1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

執念の陰火

テーマ:ブログ 2014年09月20日 03時22分00秒
タイ風ご飯。
渋谷へ。
今日はどうも膝と腰が痛い。
スタジオで編集。
明度によって芝居が違って見える不思議。
画は出来た。
スコットランド独立について。
マルキューで打ち合わせして解散。
フレルでソフトクリーム食って鶏肉買って帰る。
野菜な夕飯。
ジョン・マクノートンの『ワイルドシングス』を見た。
この多重ツイストは当時高校生だった俺に分かるはずもなく。
最初の空撮からクラクラくるくらいマクノートンは素晴らしい監督なのに最近撮ってないんだな。
つづけて石井隆の『死んでもいい』を見た。
様々な偶々が起きていた。
しかしあの地震はなんだろう。
手紙はそのうち届くだろう。
だが返事がないのがいちばん哀しいな。

今日はコレで


音はアゼアリアっぽい


またメッシーを聞き漁る
AD

騒然たる静寂

テーマ:ブログ 2014年09月19日 02時04分16秒
いつものラムネで目を覚まし、読書。
昼食に味噌茄子丼。
午後からはシナリオにかかる。
日没前、膝がやはり痛むのでインドメタシンを買いに北山田へ。
ついでに散髪。
やはりプラージュがベスト。
帰って極楽のハンバーグ。
リンクレイターの『テープ』を見る。
リンクレイターのワンシチュエーションものはハッキリ言って苦手だ。
台詞が特段良いとも思わないので重い空気だけが流れる。
続けて、ハードウィックの『PLUSH』を見た。
HOLEネタだかなんだか知らないがとにかくダサい。
ダサ過ぎる。
音楽業界というものの認識がダサい。
ホース溺死だけ評価します。
ホラーのシナリオ書いてたら自分のネタながら怖くなった。

MIGOSの短編映画


催眠


FF
AD

Alterity

テーマ:ブログ 2014年09月18日 03時42分27秒
読書。
気分は台湾。
猫まんま。
仕事。
おやつにホットケーキ。
シナリオ書き。
考え始めると止まらなくなる。
夕飯を食べに近所のこてこてラーメン。
この半年間毎日のように前を通っていたが客層のヤバさと価格の高さに敬遠していた。
煙草のけむりでモクモクの店内。
大声で熱海旅行の計画を練る泥酔した建築業者たち。
塩辛いだけで味がしないラーメン。
異様な料金設定。

帰宅してゲイリー・フレンダーの『デンバーに死す時』を観た。
デンバーってこんなに都会だったっけか。
原題の通り、死が確定してから世界がどう見えるかという映画なのだろう。
アンディ・ガルシアとガブリエル・アンウォーの別れが素晴らしい。
しかしながら彼の背景感のなさ、芝居の甘さがセイントを聖人として成立させられていない。
なんとなくの空気で巻き込まれ、たまたま殺人に荷担するというのはタイムリーなトピックではあるのだけれど。

ひきつづき、ジョナサン・グレイザーの『記憶の棘』を観た。
こちらはひとネタでゴリゴリ押しまくるサスペンス。
ただのキューブックワナビーのPV監督かと思いきや、子役やニコール・キッドマンの表情を見ていると、相当の演出力を有していることがわかる。
PV時代のアングロサクソン的硬さはどこへやら、アン・ヘッシュの芝居なんて素晴らしすぎて嘆息。
さり気なくローレン・バコールが出ていたりと、地味ながら実力派を取り揃えたキャスティングも素晴らしく、オチなんてどうでもよくなる満足の一品。
上腕二頭筋。

ヤングから爺になっても追ってます


この軽さをよしとするか


I will sing you songs
AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>