{0D557541-4B8E-4F2E-A786-30F630EB3ED3}

 

 

本日、2度目の更新になります。ブログを書くこと自体も久しぶりですが。

 

この数か月、実家の母の介護などがあり、仕事も当日受付はお休みしたり、

今は受け付けているので、さらに自分自身に負担をかける生活を送っています。

 

それで、からだも疲れるのですが、こころも疲れがたまってしまうんですよね。

そんなときは、自分や人を責めてしまいがちですが、よく振り返ってみると、

寝不足だったり、やすみをとってなかったり、まともな食事をとっていなかったり、例えばお客様の立場になってみれば、デスクワークと会議に釘付けということもあろうかと思います。

 

身体的、肉体的疲れについて確認ができたら、まずはゆっくりやすむことが必要。

そしてマッサージなどをうけるとからだの疲れがとれ、落ち着きが戻り、からだも気持ちも軽くなっていきます。

 

「睡眠」「運動」「休息」を最優先に、この場合、運動をマッサージと置き換えてもいいかと思います。私自身、ジムに通う時間もないときは、タイマッサージを受けに行きます。そうです、タイマッサージはふたりでするヨガというキャッチフレーズがあるぐらいですから。

 

ご自身に合った「心地よい」「気持ち良い」をみつけていくと、必ず自分に合った状態は見つかります。100人いたら100通りだと思うんです。そして自分にあった状態が満たされると、身体が楽になり、体力の回復とともに、気力や活力が自然に湧いてきて、先延ばしにしていたこと、無理かもしれないと思っていたことに挑戦することが心地よいサイクルを繰り返すことになると思います。

 

私のサロンのお客様は皆多忙な方ばかりなのですが、バリバリ働いたり、趣味も楽しんでおられます。それは、からだの疲労をとることを最優先にさせているからじゃないかな?と思います。今日は自分自身の事例と検証をあげてみました。

 

今の私は、意識を変えただけで、介護をしながらも、仕事や、英会話の勉強や、大好きな銀座に遊びに行ったり、外国人との交流を楽しんでいます。基本的にブログやSNSでは楽しいことしか発信していませんが、裏にはこのような事情もあるんです。

 

写真は、4月から都内に持った日本橋近くの新拠点の帰り道に撮った写メ。この風景が好きです。銀座にも近いですし。そんなわけでお客様に元気と癒しをお届けできるよう今後も精進いたしますので、よろしくお願いいたします。

 

安侶舞 姉妹店 Aloma Blue Jasmine

 

 

AD