現役OLが青年海外協力隊になったら

平成27年度1次隊でドミニカ共和国で活動中。コミュニティ開発。暮らし、旅行、文化の違いなど。


テーマ:
「ありがとう」「ごめんなさい」「失礼します」などの基本の挨拶。

この国では、それを言わない人がとーっても多い気がします。


特に「ごめんなさい」は本当に言わない。

来た当初はびっくりしたものです。

例えば、道を歩いていて肩がぶつかっちゃった時とか、意図せずに水をかけちゃった時とかは「ごめんなさい!」「すみません!」と誰もが言いますが
人の物を壊した時や無くした時、約束を守らなかった時などには言いません。

当然のように、「私は正しい」という顔をしている。
そして間違いなく「私は正しい」と思っている。


日本は、何でもかんでもまず謝るから、外国人から見ると奇異に映ると聞いたことがありますが、それにしても。

人の物を壊しておいて謝らないって。


ただこれも、家庭や住んでいる地域によってかなり違うな、と思うのです。子供を見ると本当によくわかる。

いいお家柄の子はちゃんと「ごめんなさい」「ありがとう」を言います。


これに関連してもう一つ気になるのが、小学校での事。
休み時間は子供達は運動場に飛び出して元気よく遊ぶのですが、往々にしていさかいが起こります。
で、べそをかきながら先生に「うぇーんAちゃんが私(Bちゃん)にxxをした〜」と訴える。

その時に、本当にAちゃんが悪かった場合でも、先生が「あぁそれはAちゃんが悪かったね、Bちゃんに謝ろうか」などと言っているのは
一度も見たことがない。


なんでしょう。宗教の違い??


ゴミのポイ捨てにしろコソ泥にしろ、やはり何かマナーの面で欠けているように思えて仕方ないのです。


関連記事↓


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。