということで


 ネイバーまとめを使って

タイプ毎の例を、動画付きで

まとめさせて頂きました!!


「何をすれば私の猫背は治るの?」

http://matome.naver.jp/odai/2137413001846879001

※最後の方にタイプ別のエクササイズを
 動画付きで書かせて頂いております

 もちろん、その方によって

他のエクササイズやストレッチ

順番なども異なるやり方のほうが

良い場合もありますので


 あくまで1つの参考例として

ご活用くださいませ


 より効果的なエクササイズやストレッチ

そして、その順番を知りたい方は

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」

のトライアルレッスンをお受け頂くか



猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」

http://catback4h.com/lp01/


拙著をご購入くださいませ♪





 多くの皆様が

「猫背」の悩みから解放され

自分の事が今よりもっと好きになれる様に

色々な方法で全力を尽くしてまいります!!


猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」
代表 小林俊夫
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。