アメーバブログ閉店しました。

ありがとうございました。


テーマ:
心の病と霊障は紙一重なこともあり、霊障が関わってる病気というのもたくさんあると思いますが、先日はじめて聞いた心の病を耳にしたのでご紹介したいと思います


社交不安症(SAD)って聞いたことがありますか?


どんな不安症かと言うと
「人前で話すとき、極度に上がってしまう、ひどく動悸がする」「人前で字を書くとき、手が震えてしまう」など…


日常生活が送れなくなるほど人前で強い恐怖や不安を感じてしまう、そのようなこころの不調は、気持ちの持ち方や性格だけの問題ではなく、社交不安症の可能性があるそうです


特徴的な症状
・人前で発表するのが極度に怖い、緊張する
・人と接するのが極度に怖い、緊張する
・人前で食事ができない
・人前で文字を書くとき、手が震えて書けない
・周囲からの視線が極度に怖い
・注目されると緊張で赤面する、汗をかく
・人前で電話をかけるのが怖い
・周囲に人がいると用を足すことができない


社会生活に与える影響として、不安感や緊張感が生じる場所を避けるようになり、引きこもる可能性もあるので心当たりのある方は治療をするのが望ましいと思います


社交不安症の人は、脳内の神経伝達物質のバランスが崩れ、特に「恐怖・不安」を和らげる役目を果たすセロトニンの量が低下していると考えられるそうです


決してあなたの性格の問題ばかりではありませんが、元々の気質として社交不安症になりやすい性格傾向もあるようです
・真面目で責任感が強い
・心配性で完璧主義
・人との交流が苦手
・人から良く思われたい
・人との交流を求めない


皮肉にも物事に真剣に取り組み真面目な方ほど、こうした心の病に陥りやすいもので、少し適当なくらいが丁度良いのでしょうね


霊的な観点から申しますと、良くないエネルギーが消化されずに蓄積されますと、こうした心の病を発症してしまうこともあります


私の立場としてできるのは、蓄積されたエネルギーを浄化たり、障りになってるものを取り除いて改善を目指すことですが


病院では脳内の神経伝達物質のバランスを整えるためのお薬や、不安に陥りやすい思考パターンを修正するカウンセリングを受けたりして治療をすることができるそうです


性格だから…と諦めている方もおられるかもしれませんが、きっと改善方法があると思います


心当たりのある方や、ご家族にこのような症状の方がおられたら、社交不安症を疑ってみてはいかかでしょうか


自信を持って社会生活を送れるように、一歩踏み出す勇気が必要かもしれませんね。



応援クリックご協力お願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



★メール鑑定
★各種祈願
★遠隔浄霊
★霊障の有無を確認
お問い合わせご相談↓
img_20150822-130844.jpg
AD

テーマ:
ホ・オポノポノって聞いたことがありますか?


知ってる方もおられると思いますが、もしもご存知ないと言う方がおられたら、読んでみてくださればと思います


言霊の大切さを改めて教えてくれるお話で、言葉がもたらした奇跡のお話です


アンビリーバボーなお話はネットから引用させていただきますが、興味深い話ですのでご覧いただければと思います


ホ・オポノポノを提唱しているイハレアカラ・ヒューレン博士が精神病院に勤務していたときのお話です。

ホ・オポノポノで病棟が消えた!

ヒューレン博士がハワイの州立病院に勤務したことをきっかけに、なんとその病院から「精神障害者収容病棟」が消えた! というのです。

精神的な病気が理由で、殺人のような重い罪を犯しても「責任をとる能力がない」と判断された人が収容されているその病棟。

そこでは収容者たちの間での暴力沙汰はもちろんのこと、職員が暴行されるようなことも頻繁にあって、週に1、2回は大きな騒ぎが起きていたほど危険な状態でした

収容者が暴れないないように、大量の薬を投与し、手錠と足かせでベッドに縛り付けるようなことが日常的に行われていました。

ホ・オポノポノではすべてのことは、自分の記憶があるから起きていると考え、一見自分には関係ないようなことも「私に原因がある」と考え自分の内面をただ癒すというものであり、他者ではなく自分の内面を癒すものである。

ヒューレン博士が病棟に勤務を始めた日からしたことは、ただただ「自分」の内面を癒すことだったそうです。

博士は毎朝出勤する前にクリーニングし、仕事をしているあいだも色々な問題が起きるので、ずっとクリーニングを続けました。

博士は収容されている人たちや看護師の人たちにいっさい指示したりしませんでした。患者たちと直接話すこともしませんでしたし、なんらかのセッションを行うようなこともありませんでした。

ただただ、収容されている人たちのファイルを見ながらクリーニングをしつづけたのです

博士がやったことは、収容者のカルテを見ながら「これらは自分の中の何が原因なのだろう? 」と、湧き上がってくる感情をただクリーニングしたのみ。 
他者を癒すのではなく、自分の内面を癒し続けたそうです。

すると、徐々に病棟に変化が! 収容者が落ち着き、手錠や足枷なしで移動させることができるようになり、施設内の雰囲気も大幅に変化。

欠勤しがちだった職員は皆勤になり、収容者は次々退院していくので、職員が余ってしまうほどになったとか。そして最終的にはその施設の収容者は一人もいなくなったそうです。


博士の行なったクリーニングとは収容者のファイルを見ながら4つの言葉を唱えることだそうです


「ごめんなさい」

「許してください」

「愛しています」

「ありがとう」


これを繰り返しただけでこのような奇跡が起きたそうです


信じがたい話ですが本当にあった話だそうです…


これをうまく利用して我々の生活に取り入れたら、もっと幸せに近づけるかもしれませんね~



応援クリックご協力お願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



★メール鑑定
★各種祈願
★遠隔浄霊
★霊障の有無を確認
お問い合わせご相談↓
img_20150822-130844.jpg
AD

テーマ:
私が先日感動したお話…


合格祈願を受けていた方のお話で、ご相談者の許可を得ておりませんが、良い話だと思いましたので勝手に紹介させていただきますが、お許しください






昨年の秋


医学部を目指している浪人生の息子さんを持つお母さんからのご相談でした


前回の受験では医学部は不合格だったものの、他では合格をいただていたそうですが、息子さんは幼い頃からの夢である医学部を目指し浪人することを決意されました


医学部を目指して頑張ってきた息子さんにとって、昨年合格できなかったことは精神のバランスを崩すほど大きな挫折となったそうです


息子さんは浪人を機に、家族との会話も拒み、まるで人が変わった様に修行僧の様な日々を送っているとのことでした


息子さんが家族との会話を拒んでいる理由としておそらく、不合格だった自分を強く責め、家族にも合わせる顔がなくなったのでしょう…


親に迷惑をかけてしまった不甲斐なさを挽回するには絶対に合格すること!それが親への恩返し!合格するまでは勉強以外のことは考えない!きっとそんな想いで勉強を続けておられると思います


それを支え続ける親御さんの愛情、黙って支え続けた親御さんの愛情ははかり知れません…






そして秋から冬へ…


受験シーズンになり、依然として口を利かない状態が続いているとのことですが、再び合格祈願のお願いをいただきました


この一年ひたむきに頑張ってこられた息子さんですが、センター試験では思うような結果がでずに死んだような目をしていたそうです…


そんな息子さんの姿を見たお母さんは、なんであんなに頑張ってきたのに、この子にこんなことばかり…と悲しみが込み上げて眠れない夜を過ごしたそうです…


息子さんの目指す医学部はC判定、予備校はA判定の大学をすすめてきたそうですが、息子さんはあえて難しいC判定の医学部を受験するとのことです


難しいC判定の医学部を選んだのは、そこが去年不合格だった医学部であり、そこを目指して頑張ってこられたからです


だから絶対に合格してほしいと願い祈願させていただきました…






そして先日合格発表があったそうです


見事合格!


お母さんから「久しぶりに抱き合い、手を取り合い、声を上げて泣きました。」とのこと


そして息子さんが「お母さん、今までごめんなさい。」とおっしゃったそうです


凍りついていた親子関係が溶けた瞬間でした…


ひたむきに頑張ってこられた息子さん、それを支え続けた親御さん、口を利かない時期はあったけど、ずっと互いに気にかけていたんだなぁと思います


感動ですよね…


親が子を思う気持ち、子が親を思う気持ち、そして努力が報われたことに感動致しました


きっと良い医師になってくれると期待しております。



応援クリックご協力お願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



★メール鑑定
★各種祈願
★遠隔浄霊
★霊障の有無を確認
お問い合わせご相談↓
img_20150822-130844.jpg
AD

テーマ:
前回の記事で事故物件やワケあり物件ということを書かせていただきましたが、それに付随して今回書かせていただくのは


以前にも書いたような話ですみません…
土地のお話です


物品やお食事処など、ご商売をされる方にとって土地の良し悪しはとても重要なことだと思います


長年同じ土地に住んでますと、お店の入れ替わりなども見えてくるものです


そうすると、何度も潰れては出来て、潰れてはできて、入れ替わり立ち替わりの激しい場所があります


皆様の街にも何をやってもうまくいかな土地というのはありませんか?


住居として問題のない土地でも、商売をすると人が集まらず客足を遠のけてしまう土地や建物はあると思います


私の住む街にもそういった場所が点在しておりますが、何十年というスパンの中で何度も入れ替わり、チェーン店でさえうまくいかず閉店してしまう所もあります


ですが、オープンすればどの店舗も大盛況になるような人気店は不思議とそういった場所を選ばれませんし、そういった場所は避けて店舗を増やされてるように思います


人間に例えてみてもそうですが、「私がお店に行ったらなぜだか客が増える」という人もいますよね。人を呼びやすい人がいるように、土地建物にも人を呼びやすいエネルギーがあります


住居選びの場合は集客力に気をつけることはありませんが、商売をするなら集客力は絶対ですので、物件選びは慎重に行いたいものです


テナントなどに入る場合は、これまでのご商売されてきた経歴などを調べることができれば良いと思います。もしも短いスパンで入れ替わり立ち替わりしているなら別の物件を探したほうが良いかもしれませんよ


土地建物が集客力のすべてとは言いすぎですが、結構重要な部分であることは否めませんのでご注意を!



応援クリックご協力お願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



★メール鑑定
★各種祈願
★遠隔浄霊
★霊障の有無を確認
お問い合わせご相談↓
img_20150822-130844.jpg

テーマ:
事故物件、ワケあり物件という言葉を聞いたことがありますか?


どういうものかと言いますと…
ネットから引用
不動産取引や賃貸借契約の対象となる土地・建物や、アパート・マンションなどのうち、その物件の本体部分もしくは共用部分のいずれかにおいて、過去に殺人事件や自殺、孤独死などが原因で前居住者が死亡した経歴のある物件のことを指します


事故物件は借主に知らせる義務があるという話は聞いたことがあるので、知らずに入居することはないだろうと思っていましたが…


調べてみると「事故物件の告知義務は次に入居する1人目のみ」という業界ルールが存在しているそうです


ということから事故後2人目の入居者には事故物件であったことを知らせないという業者も多いそうです


そこで横行しているのが「物件ロンダリング」と呼ばれる行為。事件が起きた後、管理会社の社員がその家を短期間契約する。そうすれば次の住人には告知義務が発生しないため、通常通りの家賃で貸し出せるという手法があるそうです


借り手にとっては怖い話です…


2/28日にテレビでやっていました「聞きにくい事を聞く 聞きにくいお金のことを聞きまくりSP」(テレビ朝日系)で、サンドウィッチマンの富澤さんが事故物件の値引き額を調査する番組がありました


中には事故物件の家賃が安いので好んで探す方もおられるそうですが、皆様は住む派ですか?住まない派ですか?


好んで事故物件に入居者される方は、霊など信じない方だと思いますが、そんな方達でもおっしゃることがあるそうです


業者の方が事故物件に入居された方に後日連絡をしてそれとなく聞いてみると皆様だいたい「運気が下がった…」と言われるそうです


自殺や殺人などが起きますと、そこには強い念が残るので霊が見えなくても運気が下がるのは自然なことだと思います


事故物件だったかどうかを隠す手法があるのだから私達が見分けるには、部屋に入ってみた時の感覚で見分けるしかございません


居心地が悪い、嫌な感じがする、空気が重いなど、何かしら気持ち悪さを感じるならやめておいたほうが良いと思います


安いからと言って嫌な感じがするところに住んでしまうと運気が下がることになりかねませんし、住んでから後悔しても遅いこともありますので、住む前の自分の直感を信じることが大事だと思います


引っ越しを考えてるけど自分の直感だけでは不安だという方は、物件の写真があれば鑑定もできますのでお気軽にご相談ください!と宣伝を入れておきます(笑)


冗談ではなく住む場所は大事ですので慎重に選んでくださいね。



応援クリックご協力お願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



★メール鑑定
★各種祈願
★遠隔浄霊
★霊障の有無を確認
お問い合わせご相談↓
img_20150822-130844.jpg

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。