願望を実現させる占い師 吉本博栄の独り事

博栄流四柱開運術の創始者吉本博栄が世相をぶった切ります、

NEW !
テーマ:

シェアの時代になっています。
家も、車も、服も、自己所有せずに、
必要な時に必要な人が、シェアして使う
皆で使う。
独り占めじゃなく、共有しよう!
世の中はそんな流れになっています。



シェアハウスという言葉が生まれたのは
いつぐらいからだってでしょうか?
高い家賃を払うより、お友達との共同生活で生活費を浮かせるとか、
共通の趣味を持った仲間同士で、一緒に暮らすとか・・。
不動産物件をみると、シェアハウスの賃貸は
けっこう目につくようになりました。

アメリカの大手タクシー会社、
イエローキャブが倒産したのをご存知ですか?
あれだって、自家用車のシェアが背景にあって、
配車サービス「UBER(ウーバー)」の誕生が引き金になっています。
これは世界の各都市で展開されている配車サービスで、
携帯アプリから今いる場所にハイヤーを呼ぶことができるシステム。


ハイヤーといっても、普通の車です。
ウーバーに登録している一般の車所有者をアプリで呼び出し、
サイトを通して決済とか、評価とかするサービスであり、
いうなれば車のシェアですよね。
車の空いている時間の有効活用として一気に世界へ広がりまいた。



民泊も同じ。
空き物件の有効活用。
みんなで使う。
共同で所有する。


なんでもそうですが、
タンスの肥やしにしておくより、
必要な人に使ってもらうとか、
必要な時に持っていいるひとから借りた方がいい・・。
無駄を省くと、結局そうなるし、合理的なんですよね。


資本主義に限界が見えてきた・・
と言われて久しいですが、
シェアはある意味、資本主義の反対の考え方で、
競争ではなく、共存になります。
これからの時代、シェア文化へとシフトのは間違いなく
できるだけ、もの持たない。
そういう生き方が、主流になるのかもしれません。


物欲で生きてきましたが、そういうのは終わり、
奪い合うより、与えあう。
自分のものではなく、みんなのもの。
そういった思考、思想に変わっていくのだろうと思います。


むかしむかしの話ですが・・。
アメリカの開拓時代。
白人はインディアンに向かって言いました。
「この土地は誰のものだ?」
インディアンは答えます。
「誰のものでもない」
「そうか!ならばこの土地は今日から私のものだ」
白人はそういって、土地を柵で囲ってしまいました。


インディアンの言う「誰のものでもない」は、
「ここに住むみんなの土地だ」という意味です。
でも、当時の開拓者たちには、その意味が分からなかった・・。
土地のシェアなど、考えもつかなかったのです。


我々だって同じ。
所有こそ成功の証。
物であろうが、土地であろうが、自分のものと、
他人の物を区別し、そこに価値を付けてきたのです。


それが資本主義でもあったのですが、
そこにひずみが生まれ、立ち行かなくなり、
シェア文化が復活し、広がりを見せている。
これはもはや必然であり、流れは止まりません。


世の中の形が大きく変わり始めています。
どうなるかも見えてきました。
今の常識は通じなくなり、新しい価値観が生まれる。
その価値観を受け入れることができるか否か・・。
10年後のあなたの運命が変わってくるはずです。


10年先に何が起こるか・・・。
続く

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

最近、家について考えています。
マイホームは持つべきか、否か。
正直、何とも言えないのですが、
マイホームを持っている立場で言うなら、
借家暮らしでもっと身軽が良かったな~と感じています。


住むところって、とても重要です。
人の運命は、環境に左右されるので、
どこに住んでいるかによって、まったく運命は違ってきます。

四柱推命は、その人誕生日で占いますが、
世の中には、同じ誕生日の人はたくさんいるわけで・・・。
その人たちが全員 同じ運命をたどるかというと
ぜんぜんそんなことはなく、十人十色。
それぞれの人生を歩んでいます。

それは、仮に同じ人であっても、
環境・・つまり、住むところが違えば運命も変わるはずで・・。
結局、もって生まれた性格がどうとか、才能がどうとかいうより、
それを活かせる環境に身を置くことができるかどうかで、
人生が決まってくるという一面があるわけです。

そういう意味においても、
住む場所というのはかなり重要になり、
都会に住むか、田舎に住むか・・・
はたまた国内に住むか、海外に住むかで、
まったく違った人生になってくるはずです。


マイホームというのは通常、30年とか、
長期のローンを組んで購入する人が多いので、
家を買うというのは、そこに一生住み続ける・・
といっても過言ではありません。

ということは、一生その環境の範囲で生活するしかなく、
商売をはじめたくなっても、地理的条件が悪い場所だったり
ご近所との付き合いが難しいケースがあったり、
不便だったり、街並みが変わってしまったり、
自分の意思とは関係なく、周りの影響によって
運命を左右されることになるわけで・・。

そういう意味では、マイホームなんか持たないで、
その都度、自分の都合で住み替えることができる
借家暮らしの方がぜんぜん良かったりします。

社会に出て、隠居するまで仮に50年あったとします。
その50年間、ずっと変わらぬ生活をする人もいるとは思いますが、
今の時代、世の中の変化は激しいですし、
今の仕事を、隠居するまでずっと続けるのが
難しくなっていることを考えると、
今のライフスタイルに応じて、
自分に最も適した環境にすることができた方が
断然有利だし、楽に生きていけるような気がするのです。


私の場合、30代前半でマイホームを持ちましたが、
子供たちが巣立ち始めた今、部屋はいらなくなったし、
仕事も当時とは違って、行動範囲も変わってきたし、
今住んでいるところじゃなくて、別のところ?
もっと、自分を活かせる場所に、(もちろん吉方位に)
引っ越しできるものなら、したいと思うようになりました。


それに、震災とか天災とかみていると、
浸水や、崩壊した家に住んでいる人の、
気の毒さ・・・。

「もともと借家なら、借金は残らないのにな~」

と、固定資産を持たないことのメリットを感じます。

借家は、いくらお金を払ってもその家が自分のものになることはないので、
マイホームを持った方がいい・・という話を聞いたことがありますが、
ローンが終わっても、固定資産税がかかるし、相続税もあるし・・。

お金に関して言えば、どっちもそれほど変わりなく、
どうせ年を取れば死ぬんだし、子供たちも自立して家を出ていくし、
今住んでいる家を維持する意味もありません。


「家制度」がなくなった現代社会においては、
代々守り続ける家はほぼ皆無。
農家であっても、維持ができなくなってしまいました。
そこは国造りとして、どこかで間違えたでしょうが、
そういった世の中だからこそ、家を持たず・・

それを逆手にとって、吉方位へと転々とする生き方?
それも面白かったのではないかな・・と考えます。

もちろんマイホームのメリットはあるし、
幸せを謳歌してきましたが、
家を作るのは、早すぎたかも・・と、感じるこの頃。
今のライフスタイルに合わせて、住み替えもいいかな・・。
なんて考えています。


願わくは、吉方位へ転居する。
そしてもう一旗あげたい、私ですww
 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

日曜日は、通常のメルマガは休刊日となり、

編集後記はお休みです。

日曜日限定の上位版配信しています!

 

 

  ※上位版を購読の方は、

   先々の「日々の吉方位早見表」(3240円)が

   無料でダウンロードできます。



今回のテーマは
「生まれ変わり」(4)です。

私は生まれ変わりについて
前世の記憶のある、なしで、説いてきました。
これは
「記憶があるのだから、前世があったのだろう・・」
という仮説です。

でもよくよく考えてみると、
「記憶」とは、とてもあいまいなもので、
実体はありません。

「物質」ではないので、手に取ってみることもできないし、
色も形も匂いもないものです。


ならば、記憶とはなにか?
 

続きは上位版で!↓

http://www.mag2.com/m/0001616546.html

 

月額540円(初月無料)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
働く理由?
もちろんお金のためではあるでしょう。
だけど、それだけじゃないです。
理由は人それぞれ。
そこを理解していないと、トラブルになります。


あなたが働く理由は何でしょう?
やはり、生活費を稼ぐためでしょうか?
それとも、仕事にやりがいを感じているのでしょうか?
両方?


基本は、お金を稼ぐためなんだろうと思います。
生活を支える手段として仕事があり、
みんな頑張っている。
なかには嫌いな仕事をしてる人もいるでしょうし。
辛くても、我慢して、稼ぐために毎日休まず仕事して・・。
ホントは仕事なんかしたくない人だっていると思います。


かとおもえば、その仕事が大好きで、
仮にお金がもらえなくても、やる!
そういう人もいるはずで・・・。

私の場合もそうですが、
もともとは占いは無料で鑑定してましたし、
生活のために占い師になった・・
なんて思ったことがありません。


お金がほしいなら、もっと稼げる仕事があります・・。
占い師なんかより、会社経営の方が儲かるわけで・・。
実際そうしてきたのです。


だけど、仕事はお金を稼ぐためにやるものだ!
と決めつけてかかってる人がいます。
仕事は好きじゃないけど、生活できないから仕方なくやる。
それはそれで本人がどう思っても自由なんですが、
だからといって、自分がそうだから、みんなもそうだと
勘違いしている人がいるんです。


仕事をする理由はたくさんあります。

・生活のため、お金のため
・好きだから、やりがいがあるから
・お客様の笑顔が見たくて
・職場に好きな人がいるから
・修行、勉強のため
・たまたま、仕方なく
・代々続いてる
・人助け、頼まれたから

考えればもっともっと出てくるはずです。

原則、仕事はお金のため、生活のためではあるけれど、
そうでない人だっていることは、知らなきゃなりません。

私の偏見ですが・・・。
お金のない人ほど、お金のために仕事をしています。
お客様のために・・
あるいは、好きなことを選んで・・・
そういう人の方が、結果、
お金には恵まれているように感じます。

お金のため・・ではなくて、
誰かのため・・に、できること、喜ばれることをする。
自分のやりたいことをする・・にしても、
それが役に立つことかどうかで、判断する。
その方が、お金のために働くより、
お金が集まってくるように思います。


いずれにせよ、働く理由は千差万別。
お金のためだけじゃないのです。


私が言いたいのは、
だれもがそれぞれの価値観で仕事をしているということ。
自分と同じではない。
どれが正しいとかではなくて、違いがあるということ。
それは知っておかなくてはなりません。

大金持ちって、何のために仕事しているんですかね?
生活費のため?
そんなわけないですよね。


自分は何のために仕事をしているのか、
深く考えてみましょう。
あなたが働く理由は何ですか?
仕事に満足していますか?


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
人は裸で生まれ、裸で死んでいきます。
この世を去る時には、お金はもちろん、
これまで培った知識や経験だって持っていけません。
持っていけるのは、「魂」だけ・・・。
だからこそ、生きている間は
魂を磨く必要があります。



私は、「人間とは”記憶”である」と定義しています。
記憶とは、生まれてから死ぬまでの、経験や知識としての記憶。
両親からもらった、DNAの記憶。
そして、生まれ変わり、魂の記憶。
この3つの記憶の集合体が、人間だと思っています。


記憶を失ったら、もう”その人”ではありません。
記憶とはそれくらい大事なもの。
自分そのものです。


私たちは生まれてくるとき、
”魂”をさずかりますが、魂の中には、
前世の記憶が刻まれているし、
過去世の知識経験も刻まれています。
魂はDNAと結びつき、今の私を作っていて、
人生を通して、さらなる魂の成長を促します。


生きることが、記憶の蓄積であるなら、
それが魂の成長であることは間違いなく、
生きるとは、魂を磨くことなのだろうと思っています。



言い換えれば、生きているうちにできること
優先順位が、”魂磨き”なのだとおもうのですが、
ならば、魂磨きって何をすればいいのでしょうか?



考え方はいろいろあると思いますが、
”磨く”と表現する以上、摩擦とか、鍛え上げるとか、
負荷をかけることが”磨く”ことなのでしょう。
そこには大変さを伴うようです。



努力するとか、何かにチャレンジしたり、
勇気を出してみたり、
精神的な負荷をかけることが、
人間としての成長になるし、
自分が努力する事で、自分が変わり、
周りが変わり、すべてが変わる、
そういうことが魂を磨くことなんだと思います。


死んだときにあの世に持って帰れるものは魂だけです。
そしてこの世は魂磨きの場。
そのつもりで生きてみる。
たいへんな事、辛いことがあるたびに、
これは魂磨きのチャンスだと、喜んで受け入れる・・。
少なくとも私はそう思うことにしています。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
成功するのに、”自信”なんかいりません。
そんなものかえって邪魔なくらいです。
「私、自信がないんです」
大いにけっこう!

でも、そう思う人は少しだけ視点を変えてみましょう。
違った世界が目の前に広がります


さて?
視点を変える・・・とは?



自信とは何でしょうか?
それはもちろん”実績”のことです。
これまで自分が何をしてきたか、
何を達成してきたか
どう頑張ってきたか
いうなれば過去の実績と裏付けが”自信”です


こういうものを持つことは素晴らしいし、
誰だって、自信を付けたいと思っています。

私も、それなりのことはやってきたし、
どんなトラブルが起こっても対処できる自信がありますが、
だからといって、何でもかんでも自信満々なわけではありません。

日々、不安との闘い。
迷いとの闘いがあります。

でも、世の中には、自信満々な人もいます。
大きな声で話し、堂々と意見を述べ、
先頭に立って行動し、みなを引っ張り、
「俺について来い!」と言わんばかりの自信家!
そういう人を一人くらい見たことがあるはずです。


ただ、そういう人を見て、私は思います。
自分はできるという人、自分は自信あるという人の多くは、
自分のできる範囲のことしか考えられない、
視野の狭い人。

しかも身勝手で、押しつけがましく、
自分は正しいと思っている、偏った人・・。


自信がある人=小さい人
だと思っています。


だって、どんなに優れた人でも、
自分ができることは有限なはずです。
世の中は協力関係で成り立っていて、
それぞれの得意分野があり、それらの力があってこそ
大きな結果を残すことができるはずで・・・。


自分ができることをはるかに超えた結果を出したいなら
自分のできる限界を知り、自分の能力の無さを
認める必要があるはずなのです。
自分とは異なる経験、考え、能力、その力を借りてこそ、
自分の能力を遥かに超えたものを、場に創り出すことができるし
より優れた、大きな結果を残すことができます。


どんなに優れた人でも、ひとりでは何もできない
「自分はできる」と思っている人よりも、
自分一人では限界があることを知っている人の方が、
より大きな成果を手にできる人だと思います。


だから思います、
自信がない?
大いに結構です。
あなたの足りない部分は、仲間たちに協力してもらえばいい。
協力し合うことで、結果は作れます。


自分に自信をつけることもいいですが、
それ以上に、周りを認めることの方が大事。
あなたの周りには、あなたより優秀な仲間たちが
たくさんいるのです。


とはいえ・・。
そのためには、やろうとしていること(あなたの目標)に、
大義名分が必要。
周りの協力を得るには、
何のためにそれをするのか
誰のためにそれをするのか
他人から応援してもらえる目標でなければなりません。


自分勝手にならず、謙虚に、驕らず、
出しゃばらず・・・。
そして、あなたの大きな「志」に人はついてきます。


なにかを成し遂げようと思ったら、
「自信」よりも「志」。
頼れる仲間の力を借りれるかどうか・・。
その一点にかかっていると思います。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
オリンピックが閉会しましたね。
選手のみなさん、頑張りました!
以下は、各国のメダル獲得ランキングです。


順位 国名  金  銀  銅  合計
1 アメリカ 46  37  38  121
2 イギリス 27  23  17  67 
3 中国   26  18  26  70
4 ロシア  19  18  19  56
5 ドイツ  17  10  15  42
6 日本   12  08  21  41

この数字を見て思うこと・・・。


オリンピックでのメダル獲得数は、
そのまま GDPの総額になりますねww
GDPの総額が大きいとメダルも多くなる。

『マンキュー入門経済学』というらしいですが、
”世界クラスの選手を生み出す
一国の能力を測る最善の尺度がGDPの総額である”
と説かれており、まさにその通りの結果になっています。


それはつまり選手を育てるのは、国力が必要ってことですよね。
代表選手になることも含めて、メダルを取るのは、
本人の努力のみならず、国全体の力添えがあってこそ。
国民の応援のたまものなのだろうと思います。


とはいえ、選手たち。
よくがんばりました。
たくさんの感動をいただけたことを
感謝したいと思います^^


さて、このオリンピック。
2020年は東京で開催されます。
あとまる4年あるわけですが、
無事、開催できるでしょうか?


以前、易を立てた時は
頓挫の卦。
そして、エンブレムとか、競技場とか、
わいろとか、なにかにつけてアヤが付き、
このままでは本当に、頓挫するのではないか・・
と心配でしたが、天変地異でもない限り、
東京オリンピックは開催されそうかな・・と
取り合えずは、一息ついているところです。


天変地異でもない限り???

まあ、そこが一番の不安ですけどね。
こればっかりはどうしようもない。
その時は、あきらめるしかありせんが・・・。
そうならないことを祈ります。


ちなみに今。4年後オリンピックに向けて
目標設定している選手たちがいます。
東京で金メダルを取る!
そのための練習をしている人がいます。
明確な目標設定ですよね。

きっと、びっしりとスケジュールが組まれ、
その通りに実施していくと思われます。

では、あなたは?
4年後の目標設定はありますか?
4年後、何をしているでしょう?
どんな人生を送っていると思いますか?


起業している?
結婚している?
子供がいたりして?
海外生活もありそうですね。


4年後どんな状態かイメージできる人は
たぶんそうなっています。
イメージできない人は、今までと同じ?
かもしれません。


夢や目標を持つことは、とても良い事です。
励みになることは間違いなく、
生きる希望が湧いてきます。
なので、できれば夢を持ってほしい
目標を持ってほしいわけで・・・。
それに向かって、進んでいただければと思います。



4年なんて、あっという間です。
後悔しないように、計画を立てておきましょう!
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
最近になって、縄文時代が分かってきそうだ。
今から1万年以上前、日本は縄文時代でした。

そのころはまだ、文明をもたない石器時代と思われていましたが、
最新の研究結果によると、超古代文明であり、
優れた文化を持っていたことが明らかになりました。
それも、世界の4大文明に引けを取らないほど、
見事な社会と秩序と文化をそなえた文明だと言います。

「やっぱりな・・・」



これまで地球に生まれた文明をひも解くと、
ガイヤリズムの法則がばっちり当てはまります。
ガイアリズムとは、地球のエネルギーによる
文明開化の法則をいい、800年周期×8サイクル=6400年の
文明開花地区の移動のことです。



今から6400年前、シュメール文明が起こりました。
それは今の世界のはじまりまりでした。
ガイヤリズムを考えると、
さらにさかのぼること、12800年前に
日本発祥で、何らかの文明が起こっていたはずなのですが、
私たちは、縄文時代を、原始時代と教わりました。



教科書で教わったことを真実と思い、それを信じてきた私たち。
古代中国から稲作が伝来したとか、
日本人は大陸から渡ってきて日本列島に住み着いたとか・・。
日本は文明が遅れていたから、外国から学んだのだ・・と
ある意味自虐的な歴史認識を教えられてきたものにとっては、
縄文時代が、超古代文明であり、世界のはじまりと言われても
なかなかピンとくるものではありません。



でも、遺跡を調べていくうちに、わかってきたのです。
縄文時代は、きわめてすぐれた文明であり、
数千年にわたって栄えてきた文明であることが・・。
「月と蛇と縄文人」という本を読んだことがあるだろうか・・。
その内容はとても斬新で、縄文の世界観を
独自の観点で解説してあり、興味深い内容になっています。




ネタバレになるので多くは書きませんが、
縄文人は何を考え生きていたのか、
どんな文化を作ったのか、
そしてそうした文化がなぜ1万年万も続いたのか?・
が分かりやすく、書かれています。
縄文時代の偏見は、この本一冊で消えてしまうことでしょう



さて、その縄文時代。。。
考えてみれば、1万年なんて、地球の歴史から見れば一瞬です。
その一瞬に、人類が一気に文明開化したのだ・・と考える方が不自然で、
何万年もかけて、人間は人間らしく成長していった・と考える方が合理的です。
2万年、3万年前にも、今と変わらぬ人間がいた・・・。
文化があった・・それが自然な考えだと私は思います。



ただ、地球は時々、大変化を起こします。
ノアの箱舟に見られるような、世紀末伝説は
各世界にあって・・・。
一度や二度ではなく、何度も人類滅亡の危機に
さらされてきているはずなのです



もちろん縄文文明も滅びました。
そして今は地面の中に、遺跡として埋もれています。
火山活動か、地震、津波か、隕石かわかりません。
とにかく、埋まってしまった文明がそこにあります。



掘り出されたその遺跡から読み取れる文明は、
これまでの常識をひっくり返すほどのものでした。
超古代文明が、日本にあった・・・。
それが一万年以上前に、栄えていた。



もし、12800年ほど前なら、ガイヤリズムの法則通り・・。
その地に文明は生まれ、栄華を極めるはず。
なければおかしいのです。



そして、掘り起こしてみたら?
それがみつかった・・というはなし。

縄文文明という、極めて優れた文明があり、
その生き残りが今の日本人であり、
その文明(神道)を引きついていることが見えてきたのです。



1万年以上前
世界は日本からはじまっています。
そして、ひとサイクルたった現代。
再び、ガイヤリズムにより日本から新文明が開化しはじめる。
世界は、大変化を遂げることになるのです。



そのうち続く


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
日曜日は、通常のメルマガは休刊日となり、
編集後記はお休みです。
日曜日限定の上位版配信しています!


  ※上位版を購読の方は、
   先々の「日々の吉方位早見表」(3240円)が
   無料でダウンロードできます。


今回のテーマは
「生まれ変わり」(3)です。


私たちは何度も生まれ変わってきました。
何百、何千、何万もの前世の記憶を持っていて、
それらの記憶が無意識の領域で私たちに影響を与えています。



何万回の生まれ変わりの中には、面白いものがあります。
たとえば・・・。
考えたことはありませんか?
「生まれ変わりって、人間だけなの?」って。


過去世で動物や昆虫、植物だったことはないだろうか?
死んだらそれらに生まれ変わることはないのだろうか?
実は、何万回の生まれ変わりの中には、
人間以外に生まれてきたことがあるようで、
そういった記憶を持っている人がいます。


続きは上位版で!↓

月額540円(初月無料)
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
- 土曜日は無料ワンポイント鑑定 -

メルマガ読者限定
無料ワンポイント鑑定をさせていただきます。

無料ワンポイント運勢診断のお申込みは
メルマガ登録をお願いします。
→ http://相性占い.jp/mail/ 

======================================== 
今週の鑑定結果は

1977年12月18日  女性 Yさま
Q:仕事と恋愛、結婚、全て上手くいくためには
どこで何をすべきなのか、教えてください。


A:優先順位を決めてください。その順番に行動しましょう。
  
---------------------------------------------

1984年8月28日  女性 Kさま
Q:現在、独身で出会いもない状態です。
  今後、運命の人に巡り会えますか?
  
A:出会いは自分で作りましょう。
  まずはどこでも出かけること。


---------------------------------------------


1975年01月21日   女性 Tさま
Q:うつ病が治りません。いつ頃治るか分かりましたら教えてください。
  とても辛いです。

A:引っ越してみましょう。気分がかわれは体調も変わります。

---------------------------------------------

無料ワンポイント運勢診断のお申込みは
ワンポイント鑑定は体験鑑定です。


公開出来ないようなご相談事、
ワンポイント(五行)では収まりきれないお悩みや相談等、
お急ぎの場合は下記有料での鑑定しています。
(当日~2日以内に鑑定結果をメール返信。)
メールやスカイプによる悩み相談・後の運勢・相性鑑定・
メルマガ読者価格 5400円(1h)
申し込みはこちらから 


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。