猫とお気に入り

日々の記録とお気に入りなもの。
チュジフンssi、他色々と応援してます。

NEW !
テーマ:






映画'無頼漢'のキャラクターのポスターと予告編が公開された。



'無頼漢'(監督オスンウク 製作サナイピクチャーズ 配給CGVアートハウス)は本心を隠した刑事と噓でも信じたいという殺人者の女、2人の男女の避けられない感情をチョン・ドヨンとキム・ナムギルで描いたハードボイルド・メロ映画だ。



まず、殺人者を追い殺人者の女に心が揺れる刑事チョンジェゴンに扮したキム・ナムギルのキャラクターポスターは非情な刑事の姿、それ自体を見せてくれる。 ここに深刻な表情で誰かの前に膝をついている姿と'始まりは嘘だった'はコピーを通じて、最初は虚偽で接近しが、時間が経つほど、ヘギョンに心が揺れるジェゴンの心境を伝える。



殺人者の女になったキムヘギョン役のチョン・ドヨンのキャラクターポスターは視線を圧倒する強烈なビジュアルと表情だけでよく表現し、水商売の女、カラオケ店のマダムに転落した彼女の全てを説明する。 また、多額の借金と殺人者になった恋人だけが残った絶望的な状況で'噓でも信じたい'はコピーを通じて嘘なのか本気なのか分からないジェゴンの言葉と行動を信じたいヘギョンの一縷の心をそのまま見せた。



キャラクターポスターとともに公開されたキャラクター予告編ではチョンジェゴンとキムへギョンのキャラクターがより鮮明になって映画に対する好奇心を刺激する。 キム・ナムギルのカリスマ目つきが目立つ'刑事'編は非情な刑事チョンジェゴンが殺人者を捕まえるため、彼の恋人である女、カラオケ店のマダムの金恵敬(キム・ヘギョン)に接近して李英俊(イ・ヨンジュン)という名前の営業部長に偽装し、彼女のそばにいるようになる状況を示している。 始まりはうそだったが、だんだん彼女に心が揺れるジェゴンの姿とともに"一緒に暮らしたらだめかな?"と問う姿は見ただけでは、うそか本当かわからない感情に包まれるように作られた。



続いて、'殺人者の女'編はこれ以上下がることが無いどん底にまで追い込まれた酒場の女が、その裏側では限りなく弱く、寂しさがを感じられるキムヘギョンという女が、ある日、自分の前に現れた男チョンジェゴンに心を動かされる姿を見せてくれる。 チョン・ドヨンはどん底でも生命力と純粋が共存するキムへギョンの複雑な姿を繊細な表情と表現力で完成する。 特に最後の場面で"本気なの?"というせりふと一緒にみられるヘギョンの表情はジェゴンの言葉と行動が偽りとは違ってほしいという切実さが感じられる。



両極端に立った2人の男女が感じる避けられない揺れは彼らの状況にさらに没頭させる、チョン・ドヨンとキム・ナムギルの演技も期待させる。



チョン・ドヨンとキム・ナムギルで描いたハードボイルド・メロ'無頼漢'は第68回カンヌ国際映画祭、ある視点部門に招待、カンヌ映画祭で初めて披露した後、来月国内封切りされる。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇