エヴァーグリーンをさがして。

Do you still love and respect the world? Also, Have you found what you were looking for?


テーマ:

Night Lights /Gerry Mulligan ('63)

古くはマイルス「クールの誕生」のレコーディングに参加し、USモダン(ウエスト・コースト)・ジャズの一時代を築いたバリトン・サクソフォニスト、ジェリー・マリガンの大名盤であると同時に、愛聴盤だ。
タイトル曲の"Night Lights"は、静寂に包まれた夜の街並みの空虚感から生まれる哀愁を見事に表現している。...しかし北国で生まれ育ったせいか私は、静寂に包まれた夜の街並み外れた大地一面に深々と降りしきる雪景色を思い浮かべてしまう。シュゥウワー、シュゥウワアァー。ドラムのブラシが雪に踏み込む摩擦音に聞こえて仕方がないのである。キーンと張りつめた冷気はアート・ファーマーのトランペット。モノトーンの凍みた世界を柔らかに照らす街路灯はジム・ホールのギター。マリガンのピアノは、舞い落ちる雪の如く。
全体的にクール・トーンで統一されているのに、温もりがある。あくまで自然体の演奏がリラクゼーションとなり、心に響く。エヴァーグリーン認定盤。

ジャズを聴き始めの頃、このアルバムに出逢った早々にジャズの魅力に憑かれた。
何時だったか「ジャズの好き嫌いを兎や角言う前に100枚は聴きなさい。判断するのはそれから」なる台詞を耳にした憶えがある。「感性は磨かれる」のコトバ通り、なるほどと思った次第であるが、それは一人の人間の見解であって、リスナーは万といる。アーティストも万といることだろう。最も人間的で人間臭い文化所産があるが故に、国や歴史・文化による差異からも様々なスタイルが存在する。
心許し合うまでに時間のかかる人、すぐにでも打ち解ける人がいると思えば、いつまでも打ち解けられない、まったく交わることなくすれ違う人だって当然いる。ともなれば数もある程度必要だけど、音楽も人間も、要は相性なんだ。

Gerry Mulligan(bs,piano on 1)
Jim Hall(g)
Bill Crow(b)
Dave Bailey(ds)
Art Farmer(tp,flh)
Bob Brookmeyer(tb)

Side-A
1.Night Lights
2.Morning Of The Carnival (From "Black Orpheus")
3.Wee Small Hours

Side-B
1.Prelude In E Minor
2.Festive Minor
3.Tell Me When
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
Birgit Lystager廃盤
Birgit Lystager : Birgit Lystager ('70)

「この人のCD探しているんだけど、知ってる?どこにも置いてないの」
彼女は私に"Birgit Lystager"と綴ったレシート大のメモを差し出した。
「んー、バル..いや..バージッ...ト...リー...ステー...ジャー?なんて読むんだろ、知らんなあ」
なんでも以前、彼女が務めていたお店のBGMにと、自ら選んで購入したという。
「すごくお気に入りで、よくお店で流してたんだ。ほら、あの曲入ってるの、ラララーラー...♪」
「ああ、トリステーザ!レコ屋行ったついで探しとくよ」
この3年前のやりとりから間もなく、"Suburbia Suite"に大判でジャケとレビューが掲載されているのを確認。偶然は続き、広尾のとあるカフェで流れていた魅惑のヨーロッパ・ミーツ・ブラジル。一聴で虜にさせた。
「いいですね、コレ」
「いいでしょう~」
「え、今流してるのって、ここに置いてあるCD?」
「うん、そう」
と、手に取ったCDには記憶に焼き付けたBirgit Lystager女史が微笑みかけている。
「うわ~コレ!探してるんですよ!コーヒーお替わり!」

アーティスト"B"の棚は隈無くチェックする日々が続いた。お高く飾られたヴィンテージ盤は見かけることは稀にあっても、再発盤には出逢えないという珍現象を目の当たりにするくらい手放す人が居ないことは"北欧ソフトロック最高峰"の肩書きが証明していた。

時は流れ、念願叶ってようやくレコードを入手しました。しかし、CDを見つけるまで彼女には辛抱願おう。

これまでの苦労なんて何処吹く風、オープニングを飾るアントニオ・アドルフォの傑作"Vores Eget Little Sted (Pretty World)"から一瞬で幸福感に満たされます。ビアギッテ・ルストエアー(と読むらしい)の凛としながらも優しさを包み込んだ歌声は、ジャケットに写った彼女の人柄そのままに表れているよう。
ビートルズ、バート・バカラック、カーペンターズといった当時のポップス界を代表するアーティストのカヴァー曲を中心に、珠玉の名曲で構成されていますが、オリジナルを凌ぐほどの圧倒的なクオリティ。特に
輝きを放っているのが"Christina (Tristeza)"であり、数あるTristezaカヴァーの中でも一番。子供達の最高にキュートなバックコーラスが彼女の魅力を一層引き出すことに成功しています。
Tristezaとは「悲しみよさようなら」の意。このアルバムを聴き終えるころには悲しみはきっと、忘却の彼方にあるさ。エヴァーグリーン認定盤。
っと、最後にひとつ。バックを務めるメンバーがすごいことになってます。その名もアラン・ボッチンスキー・オーケストラ!

せっかくなので載せときます。
Allan Botschinsky Orkester (On Tracks 1,2,3,5)

Allan Botschinsky (arrangement,flh)
Perry Knudsen (tp)
Ray Pitts (fl,ts)
Ole Kock Hansen (org,p)
Ole Molin (g)
Niels Henning rsted Petersen (b)
Bjarne Rostvold (d)


Side-1
1.Vores Eget Lille Sted (Pretty World)
2.Mansen På Højen (Fool On The Hill)
3.Nær Ved Dig (They Long To Be Close To You)
4.Jeg Venter På Et Vink (Gimme Little Sign)
5.Birger (Sunny)
6.Gå Din Vej (Wight Is Wight)

Side-2
1.Christina (Tristeza)
2.På Regnbuevej (Make It With You)
3.Aldrig Bli' Forelsket Mer' (I'll Never Fall In Love Again)
4.Så Har Vi Hinanden (Melting Pot)
5.Vis Mig En Vej (Sometimes)
6.Smilende Susie (Pretty Belinda)
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

Presenting Jazz Quintet 60 /Jazz Quintet 60 ('63)

秋深まる夜長、いかがお過ごしでしょうか。
「エヴァーグリーンをさがして」ではもはや常連の彼等のFontana盤がめでたくお目見え!紹介といきましょう。
以前紹介したMetronome盤('62)の次作に当たり、若くして着実にキャリアを積み重ねてきた成果が充分に発揮された素晴らしい演奏。中でもアラン・ボッチンスキー(tp,flh)が提供したオリジナル"One More Chant"、"Yake-De-Yak"、"Little Annie Fanny"はハードバップマナーに溢れ、ボッチンスキーの甲高く鳴るトランペットがなんとも清々しいそれは、雲一つない輝く星空を思い描くようだ。
最後に収録されたホレス・シルバーのカヴァー"St. Vitus' Dance"に込められた想いとは。
異郷の地、世界のマーケットに向けて発信したデンマークの5人の演奏に迷いはない。エヴァーグリーン認定盤。

Bent Axen (p)
Allan Botschinsky (tp,flh)
Niels Husum (ts)
Niels Henning Ørsted Pedersen (b)
Bjarne Rostvold (d)

Side-A
1.One More Chant
2.Anticipation
3.Yake-De-Yak

Side-B
1.Waltz For Sharleen
2.Ev'ry Time We Say Goodbay
3.Little Annie Fanny
4.St. Vitus Dance
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。