願望を実現させる占い師 吉本博栄の独り事

博栄流四柱開運術の創始者吉本博栄が世相をぶった切ります、


テーマ:

「2017年の運勢」をご注文いただいた方

そろそろお手元に届くころだと思います。

読まれた方、発展運で喜んでいる人、

停滞運で残念がっている人

いろいろいるかとは思いますが、

「感情周期」に幸運、不運はありません。

正しく使って、人生をもっと良いものにしましょう。

 

長い人生・・。

良いこともあれば、悪いこともあります。

苦労しているときは、その不運に嘆くと思いますが、

乗り終えた人間は成長しているもの。

それがかえって、糧になることもあるので、

一つだけの現象をみて、運命を語るのはかえって軽率に思えます。


とはいえ、人はおうおうにして、

何かで苦労を背負ったとき、いつまでもその状態が続くような気になったり、

その絶望感から、やけになり、とんでもないことを引き起こし後悔したり、

「なんで自分ばかり・・」と、不満が出たりるするものです。


良いことがあればあったで、天狗になって、

この状態がいつまでも続くと錯覚し、

浮かれ、浮かれて、有頂天から、真っ逆さま・・。

なんてこともあり、

良ければよいで、また波乱を含んでいたりします。


2017年の運勢をとしてお送りした「感情周期」は、

四柱推命の運勢のサイクルを基に、

私たちの感情がどう変化するかを読み解いた占いです。

良いことも悪いことも、結局は自分がそれをどう感じるか・・で

解釈は違ってきますので、その感じ方のパターンで、

その後の自分の行動の変化が起こり、

結果、運勢の吉凶が現れてくる・・という考え方から

鑑定されています。


感情周期は10種類あり、それが順逆2パターンでサイクルしていて、

順運の人は、 

 偏印→劫財→比肩→傷官→食神→正財→偏印→正官→偏官→印綬
(始動 充足 人気 合気 社交 収穫 変容 確立 整心 研究)

逆運の人は、

 劫財→偏印→傷官→比肩→正財→食神→正官→偏印→印綬→偏官 
(充足 始動 合気 人気 収穫 社交 確立 変容 研究 整心)

というように、それぞれに時期にどう感じどう行動するべきかの

指針を教えてくれています。

原則として、これらの周期に良い悪いはありません。

そういう気持ち(感情)になる・・というだけの話し。

たとえば、誰かとの新しいご縁があったとして。

その人との縁を大事にして広げていこう(人気運)と思うか

深く付き合ってみようと(研究運)思うかは、

その時の気分だったりするわけで・・。


どちらがいい悪いではなく、

「そう思いがちな時期が人間にはある」

ということなのです。


よくよく考えれば、一日の中でもテンションが高かったり、

落ち込んだり・・ありますよね。

一か月の中でも、感情周期はあるし、

一年の中でも感情周期はあるのです。

それこそコロコロ変わる・・と言ってもいいくらい。

ただ、そこにはリズムが関係していて・・・。

上下に波打っているわけです。

それを年単位で見ると、

今年は「偏印運」だ「劫財運」だ「比肩運」だと

大きいサイクルでの感情の変化があるというにすぎません。


もしあなたが鑑定書を受けとって、

感情周期が好ましくない結果のように思えても、

それほど恐れることはありません。

その感情にふさわしい行動をとることで、

幸運を引き寄せることはできます。


始動の時期は、恐れずチャレンジ。やってみればいいし、

充足は、意識的に休養すればいいし、

人気は、徳を積めばいいし、

合気は、周囲と強調する努力をすればいいし、

社交は、人脈を広げればいいし、

収穫は、堅実に行動すればいいし、

変容は、変化を受けいれればいいし、

確立は、結果に満足すればいいし、

整心は、迷う心を鎮めればいいし、

研究は、とにかく勉強に励めばいい。

それぞれのやるべき時期に、やるべきことをやれば、

そればそれで、結果オーライになるものなのです。

もがいて、ムリに逆らえば、悪循環。

ろくな目に会わない・・

その時の感情を見極めて、焦らず、対処する。

それが感情周期の正しい使い方になります。

感情周期は、どう行動すればいいかの指針。

幸運不運は、その後の行動次第で変わってくる。

それさえ理解していれば、この一年、楽に過ごせるはず・・。

どうぞ参考にして、幸運を引き寄せてください。


まだ受け付けています。

鑑定料は3240円です。

希望者はこちらから問合せ願います↓

https://ssl.form-mailer.jp/fms/b201bd62144234


ご意見ありましたら、こちらからお願いします。

 https://ssl.form-mailer.jp/fms/6b7f54b1187671

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

今日から、日々の吉方位配信開始しています。

今年もご購読よろしくお願いします。

今年もいい一年になるといいですね。

 

さて、新しい年になったので

今年、最初のテーマ。

「幸せになりたい人へ」向けて書いてみたいと思います。


幸せってなんですか?

あなたは幸せですか?

 

幸せってなにか、考えてみました。

お金があると幸せか?

愛する人がいると幸せか?

健康なら幸せか?

欲しいものが手に入れば幸せか?

あなたにとって、幸せってんでしょうか?


幸せの形って、人それぞれですよね。

どんな時に幸せを感じるかは、

その人の価値観によって違ったりします。


おいしいものを食べた瞬間に

「おいしい!!」

と感じる幸せ。

温泉に入ったときに、

「あ~~いい湯だ!!」

と感じる幸せ。

好きな人に告られて

「うれしい~!!」

と思う幸せ。

スポーツで勝ち上がり、

「優勝したぞ~!!」

という幸せ。

宝くじが当たり、

「大金持ちだ!!」

と喜ぶ幸せ。


人生には、大きな幸せや、小さな幸せなど、

たくさんの幸せを感じる瞬間がありますが

人は誰でも幸せになりたいと思っていて、

幸せになるためにいろいろな努力をしています。


でも、よくよく考えてみると、

幸せってその瞬間手に入れても、

いつまでも長く続くものではありません。

幸せは、そう感じる「気持ち」「思い」なので、

いつまでも、

「おいしい!!」

「あ~~いい湯だ!!」

「うれしい~!!」

「優勝したぞ~!!」

「大金持ちだ!!」

と思い続けることはできず・・・。

時間が過ぎれば薄れていき・・・やがて消えます。


幸せの形・・という言い方をしますが、

幸せは、固形物ではありません。

何かを手に入れることが幸せではなく、

手に入れた「物(シンボル)」の背景にあるものが

あなたを幸せにしてくれるのです。


幸せの正体は、そう感じる「心」「感情」。

「気持ち」に気が付かなければなりません。

重要なのは、そう感じる事だと思います。

ではどうやったら幸せになれるのでしょうか・・。

どうやったら、そういう気持ちになれるのでしょうか?


じつは、幸せになる方法が一つだけあります。

(というより、それしかないのですが・・。)

それは、「感謝」を探すことです。

ありがたい・・と思うこと。

探せば身の回りにいくらでもあります。


たとえば、毎日の食事。

ふつうに食べれることがどれだけありがたいか・・。


あなたにとって、辛いかもしれない仕事。

それだって、失業者がみたら、どれだけ恵まれているか・・。


寝る場所がある・・ただそれだけだって、

難民キャンプでテント生活をしている人から観たらありがたい。

日本がどれだけ恵まれているか考えたことがありますか。


これを幸せと言わず、何という?


感謝を探す。ありがたいと思う。

そういう気持ちが、幸せの正体です。

幸せになりたいなら、今に感謝すること。


逆に言えば、今に感謝できない人は、

一生幸せになれないのです。

感謝できることを探す。

「ありがとう。」

その言葉を口にした瞬間から、

誰でも幸せになれます。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今年の私の感情周期は「印綬」。

じっくりと将来に向けて準備を開始する時期でした。

たしかにたくさん仕込んだし勉強もしました。

四柱推命はすごいです。

本当にその通りになる・・。

ならば来年の運勢は?

 

お待たせしました。

「来年の運勢」

今回もまた、鑑定させていただきます。

四柱推命をもとにした「感情周期」鑑定。

これは、あなたのリズムを読み解く占いです。

植物でいう成長のリズム・・・。

タネをまく時期なのか、水や栄養を与える時期なのか、

成長期なのか、結実なのか、収穫なのか

はたまた、落葉落花なのか・・・。


季節を表すように、自分の運勢も、

成長期、収穫期、落葉落花期があって、

知らず知らずのうちにそのリズムに沿った

考え方、行動をとりがちになります。


当然、行動には結果がついてきますので、

「この時期にはこうなるはず」

と、ある程度起こる現象が予測がつく・・

そういう話しになります。

そして、いつだって気になるのは、自分の未来です。

来年、自分の運気は上がるのか?

それとも、大変な時期なのか?

四柱推命を読み解くと、

だいたい、こんな感じ・・というのがわかるのですが、

あなたは来年一年の運気(感情周期)・・

知りたいと思いませんか?


ということで、今年も

来年1年(平成29年2月~平成30年1月)、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
それぞれの月の運勢を鑑定し、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
レポートにして提供させていただきます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


有料ですが、一年間全般の運勢および、

12か月、それぞれの運気(感情周期)を

びっしり書いたレポートをお渡しします。

鑑定料は通常5250円のところを、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
年末特別価格3240円で!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
希望する人はいますか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いたらこちらをクリック!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
→ https://ssl.form-mailer.jp/fms/b201bd62144234

後ほどご案内メールをお送りさせていただきます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
このレポート、PDFファイル13ページくらいあります。

来年の指針としては、とても参考になるレポートになるはずです。

ぜひ、この機会に手にしてみてください。

で、さらに今年はいつもの鑑定書にプラスして、

「開運カレンダー」一年分をお付けします。

それって、どんなものか?

 

こんな感じです↓

http://xn--n8jx07hmyis3w.jp/karenda/kaiunnkarennda%EF%BC%92.pdf

 

365日、毎日の注意事項が書かれたレポートです。

「感情周期」鑑定書で、大まかな流れを把握し、

「開運カレンダー」で、日々の行動に注意しつつ、

幸せな一年を送る。

転ばぬ先の杖として、

きっと役に立つと思います。

鑑定料は。年末特別価格3240円です。

希望者はこちらから問合せ願います↓

https://ssl.form-mailer.jp/fms/b201bd62144234


なお、たくさんの応募が見込まれます。

手作業ですので、どうしても時間がかかります。

よって、鑑定書は正月休み中をつかって作成しますので、

納品は、年明けになるかもしれません。

あらかじめご了承ください。


 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

あと5年で、世界がひっくり返る・・・。

未の時代のエネルギー革命は、

すでにはじまっていました。

 


2016年11月7日から18日まで、モロッコのマラケシュで、

気候変動枠組条約第22回締約国会議(COP22)、

京都議定書第12回締約国会合(CMP12)、

パリ協定第1回締約国会合(CMA1)が開催されました。


その会議の中で、日本初のとんでもない技術が

発表されていたことを、昨日参加したセミナーで知ったのですが、

それが本当なら、5年後には全世界が激変するはずです。

もう、高額なエネルギー費用に悩まされることはありません。

CO2での地球温暖化の心配もありません。

まさしくエコエネルギーの誕生。

それが、世界60か国で一斉に導入される準備が進んでいます。

どう考えても、石油利権の崩壊。

新世界の誕生となりそうです。


どんなエネルギーなのか。

答えは「水」。

海水、雨水、川の水、飲み水・・。

とにかく「水」

水の惑星、地球を覆っているあの「水」です。


真水に限定されません。

海水でもOKと聞いて、驚いたのですが、

その水から、石油が作れ、ガスが作れ、電気が作れると言ったら、

世の中どう変わるでしょう?

そしてそれを信じることができるでしょうか?


もちろん私は、疑いました。

それができたら、世界はひっくり返ります。

とんでもない事件です。

なので、今でも半信半疑なのですが・・。。

提出された数々の証拠と実績と、

参加国や研究者のコメントを見る限り、

詐欺を疑うレベルではないし、

念のため易を立てると「既成」事実の卦。

マジか?

日本、やってくれたな!

とてもうれしくなりました。

私は、「未の時代」をいつも念頭に置きながら

これから世界がどうなるか、日本がどうなるかを考えています。

同時に、800年周期の陰陽逆転現象・・・

つまり800年前から始まった陽の時代、アングロサクソン文明の終焉と、

これからの800年、日本から始まる陰の時代ですね・・。

その二つを照らし合わせながら、この10年で、

どんな変化が起こるのか、常に気にしているのですが、

エネルギー革命について、何か起こるはずだ・・とは思っていても、

それが何かは、もやもやしていて、見えていませんでした。

もし、それが「水」であるなら、エコであり、低コストであり、

大変化であることは間違いありません。

未の時代にふさわしい、大事件、大改革だと思います。


近い将来、自動車は「水」で作ったガソリンで動きます。

※すでにバスはそのガソリンで普通に運行されていました。

ガスも、「水」で作られていました。

「水」で作った電気は、電波に変換され人工衛星経由で供給されるそうです。

衛星から送られてくるため、今後は電線が必要ないとのこと・・。


もはや常識崩壊。

大改革がおこります。

まあ、私たちはその流れに身を任せるだけしかできませんが、

ここで言いたいのは、あらゆる分野で別世界が現れるということ・・。

それに伴い、「法律」「ル-ル」も変更されるでしょうし、

これまで信じていたものが、消えてなくなるかもしれない、

変化を受け入れろ、柔軟に対応せよ、決めつけるな・・ということ。

常識は時代遅れでしかない(かもしれない)ということです。

エネルギー改革はすでに準備が進められていました。

その他の革命も、進んでいるはずです。

ようやく、変化の実態が見えてきました。

2010年から始まった未の時代(12年間)も、後半にはいります。

あと、6年で一気に変わります。

ここが踏ん張り時。

取り残されないように、しっかり対応しましょう。


 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

そろそろ「年頭に貼る護符」

お手元に届いた頃でしょうか?

もし、去年届いたのに今年届かない方がいたら、

連絡ください。郵送します。


質問があったので、お答えします。

Q:古い護符はどうしたらいいですか?

A:お焚き上げしてください。

  もしくは、神社におさめてもイイでしょう。
  
  初詣に行くなら、神社にはお守りを納める場所が
  
  あると思われます。持って行ってOKです。
  

さて、初詣といえば・・。

私は毎年、深夜。

新年と同時に初詣に行きます。

というか、0時には、すでに神社にいるタイプ。

神社内でカウントダウンします。

近くに地元では有名な神社がいくつかあるのですが、

その一つに、新年になると同時に、花火が上がり

甘酒がふるまわれる東照宮という神社があって・・・。

屋台も出てるし、賑やかな神社なので、

そこに家族そろって出かけています。


でも今年は長男が受験ですので、

学問の神様である天満宮にしようかな・・・。


神社って、いろいろな種類がありますよね。

天神さま、お稲荷さん、神明さま、八幡さま、

住吉さん、大国さま、貴船、香取、金毘羅、

愛宕、鹿島、加茂、三島・・・。


それぞれ祭ってある神さまは違いますが、

ほとんどの人はあまり気にしない・・と言うか、

知らないのかな? 

お近くの有名どころに行くのではないでしょうか?


たぶん、多くの方が神社に厄除けや、

初詣に行くのだろうと思いますが、

身近なようで、よくわかっていない。

神社って何だろう?

って思ったりします。

日本中に神社の数っていくつあるのでしょうか?

無人の小さな神社まで含めると、

終戦時には10万6千137社との記録があるようですが、

その後減少して現在に至るとのこと。

いずれにせよ、たくさんの神社が存在しています。


ご存知と思いますが神社にはランクがって、

それを「社格」と呼びますが、

大別すると、「官社」と「民社」があり、

官社は、「官幣社(大・中・小社)」

「国幣社・格別官幣社(大・中・小社)」と

格付けされているそうです。

対して、民社は、各地方の強い崇敬を受ける神社で、

「府」「県」「郷」「村」「無各社」と格付けされています。


一般に神社に祀られている神さまは、

「古事記」「日本書紀」に登場する神々か、

偉大な業績を残した武人、文人を神格化した神々です。


天満宮は、菅原道真を祭神とする神社で、

菅原道真は優れた学者だったため

天神さまが「学問の神様」となり

受験生が合格祈願に詣でているわけです。


どの神社でも、意味や祀られている神さまを知らなくても

きっと、神さまは来てくれるだけでも喜んでるとおもうので、

せっかくですから、古い護符やお守りをもって、

初詣にお出かけしましょう。

新しい1年の始まりに感謝し、来年も良い年にしましょう。

ということで、正しい参拝の仕方を書いておきます。

1)参道の鳥居をくぐったら手水舎に立ち寄り、柄杓で清水を汲み

  左手、右手の順で浄める。
  
2)次に左手に清水を受けて、口をすすぐ。

3)拝殿に向かう(参道の中央は通らないで、端を歩く)

4)拝殿の前に立ったら、賽銭を入れ、鈴を鳴らす。

5)拝礼は、二拝、二拍、一拝。

  (直立で深い礼を二度、柏手を二度、両手を合わせて祈念し、
  
   最後に直立で一礼)

補足:拝礼の前後に軽い挨拶を行うのも作法として行います。


参考にしてください。


 




 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

気になるニュースがあったので、

それについて思ったことを書きます。

そのニュースはこれ↓

+----------------------------------------------+
兵庫県西宮市の今村岳司市長が、市主催の催しで
「中高生のころに授業を抜け出してたばこを吸っていた」
と発言したのは問題だなどとして、西宮市議会は、
市長としての言葉の重みを自覚することを求めるなどとした
決議を全会一致で可決しました。 (NHKnews web 引用)
+----------------------------------------------+

では・・・。

これの何が気になったのか?

 


市長としての言葉の重みを自覚しろ?

それはごもっともです。

ですが、「言葉の重み」って何ですかね?

言葉には本来物理的な重みなんてありません。

でも、言葉には「重い」「軽い」があります。

言葉の「重み」というのはとても不思議なもので

同じ言葉でも「誰」が「誰」に「何」を言うかによって

与える印象や深みというのはとても変わってきます。


私もこうして言葉を文字にして伝えていますので、

なるべくなら軽いと思われるよりも

重みや深みのある文章を発信したいと思っていますが、

それって、どうやったらできるのでしょうか・・・。

そもそも重さって何なのでしょう?

考えてみたんです。


私は、言葉の重さって

発せられた言葉に本来の言葉以上の意味をもたせること・・

だと思っています。

たとえば、発言した人の経験に裏打ちされたものとか、

「ハッ」とするような、核心を突いた言葉とか、

心に刺さる表現とか・・・。


それは相手の心にちゃんと響く言葉であり

わかりやすく、誤解することなく

真意が伝わること・・

そして、感動を与えたり、行動や考え方を変えたり

受け止めたその人にとって、「影響力のある言葉」

だと思っているんですね。

あたりまえですが、

言葉の目的は「伝える事」です

「何を伝えたいのか」

”思い”や”意思”があって

それをどう伝えるかが重要です。

伝え方(方法)はいろいろな表現があるので、

そこに、伝える(表現する)側の工夫があるわけで・・。

誰に、伝えるかによって、言い方は当然変わります。


小学生に伝える言葉と、成人に伝える言葉と、

高齢者に伝えるときの言葉、表現方法は、

全部違って当たりまえ。

子供に、難しい言葉を使ったら、まったく届きません。

言葉は、受け取ってもらって初めて意味がある。

伝わってこそ言葉なのです。

そういう意味で、

相手に受け取ってもらえてはじめて、

言葉に「重さ」が生まれるわけです。


重く受け止めるか・・。

軽く聞き流すか・・。


以上を踏まえて、今回の市長の言葉。

重いんでしょうか?

軽いんでしょうか?

受け止める相手は、中学生や高校生です。

彼らに市長の「意思」「意図」は届いているのでしょうか?


重く受け止めてくれたか、

軽く聞き流されたか・・。

発せられた言葉に本来の言葉以上の意味を感じ取ってくれたか・・。

表現方法として、適切だったか。


その答えは・・。

受け手である中高生がどう感じたか・・です。

彼らの心に響いたか・・真意が伝わったか?

重いか軽いかは、彼らの感じ方次第なわけで・・・。


私個人としては、

「中高生のころに授業を抜け出してたばこを吸っていた」という表現は

中高生たちが、自分に置き換えて考えることができるという意味で、

聞き流さず、受け止めてくれる言葉だと思うし、

市長の経験に裏打ちされたものであることから、

けっして「軽い」とは思わないわけで・・・。


市長が昔、やんちゃだったなら、それが「重み」じゃないですか。

それを受け止めてくれたなら、表現として問題はないと思われ・・。

言葉尻をとらえて、揚げ足とって、批判する前に、

中高生がどう感じたか、直接聞いてみればいい。

彼らはそれほどバカじゃないです。

「たばこ」の話から、何が言いたかったのか、

ちゃんとわかってると思いますし、信じます。

「青少年の健全育成の観点から極めて問題があるうえ・・・」

というなら、何が問題なのか、どんな問題が起こりえるのか、

そのあたりを詳しく説明してもらえると、

私も、議会の人たちの批判を重く受け止められるのですが・・。


 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

日曜日は、通常のメルマガは休刊日となり、

編集後記はお休みです。

日曜日限定の上位版配信しています!


  ※上位版を購読の方は、

   先々の「日々の吉方位早見表」(3240円)が

   無料でダウンロードできます。


今回からのテーマは

「あの世の仕組み」(1)です。


人は死んだらどうなるのか。

消えてなくなるのか、別世界へ行くのか。

肉体は成長し、やがて死を迎えますが、

死後の世界については、

太古の昔から様々なことが言われてきました。

天国、地獄、閻魔様。

本当にあるのかないのかは、誰も証明できませんが、

最近のスピリチュアルブームをみてみれば、

前世、来世の存在は当たり前のように語られるようになったし、

死んだら「無」になると考える方が少数派になった印象もあり、

ようやく、人間は科学という呪縛から解き放たれ、

あの世とこの世の仕組みを正しく認識できるようになってきたようです。


ならば。。ということで。

今回から、あの世の仕組みについて

思うところを書いてみたいと思います。

続きは上位版で↓

http://www.mag2.com/m/0001616546.html

月額540円(初月無料)
 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

- 土曜日は無料ワンポイント鑑定 -


メルマガ読者限定

無料ワンポイント鑑定をさせていただきます。

 

今週の鑑定結果は


---------------------------------------------


1969年3月13日  女性 Kさま

Q:W不倫をしています。(略)彼の本心、

  周りの女性に対する気持ち、知りたいです。

A:ほかにも女がいるのでしょう?

  つまり、あなたも都合のいい女の一人です。

---------------------------------------------

1984年9月17日   女性Kさま

Q:この先結婚できるのか、彼とは縁がないのか

  アドバイスを頂きたいです。
  
A:方針を変えず、このまま進めは吉。

  大事に付き合ってください。

---------------------------------------------


1968年5月5日   女性   Tさま

Q:建築設計の仕事をしたいと思っているのですが(略)

  建築設計の適性は私にはあるのでしょうか?


A:決壊の卦。試験に受かるなら良いですが…


---------------------------------------------


無料ワンポイント運勢診断のお申込みは

こちら→ http://form1.fc2.com/form/?id=815441

ワンポイント鑑定は体験鑑定です。


公開出来ないようなご相談事、

ワンポイント(五行)では収まりきれないお悩みや相談等、

お急ぎの場合は下記有料での鑑定しています。

(当日~2日以内に鑑定結果をメール返信。)

メールやスカイプによる悩み相談・後の運勢・相性鑑定・

メルマガ読者価格 5400円(1h)

申し込みはこちらから 

https://ssl.form-mailer.jp/fms/b201bd62144234 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


明日はクリスマスイブ。

私はクリスチャンではありませんが、

それなりにクリスマスを楽しみます。

最近ケーキつくりに励んでいる三女(小6)。

自分で作るって、はりきってるんですが・・。

キッチンがぐちゃぐちゃになるので、

後片付けが、たいへんなんですよね~~。

 

さて、クリスマスといえば、キリスト教。

キリスト教といえば、聖書。

今回も「聖書ネタ」を書いてみましょう。

はじめに、神は天地を創造された。

地は混とんであって、闇が深淵にあり

神の霊が水の面を動いていた。

神は言われた。

「光あれ」

こうして光があった。

神は光を見て良しとされた。

神は光と闇を分け、光を昼と呼び、

闇を夜と呼ばれた。

夕べがあり、朝があった。第一の日である。


↑ご存知聖書の書き出しです。

次に「易」の順番を書いてみます。

(64卦ある「易」は、1~64まで順番があります)


1)乾為天・・「天」天高く宇宙の元気が満ち溢れる象

2)坤為地・・「地」母なる大地の優しい姿の象

3)水雷屯・・「屯」生みの苦しみに耐え忍ぶ象

4)山水蒙・・「蒙」暗闇、朦朧として先が見えない象


これを読み解きます。

天と地があって、混沌として闇がある?

天→地→屯→蒙・・・ですね。

聖書と同じ。

これは偶然か?

もっと書きましょう。

神は言われた、「水の中に大空あれ。水と水を分けよ」。

神は大空を造り、大空の下と大空の上に水を分けさせられた。

そのようになった。神は大空を天と呼ばれた。

夕べがあり、朝があった。第二の日である。


続いて「易」の順番を観てみましょう。

5)水天需・・「需」力を蓄え、今は待つ時の象。

6)天水訟・・「訟」争い、分離の象


ふむふむ・・。

5番目の卦「水天需」は、

縦に書くと、「天」の上に「水」があります。

それを聖書では「大空の下と大空の上に水」と表現し、

それを分けるという意味で「訟」と繋がります。


あらあら・・。

聖書と「易」はそっくりです。

はっきり言えば聖書は「易」を物語化した創作物。

全部、易で読み解けます。

この事実に気が付いたのは、

「聖書と易学」という本を書いた、水上薫さん。

易と、聖書を両方理解していないと、

なかなか気が付きにくい事ですが、

気が付いたときには愕然としたようです。

私も自分なりに聖書を読んでみました。

クリスチャンではないし、研究家でもないので

じっくり比較検討したわけではないですが、

間違いなく、易と聖書はつながっています。


実は古事記・日本書紀もそうで。

太古、天地は分かれておらず、互いに混ざり合って混沌としていた。

しかし、その混沌の中から、清浄なものは上昇して天となり、

重く濁ったものは大地となった。そして、神が生まれる。

天地の中に葦の芽のようなものが生成され、神となる。

というように、天、地、屯と、物語が流れていきます。


結局、神話は「易」がもとになっていて、

「易」は物事の「変化の道理」・・・

つまり、自然摂理を説いた書物だから、

「神」=「摂理」であり

「易」は神の声を聴く手段として、今に伝わっているのです。


聖書も、日本書紀も、「易」を基にした創作物です。

まったくの同源。

という意味で、私は日本人ではありますが、

クリスマスも受け入れて楽しみたいと思っています。


「易」は人間ではない「伏犠」という

神様が作ったものとされています。

時代も何千年前か、何万年前かわかりません・・が、

きっと、人間界に幸せをもたらすために、

考えてくれたんだろうと思うので、

ありがたく、使わせていただきたいと思っております。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

この一年、メルマガを通して

いくつかの投資をお勧めしてきました。

ADAコイン、ビットコインマイ二ング、

ミャンマー不動産、D9・・・。

これらすべて「仕込み」だったわけですが・・・。

もし、世界的投資家ジムロジャースの言う通り、

来年日本に、リーマンショック以上の金融危機が起きたら?

きっとその「仕込み」が活きてくることになるはずです。


続きは編集後記で。


━…‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥…━…‥‥…━…‥‥…━…
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

平成28年12月23日の吉方位

この日は方位取りに適した日です。

特にギャンブル、デートに良いとされています。


『東』   求財に良い。縁結びにも使用可能。

      地道な活動が実を結ぶ。

『西』   大吉とはならないが、人の援助あり。

      喜びごとが舞い込む。


========================================= 


※ただし、15時~19時は空亡の時間帯。 

 この時間に出かけると効果はありません。避けてください。

※3時~7時に出かけると吉。すべてに吉。

※11時~15時は平穏無事に推移する。

※その他の時間帯は、できれば避けた方がのぞましい。 

備考)この方位術は、全ての人に共通する吉方位を導き出しています。

   どなたでも活用すればするほど開運して行きます。

━…‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥…━…‥‥…━…‥‥…━…
┌─┬─┬─┬─┬─────────────────────
│編│集│後│記│★吉本博栄のコラム・論説★
└─┴─┴─┴─┴─────────────────────
━…‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥…━…‥‥…━…‥‥…━…

あの親日家のジム・ロジャーズが「日本経済の破滅」を予想。

12月3日、講演会の中でジムロジャースは、

「このままアベノミクスが突き進めばとうなるか」

その懸念を表明したそうです。


ジム・ロジャー氏はこう言います。

「自国通貨安で本質的に経済が救われた例はない。

 欧州や南米の様々な国が試みたが、
 
 一時的な刺激にはなれど長期的には成功しなかった」
 

ロジャーズ自身はとても日本のことが好きで、

文化的には素晴らしい国だと評価しているのに、

「私たちのような投資家にとっては良いかもしれないが、

長期的に見れば、このような政策は破たんを招く」

と言いきりました。

なぜそう思うのか。

ここで細かい話を書いても頭が痛くなるだけなので、

割愛しますが、要は

「人口減少」=「経済の衰退」=「日本の衰退」

という前提があり・・投資家にとっての魅力はナイ・・

という話。

そして、今回の日本銀行が行った金融緩和策は

リーマンショックを超える悲劇につながるだろう・・。

と、予測したのです。


まさか・・とは思いますが、

何が起こるかわからないのが今の世の中です。

ジムロジャースがそういって、投資対象から日本を外したのであれば、

きっとそういうことが起こってもおかしくない状況なのでしょう。

その事実は最低限、頭の隅に入れておかなければならない情報だと思います。


さらに・・。

以前も書きましたが、

いま世界の四大リスクとして挙げられているのが

「ABCDショック」。

Aはアメリカ大統領選挙におけるトランプ候補の勝利(America)

BはイギリスのEU離脱(Brexit)

Cは中国の経済成長鈍化(China)

Dはドイツ銀行の経営リスク(Deutsche Bank)。

こういったリスクがある以上、

何らかの形で備えておかなければなりません。

私は占い師ですから、

ある意味、「未来を予測」するのが仕事です。

来年どうなるか・・。近い将来どうなるか・・。

このまま進んだらどうなるか?

時代の流れと、個人のリズムを照らし合わせながら

リスクを避けるためにはどうしたらいいかをいつも考えています。

結論としては「備えよ」。今は「未の時代」。

さすがに2017年、ハイパーインフレが起こるとは思えませんが、

そうなっても慌てないようにリスクヘッジは必要だと思います。


そういった意味でも、よいタイミングで暗号通貨をご紹介できたと思いますし、

暗号通貨を所持している方は、まさに2017年から、金融業界の変化とともに

恩恵を受けることになるだろう・・と、期待しているのですが。


事実。ビットコイン。

この記事を書いているこの瞬間(12/21 23:30)

98302円に高騰していますね。

2か月前には、65000円・・。

半年前には、45000円・・。

その価値は着実に上がっています。

皆が使うから、価値が上がる。

必要だから価値が上がるわけで・・・。

暗号通貨に、資金が流れてきているのです。

(ちょっと買われ過ぎの気もしますが・・。)

まさかナイとは思いますが、

ジムロジャースの予想が当たったら・・。

今年仕込んでおいて正解だったと思うはず。

未来は誰にもわかりませんが対策は必要です。

その決断できたあなたを褒めてあげてください^^

きっと来年は良い年になります。
 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。