リプロと単語

テーマ:

リプロダクションを毎日やると決めたのが2010年9月18日。

単語を毎日20個ずつ覚えると決めたのが2010年11月22日。


今日でリプロは4か月、単語は約2か月継続しています。

どうしてもやれなかった日もありましたがそんな時は翌日に2日分やって挽回していますのでほぼ100%出来ていると言っていいと思います。


リプロの効果はこのブログでも時々ご紹介していますが、単語も沢山知っていればいるほど、より良い通訳が可能になることは言を俟ちません。

知っていると絶対的に有利です。


1日20個を覚えるのにはさほど時間を必要としません。

しかしです。

単純計算しても一年で7300語と膨大な数になります。

僅か1年でですビックリマーク

3年続けると2万語を超えるのです。

10年続けると7万語ですよ。

こうなるともう辞書並です。


もちろん新しい単語を覚えるわけですから直ぐに忘れます。

これは仕方がない。

しかし次にやるときには1回目よりもずっと早く覚えられますし、逆に忘れるのはずっと遅くなります。


私は自分オリジナルの単語帳を使っています。

知らない単語に出会ったら書き留めて、後で時間のある時にWORDで打ち込んで、A4サイズにプリントアウトして身近に置いています。

A4の紙1枚に約40語。

左に英語、右に日本語。またはその逆。どっちでもいいです。


左が英語なら右の日本語(答)を紙で隠して訳を言ってみます。

言えなかったら単語の前に印をつけます。

1回目は小さい○を、2回目も言えなかったら○に縦の棒を、3回目もまだ覚えてなかったら○に横の棒を、・・・・・といった具合です。

初めての20単語に立ち向かうときは単語の左側に○に十の字といったような記号がずらりと並びます。

初めてですから仕方ありません。

英語から日本語をやったら次は同じ20語で日本語から英語をやります。

これが1日のノルマです。


ちなみに1か月後に同じ20語をやってみると記号の数はずっと減ります。

つまり、前回よりも明らかに早く覚えられる、あるいは印が付かない(忘れていない)単語もあります。


とにかく毎日やれば1年で7300語ですから、そのうちの半分、あるいは3分の1を復習に充てれば脳への定着も進みます。

そうすることで知っている単語の数は着実に増えます。


私は以前から単語帳を作っていましたし覚えることもしていました。

しかし数を20個、それを毎日と決めてやり始めたのは昨年の11月22日(いい夫婦の日)からです。


やり始めると予想以上に簡単に習慣になりました。

習慣にして続ける。

かたく考えることはありません。

出来なければ翌日まとめてやれればそれでいいし、それも無理なら飛ばせばいい。

ただ1週間も、2週間も飛ばしてしまうようだと習慣になったとは言えません。


リプロと英単語、やっても1年、やらなくても1年。

一年は確実に過ぎていきます。

それもあっという間に。

やって一年の方が絶対いいと思いますよニコニコ




AD