つくねのブログ

コメントを頂ける場合、絶対にメールアドレスなどは記述しないようにして下さい。もし、アドレスがある場合はコメントを削除させて頂きます。


テーマ:
Pelikanのtwistを使い出して以来すっかり万年筆に凝ってしまった。
きっと、こういうものに凝ってしまうのは男としての性分なのだろう。
世の中にはフィギュア人形を集めて楽しむ人も数多くいることだし、気にしない気にし
ない。

web上を"万年筆"をキーワードに検索してみると、改造して使っている人が結構多いのがわかる。
中でも万年筆をデモンストレータ仕様?への改造を行っている人が多くて魅入られてしまった。
デモンストレータならば補充されているインクの色が一目瞭然なので、蛍光インクを入れて蛍光ペン代わりに使いたいと考えたからだ。

蛍光ペンと言えば両方にキャップがついたモノが定番だが、あれの細い方で書き続けていると、仕舞にはペン先がフニフニになって文字が太くなる結果、何を書いているのか判らなくなるほど酷い事になる。
もし万年筆で書き込んでいればそんな不安はないわけだ。
ペリカンの高価な万年筆にはデモンストレータがあるので、素直にそれを使えばいいだけの話なのだが、いかんせん高すぎる。
そこで、安価な万年筆で代用できる改造を思いつき、やってみることにした。


デモンストレータの候補となるには

軸がスケルトンにならなければならない。
しかも、失敗した時でも諦められる範囲の金額が望ましい。

この条件を満たすのは、ケンタッキーのチキンワンピースよりも安価なプラチナののプレピーしかない。


早速、amazonで購入・・・とはいかなかった。
調べてみると、プレピーという万年筆は、安価ゆえに軸の作りが脆いらしく最近モデルチェンジを行ったばかりらしい。古いタイプのものはペン先に着色が施してあり、仕様に伴ってそれが剥がれてくるのが不評だったらしく、新しいものはペン先が無着色となっているようだ。
amazonで調べても着色がある旧モデルの販売ばかりで新モデルが出てこない。
また、改造するには他の道具も必要となるが、道具ごとに通販で取り揃えていると時間と送料がバカにならない。
ということで、実店舗に出向いて資材調達をすることにした。

必要な物を書き出してみると、

1)プラチナ プレピー(new model)
2) 塗装を剥がすための、耐水性紙やすり
3) 仕上げ用のコンパウンド 
4) スポンジたわし (べっぴんさん)
5) インク漏れを防ぐための シリコングリス
6) インク漏れを防ぐための Oリング
7) インク補充用の注射器

が必要になるが、できれば一箇所で調達できるとありがたい。
まずはプレピーを扱っている店を調べ、その近辺で他の道具を揃える事ができる店を
絞ることにした。
当然、距離が近く交通費が一番安い所が候補に上がることになるが、プラチナのサイトにある販売店一覧からだと、道具の販売店を加味すると渋谷か横浜が候補となる。
意外だっのが、渋谷にある販売店の取扱種類が横浜よりも貧弱だった事だ。
もしかすると万年筆の販売量は、都会よりも地方のほうが多いのかも知れない・・。
という事で、買い出し地区を横浜に決め、西口地下にある有隣堂に向かった。

有隣堂には万年筆コーナーが設けられており、品揃えの充実度が実証されている。
・・・が、プレピーがない!。PelikanのtwistやペリカーノJr、プラチナのプレジー
ルもあるのにプレピーが見当たらない・・・・(^_^;)

「・・・あの・・プレピーっていう200円の格安万年筆おいてますか?」
「プレピーはここではなくて、アチラになります・・・・どうぞ、ご案内します」

といって案内されたのが、ボールペンやシャープペンが大量に並んでいる、よく見る光
景のあの場所だった。
・・・・なるほど、価格から言ってそういう扱いだね。納得。
しかし一方で、プレピーの全種類が特別仕様の什器にセットして販売されており、プラ
チナのサイトでの充実マークは実証されている。
中字(0.5)のものもあったが、キャップの色が赤・青・黒の三色と、蛍光インクとして使う予定の緑とはマッチしないので、緑色の細字(0.3)のプレピーを2本選んだ。

ついでにインクを黄色に替えることも加味して、洗浄用のコンバーターを購入する事にした。




コンバーターが展示販売されている訳がないので、さっきの店員さんに問い合わせた所、商品を手にとって慎重な面持ちで

「お客様、プレピーは200円なのですが、生憎コンバーターは500円となりますがよろしいでしょうか?」

とご尤もな質問を返されたので、

ゴメンナサイ。あなたのおっしゃる事は正論です、こんな買い方をする俺が間違っています・・と心で呟きながら、黙って頷いた。

スムーズにプレピーを入手できたので、喉も乾いていた事だし、ひとまずコーヒータイムを取る事にした。

しばらくこない間に西口は結構変わっており、スープストックがあった場所には別のコーヒー屋になっている。
結構人も入っているようなので入る事にしたのだが、これがラッキーだった。
子供の時から「工作といえば東急ハンズ」が合言葉だったので道具の購入は東急ハンズと決めていた。
記憶では東急ハンズは映画館がある方の橋を渡った先にあったハズなのだが、コーヒー屋のガラス扉ごしにハンズのマークがあるのを見て移転を知ったおかげで無駄足をせずに済んだ。

前よりも近くなってラッキー!  ・・  最初はこう思ったが、それは大きな間違いだった。

最初のイメージでは、以下の3つが全て揃うハズだった・・・
2) 塗装を剥がすための、耐水性紙やすり
3) 仕上げ用のコンパウンド 
5) インク漏れを防ぐための シリコングリス
結局、揃ったのは、2)の耐水性紙やすり(#1000及び#2000)だけだった。

シリコングリスには、時計のパッキンに塗る用途の、SEIKO TSF-451 を揃える予定だったが、ハンズでは取り扱っておらず、
絶対に扱っていると思っていた、タミヤコンパウンド(仕上げ目)、タミヤコンパウンド(粗目)すらなかった。

何度も何度も研磨剤のコーナーを行き来してたので、気の毒に思ったのか、年配の店員さんが声をかけてくれた。
「あの・・・タミヤのコンパウンド欲しいんですが・・・・」
「申し訳ありません、前の店舗では揃えていたんですが、移転で手狭になったので、今はないんです・・・」

「!・・・、それじゃー、東急ハンズじゃないじゃん・・・」

思わず心の中で呟いた。目が口ほどに物を言ったのか、その店員さんが情報をくれた。

「私どもではないのですが、隣のヨドバシさんに模型コーナーがあるので、もしかする
とそちらにあるかも知れません・・・保障はできないのですが・・・」

「!、そうですか!、ありがとう御座います。助かります。」

お礼を言って、耐水やすりだけを購入して店を出た。

東急ハンズといえば "DO IT YOURSELF" の代名詞みたいな所だったが、今では駅ビルのファンシーショップに成り下がってしまったと感じる。
あの年配の店員さんの申し訳なさそうな顔が、とても気の毒に思えた。

ヨドバシに到着。
1Fにデカデカと展開しているmacbookのコーナーを突っ切っている時に時計修理の文字を見て、閃いた。
考えてみれば、ヨドバシカメラは時計の販売店でもあり修理店でもある。
ということは、時計用のシリコングリスである、SEIKO TSF-451 を販売している可能性が高いわけだ。

修理コーナに行って、ガラスケースを拭いていた店員さんにシリコングリスを尋ねると、「判らない、聞いたことがない」と即答されたが、
「防水時計の電池交換の時に、蓋を開けてゴムの輪っかに塗るクリームみたいなもの」
と説明すると理解してくれたようで、修理部に問い合わせてくれた。

「こちらになるそうですが・・・・」と持ってきたのが、TSF-451 だった。

残る、模型コーナーでの仕上げ用のコンパウンド調達は容易かった。

ヨドバシから駅に戻る地下街にあるダイソーで、インク補充用の注射器を入手したので、残る道具はOリングだけになる。
さすがに、これは東急ハンズにもヨドバシにも売ってないので、通販で買うことにして買い出しは終了。






一息ついて会計してみた。

1)プレピー(new model)                                 432   ( x2)
     コンバーター                                                 540
2) 耐水性紙やすり(#2000 #1000)                       195   (87,  108)            
3) タミアコンパウンド(粗目、仕上げ目)             711   (237,  474)
4) スポンジたわし (べっぴんさん)                     家にあったので0円
5) SEIKO TSF-451                                            463           
6) インク漏れを防ぐための Oリング                     ???  おそらく 800円くらい?                 
7) インク補充用の注射器                                     108
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

蛍光ペン万年筆を作るのに、3000円近くの費用がかかっている。
しかも、元の万年筆は216円で、蛍光ペンもそのぐらいあれば十分購入できる。

はっきり言って、マトモな人はこういうバカな事はしないだろう。


次回に続く
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

つくねさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。