1970年代、サウスボストン。アイリッシュ・マフィアのボスとして同地一帯を牛耳るジェームズ・“ホワイティ”・バルジャー(ジョニー・デップ)に、FBI捜査官のジョン・コナリー(ジョエル・エドガートン)が接触を図ってくる。彼はFBIと手を組んでイタリア系マフィアを駆逐しようとホワイティに持ち掛け、密約を交わすことに成功。両者の連携によってイタリア系マフィアの勢力は弱まるが、その一方でホワイティは絶大な権力を持つようになる。

 

ジョニー・デップがそれほど好きではない。

彼の作品選びが、どーにも好きではない。

特に、ここ数年の彼は、演技というよりは、キャラクターのようで。

どれもこれも、ジョニー・デップというキャラクターが演じているようだった。

人を小馬鹿にしてようなキャラクターばかりで、観るのも失せておった所、

久しぶりに、まともな人間の役をするのか・・・と気になっていた。

まともな人間では無かったけれど、久しぶりに、唸る演技を見せてくれた。

 

私は、昔、マフィアものに一時はまりまして、

あらゆる作品を観てきたかれど、「アンタッチャブル」のアル・カポネを演じたデニーロ様が、最高のマフィアだと思っていた。

今回のジミーを演じたジョニー・デップは、本当に、背筋が凍るような怖さのある、

マフィアを演じて,デニーロ様に張り合う怖さ。

静かな冷酷さと、狂気染みた愛情。

子供を巡っての奥さん(恋人?)との口論。

彼女の手を握りながら、「何を言った?」と冷たく問い詰める。

 

ステーキソースのレシピについて問い詰める場面。

 

ジョンの妻の部屋に行き、彼女の頬に触れる場面。

 

そんな恐怖におののくシーンが、これでもか・・・と描かれていく。

 

もういいです・・・・もう、十分です。

・・とこちらが、白旗をあげたくなってくるような、恐怖の連続。

 

けれど、いかんせん、それだけなのが、この映画の勿体ないところ。

マフィアのボスの恐怖だけが描かれ、その人間性や、

ジミー、その友人のFBI捜査官ジョン、そしてジミーの弟の関係性が、

イマイチ、よく分からない。

3人にある「絆」を感じさせる場面がなく、ジミーの恐怖以外の魅力が描かれているワケではないので、その関係性が浮き彫りにされず、

一体何の絆が、3人に存在したのか分からないままなのだ。

逆を言えば、それが真実なのかも知れないとも思う。

人間性などと、甘い部分など、彼には存在しなかった。

そう考えると、ジョンもまた絆などではなく、自分の利益のために、

ジミーを利用し続け、弟は、ひたすらに兄弟という「血」に呪われていたということになる。

もし、その辺りまで描かれていたら・・・・と、

やはり、冷酷な悪をひたすらに描く中にも、人間の弱さや感情を求めてしまう。

 

いずれにせよ、そういった感情を排除した作品であるが故、

ジョニー・デップ以外の俳優さんが非常に勿体なく感じる。

カンパーバッチにしろ、ジョエル・エドガートンにしろ、ケヴィン・ベーコンにしろ、

もっと出来る子なのよ!!と叫びたくなった(笑)

あとは、マフィアとして上り詰める割に、その疾走感がないというか・・・。

こじんまりとしているというか。

疾走感も、失速感もなく・・という感じ。

 

まぁ、実話ということなので、実際はそんなものかも知れない。

実話だからこそ、もう少し、その人物像や関係性を、

観たかったかな。

特に、同じように育ちながら、兄と弟で、どうしてこうも、

道が違ってしまったのか。

実話の表面では見られない部分を掘り下げて知る事が出来る。

これが実話映画の醍醐味だと個人的には思うので、

そういう意味からいうと、この作品は、不十分だったかも知れない。

けれど、それ以上に、ジョニー・デップの演技に、魂を持っていかれたので、

文句は言うまい。

 

ちなみに、日本で1番怖いやくざは、

今のところ、「凶悪」のピエール瀧様です。

 

 

 

 

AD

南部の田舎町にあるダイナーで働くジェンナ(ケリー・ラッセル)はパイ作りにかけては天才的な腕前を持つウェイトレス。ある日、彼女は嫉妬(しっと)深い夫アール(ジェレミー・シスト)の子どもを妊娠。予想外の妊娠に困惑するジェンナはアールから逃げる計画を立てる一方、産婦人科医のポマター(ネイサン・フィリオン)と不倫関係に陥る。

 

うーん・・・・。

これもスタチャンでやってたから観てみたんだけど。

こちらも、高評価なんだけど。

 

私は、どこが、おいしい人生の作り方やねーん!!と思ってしまった。

 

主人公含め誰にも感情移入出来ない・・・という。

むしろ、誰もが、意地悪くて屈折していて、この映画のどこにハートフルな要素があるんだろうかと。

旦那も、不倫相手の医者も、魅力はないし、

あれほど旦那におびえ、自立出来ない主人公が、

医者との不倫はするは、自分の家で、パイを一緒に作るわ・・・とやりたい放題。

そんなアホやから、いつまでも、あんなアホの旦那に捕まって、

自分の不幸をひたすら嘆くことになるねん。

 

そして、あれほど、怖い旦那は、

最後は、呆気なく折れて、

よく分からない店のオーナーが遺したお金で、めでたしめでたし。

・・・・だけど、オーナーとの交流も、私には、理解不能で。

この2人からも、ハートフルな感情は、全く拾えなかった。

とはいえ、出産した瞬間に、子供が宝となり、

何とも言えないパワーを感じるところだけは、納得してしまったけれど。

料理を使う作品で楽しみなのは、その料理・・・・

でも、この作品のパイだけは、頂かなかった。

観た後、パイを食べたいとも思わなかったし・・・・(笑)

むしろ、なんか体に悪そうなパイやーと思う事が多かったかな。

 

 

 

 

 

 

 

AD

家族とひと夏を過ごすためにノース・カロライナにやって来た良家の子女アリー(レイチェル・マクアダムス)は、地元の青年ノア(ライアン・ゴズリング)から熱烈なアプローチを受け、やがて愛し合うようになる。

 

評価がすごく良いようで。

前から観たかったのに、DVD借りてまで観る気にならず。

スタチャンでしていたので、観てみた。

 

ふむ・・・・。

それなりに面白かったけれど、珠玉のラブ・ストーリーとは、

ちょっと言い過ぎじゃないかしらねぇという印象。

 

なんというか、現在と、過去の話が分離し過ぎていると思えてならない。

過去の一夏の恋・・的な軽い恋愛模様と、

現在の、妻に尽くす夫の愛情が、

同じカップルだと思えないのだ。

最後のシーンで、同じベッドで共に一緒に逝ってしまう奇跡を、

起こしてしまうほどの愛が、アリーとノアにあったとは、思えないのだ。

ノアは、一途であったかも知れないけれど、アリーは、

一途であったのいうのかな・・・・・。

一途であったかどうかも疑わしい2人の関係に、

この奇跡ともいえる最後は、「勿体ない」というか、「やり過ぎ」というか。

現在の描き方も、中途半端だと思う。

あの2人の想い出の家は、施設になってて、アレは人の手に渡ったってことなのか、

それともノアが経営者なのか?でも、経営者なら、あんな扱いはないでしょーと思うし。

てか、あの施設は、あの2人の想い出の家なのよね、そもそも。

想い出の家が施設になって、そこにアリーがいて、

ノアもそこにいる・・・って解釈をしていたんだけど。

人の手に渡っているのも釈然としないし、経営者なら、ノアの扱いが釈然としないし、

想い出の家・・・という割に、扱いが適当というか。

(私がその辺の説明、見落としたのかしら)

そして、訪問してくる家族の、まぁ。。。。冷たいこと。

ノアとアリーの子供だよね。

2人の愛を真近で見てみてきた家族なら、

「ママは何も分からないんだから、家に帰ってきてよ」みたいな事、

言わないと思うんだけどねー。

あの子供たちを見て、愛し合った父母を見てきたとは思えない。

 

過去と現在のノアとアリーが、全然似てないってのも、違和感だし。

 

この作品は、まず最後のシーンを思いつき、

純愛に結びつけた。

けれど、その純愛の描き方を失敗したのだろう。

 

純愛にするには、アリーとノアは恋は、軽すぎて。

アリーに至っては、お嬢様の設定なのに、ひどく下品。

軽い気持ちのままノアにもどったけれど、

これ、数年後に離婚するんじゃない?と思ってしまうほどの状態で、

いきなり、現在、妻に尽くす夫・・・・そして、奇跡。

こんな展開、どーにもこーにも付いていけませんて。

 

夫を忘れてしまった妻をそれでも愛し続ける・・・・。

それだけで、純愛は成立すると思うけれど。

過去の軽い恋愛で納得させようとせず、現在の描き方で、納得させなければ。

 

愛し合う夫婦が、一緒に旅立つ。

そんな奇跡を描くには、キャストも脚本も、すべてが陳腐だ。

 

 

 

 

 

 

AD