ハルスイッソ☆

長い間、お世話になり 本当にありがとうございました。
またいつか、どこかで(*^^*)

その時まで 皆さま、お元気で!!


テーマ:
本日、ポニーキャニオンからレンタルのみでリリースされた「武人時代」。

ハルスイッソ☆

これがですね~、全158話と、全部レンタルして見たら いくらかかるんだよ???っていう大作なんですが、
ドラマの終盤、第130話~158話がどうやらチェ・チュンホンの時代を描いているらしいのです。

そう!「武神」の序盤にものすごいカリスマを発揮したチュヒョン氏が演じたあのチェ・チュンホンを
キム・ガプス大先生が演じて その後の「武神」の時代に続く、そう言う時代を描いた大河ドラマとのこと。


作品紹介にも

豪華スタッフによる骨太の正統史劇。
高麗の建国と統一を描いた「太祖王建」、高麗初期の政権闘争を描いた「光宗大王 -帝国の朝-」に続き、高麗三部作の最終作として、KBSで2003年に放送された「武人時代」。
脚本は、一大ブームを呼んだ「女人天下」や宦官世界を描いた「王と私」、現代劇でも女性大統領の活躍を描いた「レディプレジデント~大物」など、斬新な視点で人気のユ・ドンユン。
また、「明成皇后」「大王世宗」など数々の大型時代劇を手がけた演出家たちがタッグを組んだ。
近年流行のフュージョン時代劇とは一線を画した、正統史劇と呼ばれるツウ好みの硬派な本格時代劇。これまで日本ではあまり紹介されてこなかったが、"隠れた名作"として多くのコアファンがDVD化を待ち望んでいた作品だ。

この「武人時代」、実は今年のNHK大河ドラマ「平清盛」と同時代を描いている。腐敗した貴族政権を打倒して、武士による政権を打ち立てるというテーマも全く同じ。
まさに同時期、お隣の国で同じような社会変革が起きていたという事実も興味深い。
また、今年2月に韓国で放送がスタートした注目作「武神」(キム・ジュヒョク主演)の直前の時代を描いた作品であり、終盤にはチェ・チュンホン(崔忠献)をはじめ、「武神」と共通する人物も多数登場する。

1人の固定した主人公ではなく、リレー形式で主人公が入れ替わっていくため、158話という長丁場ながらも、最後まで視聴者を飽きさせない。
まるで歴史書の記述を映像化したような、時代の流れが味わえる作品だ。
【ポニーキャニオン「武人時代」公式サイトより】


と、しっかりと「武神」にも触れられていて、否が応でも この先「武神」も見られるよね???と、
思わずポニキャさんに詰め寄りたくなる、そんな気持ち(^_^;)


こちら、YouTubeにて公開されている「武人時代」の予告編。

≪YouTubeよりお借りいたしました≫


そして、こちらがポニーキャニオンの「武人時代」の公式サイト → こちらー♪

もーーーー、この公式サイトが これまた読みでがあって、昨夜はこの年表やらドラマのストーリーやらを隅々まで読んでしまい、今朝はかなりの寝不足ぎみ・・・。

まずは第1巻~第4巻までの8話分がレンタルのみリリースされてるそうなので、
ご興味がありましたらぜひ、ご覧くださいー^^
PR

[PR]気になるキーワード