たどりついた先は、さとり。


言いかえれば、自分自身、

あるいは、神。


それは厳しい修行ののちに、選ばれた者だけがたどりつける憧れの地などではなく、
行き方をまちがえなければ誰でも行ける場所なのだということを、行ってみて知ることができた。


そしてそれは終着点ではなく、ゴールでもない。

いうなれば、きっとそれは輝かしいスタート地点。




以来私は極楽浄土にいる。

なんてこともない(笑)
さとりの場所に、一瞬いるかんじがした、くらいのもの。
ただし、一回ちょっと垣間みただけでも、全然知らないのとは雲泥の差なのである。
こればっかりは、そうなのだと言い切る以外にないのだが。




日天月天のそばの笠置山。

頂上付近の岩場の奥に、「ヒカリゴケ」が自生しているところがある。
ヒカリゴケ

Wikipediaの「ヒカリゴケ」ページ

私が9月9日、アキラさんの誘導瞑想で体験した「さとり」は、まさにそのヒカリゴケのようなものだと思う。




山道を、道しるべ通りにたどれば、確実にヒカリゴケがある場所にたどり着くことができる。
そしてその場所にいるかぎり、心ゆくまでその光の美しさを楽しむことができる。

でも、いくらそれをずっと見ていたいからといって、そこで暮らすわけにもいかない。

まして、生えているコケを採取して持ち帰ったとしても、コケはもう光ることはない。



だから私にできることは、自分の中にその記憶が消えてしまう前に、もう一度山に登り、尾根の小道をたどり、岩を踏み越えて、岩棚を再び覗き込むことだけである。





さて。




ずいぶん長い話になったが、実はここからが話の本題である。


11月22日(土)23日(日)に、
アキラさんの誘導瞑想が、
モジャの生演奏とともに、
日天月天で開催される。



もうおわかりかと思う。
最強のガイドとともに、語り部と共演すると最強な音楽に乗せて、究極のパワースポットで宿泊「さとり」体験への旅ができる。

つまりそういうことだ。


さらにいえば日天月天オーナー、華さんのガイドによる、笠置山のピラミッドツアーももれなくついている。

ヒカリゴケも、本当に見れてしまうのだ。比喩的な話では断じてなく。
そしてこのとき華さんは本当にガイド役。比喩的な意味ではなくて(笑)

お問い合わせは、日天月天、もしくはモジャに直接でもOKです。

Facebookのイベントページからもエントリーできます。

日天月天
090-9904-6445
日天月天ホームページ




参加人数の枠には、まだ余裕があります。

一緒に旅に出ましょう!

あなたのエントリーを心よりお待ちしています。

そうです!あなたのことです(^^)/
AD