自分への4つの質問

テーマ:
最近読んだ本です。

4つの質問で一体何がどうなるの???と思って手にしてみました。

アメリカの女性(結婚して子供もいるキャリアウーマン)がうつ病になり、なかなか治らないので治療のために施設に入った時、ベットに寝る資格もないと床に寝ていたほどだったのに、ある日の朝目覚めて、ふと自分が苦しんでいるのは自分の思考のせいだと気がついたことから、その新しい考え方を世の中に広め始めたというエピソードにもとても心惹かれて読みました。

その4つの質問とサブ質問の特徴は、現実・相手にたいして悩んでいる気持ちから、最初は現実を受け止め、その悩んでいる原因となっている自分の思考法を見つめなおすための質問。自分の思考法が自分を苦しめているということに気が付かされると、心が開放され、問題に対処する力も湧いてくるという論点。

【送料無料】 ザ・ワーク 人生を変える4つの質問 / バイロン・ケイティ 【単行本】
¥1,890
楽天

これを読んで私は店の店員にイライラする事が多いので当てはめてみたら、すっとそのイライラが消えました!

友人にも話して試してもらいましたが、結果はどうだったでしょうか。私としては、この本を話すことになったがゆえに、自分の今の悩みを私に正直に打ち明けてくれたその友人の誠意にとても感謝でした。。。。



AD

電子ものに挑戦

テーマ:
本買うなら、紙の本。それもできれば中古で買って、読んだら人に貸したり、ブックオフに売る。それでも部屋は本とCDがあふれてあふれて。。。。本の隙間をヌッテ歩くような生活。

で、図書館を利用するようになりました。タダで借りて、読んだら返す!しばらくハマりました。ちょっとだけ興味を持った本とか、バンバン借りる。何が起こったか。。。
良いこと。読んで良かった本はそれから買えばいいし、又読みたくなったらまた借りればいい。と、本の所有に対してこだわりが減ったような。
悪いこと。借り過ぎて読まずに返す。今読みたい本が借りられなくイライラする。

そんなステップを踏んだからか、紙に頼らなくても良いかもとふっと思い、前々から気になっていた電子書籍にチャレンジ!
いいですねー。スマホで読む電子書籍。軽いし、自動でしおり機能がついているし、複数冊同時に持ち歩けるし。おまけに複数の端末で見られるし。。。私は専用のリーダーを買っていないので、スマホでKindleというアプリを使っていますが、iPadでも、PCでも主人のスマホでも読める。クリックして購入手続きを済ませると、数秒後には読み始められる。買っても部屋が狭くならない。しかも、この本は紙では発行されていないので、希少価値あり!内容も面白い。そんなこと言っていいの??っていう内容もあるような。。。

ただ、この電子書籍は読む権利を購入するというのが本質らしく、数年後にはその権利が無くなってしまうので、永久に自分の手元における紙の書籍とはやはりちょっと違うらしいで、その点は要注意かも。

調子に乗って?音の書籍・オーディオブックも購入して耳から読書もしてみましたが、満員電車でまったく隙間が無い状態でも耳から読書ができていいですねー。もともとオーディオブックはアメリカ人が車通勤が多いので馴染みがあるようですが、日本人は、電車通勤が多いのであまりなじみが無いですよね。

英語ですので、全部はわからないし、しかも細かいところは不明ですが、なかなか面白いし、単語も小説と違って分かりやすいのでおススメです。






AD

親孝行度判定。。。

テーマ:
親孝行度チェックしたというか、この度いかに自分が親不幸かと改めて感じました。
論語を読む読書会に参加した時のことです。グループになって、そのグループ内で自分が良いと思った言葉を発言しあったのですが、人それぞれ心の琴線に引っかかる「座右の銘」的な言葉は違うものだなと思いました。

論語には親孝行をしなさいという言葉がよく出てきますが、私は何を隠そう、その辺の言葉は一瞬のうちに無意識のうちにスルーしていました。なぜって、日頃から「親孝行していないなー」と、気にしているので、そんな御託(!)を見ると心が痛いのです。

その時の5人グループの中で御一方が挙げていた言葉が正に親孝行の言葉でした。

子の曰く、父母の年は知らざるべからず。いつは則ち以て喜び、いつは則ち以て懼る。

つまり。。。

父母の年齢は知っていなければいけない。一つにはそれで[長生きを]喜び、一つにはそれで[老い先を]気づかうのだ。

いやーぁ。参った。親の歳を大体しか覚えていません。いつも生年月日から逆算するだけ。なにせ年齢は毎年変わりますが、生まれた年は変わりませんから一度覚えたら忘れないしー。

父昭和12年生まれ、つまり今年76歳。母昭和16年生まれ、つまり今年72歳。年金をもらい始めたらしいという記憶から止まっていたけれど、そんな年かー。

年齢を知って長い気に感謝することと、この先のことについて心配、準備をしなければ。少しだけね。でも特段親孝行しなくても、親の歳を意識することはできますので、やってみようと思います。




AD