基礎体温表について考察します。



ふ~みん。のにっき-2013.10.24-2



9/12~18 生理 経血量普段どおり。体温低めをキープ(平均36.5°)


9/19~29 低温期 体温低目をキープ(平均36.3°)


9/25~27 のびおりが出ていた


9/25 HCG5000投与


9/26 最低体温日 36.01°


9/27 AIH (排卵直後か?)


9/28~10/7 ピンクおりが極少出ていた


9/30 高温期突入(10/24までの平均体温36.9°)


10/5 体温がカクンと下がる(36.75°)Implantation Dip?

友達の結婚式で珍しく紅茶を頼む(ふ~みん。は超コーヒー党なのに)

10/6~9 胃痛・よだれ・腰の鈍痛


10/8 高温期に初めてのびおりが出た


10/9 チェックワンファストで陽性反応





こんな感じです。

低温期はいつもの周期より少し低い体温だったかもしれません。

(いつもは36.3~36.5をいったり来たりするのに、今回は36.0~36.4)

寒くなってきたからかな?


高温期ピンクおりが、少しですが続いていました。

ふ~みん。的に、高温期に不正出血≒妊娠しずらい(できてない)だと

思ってましたが、今回も地味に出てました。(ティッシュに薄っすら付く程度)


HCG5000投与の36.時間+-1時間で排卵になるようなので、

9/27 AIH当日には排卵直後だった可能性が高いです。

最低体温日の翌日になります。

最低体温日が排卵日当日とは限らないそうです。

ふ~みん。の場合は、最低体温日の翌日が排卵日だったみたいです。



AIHから9日目にImplantation Dipでしょうか、少しカックンと下がりました。

翌日から胃痛に悩まされます。恐らくこの日に着床したのだと思われます。

胃痛がひどくなってから、福さん式でいうところの二度上がりっぽい

グラフになっています。

そうそう、福さん式の子宮口ですが、ずっと中指第二間接~付け根にあって

近くはなかったみたいですが、はっきりと分るほどの変化はありませんでした。


高温期に初めてのびおりが出ました。

今考えてみると、妊娠しておりものが増えた事が原因かな?

のびおりというか、鼻水っぽいおりものが未だに続いています。



妊娠判定前の超初期症状なんて、都市伝説だと思っていました。

わが身に起こるなんて思ってもみませんでした。

もちろん、初期症状は個人差があって、ふ~みん。みたいに必ず

症状が出るわけでは無いと思います。むしろ稀だと思います。


良く聞く、付け根の突っ張る感じとか、生理の来そうな下腹部痛とか

便秘になるとか(むしろずっと未だに快便(笑))、

熱っぽいとか、やたらと眠いとか、着床痛とか、胸が張って痛いとか


ありませんでした(^▽^;)




妊娠したかどうかの確実な判断材料はやっぱり


・2層に分かれる基礎体温の周期であること(排卵していること)

・高温期が14日以上続く

・生理予定日を過ぎてもリセットしない




これにつきるんだろうなぁ。。と思っています。


ごめんなさい、あんまり参考にならないですよね。。。

AD

コメント(2)