ボリンさん~環境認識編~

テーマ:
こんばんはクリスマスツリー
一応気分だけでもクリスマスを味わってもらおうという事で期間限定でブログデザイン変更w

相場も完全にクリスマスムードあせる
逆に言えば絶好のお勉強日和かとwww

全日本フィギュア見ながらブログ書いてましたが、いやはや感動的でしたビックリマーク
今大会絶不調の高橋大輔選手のソチ五輪代表も決まったみたいでリベンジに期待したいですね。


さてさて、今回はボリンジャーバンドを用いた環境認識についてアウトプット。

まずボリンジャーバンドを見る際に確認すべきポイントを列挙。

〇ボリンジャーの状態把握(スクイーズ&エクスパンション)

〇バンド幅(ボラティリティー)

〇ミドルバンドの向き(トレンド認識)

〇バンドとローソク足の位置関係 etc...

ザックリこんな感じです。
言葉で説明してもしっくりこないと思いますので図解してみました。
以前勉強会で使用した使いまわし画像ですwww



この画像で何が言いたいのかと言いますと、要するに長期足でボリンジャーバンドを見る事で自分がどんな状態の相場でトレードしようとしているかを確認出来ます。

例えばスクイーズ局面。
教科書的に解説すればスクイーズ=レンジとなるので逆張り相場となるんですが、エクスパンション前のバンド幅が狭いスクイーズと一旦トレンドが発生してエクスパンションからバンド収縮に向けたスクイーズとでは認識が全く異なります。

この場合ですとバンド収縮時のバンド逆張りはOK。エクスパンション前のバンド逆張りはNGとなります。

またバンド幅が広い相場も方向感が掴みにくい相場なのであまりオススメ出来ません。
ボラがあるので短期足ばかりを追ってトレードしてたが、長期足を見るとミドルバンド付近で汚いチャートだった・・・というのはよくある話。

このように、ボリンジャーバンドを見るだけでもかなりの情報が詰まってます。

視覚的にも環境認識ツールとしてはオススメですので、特にボリンジャーを普段から使ってる方は色んな目線で認識が出来るように注意してみてくださいねニコニコ

次回はボリンさん~エントリー編~をお送りします♪

※ブログランキング参加中!!最後に応援クリック宜しくお願いします。

為替・FX ブログランキングへ
AD

指標発表と相場心理

テーマ:
おはようございます雪
ここんとこ急に寒くなりましたね~。
相場の方も年末に向けて薄商いになっていくのでしょうか??得意げ

19日のFOMCでは来年1月から資産買い入れ額を100億ドル減額させるテーパリングの開始を決定したことでドル高に拍車がかかってます。
米株価もエライ事になってますなwww

とりあえず年末までにドル円に関しては105円~105円半ばをターゲットに動きそうですが、ここら辺からの動きには注意が必要ですね。


さてさて、慣れない分析は置いといて(笑)、今回は指標発表と相場心理について考察してみました。
トレーダーを悩ませる経済指標。苦笑汗
指標トレードに関しては賛否両論あるかと思いますが、その際の相場心理を読み解くことがやはり重要になってきます。

相場を動かすのは人間の感情です。

ここで過去のチャートを思い返して欲しいのですが、経済指標発表前にジリジリと期待感で上げていく。
そんなチャート見たことありませんか??

相場には色んなタイプの参加者がいてるので指標発表前に改善を期待して早々に仕込んでくる人も当然いるわけです。でもこれは全くのギャンブルですのでヤメておきましょうwww

で、ここからが本題。
下の図をご覧ください。


図からもお分かりのように、直前の動きと実際の結果によって相場心理が全くと言っていいほど変わってきます。

期待感でジリジリ上げて実際の結果も良好だった場合、そこから更に買いに行く人がいなくなるのに加えて、それまでのロング勢が達成感により利食いに入る。なので伸びしろがあまり無く反落するケースが多くなります。

昨日のドル円もそんなチャートでした。
ドル円5分足




逆に期待感で上げてきた所に悪い結果だと、ロング勢のストップも巻き込むため一気に急落してしまいます。

相場はより感情が揺さぶられる場面で大きなエネルギーを放出します。
我々が狙うべく局面はまさにそういったサプライズが発生したポイント。


ただし、雇用統計やFOMC始め注目度がSランクの指標等は色んな思惑も入ってくるので一筋縄ではいかないのと、それまでの長期トレンドの方向によっても指標発表後の値動きは変わってきますので、そこは要注意です。

「噂で買って事実で売れ」

相場格言にもありますが、その裏に潜む相場心理を意識するだけで相場の見方がガラッと変わりますので是非過去のチャートで検証してみてくださいねビックリマーク

最後にぽちっとお願いしますグッド!

※ブログランキング参加中!!最後に応援クリック宜しくお願いします。

為替・FX ブログランキングへ
AD

MAとの戯れ方

テーマ:
こんにちは!!
すっかり年末ですね。年の瀬の慌しさは何気に結構好きだったりします。笑

先日買ったばかりのiphone5sを落としてしまって画面が大破しましたガーン
新品と交換してもらいましたが、お会計2万7千円也~!!爆爆弾

笑えない・・・叫び

でも保障パックに入ってたおかげで自己負担5000円ぐらいで済みましたあせる

皆さんもくれぐれもスマホは落とさない様にね!!笑


さてさて、今回はMAの使い方とリズムの取り方をアウトプットさせて頂きます。

インジケーター類の中では最もポピュラーなMAですが、これが実に奥深い。。。
MA反発狙ってるんだけど、なかなか上手くいかないんだよね~って方に少しでも参考になれば幸いです音譜


まずはじめに大切なポイントは、現在の波のリズムがどの時間軸のMAで形成されているかを知る事です。



上はオージードル1時間足のチャートです。
こんな綺麗なチャートはなかなかお目にかかれませんが、青色のMAで上昇&下降のリズムが形成されている事がハッキリと見てとれます。

基本的に上昇時に形成されたリズムは下降時も同じリズムになりやすい特徴があります。
あくまでも確率論的になりやすいってだけですが汗

でもこれを知っていないと、トレンド転換時にタイミングが待てないでエントリーが早くなり過ぎて方向は見えてるのに損切りって事にもなりかねません。

なので上昇からのトレンド転換を狙う場合でも、これまでの流れが1時間足だったから下りも1時間MAに注目してここに来たときの値動きに注意しよう!みたいな感じで心の準備が出来るようになります。
これめちゃくちゃ大事ですパー

で、次に下のチャートをご覧ください。


同じくオージードル1時間足チャートです。
先程の画像とほぼ同じリズムで上昇下降ときてますが、押し目となった水平ラインを抜けて下落に勢いがつく場面です。(四角で囲った部分)

ここで先程と同じように1時間MAまで待ってショートしようとすると、どうなるか。

あれ、1時間MAまでリトレースしてこない。。
結局エントリー出来ずにズルズル下落。。。
やっとMAに迫ってきたぞ~それ!!ショートだ!!
なんかレンジに突入してよくわからんまま損切り爆弾

相場あるあるですね。笑

ではこの局面をどう攻略していくか。
こういった勢いのある相場ではもう1段見る時間軸を落として見てあげます。

オージードル 30分足


水平ラインを下抜けた後、〇印をつけたMAと水平ラインの聖杯ポイントで綺麗に下落しました。

相場様は刻一刻と波形やリズムを変えます。待ってくれません。
だからこそ自分がそのリズムに合わせていく検証が必要不可欠です。

これまでの相場の流れ、過程を見ると自ずとこの先の展開も読めるようになってきます。
是非検証してみて下さいニコニコ

最後にぽちっとお願いしますグッド!

※ブログランキング参加中!!最後に応援クリック宜しくお願いします。

為替・FX ブログランキングへ
AD