1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-07-06 19:52:29

美容院からのアップセル&リテンションのしくみに関する学び

テーマ:過去ブログ

 こんばんわ

 

先日、合間にパッと時間が空いたので

 

その場で髪を切れる所を探して美容院へ

 

 

 今回はホットペッパービューティーを活用して探し

 

近くで空いていた所が

 

カットに簡単なヘッドスパが付いて3,240円と激安

 

 

 経営的な観点で考えると

 

ホットペッパーに出しているメニューというのは

 

新規客を集める為のフロントエンド商品な訳ですから

 

そこから「リピーターにする為のしくみ」や

 

「単価を上げるしくみ」が無いと大変な訳ですよね

 

 

 そこでどんな「しくみ」があるのかな?

 

と思いながら髪を切って貰っていると

 

 

 ヘッドスパの際に

 

「7月からクールスパという冷感が強い

 

特別なスパを行っています」という説明があり

 

 

 つづいて

 

「お客様はひんやりしたのとか好きですか?」と質問があった後に

 

「今回のプランに付いているスパよりも少し時間も長くなって

 

冷感の強いトリートメント剤を使ったものが+1,000円で

 

お受け頂けますがいかがですか?」といった

 

セールストークでした

 

 

 これだけ暑い訳ですから

 

「ひんやりしたのは好きですか?」と聞かれたら

 

多くの方は、おそらく「Yes!!」と答えますよね

 

 

image

※ただの冷たい繋がりです(笑)

 

 

 そして

 

自分で「冷たいの好きです」と言った後に

 

「冷たいのはいかが?」と聞かれたら

 

いきなり単価が高いスパを奨められるより

 

受ける方は増えるのではないでしょうか?

 

 

 また、最後に髪をセットしている時

 

「当店は初めてですよね?」

 

「簡単にお店のシステムについて説明をさせて頂いても宜しいですか?」

 

といった声掛けがあり

 

 

「次回の仮予約をして頂けると、カット料金が半額になりますよ」と

 

「また1ヶ月後だと、予定が変わることもあるかと思いますが

 

 その際は当店のLINEに連絡をして貰えれば変更可能です」

 

とのこと

 

 

 「半額になるなら予約をしていこうかな?」と

 

思う方は多いと思いますし

 

 

 その際、同時に多くのお客様が心の中で思うであろう

 

「でも、1ヶ月後の日程はさすがに分からないしな」

 

という問題点も先回りして解消しつつ

 

 

お客様のLINEの連絡先が分かれば

 

仮に次回の予約が流れたとしても

 

その後のインフォメーションが行えますので

 

成約率は高まりますよね

 

素晴らしいしくみだな~と思いながら聴いていました

 

 

 今後、パーソナルスタジオやマイクロジムも

 

ポータルサイトなどからの申し込みが増えてくることと思いますが

 

その際に、アップセルやリテンションのしくみが無いと

 

ただの安売りになってしまって大変です

 

 

他の業態から良い所をFTTPしていきたいですね♪

 

 

としお

 

 

 8月、9月と仙台、鹿児島、名古屋でセミナーを開催させて頂きます。
 
 Bodyworkを活用した機能改善や姿勢改善について、色々とお伝え出来ればと思っておりますので、日頃Bodyworkを指導されている方も、初めての方もぜひぜひご参加くださいませ!!
 
「体幹機能の再考と四肢の運動~Bodyworkを活用した体幹-四肢連動アプローチ~」
日時:7月22日(土)10:00~17:00 ※珍しく土曜日開催です
会場:東京学院ビル(JR水道橋駅 徒歩1分)
    http://www.kaigishitsu.co.jp/company/access.html
 
料金:18,900円(税込)
 

 

「Bodyworkを活用した姿勢改善&機能改善アプローチ IN 仙台」

 日時:8月6日(日)10:00~17:00

 会場:ショーケー 会議室205
   南北線『五橋駅』 「南1番」出口より右へ徒歩1分

 

 料金:7月16日までのお申込み 12,960円(税込)
    7月17日以降のお申込み 16,200円(税込)

 

 セミナー詳細:https://pro.form-mailer.jp/fms/6ed87e62125373

 

「imok's Mentorship 関西第2期」
 
日時:2017年8月19日(土)、20日(日)、9月9日(土)、10日(日) 各09:00~18:00 計32時間
 
会場:姿勢改善専門スタジオBe-style 大阪店
 

 

 

「Bodyworkを活用した姿勢改善&機能改善アプローチ IN 鹿児島」

 日時:8月27日(日)10:00~17:00

 会場:鹿児島県住宅供給公社 中会議室 (鹿児島市新屋敷町16番)
   新屋敷停電 徒歩1分

 

 料金:8月6日までのお申込み 12,960円(税込)
    8月7日以降のお申込み 16,200円(税込)

 

 セミナー詳細:https://pro.form-mailer.jp/fms/42226eec125055

 

「姿勢の評価&改善アプローチの再考 IN 名古屋」

 日時:9月3日(日)10:00~17:00

 会場:会場:カネジュービル第五会議室
   JR名古屋駅新幹線口(西口)徒歩5分

 

 料金:8月13日までのお申込み 15,900円(税込)
    8月14日以降のお申込み 18,900円(税込)

 

 セミナー詳細:https://pro.form-mailer.jp/fms/e1bdb413125360

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-13 22:21:45

トレーナーの「知識」と「知恵」を繋ぐもの

テーマ:過去ブログ

 こんにちわ

 

一昨日はブレット・フィッシャー氏のセミナーに参加をして

 

得られた学びについてシェアをさせて頂きました

 

{899E88AF-A651-4FCB-9F96-60E04227AFF4}


 

 様々なセミナーに参加をして

 

多くの「情報」や「知識」を身に着けたとしても

 

それらの「知識」や「情報」を活用して

 

目の前のクライアントさんをより良く出来ないのであれば

 

趣味としては良いですが、仕事としては良くないですよね

 

 

 では

 

この「知識」と「知恵」を繋ぐものとは何か?というと

 

個人的には「思考」と「経験」だと考えています

 

 

 メンターシップが始まる時

 

「これから32時間、一緒に徹底的に考えていきましょう!!」と

 

お話をさせて頂きますが、どの様なセミナーにおいても

 

以下の2つが大切になります

 

①自分の頭で知識の深掘りをする

 

②セミナー中に学んだ「知識」や「情報」を活用して、どの様にお客様に貢献をしていくか?を自分の頭で考えていく

 

 

 例えば

 

講師の方の立場からすると

 

セミナー中の限られた時間において

 

全てのなぜ?なんで?をお伝えすることは

 

難しい場合があると思います

 

 

 そうすると

 

講師の方がA→B→C→Dと

 

思考のステップを踏んで学んだことを伝える時に

 

結論のDだけを強調して伝え

 

A→B→Cはサラッとお伝えするということがありますよね

 

 

 たしかに

 

結論のDが分かっていれば

 

その情報をもとにお客様に貢献することは出来るのですが

 

「なぜ?」という理由が分かっていないので

 

お客様から質問を受けた時に説明をすることが出来なかったり

 

人に学びを共有することが難しかったり

 

その知識や理論の前提条件が変わった時に対応することが出来ません

 

 

 具体的な例で考えてみると

 

「多裂筋はコアの安定性に重要である」

 

という情報があったとして

 

たしかにその情報や知識だけでも

 

お客様に貢献をできるかもしれません

 

 

 ただ、そこで分かった気になるのではなく

 

「なんで?多裂筋がコアの安定性に重要なの?」

 

と自分の頭で考えることが大切ですよね

 

 

 そうして知識の深掘りをしていくと

 

多裂筋と固有受容器の関係だったり

 

腹横筋と多裂筋のカップリングだったり

 

腸腰筋と多裂筋のカップリングだったり

 

多裂筋や脊柱起立筋と胸背筋膜の関係性だったり

 

多裂筋と仙結節靭帯との関係性だったり

 

それに伴う仙腸関節のCPPだったり・・・・・・and more

 

 

 色々な要素がその考えの土台にあって

 

「多裂筋はコアの安定性に重要である」

 

という結論に至っていると思います

 

 

 その為

 

セミナーに参加をしたり、書籍を読んでいる時は

 

なんで?なんで?星人になって

 

どんどんと知識の深掘りをすることがオススメです

 

 

 そして

 

色々な知識や情報を深掘りすると同時に

 

その知識や情報を活用して

 

どうやってお客様に貢献しようか?

 

と考えることも大切です

 

 

 例えば

 

ブレッド氏も、岳さんも

 

同じく「料理」に例えていましたが

 

僕も「知識」や「情報」というのは「食材」と同じだと思います

 

 

 いくら「知識」や「情報」という「食材」をたくさん集めたからといって

 

それだけでは「美味しい料理」や

 

「お客様が喜んでくれる料理」にはなりません

 

新たに手に入れた「食材」で

 

あのお客様にどんな料理を創ろうか?と考え

 

「実際に創る」という経験が必要ですよね

 

 

 新たに手に入れたAという食材を何度も使っている内に

 

和食だけじゃなくて、こんな風にイタリアンぽく

 

活用することも出来るんじゃないかなとか

 

ちょっとエスニックな味付けにしてみたら

 

意外に美味しかった♪みたいな感じになったりしますよね

 

 

 食材だけをたくさん集めても

 

その食材を実際に料理してみなければ

 

ただ腐るだけです

 

 

 また100の食材を持っていることで

 

たしかに料理の幅は拡がりますが

 

1つの食材を使い続けることで

 

100の使い方が出来る様に成ることもあります

 

 

 個人的には

 

食材の数 × 使い方の数

 

を最大化させることが大切だと思っていて

 

新たな食材を集めつつ、1つ1つの食材について色々と考え

 

実際に料理をすることで、食材の使い方も増やしていく

 

 

 それを繰り返し続けることで

 

お客様の笑顔に貢献できる料理を

 

長期的に生み出せる様になるのではないでしょうか?

 

 

としお

 

 

 最近は1Dayのセミナー開催が減っておりますが、珍しく土曜日に1Dayセミナーを開催させて頂きます!!

 

 最近は「呼吸」に注目が集まっていますが、今回は「エロンゲーション」や「体幹と四肢の連動」「リーチングと胸郭」などを中心に、触評なども交えながらBodyworkを絡めつつ、体幹について深く掘り下げ、再考をしていきます!!

 

 また、お問い合わせを頂いておりました、imok's Mentorshipの関西第2期も8月、9月に開催が決定致しましたので、ぜひ皆さまのご参加をお待ちしております!!

 

「体幹機能の再考と四肢の運動~Bodyworkを活用した体幹-四肢連動アプローチ~」
 
日時:7月22日(土)10:00~17:00
 ※珍しく土曜日開催です
 
会場:東京学院ビル(JR水道橋駅 徒歩1分)
    http://www.kaigishitsu.co.jp/company/access.html
 
料金:18,900円(税込)
 
 
内容:体幹は姿勢の保持や内臓の保護、力の中継地点としての役割などだけでなく、腕や脚などの四肢の活動の基盤を提供しています。
 
 今回のセミナーでは、体幹に関わる、骨盤、脊柱、胸郭の機能解剖を深く掘り下げていくと共に、「Lumbo-pelvic-Hip Comprex Stabilizer」を代表とする体幹と股関節の連動。
 
 また、ピラティスの世界でよく耳にする、「エロンゲーション」とは何なのか?いわゆる「伸展」と「抗重力伸長(伸展)」などの違いも掘り下げながら、普段あまり注目をされることが少ない「胸腔」やリーチ動作を活用した胸郭の動きづくりなどをはじめ、「体幹→四肢」、「四肢→体幹」の双方向の観点から体幹と四肢の動きやその連動性について考えていきます。
 
 更に、骨盤、脊柱、胸郭に関して、日頃現場で用いやすい静的な評価や動的な評価法について学び、その評価に基づいた改善方法までを学んでいきます。
 
【項目】
・体幹とは
・脊柱、骨盤、胸郭の働きと役割
・脊柱、骨盤、胸郭に関わる主な関節及び靱帯、筋肉
・脊柱、骨盤、胸郭の運動学
・仙腸関節と姿勢
・仙腸関節とスリングシステム
・胸背筋膜と体幹の安定性
・腰椎-骨盤リズム
・体幹と四肢の連動
・リーチングを活用した胸郭の動き創り
・Lumbo-pelvic-Hip Comprex Stabilizerとは
・伸展とエロンゲーション(抗重力伸張)
・胸椎-胸郭と自律神経系
・脊柱、骨盤、胸郭の静的評価
・脊柱、骨盤、胸郭の動的評価
・体幹と四肢の連動性を活用したBodyWorkなど
 
 
imok's Mentorship 関西第2期 開催決定
 
日時:2017年8月19日(土)、20日(日)、9月9日(土)、10日(日) 各09:00~18:00 計32時間
 
会場:姿勢改善専門スタジオBe-style 大阪店
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-03 22:37:56

トレーナーが取得を考える医療系国家資格と保有効果

テーマ:過去ブログ

  こんばんわ

 

最近、トレーナーの方から

 

「トレーナーとして活動をするなら、医療系の国家資格があった方が良いですか?」

 

といった主旨の質問を頂きました

 

 

 「資格」というものを考える上で大切なのは

 

「やりたい事」が先にあり

 

その「やりたい事」の為に「資格」が必要なら

 

その資格を取得すれば良いと想います

 

 

 これは

 

僕が鍼灸あん摩マッサージ指圧の

 

専門学校に通っていた時もそうなのですが

 

「手段」と「目的」が逆転している場合が多く見られます

 


 そしてここが逆転してしまっていると

 

資格を取得した後も

 

マイナスに働く場合が多く見られます

 

 

 例えば

 

マグカップの実験で有名かと想いますが

 

行動経済学でいう所の「保有効果」が働き

 

「やりたい事は何か?」ではなく

 

せっかく3~4年、400~500万円かけてとったんだから

 

といった気持ちになり

 

「資格ありき」で物事を考えてしまうんですよね

 

 

らぶ 

 

また

 

医療系国家資格を取得しようとする方の

 

取得理由でおそらくTop3には入るであろう「安心」

 

 

 これも

 

論理的に考えると

 

そこまでして取得する必要があるのかな?と

 

 

 例えば

 

トレーナーの方が取得を考える

 

柔道整復師、鍼灸師、理学療法士などの

 

代表的な医療系国家資格の場合

 

学校に3~4年通い、学費は400~500万円

 

これに交通費や実習費などがかかってくるだけでなく

 

既にトレーナーとして活動をされている方であれば

 

学校に通ったりしている時間は、セッション数などが減るため

 

機会損失も含めて考えると

 

3年間で1000万円以上のコストになります

 

 

 そして

 

一般的な理学療法士の方の平均年収が

 

300~400万円ですから

 

それだけの時間的、金銭的コストをかけてまで

 

得たいものなのでしょうか?

 

 

 もちろん

 

医療系国家資格があることではじめて

 

行えることもたくさんありますが

 

最も大切なことは、「自分が何がやりたいのか?」が先にあり

 

その「目的」を叶えるための「手段」として

 

「資格」というものを考えていくと良いと想います

 

 

 また、上記の様に書くと

 

まだやりたい事が明確になっていないので

 

「学び」の為にといった「目的」で

 

入学を考えているという方もいますが

 

「学び」という観点から考えた場合

 

たしかに体系立てて学ぶことは出来ると想いますが

 

単に「学び」ということであれば

 

もっと「費用対効果」が高いものは多くありますので

 

他の選択肢を検討されることをオススメします

 

 

 

としお

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。