化粧品開発者のひとりごと

many things about skincare


テーマ:
お盆休みいかがお過ごしですか?

1週間ぶりの「肌のしくみ」なので、
前回まで忘れちゃった人は復習して、
読み進めてくださいね。

さて・・・。

ここまでの話しでは「皮脂」について、
ほとんど触れていません。

なぜなら、皮脂にはほとんど保湿力がないからです。

よく肌タイプなんかでは、
乾燥肌の反対語がオイリー肌なんて言われます。
「私は皮脂が少ないから乾燥肌」なんて思っている人も多いのでは?

確かに、その昔・・・。
そうですねぇ20年前くらいは
「皮脂が肌を保湿している」と考えられていました。
その後、皮脂があろうがなかろうが、
肌から水分が蒸発する量に差がないことが分かり、
「肌を保湿しているのは皮脂ではなく細胞間脂質だ!!」
ということが分かりました。

よく肌の表面は皮脂でしっとりしているのに、
奥は乾燥している「インナードライ」なんて言葉がありますけど、
まさに皮脂に保湿力がないことを示す言葉で、
皮脂が多くても乾燥してしまうどころか、
皮脂が細胞間脂質に溶け込んでしまって、
細胞間脂質のセラミド、コレステロール、脂肪酸の比率を
崩してしまう場合があるんです。
そうすると細胞間脂質の本来の保湿力が発揮されなくなって乾燥してしまう。
それがインナードライの正体なんです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

茂田正和さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります