新米ママ in アメリカ

夫の研究留学に2009年8月生まれの娘と一緒についてきて、現在アメリカのネブラスカ州に在住
アメリカ生活や育児について書いていこうと思ってます


テーマ:

免許を取得したのは今年の4月

のことなので、少し前になりますが

ネブラスカ州での免許取得に

ついて。


アメリカでは州によって法律が

違うので、免許の取得方法に

ついても違います。

ネブラスカでは、一定期間住む

ならば、住んでから1ヶ月以内に

アメリカの免許を取得しなくては

いけないらしいのです。

一応、日本で国際免許を取って、

その間は国際免許で運転をして

いました。

でも、正直1ヶ月以内といっても、

結構経ってから取得する人も

いるので、そんなに厳しくはないと

思うのですが。。。

私は3月12日に到着して、4月

13日に取得しているので、若干過ぎて

います汗

でも、とくに何も言われませんでした。


でも、一ヶ月以内に取得するのは結構

難しいんです。

なぜなら、住人であることの証明を二つ

見せないと免許の申請ができないんですあせる

私は、着いてからアパートに引っ越す

まで、10日間かかっていました。

しかも、公共料金の請求書などの郵便物

でもいいのですが、それはたいてい主人

の名前でくるし、だいたい住んでから請求

が来るのはどう考えても一ヶ月以上経ってから。。。

着いたばかりの日本人には厳しい条件

だと思いませんかはてなマーク

なんでも、この証明が必要になったのは

今年の1月かららしいです。

結局、私の証明は車の保険証明と、

アパートの賃貸契約書になりました。


まず、テスト勉強は各州のDMVという

陸運局のHPでテキストがあって、それで

勉強するのですが、ネットで受けられる

practice testでどんどん問題を解いて

いったほうが効率的です。

勘で解ける問題もあるし、制限時速など

覚えないと駄目なものもあるので、

そこだけテキストを開いて覚えれば

大丈夫です。

問題はほとんどネットで受けるのと同じ

なので、毎日二週間くらい10問ずつ

やっていればほぼ見たことある問題

ばかりになってきます。

ネブラスカでは英語のテキストと

テストしかありませんが、他の

大きな州では日本語のテキストが

あって、日本語で受験できる州も

あります。

交通規則はだいたい似ているので

他の州の日本語テキストを読むのも

いいかもしれないです。


受け方は、まず証明書を二通持って

最寄のDMVに行って申請書を書いて

窓口に出します。

この申請書には体重や身長を書くところ

があるので、自分のをポンドとフィート

に換算しておくといいでしょう。

なんと、これ免許に記載されます目

免許はIDとしてよく出すのに体重が

恥ずかしい。。。


そのあとに、提出書類とビザなどの

チェックがあります。

DS2019も持っていくのですが、

あまり見ない書類らしく、じろじろと

見られていろいろ質問されます汗

二人がかりで色々質問されて

すごく疑われている感じでした。。。

結局、提出した書類では不完全

なので、その後調査を受けるため

1~2週間後に書類が自宅に

郵送されます。

その書類に試験を受けられる旨

が書いてあれば、またDMV

に行きます。

なので、初回はあおさんと二人で

一緒に行きました。


最初に、写真を撮られて、視力検査

があります。

一段から三段まで数字がいくつか

並んでて、読み上げるよう言われます。

右からか左からかよく分からない

のですが、どっちでもいいのでしょう。

その後テストを受けるのですが、

これがなんと後ろに数台置いてある

パソコンに立ったまま回答汗

日本の試験とは大違いです。。。

私は主人とあおさんと一緒に

来て、試験の間は預かってもらい

ました。

全部で25問らしいのですが、

成果率が達すると途中で問題が

終わります。

私は20問で終わったので、多分8割

くらいなのでしょうかはてなマーク

受かると、なんとそのまま路上

テスト。

自分で持ってきた車(これから

免許を取るのに自分で車は

用意しないといけないという

なんともアメリカらしい感じ)


ペーパードライバーの私は

この路上テストなんと

二回も落ちました汗


一回目はなんと信号無視あせる

赤信号をそのまま走って

しまったんですねぇ。

信じられないけど、やっぱり

色々日本と違って、隣に

教官がいて信じられないミス

をするものです。。。


二回目は、右折の時に

速度を落としすぎて後続車の

迷惑になっているとのこと。

アメリカと日本の大きな違いは、

まず、

1. 左ハンドル

2. 右側通行

3. 赤信号でも右折OK

これが大きな違いだと思います。

そのほかにも、左折の時

(日本でいう右折)まず、矢印

が出て先に左折できます。

日本だと青信号で、最後に

矢印が出て右折できますよね。


どうしても、赤信号で右折できる

のが、慣れなくて青信号で

当然曲がっていいのに、私は

赤信号と同じで左側を確認してから

曲がっていたので、それが

危険と判断されたのです。

なので、青信号では何も

考えずに右折すればいいんです

ね。


ということで、三回目の正直

でやっと免許取得クラッカー

日本で毎日運転していた主人

も一回落ちたので、結構

路上テストあなどれません叫び


受かるとそのままお金を払って

仮の免許がもらえます。

金額は26.5ドル。

何回落ちてもこの金額で

いいので、日本で30万円

近くかかるのにすごい違い

ですよね。

アメリカにも運転を教えてくれる

ところはあるらしいのですが、

ほとんどは家族に教えてもらって

受けに来るみたいです。

実際に、DMVにいたのは

まだ高校生みたいな子と

その親という組み合わせが

多かったです。

高校生だと運転範囲は制限

されるものの、免許が取れる

んです。

こっちだと、車がないと通学が

できない環境なので、必要

なのでしょう。


本物の免許はそのあと一週間

ほどで自宅に届きます。

行くだびになぜか写真をとられ

たので、どれがのるのかと

思ったら最後に受かった時の

写真を使うみたいです。


ちなみに聞いてみたら、

路上テストでは子供

を乗せては駄目だと言って

いたので、子供は誰かに

預けないといけません。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)

[PR]気になるキーワード