もこもこブログ~のんびり新婚生活中~

のんびり更新中。いつまでが新婚?w


テーマ:

昨日は六本木へデートピンクハート

 

 

彼がマリーアントワネット展のチケットを貰ったから!

二人で六本木ヒルズへ行くのは2年振りぐらい?

 

 

15時ごろに行ったらまさかの140分待ち滝汗

ディズニーかよw

 

 

チケット購入済みであればもう少し短くなりそうだったけど、貰ったチケットは1枚だけだったので並ばなくてはならず。。。

諦めようかとしていた時に奇跡がっキラキラ

 

見知らぬマダムが「これ良かったらどうぞ」と無料チケットをくれたんですポーン

いきなりでビックリしつつ、お金払おうとしても貰いものだから大丈夫と断られ、ありがたくいただくことになりました。

本当にありがたかったーうさぎクッキー

 




おかげで40分ほどで入ることが出来ました♪

 

 

 

ヴェルサイユ宮殿へは行ったことあったけど、天候が悪くて庭園を見ることが出来なかったので、今回の展示でもう一回行きたいなーという気持ちがむくむくと。

展示的にはちょっと不満も。

展示品が多いのに森美術館はあんまり広くないからパネルや導線がキツキツ。

もう少し余裕のある導線ならキャプションとか読むのに渋滞しないのになーと。

折角の貴重な展示品、もっと他の美術館で見たかった気もします。

 

 

 

 

 

見終わってからは久しぶりにZARAでお買い物。

 

OL時代はユニクロ・GUに比べて被ることが少なくてよく買っていたんですが、最近はジーパンOKの仕事なので遠ざかっていまして。

春以降に着られるちょっとオシャレなワンピが欲しくて物色。

無事買うことが出来ましたドレス


試着で彼を待たせちゃったけど、昨日はいつもよりオシャレしたからか優しかったラブ

 

 

 

 


その後は六本木を離れ、夜はお好み焼きの食べ放題へ!

 

二人でお好み焼き5枚、焼きそば1皿、もんじゃ焼き2枚を平らげましたニヒヒ

食べすぎだよねw

 

私が仕事で住んでいた地域にもこのチェーン店があって、「いらっしゃいませ」とかの挨拶の代わりに、スタッフの返事は「ぽんぽこぽーん」なんです。

それを久しぶりに聞いてみようとこのお店に行くことにしたんですが、満員の店内を二人だけでまわしていて余裕が無かったからなのか「ぽんぽこぽーん」は一度も聞けず(´・ω・`)

 

 

いやー、忙しすぎてバイトの子かわいそうだったなー。

そして食べ放題のお店だから客層が若くてうるさかった。。。

自分も大人になったなw

 

 

でもお好み焼きはふわふわだったし、もんじゃ焼きの味付けも私たちは気に入ったので、今度はもう少し空いてる時間にまったり食べに行こうと思います

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「☆日記☆」 の記事

テーマ:
先日、ブライダルチェック後半戦の乳腺エコーを受けてきました。



いつからだろう。
病院とかエステとかそれこそドレスの試着とか、服を脱ぐことに全く恥ずかしさを感じなくなったのは真顔






エコーの結果はすぐ出るので、2週間前に受けた血液検査等の結果と合わせて聞きました。


結果、全て異常なしカナヘイきらきら


ひとまず安心♪







前回卵巣が腫れてるって言われたけど、ここ最近はお腹が張ってる感じも無く。

症状の1つらしい便秘も改善!
便秘なんて29年間無関係だったのにイキナリ悩まされたので困ってたんだよね(´・ω・`)
治すために食べ始めた蒟蒻ゼリーのおかげかもですが、自覚症状が無くなったのでこっちも勝手に安心してます。

ちゃんと4月に検査はしにいくけどね!





てな感じで、ブライダルチェックは完了!

何故か彼は「マタニティチェック」って言ってる。
それもうただの妊婦検診やんけショックなうさぎ




安心のために早めに病院行くのは大事ですね。

また来年も子宮頸がん検診と乳癌検診はちゃんと受けよー
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年一発目の映画鑑賞@映画館UMAくん

 

 

マーティン・スコセッシ監督、遠藤周作原作の「沈黙 サイレンス」を鑑賞。

これ、凄くよかったです!!

 

 

170分という事で疲れるかなーと不安だったけど、見終わってみたら全然長さを感じなかったことに驚き。

アクション物ではないので派手な演出は無いし、「沈黙」というタイトルを大事にしたからなのかバックミュージックもほぼ無し。

エンドロールも波の音。

 

個人的に隠れキリシタンのことがタイムリーだったこともあり、いろいろ考えさせられる作品でした。

原作も読みたくなった!

 

映画内では、日本のキリシタンは物質的なものを求めがちだということが言及されます。

十字架とか、パードレ達が持っているものを欲しがるんですよね。

セリフ等では触れられてなかったけど、何度も「告解」の場面が出てきます。

村の人々はパードレが来たことで「やっと罪の懺悔ができる」と喜び、何度も「転ぶ」キチジローも何度も罪の告白をしに来ます。

 

「神とは何か」を考えたり、神と向き合ったり、という部分よりも、「十字架というものを持っていることで信仰心を表すことができる」あるいは「神と繋がる事ができる」、「罪を犯しても告白すれば許してもらえる」と感じている人が多いという雰囲気があるという描かれ方だと感じました。

パードレがいない時間があったことで信仰が間違って伝わってしまったり、「沼」と表現される日本特有の性質の影響なのかも。

 

信仰って何なのか、集団の中で自分の意思をどう持つのか、キチジローは卑怯者なのか、「形だけでいい」という役人の描き方、などなど、凄く興味深かった。

 

そして素晴らしいのは日本の描き方。

全く違和感が無い。

普通の時代劇。

これをイタリア移民のアメリカ人が撮影したって驚愕。

パールハーバーは笑っちゃうレベルだけど、日本人が主要キャストだったラスト・サムライでさえも「?」という部分があったのに、今回は本当に素晴らしい。

建物や着ているもの、景色や風俗が完璧だと思った。

監督のこだわりもあるだろうけど、段々日本人が表でも裏でもハリウッドで活躍してきた影響もあるんだろうな。

 

言葉も然り。

日本人は基本日本語だけど、簡単な英語も話せる。(本来はポルトガル語だけどそこは違和感なし。外国語ということで。)

そりゃキリシタンなら教えを受けるときに少しは覚えるよね。

勿論時々通じないときもある。

例えばテルマエロマエは、上戸彩が片言ラテン語話していたのは1分ぐらいで、いつのまにかスラスラ通じるように(しかも日本語で)なっちゃってた。それなら最初から通じる体にしちゃえばいいじゃん。

そんな違和感が無い、ちょうどいい表現だったと思う。

 

これをカトリックの人はどう見るのか聞いてみたいな。

 

 

 

忘れないうちにつらつら書いたけど、ホントにいい映画。

おすすめです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。