清野裕司・カンボジアで広告代理店経営

〜アラフォー・脱サラ組〜

新卒で15年務めた会社をやめ、カンボジアでイチからビジネスを立ち上げてみた。


暮らすように旅したいという欲望から、
暮らしたいと思うようになってしまった元バックパッカーのなれの果て・・・


何も不満のない順風満帆なサラリーマン生活だったけど、レールを踏み外してみたくなり、今まで旅した中で一番心地よい風が吹いていたカンボジアにきてみた。


という日記。

Facebook 清野裕司


テーマ:

今日スタッフの一人が退職した。

正直なところ本人から言い出してくれてホッとしている。

ずっと悩みの種のスタッフだったから。

長いスタッフからは、ボスは怒らない人だと思っていたけど、これで4人目ですね。と言われてしまった。。

 

今回のスタッフとの件で、自分が一緒にいたくないなと思う人物像がはっきりした。

態度がでかい

他人と比べて人を見下す

大きく見せようとする

自分ができないことを認めない

自分より下だと(本人が)思う人に対して露骨な態度

 

もうカンボジアだからとか言わせない。

人としての善悪みたいなものは普遍だから、貧富の差があろうがなかろうが関係ない。

仕事のできるできないもまったく関係ない。

 

中途半端に知識があるやつほどそうなのかもしれない。

カンボジアには、そういうやつらが気持ちよくなれる環境は確かに多く存在する。

 

だけど突き抜けてる人はまったくそんな態度をとることはしない。

いや、普段自分と長く付き合っている人たちはそんなことしない。

 

人生を終えるのに半分くらいのところにいるから、やはり残りの人生考えると、

付き合っていて気持ちのいいひとたちだけと付き合っていきたいなとつくづく思った。

 

ひょっとしたら、最近の自分は悩み事も多く、愚痴も多かったり、

付き合っていて気持ちいいやつではなかったのかもしれない。

 

なんか最近自分が自分でないような感じがしていたけど、

この出来事のおかげで大切なものを再認識できた気がする。

 

前向きに仕事もプライベートもやっていけそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。