エヴァーグリーンをさがして。

Do you still love and respect the world? Also, Have you found what you were looking for?


テーマ:
on the spotLP/CD
On The Spot "Nordic At The 1960's Nordic Jazz Scene" /V.A ('06)

先日、某中古レコ屋のヨーロピアン・ジャズ担当・Nさんが退社した。
私の姿を見かけては、貴重な情報(インサイダー?)をあちらから気さくにくださる方だったので、残念でならない。
中古の買い取り仕入れも本人の確かなレコード知識や豊富な人脈あっての激レアな産物も数多く見受けられた。新譜や再発物のディスプレイも非常に分かりやすく、ここまでヨーロピアン・ジャズファンの顧客を歓ばせてくれるレコ屋は他にないんじゃないだろうか、と思わせるほどのプロ意識に感服したものである。
同じ趣味を持つ数少ない者として人脈が途絶えてしまうことはあまりに惜しいと感じた私は、辞められる1週間ほど前にNさんと名刺交換を交わし、いち音楽仲間となったわけです。Nさん、本当にお疲れ様でした。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、あなたがヨーロピアン・ジャズファンを自負するのであれば、憶えていて損はないと思います。ここで過去に紹介したJazz Quintet '60やLars Lystedt Sextetも収録された、奇跡的なコンピレーションがフィンランドのRicky-Tick Recordsから届きました。
Ricky-TickといえばJukka Eskola率いるFive Corners Quintetの名がまず先に挙げられますが、そんなFCQの仕掛人であり、Ricky-Tickのレーベル・オーナー、アンチ・エーリカイネンが選曲を手掛けています。
加えてこの方、北欧ジャズシーンに於いても指折のジャズDJ、それこそ人脈や交渉力なくしてここまでの内容にするには到底不可能であったと思われます。

Disc One/Side One
1.Pia / Staffan Abeleen Quintet
2.A Day in Vienna / The Dexter Gordon & Slide Hampton Sextet
3.Big P. / Kjell Karlsen and his Orchestra

Disk One/Side Two
4.Di-Da / Sahib Shihab and the Danish Radio Jazz Group
5.Mr. Peter / Esa Pethman
6.Buddah / Jazz Quintet '60 ←曲名がミスプリ。正しくはOne More Chant。

Disk Two/Side One
7.Haka Blues / The Otto Donner Element All Stars
8.Piger / Brew Moore
9.Cordon Bleu / Erik Andresen Quartet

Disk Two/SideTwo
10.The Runner / Lars Lystedt Sextet
11.Helsinki at Noon / Christian Schwindt Quintet

では、分かる範囲で解説しよう。
1.PIa / Staffan Abeleen Quintet ('61)
原盤はDebut盤のEP"Soul Time"より。
スウェーデンのモダン・ピアニスト、Staffan Abeleen。
どことなく"Summertime"に似たフレーズも飛び出すテナーサックスが印象的な、ヨーロッパ解釈の正統派オリジナル。

2.A Day in Vienna / The Dexter Gordon & Slide Hampton Sextet ('69)
アルバム"A Day in Copenhagen"(MPS)より。
ヨーロッパのブルーノートと称されるMPSだけあって、アメリカからの来欧者がズラッと顔を並べる豪華メンツ。これは既にハード・バップ名盤なので驚きもしないが、 Art Taylorの本場チンチャカ・ドラム、Dizzy Reeceのペット、Slide Hamptonのトロンボーンはいつ聴いても気持ちが好い。

3.Big P. / Kjell Karlsen and his Orchestra ('63)
シングルEP"Long John Silver/Big P."より。
ノルウェーのピアニスト、Kjell Karlsen。彼を始めとするサイドメンも全くもってお手上げ状態。どうやら50~60年代に地元ノルウェーでローカルに活動したバンドらしいのですが...
演奏の出だしトランペットが「プピッ」とおちょこをかますが、そこはローカルならではの御愛嬌か。演奏自体はどうして高水準なハード・バップ。MPS"Piano×4"の同曲と聴き比べてみても面白い。

4.Di-Da / Sahib Shihab and The Danish Radio Jazz Group ('65)
長らく幻盤とされてきたサヒブのOKTAV盤より。
澤野工房の復刻が記憶に新しい、ダニッシュ・ジャズ当時のオールスターが一同に集った記念碑的作品。このDi-Daという曲はやはり、ニールス・ペデルセンのベース演奏が光る。サヒブが晩年まで取り上げた、いわばサヒブのテーマ曲。

5.Mr. Peter / Esa Pethman ('64)
"The Modern Jazz of Finland"より。
Esa Pethman。マルチ奏者で、コンポーザーも務める。
この曲ではフルートを吹き、ギターとの絡みがなんともヨーロッパ然としている。
この曲に派手さはないが、一枚通しで聴くと、モダン、民族調、シネ・ジャズ風と実にバラエティー豊か。
意外と知られていないアルバムですが、一聴の価値あり、ですよ。
2002年にひっそりとペラジャケで再発されています。

6.Buddah / Jazz Quintet '60 ('62)
Metronome盤の"Buddah"と表記されていますが、実際は最近再発されたFontana盤('63)の"One More Chant"の間違いですから、お間違えのないように。ミスプリかプレミスかははっきりしませんけど。
内容はここではもはや説明不要ですね。

7.Haka Blues / The Otto Donner Element All Stars ('66)
"Parempaan Asumiseen 7"より。
あとから紹介するChristian Schwindt(ds)のリーダー作に参加しているOtto Donner(tp)のリーダー作。

・・・今日はこれまで。-つづく-
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
Musique Dessinee
disques POP UP 7e10 /V.A ('05)

※予め断っておきますが、このCDは廃盤です。都内の取り扱い店も非常に限られている為(1店舗?)、入手をお考えの方は、メールなり、モールス信号なり、御一報ください。

ブログのサイドバー右にある、トリコロールカラーに彩られたバナー。
すでに御存知の方もいられるのではないかと思います。
これは、神戸"musique dessinee(ミュージック・デシネ)"を主宰するマルヤマさんに敬意を払う意味でリンクさせていただいている由縁なのです。

私がああでもない、こうでもないと構想を思い描いていた頃、このmixCDに出逢いました。この人は既に、私の思案を実現してしまっている...一寸狂うことなく、雑草生い茂る野原に一本の野道が現れた...この衝撃は今でも忘れません。

元々、知られざる素晴らしい音楽を気軽に紹介しようというコンセプト(架空のレコード屋さん)に、"disques POP UP "と銘打ったレコード紹介のフリーブックレットにCDを付け販売するという、未曾有のスタイルを確立しました。
そして2003年、「架空のレコード屋さん」が"disques dessinee"へと現実のレコ屋に変貌を遂げるのを理由に、disques POP UP物語は終止符が打たれることになります。それは実のところ、ブックレットやCDは現実のレコ屋が出来るまでの伏線だった...なんて、羨ましいほどにロマンチックな話です。

写真のCDは、シリーズ最後7号の10作目(ややこしいながら割愛)、"for no one"。
パーティー仕立ての1~9作に比べ、アフターアワー感漂うメロウナンバーが涙を誘うほどに感動的。音楽を心底愛するすべての人にお勧めしたい、エヴァーグリーン認定盤。

1.For No One / Martin Haak Kwartet
2.Alone Again, Naturally / Catherine McKinnon
3.Voa, Bicho / Os Borges
4.Beautiful Changes / Kathe Green
5.Longe Lasu / Charle Wange
6.Cafe / Guido Pistocchi - Paolo Orlandi
7.But Not For Me / Frans Wieringa Trio
8.A Short Trip To Brazil (With Emilie) / Ben's Symphonic Orchestra
9.Le Pour Et Le Conte / Jean Valee
10.High And Dry / Jigsaw
11.Quand Michel Chance / Isabelle
12.Seventy Five / Charlie Hearnshaw Quartet
13.Far From You / Bertrand Richard
14.Venha Ate Minha Casa / Filo
15.Stay / Flirtations
16.Can't Get Enough Of Your Love / Bobby Hutton
17.Say The Last Goodbye / Pacific Express
18.This One's For You / Mario Castro-Neves
19.Chorale / Jean. Pierre Fouquey
20.Essence / Dan Haerle Trio
21.Sorry Doesn't Make It Anymore / Rah Band
22.Live It Down / Medicine
     Outro...
23.Pretty World / Tony Lee & His Trio
24.Vores Eget Lille Stad / Birgit Lystager

最後に、マルヤマさんがフリーブックレットに残した台詞の拝借で〆たいと思います。
「いつまでもあなたが好きな音楽を聴き続けて下さい。素晴らしい音楽を探し続けることを止めないで下さい。素晴らしいメロディーが鳴り止むことは無いのです。
「音」を「楽しむ」、それが音楽ってもんでしょう?」
AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。