庭と猫とスケッチブック

ご訪問ありがとうございます。
イラストや絵や日々の出来事を、気ままに綴ります。

このブログに掲載されている作品の無断転載・転用は固くお断りします。


テーマ:

ずいぶん昔の話ですが、ある賞をいただいたときに、地元の新聞の取材で「どういうところを苦労されましたか?」と聞かれました。

 

「苦労はしてません。」

と答えると、ちょっと怪訝そうに

「賞を取れなかった方もいますので。」

と言われました。

 

ああ、そうか。

そんな風に答えちゃいけないんだ。

他の人よりも苦労したから賞をいただけた、そう言わなければ、世間は納得しないんだ。

 

若い私は空気を読んで、記者が喜びそうな答えを言いました。

「手が痛くなるまで頑張って描き続けました!」

 

でも実際、苦労なんてしてないです。

手の痛さなんて全然平気!

楽しくて楽しくて仕方なかった。

夢中で制作した。

その結果賞をいただけたわけで、別に入らなくても、

「ああ〜楽しかった!」と言っていたと思います。

 

 

 

日本人は(特に昭和世代は)、大きな間違いをしていると思う。

「苦労の先に幸せがある」って。

 

実際、この概念にとらわれて、なかなか苦労から抜け出せなかったことが多々ありました。

「うまくいかないのは、苦労が足りないからだ〜!」って。

 

結局苦しくなって逃げ出して、違う方向に向かった途端、うまくいくようになったり。

 

「苦労」ではなく「苦労すら楽しい」方向に進めば良いのでしょうね。

 

楽しいこと、夢中になれること(私にとっては絵)を、これからも続けていきたいです!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございますあじさい

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

nabekoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。