Welcome to my room!!ドクロ chill outメラメラ and relax!! 音譜have fun!グッド!

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-07-20 22:54:26

海の日

テーマ:SURFING























今日、World Surf Leagueという世界最高峰のワールド・ツアー〈大会〉で大きな事件がありました

南アフリカで行われた大会、J-BAY OPEN決勝で選手の一人がシャークアタックというサメに襲われる事件だった。 奇跡的にミック・ファニング選手は無傷で戻ってきた 

上の写真はその時に収められたものである 〈WSLから引用〉

WSLのコメントには「Friends first....」と。
大会の順位よりも、まずは・・・という言葉でしょう。

海の日は「海で遊ぶ日!」という概念がありました

海は楽しいし、子供でも大人でも最高にFUNになれる場所 
海だけじゃなく川もですね

この日は水難事故に対し目を向け、お互いに気を付け合おうと、声を掛け合う意識を深める日なんだなと、考えされられました 

残された夏を海や川で楽しむためにも、意識をしっかり高めて行こうと思います

AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015-07-12 09:36:34

Let's Surf!!

テーマ:SURFING

FBでVOLCOMさんのページ、「VOLCOMのボードショーツを履いて、未知なる波を探しに行きませんか?」という広告があった。 映像から流れ出るイメージはセスナ機に飛び乗り、知らぬブレイク〈波〉を探すというストーリー。 

サーファーなら誰もが夢見る試みだ

世界中、海に囲まれた沿岸沿ではサーフィンは娯楽ではなく生活の文化として成り立っているが、北海道はまだまだ文化としてまではほど遠い。 しかし、未知なるブレイクはたくさんあり、はっきりいって超贅沢な場所である。 



誰もいないビーチブレイク〈砂浜で割れる波、危険度が少なく無い訳じゃないが、安全性に長けており、初心者でもやりやすい(^O^)〉 が無数にある 
※誰もいない=危険度MAXの可能性もある。


という事で、ちょっとしたTripにいってきました♪ 


今年デビューの平澤さん、38歳で初乗り、初スタンドアップ!! 
3Dimension Surfboards Spook Mk3 by Eishin ビギナーから上級者のSurferまで網羅する、完全無欠のFun Board!


まさやくん、はるなちゃん、きよみちゃんとも行ってきたよ(^O^) 
Tripは強烈に残る思い出を共有出来るのが好きなんです 

8時間のドライブ、2時間x3セットのサーフィン。
消費カロリーはカツカレーx3セット並。


僕達の目的はSurfingを楽しむこと。地方に行けば地方のルール等があり、そこは細心の注意を払いながらですね!



道中に見つけたサンミートさん(^O^) ここは前から気になっていた場所。
サーフィンを通してこーゆー場所を発見するのもTripの醍醐味では無いでしょうか? 

地元で消費、カーボンオフセット!
自己満ですが僕なりのカーボン・オフセット〈※1〉


おしゃまんべジンギスカン・・・?初耳でしたがえらくボリューミーで美味しかった!


何故かカレールーも!? いつもお世話になっている方へのお土産に・・・


ホルモンが売りのサンミートさん、様々な種類のホルモンがありましたが、これをチョイス。残念ながら炭で焼くことが出来ず。 でも美味しかったです♪ありがとうございました! 〈サーフィンやりたそうでしたね??〉



ガソリン代がかかるし、どこに行ってもいいか解らない。 
はい!でも僕は結構走ってますので、案内しますよ(^O^)

LET'S SURF TRIP!! 


※1カーボン・オフセット
二酸化炭素排出量をお金に変換し、納金するシステム 
本当はオフセット代理店があるのだが、僕は何に使ってるかわからないので自己処理。 

AD
2015-07-03 20:36:37

MOJANE Bicycle Custom Lab vol:2

テーマ:MOJANE
さて、今回のカスタムも・・・・・
LEADER BIKE 721 TRのハンドル部分のオーダーです!

前回と同様にブルホーンバーですね(^O^)
人気です!



オーナーであるN君は「ブルホーンバーでかっちょよく仕上げて欲しい」ということでNITTO RB021-254というモデルを使用、クランプ径25.4mm、バー径23.8mmこれらのデータを本にブレーキレバーやステム〈自転車車両本体とハンドルを結ぶアイテム〉を交換していきましょう


LEADER BIKE 721TRの純正モードはこのような「アップライザーバー」(シングルスピードのストリートバイクを中心に装着されているハンドル)を使用、純正でもカッコいいのですが、Nさんは「いや、変えて下さい」と。。 ここまでこだわるのであれば!!


ハンドルを交換したい多くの方はハンドルだけを交換できると認識している方が多いようですが、それは違うのです(T_T) ハンドルを交換するにあたり、付随するパーツの交換も求められるケースもございます

・ハンドル
・ステム
・ブレーキレバー
・ブレーキワイヤー
・ブレーキインナーワイヤー
・※グリップ

上記の6点のアイテムを交換する可能性もあるということをご確認下さい


ハンドルを固定する役割のステム
ハンドルと自転車本体を結ぶ重要なアダプター的な役割です(^O^)
このステムは長さや、角度、ハンドル径と千差万別。乗り心地も、好みも大きく変わってきます


シルバーに見えているところがフォークの延長上
このフォークにステムをぶっ刺します ※注意これにもサイズがあります


ステムを装着したら次はブレーキレバーです

おや?

このハンドルはどうやらグリップ部分が短いような・・・・

そうです。このNITTO RB021-254はプロ仕様の優れもの。なので常に超攻撃的なポジションを要求されます




さて。ブレーキレバーのやり場が困ったぞ。。
でもN君は常備このスタンスでご通勤もプライベートも希望というオーダーでしたのでこのような提案をさせていただきました


若干無理やり感もありますが、このようにブレーキレバーの干渉を防ぐために、交差させる事も可能ですよ(^O^) ※こんなことやるのは我々だけかもしれませんが・・・・

自転車のカスタムは自由だと思います。セオリーに囚われずに様々な発想のもと、ご自身の楽しい自転車ライフを追求していきましょう!

N君、ありがとうございました(^O^)



AD
2015-06-28 16:04:25

お気に入りのSURF MEDIA

テーマ:ブログ
世界中には様々なSurf Media があり、独自のサーフカルチャーがその地に根付いている。世界中で話題になっているトピックはもちろん、ローカルの情報やSurfに付随するサブカルチャー的なものも楽しめるようになっている

僕がSURFINGにハマった理由の一つは見ているサーファー達の「表現の自由度の高さ」がある。あるライダーは風変わりなボードを乗り楽しむ反面、見ていて興奮するアグレッシブな大会もある。 世界中を旅している彼らをみると羨ましくもなるし、取り入れたくもなる。


今回のブログはそんな夢を見がちな僕のお気に入りのサイトを紹介したいと思います(^O^)


What youth 〈http://whatyouth.com〉

彼らは僕が思うに最先端。強烈なアイディアを沢山持っている。
サーフのスキルはもちろん、とにかくホンモノとホンネを伝えており、ちょっと身内っぽさが出まくりではあるが、メンツのタイトな関係もみていて面白い。が、そこは欧米人。センスあり、カッコいいやつはフューチャーしているな?っていうのも十分に伝わってくる。


F+マガジン〈https://www.fplussurf.com〉

日本は素晴らしいメディアをこの業界に抱えていると思います
このマガジンはフリーペーパーでありながら、非常に濃い内容になっている。
サーフがハマり、これから楽しみたい!という方にはまだわけわからない内容ばかりだが、ドップリハマる要素があります。それは「大会」にフューチャーした内容であり、一度チェックすると次から次へと追いかけたくなる。編集者の「YUKI」さんがなにせツウな情報を提示してくれる。スノーボードの世界もこのような「フリーペーパー」とはまでは言わないが、F+のようなマガジンが出てくるのを期待している。我々が見たいのは本書でもでてくる「Behind the curtain」。バックステージなんですよ。 何が起きていて、ライダーの間でどんな話になっているのか? 気になりますね~♪



STAB MAGAZINEhttp://stabmag.com〉

オーストラリアのサーフマガジンでも最大規模を誇るメガコンテンツ
内容は何を見ていいのかわからないくらい膨大
世界中の出来事が偏ったスタイルではあるが一度に大量に入ってくる。ここで追っかけて見ているのはトップライダーとトップフォトグラファーによるセッションのグラビア。そして美し女性も、美しいビーチにはつきものですよね(^O^) このサイトに関してはグラビア系の情報を集めている。そして選手の女関係も。


Marine Layer Production 〈http://www.marinelayerproductions.com〉

Dane ReynoldsというSurferがコンテンツを紹介しているページ。
自身のライディングと仲間をピックアップしたスタイルは無料動画の枠を超えている
Daneはこのサイトを通じてProfessional Surferという活躍の仕方の一部を表現しており、いわゆる「アクションスポーツ」業界でプロとして生きる、一つの方法を世の中に提示している。Daneはなにせカッコいい。ライディングはもちろんライフスタイルも思考も。

北海道でプロスノーボーダーは身近に狙える環境〈決して、簡単にって意味ではないよ〉、プロを目指していきたいライダーはぜひ彼の姿をチェックしてもらいたい。
大会で勝つ事や、ダブルコークやる事だけがプロではない。


Morgan Maassen Homepage http://www.morganmaassen.com〉

近年FBを通して目にすることが多くなり、匂いまで感じさせてくれるフォトグラファーのMorgan氏のサイト。情報っていうか目の保養w 誰もが共感できるトーンを表現してくれるので、海外のビックな波~というか、雰囲気がSo~good♪


っとこのまま暴走してしまいそうなので、このへんで^^;
これはいいメディアですよ~!っていうのがあればぜひ教えていただきたいです♪

Mediaって凄く大切なんですよ、この世界は特に。どの世界も特に。か。


2015-06-20 07:52:33

お気に入りのSurf Trunks

テーマ:SURF DAYS

短い夏がはじまろうとしている。
我々北海道民にとって夏はとてもうれしい。

怪我した場所は緩み、体の中からリラックスしているのがよく分かる

僕には少しだけ夏のこだわりがある
それはサーフトランクス「海パン」である。


海パンって「KAIPAN」ってしてもらったほうがちょっとニュアンスはカッコいいかも。

最近のサーフトランクスはよりファッショナブルに出来ていると思うし、もっと活躍してもいいのかな?って思う。ストレッチは効くし、乾きに強い、楽でもある。そして何より遊び心があって楽しい!!



サーフトランクスの出番はとにかくちょっとでも日照時間があったら着る!
という意気込みで行かないと溜まっていく一方です。北海道では。 
過去の激選をくぐり抜けたモロ好みのTrunks達。今年は「都会派SURFER」目指していきます ※某雑誌キャッチコピーに完全にノックアウト



今年のお気に入りはコレ Volcom Mod tech pro 
僕の好きなサーファー,Dusty Payne君愛用のトランクス!
 
バッキバキのハイパフォーマンストランクスを着用し、WSL〈ワールドサーフリーグ〉を転戦。彼のフィードバックを元に最先端の技術が埋め込まれていく



レーザーシーム加工、レーザーホール加工、極力ステッチ〈糸〉を使わずして軽く仕上げているVOLCOMが誇る最高クラスのサーフトランクス。

はい。僕には必要ありません。
が、どーせ行くならこのクラスでしょ。
これでガトキンでしょ。※でもこれは都会派じゃないよ

このようなテクノロジーの開発が未来におけるスタンダードになっていく。10年前のサーフトランクスは当時は「すごい!カッコいい!」ではあったが、今となってしまっては動きづらいし、シルエットもウェストの位置も違ったり。



恥ずかしがらずに膝上セッティングしましょう!
このトランクスで20inchの丈


膝上セッティングなトランクス達の今年のMOJANE PICK UP!!


18inch丈の迫力ある膝上です(^O^) このモデルはオールドスクールなリブタイプでかなり楽ちん!※〈タンスに眠っている海パンはきっと23inchです〉



トカゲちゃんもカモフラージュしちゃう、こちらも18inch!



ちょっと18inchは・・・^^;という貴方にはこの20inch丈もオススメです 



トカゲちゃん置いておいたら散歩中のカワイイキッズが寄ってきました(^O^)

ナンパ大成功ですね♪




1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇