宇都宮ICスグ!キャンピングカー販売 ★モービルトラベラー★

キャンピングカー情報、トレーラーハウス情報、キャンプ・アウトドア情報、お店のことなど、最新情報を写真を交えてご紹介します!


テーマ:

移動事務室登録の注意点
(各国土交通省管轄陸運局によって異なる場合がございます。)

構造要件 留意事項
事務室車移動先において、事務室又は教室として使用する自動車であって、次の各号に掲げる構造上の要件を満足しているものをいう。

  1. 事務を行うための机又は教室として使用するための机及びその机を利用するための椅子を屋内に有すること。

  2. 事務を行うための机は、1人当たり500mm×800mm以上の寸法を有すること。また、事務を行うための椅子又は教室として使用する椅子は、乗車装置の座席と兼用でないこと。

  3. 事務室又は教室として使用する場所は、屋内の有効高さ1,600mm(5イの規定において通路の有効高さを1,200mmとすることができる場合は、1,200mm)以上であること。

  4. 事務室又は教室として使用する場所には、適当な照明装置を有すること。

  5. 次に掲げる寸法等を満足する乗降口が当該自動車の右側面以外の面に1ヶ所以上設けられており、かつ、通路と連結されていること。

    1. 乗降口は、有効幅300mm以上、かつ、有効高さ1,600mm(bの規定において通路の有効高さを1,200mmとすることができる場合は、1,200mm)以上あること。

    2. 通路は、有効幅300mm以上、かつ、有効高さ1,600mm(事務用の椅子又は教室用の椅子の端部と乗降口との車両中心線方向の最遠距離が2m未満である場合は、1,200mm)以上あること。

    3. 空車状態において床面の高さが450mmを超える乗降口には、一段の高さが400mm(最下段の踏段にあっては、450mm)以下の踏段を有するか又は踏台を備えること。
      この場合における踏台は、走行中の振動等により移動することがないよう所定の格納場所に確実に収納できる構造であること。

    4. c の踏段又は踏台は、滑り止めを施したものであること。

    5. c の乗降口には、安全な乗降ができるように乗降用取手及び照明灯を有すること。

  6. 車室内の他の設備と隔壁により区分された専用の場所に設けられた浴室設備及びトイレ設備、及び手洗い設備並びに給湯設備の占める面積は、「特種な設備の占有する面積」に加えることができる。

  7. 物品積載設備を有していないこと。


モービルトラベラーのブログ-モービルトラベラー

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

モービルトラベラーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。