橋下徹大阪府知事(40)は22日、大阪市公館で平松邦夫大阪市長(61)と意見交換会を行い、来春の統一地方選に向けて掲げる持論の「府市解体、再編」構想を展開。実現のために地方議員、首長らと結成する政治グループについて「府議会、市議会で最低でも過半数を取らないと、僕はある意味で退陣」と知事の首をかける決意を示した。

 これに対し、平松市長は「退陣という言葉を今、軽々に使わないでいただきたい。8割の支持を得る知事が言うこと自体に、危険性を感じる」とし、「見出しになることばかり言って…」とクギを刺した。会談では、橋下知事が「府と市が同じことをしなくても、1人の指揮官が全体を見ればいい」と述べると、平松市長は「理念が先行し、中身が見えない」と反論した。

 【関連記事】
橋下府知事、次期大阪市長候補に中田宏氏を“逆指名”
橋下府知事、豆まきで鬼は「平松市長!」
橋下徹 大阪府知事 平松邦夫 を調べる

<麻薬譲渡>「押尾被告は罪を償って」友人が起訴内容認める(毎日新聞)
<鳩山首相>政界引退後は「農業を」…すぐとは言ってません(毎日新聞)
「2」の“ぞろ目”記念押印 郵便局も列(産経新聞)
R-1ぐらんぷり あべこうじ優勝 最多3539人参加(毎日新聞)
パナソニック電工、長榮専務が社長に就任へ(レスポンス)
AD