自分らしく生きたい女性を応援!癌看護・介護現場を知るフランス仕込みのソシオエステティシャン・高塚静恵

私たちには一人一人「うつくしさ」が備わっています。それは自分らしくあること。それがうつくしさの本質であると考えます。看護師、ソシオエステティシャン、そして一人の女性として経験したことを言霊で紡ぎながら、一人一人のうつくしさが輝き出す応援をしていきます。


テーマ:
皆さんこんばんは。高塚静恵です。

いよいよ明後日になりました、「自分のうつくしさに目覚めるお話会」

スライドを作成しながら、「そうそう!私はみんなにこんなことを伝えたいの!」とエキサイティングしていました!!

その夜。

調子にのってボジョレーヌーボーを一人で飲み干し(ハーフサイズね♡)、ブログを書こうと思っていたのに爆睡…


( ̄▽ ̄)

皆さま!飲み過ぎには注意ですぞ!

そして今日はソシオのお仕事へ。
私の信念を裏付けてくれるような素敵なマダム達と今日もお会いしました。

ここ最近、お友達や大切なペットを亡くされたという方がいらっしゃったので、お話を伺ったり、トリートメントをさせていただきました。

トリートメントが終わった後、お一人の方が

「あー楽しかった♡」

と仰いました。少しでも悲しみが和らいだのなら幸いです。

また別の方からは、

「あなたのことを恋しいって思ったのよ。

たとえ病気でも指先は綺麗でいたかったの。

あなたがいてくださって、本当に良かった」

と、心待ちにしてくださっていたと教えてくれました。


私は決してテクニックがあるエステティシャンではありません。

ただ、必要としている方に少しでも寄り添いお心を輝かせる、そんなお手伝いがしたいと願うひとりのソシオエステティシャンであることは間違いありません。

さまざまな女性達と関わった経験と、私自身が経験したことから「自分のうつくしさってなんだろう」と紐解くそんな2時間の講座になる予定です。

まだお席がございますので、お時間のある方はぜひぜひ辻堂までいらしてくださいね^_^

お待ちしております


それではまた明日。高塚静恵でした♫


 
je-je Beautéセミナー
「自分のうつくしさに目覚める」お話会♡
 
ファシリテーター:高塚静恵
高塚についてその①  その②
image

 
日時:2017年11月19日(日)
        10:00〜12:00
  (9:45〜入室可能です)
 
場所:JR東海道線辻堂駅から徒歩4分
   神奈川県藤沢市辻堂神台1−3ー39
   湘南C-X OZAWA BLDG 7階
   ミィーティングルーム1
   アクセスマップはこちら
 
料金:3000円(税込3240円)
 
定員:8名 
 
お申し込みはこちらをクリック
(題名にお話会参加希望とご記入ください。24時間以内にご連絡を差し上げます。もし返信が届かない場合は下記メールアドレスまでご連絡ください)
 
年齢、職種を問わずどなたでもご参加いただけます。
 
※参加者の皆様にはミネラルウォーターをご用意しております。

メール:info@je-je.jp

 

 

div>
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さんこんばんは。高塚静恵です。

一昨日の長崎旅ブログ、たっくさんのかたにお読みいただいたようでとてもうれしいです😆




また、本日読者の方から「いつも元気をもらっています」とメッセージをいただきました。本当にありがとうございます。わたしのブログで元気になってもらえるのなら、こんなにうれしいことはありません。

昨日もこんなことがありました。
トリートメントをしていると男性陣から、「高塚さんのマッサージは元気になる」「しびれがとれる」「足のカサカサがだんだん良くなる」とのご感想をいただきました。

女性陣も同様で、皆さんほっぺをピンクに染めながらお話をしてくださるのです。どの方もチャーミング♡

わたしはみなさんに元気を注入するのがお仕事の1つなので、皆さんの反応がとてもうれしい。
昨日も大忙しの1日でした。

さてさて、日曜日の講座に向けて最終的にスライドを仕上げているところです。どんな講座になるのかすごく楽しみですが、きっと面白いことになるかと思います!

その合間にローズマリー・カスターノさんというフランスのカリスマエステティシャンの方の本を読んでいました。
その一節が本当に素晴らしいのでご紹介しますね。
{D9636F36-20C7-42D7-92D0-E2DE52F89ACA}
↑ローズマリーさんにお会いしてサインをいただいたのが今から6年前。ソシオエステティシャンになるのを諦めていた頃に偶然ラジオ出演をされ、その番組にメッセージを送ったのがきっかけでした。実はわたしがソシオエステティシャンを目指そうときっかけをくれたのも、ローズマリーさんでした。


「私は、どのライフステージにいる女性も美しくあるべき、いや、美しくあることができると考えています。…(中略)…自ずと、その時期その時期にしかない美しさにも気づかされるはずです。自分が美しいと感じること、それが自信につながるのです。そのためのお手伝いをすることが、私の、そして美容の使命だと思っています」

抜粋:おうちでできる神の手エステ〜ローズマリーカスターノ p100〜101
何度読んでも感動。
ローズマリーさんは「女性は美しくあるべき」と言い切っていますね。それは外見だけではなく、心のそこから幸せを感じること。それが自ずと自信に繋がって、周りも幸せにするのでしょう。それをローズマリーさんは「美のスパイラル」と記しています。

以前、癌末期の女性に私はこんなことを言いました。
「美しくいるのは〇〇さんの義務ですからね。忘れそうになったらこの爪をみて」

義務、というのはちょっと強すぎたかもしれませんが、彼女は「わかった」と手を握ってくれました。その爪がこちら。
{346D9127-83B1-4D52-87C9-422D5021AC8A}
 たとえ明日には消えてしまうかもしれない灯火であっても、美しさは消えない

全ての女性はそれぞれの美しさを持つ、その可能性があることを伝えていけたらいいなと思っています。

講座はまだ空きがございます。ご興味のある方はぜひいらしてくださいね♫

それでは今日はこの辺で。高塚でした!


 
je-je Beautéセミナー
「自分のうつくしさに目覚める」お話会♡
 
ファシリテーター:高塚静恵
高塚についてその①  その②
image

 
日時:2017年11月19日(日)
        10:00〜12:00
  (9:45〜入室可能です)
 
場所:JR東海道線辻堂駅から徒歩4分
   神奈川県藤沢市辻堂神台1−3ー39
   湘南C-X OZAWA BLDG 7階
   ミィーティングルーム1
   アクセスマップはこちら
 
料金:3000円(税込3240円)
 
定員:8名 
 
お申し込みはこちらをクリック
(題名にお話会参加希望とご記入ください。24時間以内にご連絡を差し上げます。もし返信が届かない場合は下記メールアドレスまでご連絡ください)
 
年齢、職種を問わずどなたでもご参加いただけます。
 
※参加者の皆様にはミネラルウォーターをご用意しております。

メール:info@je-je.jp

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さんこんにちは。高塚静恵です。
今日はのんびりと旅の思い出を綴っています。




今年の夏にお会いしたSakikoさんの講座で、わたしはいくつかのアクションプランを立てました。
そのプランは9個中8個はすでに達成して、残りの1つが今回の旅でした。
今まで長崎は行ってみたかったけど、あれやこれやと言い訳していかなかったんですよね。

しかし今回は、本当に突然!突然決めました!

とにかく自分の行きたいところへ行こう。

それがわたしの本来求めていることであり、わたしらしいこと。

自分らしく生きるとは、こんなことの積み重ねです。

そう思ったらとんとんと旅行が決まり、本当に思い出深い旅になりました!

{CDB51790-36EA-4BD0-A7D3-90ADFE307383}
グラバー園からみた風景。

懐かしくもあり、新鮮さもあり、わたしは長崎が好きになりました。

{70C1740B-7CC1-4D48-A127-6DEBE0390B03}
この写真、お気に入りなんです♫

これが今のわたし。

思い描いたことを実現できると自分に自信が持てた。


自分のワクワクに従うこと。
少し勇気が必要なことをやってみること。

わたしは変化している。

そう感じることのできる旅でした。


そして、また旅に出ます!嬉しい!

いろんな新しい人との出会いもあります。

それがすごく楽しみです!

{0A55B755-EB65-4F4D-A692-8F1A87EC3392}

グラバー邸で2つのハートもちゃーんと見つけました。


沢山の感謝と愛を込めて。

高塚静恵でした。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さんこんにちは。高塚静恵です♫

本日は旅の思い出を綴っています。




さて、茶碗蒸しを食べた後、わたしがいきたかった場所に連れて行ってもらいました♫

そこは…

{552DD6F1-EDF8-440C-AC19-CA0F8E860CB7}

大浦天主堂です。

以前こんなブログを書きました。

映画『沈黙』を見ました | 自分らしく生きたい女性を応援!癌看護・介護現場を知るフランス仕込みのソシオエステティシャン・高塚静恵
https://ameblo.jp/moimoijournal/entry-12244788547.html

本当になぜか自分でもわかりませんが、長崎は昔から心惹かれる場所。

教会を見た瞬間、涙がこぼれそうになりました。

それは魂の遠い記憶なのか、教会という心洗われる場所のせいかわかりません。ヨーロッパでたくさん教会を訪れているのに、その感覚とは全く別物。

とにかく、感無量、という感覚でした。

この大浦天主堂には宗教歴史学上重要なことが起こっています。1865年の信徒発見。

キリスト教弾圧を経て250年もキリスト教の信仰を守り抜いた浦上の人々が、フランス人神父に自分たちもあなたと同じ信仰を持っていることを告白。「サンタ・マリアの御像はどこ?」と尋ねたと言われています。

迫害や拷問を受けながらも心に秘めた神への思い。

クリスチャンでもないわたしの胸をこんなにも熱くするのは、なぜなのでしょう…



長崎は坂の街。

数年前に訪れたポルトガル・リスボンも坂の多い街でした。
どちらの街も縦横無尽に路面電車が走り、坂が多い。
そしてどこか同じ空気感を感じたのです。


リスボンにある小さな教会、そこは1500年代末に天正遣欧使節の少年たちが訪れた教会でした。

若い日本人の少年たちが400年以上前に同じ場所を訪れ、その場所にわたしが立っている。

その時のノスタルジックな感覚を味わいました。

そうそう、日本にキリスト教を伝えたザビエルもポルトガルの人。

カステラだってポルトガル人が長崎に持ち込んだお菓子ですものね。

ポルトガルと長崎は、古くから繋がっていたんだなぁと思います。

大浦天主堂を含め、グラバー園一帯を歩いていると、ポルトガルで感じたノスタルジックが見事に蘇り、感慨深いものがありました。

キリストへの熱い信仰、異国情緒漂う街並み。

そのせいでしょうか。

{357A1F9B-CC49-42AF-AC9B-400E66274EDD}

本当に長崎に来ることができてよかった。

そう思った瞬間でもありました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さんこんにちは。高塚静恵です。

旅行に行っている間、書きたいことがたくさんあったので、どんどん書いていきますね♫


旅の2日目。長崎在住の友達がリサーチをしてくれて、軍艦島クルーズに行くことになりました♫

恥ずかしながらわたしは全く知識がなく、軍艦島と呼ばれる端島を始め、明治時代の鉄鋼、製鉄、造船、石炭産業を支えた建造物は、世界遺産に登録をされているそうです。

{06BDDC71-6EBD-4B78-A97F-8D00298928AB}
素晴らしいお天気の長崎港。
遠くに見える豪華客船。5500人乗りだとか!
近くで見ると、マンションのようでした。次は台湾に向けて出発するそうです。

長崎港から軍艦島までは1時間弱。
途中には、三菱の造船所や潜伏キリシタンが信仰を守った島などがあります。

そして…

突如現れる島。
{F498A3C8-3479-48A3-A40C-D9BBCF9C3277}
最初は小さな岩の島だったのに、石炭採掘のために人が入り、増築を重ね、この島ができたそう。



わたしの勝手なイメージで、軍艦島はもっとこう…おどろおどろしい感じだと思ったのですが、全然違いました。

11月のこの時期でこんなお天気に恵まれ、島に上陸できるのはベストなことだそうです。ちなみに2日前は、波が高く上陸すらできなかったそう。

早速上陸してみましょう^_^
{B63136B6-202B-41CC-ACF4-CC5FB2814F53}

手前は日本で初めての鉄筋コンクリートのアパート。となりにちょっとくの字になった建物、これもアパート。なぜくの字かというと、防潮堤の役割も果たしていたそうで、波の衝撃を和らげる役目があるとか。それでも防波堤は軽く超える波が来るので、ガラスはよく割れていたそうです。
{04E1C418-352C-4188-A4CD-33BD920CADAE}

{C1A1F0AE-BF01-4065-A204-5EF5EA70A249}

{EE2A94FE-76E4-4E6B-A7E5-76D9392C9F72}

階段があるのわかりますか?
この階段、実は炭鉱さんたちが海底の採掘場に降りるための階段だったそう。黒いダイヤと呼ばれた、日本の発展を支えた石炭はもうこの場所にはありませんが、炭鉱さんたちの足跡が残る👣この階段にのみ、黒く石炭が残っているとのことです。

高度経済成長を支え、東京の人口密度の9倍あったと言われる軍艦島。全国のテレビの保有率が8%だった時代に、100%、つまり全ての家庭にテレビがあったそうです。

国のエネルギー政策の転換により、石炭から石油へ。
それに伴い、賑わっていた軍艦島の繁栄も終わりを迎えます。

今は人の気配もなく、廃墟としか言いようがないのですが、その場所には間違いなく人々の営みがあり、日本を支えた炭鉱さんの姿があった…

その温もりや熱みたいなものを感じることができました。

帰り道、どこかから歌声が聞こえてきました。
なんでもこの島にあった小学校の校歌。
その方は、この島で生まれ育った方のようでした。

長崎といえば南蛮貿易という遠い歴史の街、というイメージでしたが、実はわたしが生まれた1970年代まで近代日本を支えた場所がある、そんなところでした。


長崎、奥深い。

次はいよいよわたしのいきたかった場所へ。

高塚静恵でした^_^



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。