録画していたNHKスペシャルを見ていたら「相手国に対する"よくない印象"」という調査結果があり、
日本人⇒中国人 91.6%
中国人⇒日本人 76.7%

となっていました。


正直私も同じような印象を持っていた一人ですが、その印象を変えた中国での出来事を少しだけお伝えしたいと思います。

 

 

ツアーで上海に行ったことはあったのですが、今回初めて個人手配での上海旅行でしたので、空港~ホテル間、ホテル~目的地(観光等)間はすべて電車での移動でした。

小さな子供を連れて、スーツケースを引いてですので、少し不安もありましたが、電車もきれいで案内表示もわかりやすく、乗り換えも含めれば10回以上は電車を利用しました。

そしてその間、子連れには100%席を譲ってくれたのです!

 

 

私は都内に住んでいますが、電車に乗る時、子連れには絶対席を譲ってあげようという意識はありませんでした。

周りを見ても(もちろん譲る方もたくさんいらっしゃると思いますが)、必ず誰かが譲ってあげるというほどの意識は日本人全体としては「無い」のではないかと思います。

 

もちろん、これ以外には「あれ?」「これは日本ならアウトだな」と思うことはたくさんありました。^^

でも日本人は「自分たちはマナーが良いけど、相手の国は全然ダメ」「日本人のおもてなし精神は中国人より優れている」と思っている部分がどこかにあるのではないかと思ったのです。

 

アンケートの「よくな印象」は、政治的な部分も大いにあるでしょう。

でも私たち個人が相手国の国民に対して、マイナス面だけを捉えてしまって「良くない印象」につながる部分もあるのではないかと。


もちろん日本人として誇りをもって「マナー向上、おもてなし向上」に向ける意識は大事かと思いますが、「中国人から学ぶべきところもたくさんある」という気持ちが抜けた瞬間、上からの、敵対的な目線がどこかに入ってしまうのかも・・・と感じた経験でした。

 

もう一つ、今回の経験から中国人のすばらしさを感じたところがあったので、それはまたの機会に綴ってみたいと思います。

AD

気分転換

数年ぶりにブログのデザインを変更してみました。

(するつもりはなかったんだけど、ちょっといじってたら間違えて元のデザインを削除しちゃったんですが・・・。汗)

 

CSSをいじるのも数年ぶりなので、ちょっとしたデザインの変更でも調べるのにものすごく時間がかかりました。

 

でもデザインをちょっと変えただけでも、だいぶ気分転換になりますね♪

 

ほとんど更新しないこちらのブログも「よし、ちょっとやってみようか」という気分になります。笑

 

 

仕事も「must(しなければならないこと)」は出来ても、「want(したほうがよいこと)」はついつい後回しってことあると思います。^ ^;

(7つの習慣で言うところの「第2領域」になかなか手を付けられない・・・。汗)

 

そこに取り掛かるためには「ちょっとした環境の変化」は有効かもしれません。

 

机や身の回りを少し配置換えして整理整頓してみるとか・・・。

 

私も時々やりますが、結構有効ですよ♪

 

あとは普段使いのもの(ペンとか名刺入れ)をちょっと良いものに変えてみると気分も上がりますよね~。

image

 

人間は慣れの生き物ですから、ちょっとした変化をうまく取り入れて気分を上げて楽しみたいと思います♪

AD

安倍首相が国を挙げての「働き方改革」に着手し始めていますね。しかも「今後3年間の最大のチャレンジ」として。^^

 

中身を見ると

・長時間労働の是正

・賃金引き上げと労働生産性の向上

・テレワーク、副業・兼業といった柔軟な働き方

・同一労働同一賃金など非正規雇用の処遇改善

などです。

 

確かに「働き方」の改革のようです。笑

 

でもその前に「どんな仕事をするのか?」が大事なんじゃないのかなぁと思っちゃいました。^^

 

もう少しわかりやすく言えば、いくら国主導の働き方改革で労働時間を短くしようが、会社に勤務しないテレワークになろうが、仕事内容と賃金がイコールになろうが、「好きではない仕事だけどお金のために働いている」としたら、これらの施策で国全体の生産性がアップするのだろうか?と。

 

これらの施策の前に、みんなやりたいこと(仕事)ができてないという現状を見つめないと。

やりたいことができていないのは、そもそも能力がないからじゃなくて、ほとんどの人が「自分がどんなこと(仕事)がしたいのか?」を見つけることができていないんじゃないのかなぁ。本当は。^^

 

そこを飛ばして「働き方」だけ改革しても、効果は限定的なんじゃないかと思うのでした。

 

 

AD