sawa2のひとりごと

日常生活の中での出来事、趣味のハンドメイド関係のことを書いたりしています。


テーマ:

小林麻央さん、乳ガンを患い、闘病生活が続いていましたが、6月22日の夜に亡くなられました。

有名人がガンになると、何だか色々と考えさせられます。
アナウンサーだった逸見政孝さんが亡くなった時から、おかしいと思っていました。
未だに釈然としない亡くなり方かたでしたよね…。

早期発見が大事なので、検診は受けましょう!
という、有名人がガンを公表したり、亡くなった時は、ここぞとばかり取り上げられます。

検診は必要ない、と医者が言っています。
声を大にしては言えないですが…。

検診は毎年受ける必要はありますか?
何も異常を感じないのに、レントゲンやマンモグラフィーを毎年受けると、どうなるか考えたことはありますか?

健康な体なのに、わざわざ放射能を浴びていることになります。

何もなかったのに、悪いものができてしまった…ということもありえます。

もちろん、血縁関係者にガンで亡くなった人がいたら、要注意だと思います。
が、だからといって検査三昧は良くないかと。
(実は遺伝もあまり関係ないと言ってる医者もいます)


まずは食生活、適度な運動、お金をかけずに健康でいられるのに、わざわざお金をかけて良くない食事をとり続け、運動もしない、そして病気になって治療にお金がかかる…悪循環だと思いませんか?

検診をすすめるのは日本ぐらいなものだそうです。
マンモグラフィー、禁止になる方向の国もあります。

私は、中学生から結婚するまでの間に、色々と病院のお世話になりました。
レントゲンも何回も撮ったし、MRIも覚えているだけで3回も。
胃カメラも飲んだし、大腸検査もやりました。
それでも入院したのは、出産以外の病気では一度だけです。

『病は気から』というものが、かなり大きいなぁというのを実感しました。

一般的な風邪をひいたからと、市販の風邪薬を飲む→治りません。風邪を治す薬は、この世に存在しません。
添加物だらけなので、余計に体を悪くします。

自己暗示で治ります。
これはかかりつけの内科の先生もおっしゃっていました。

もちろん、一般的な風邪ではなく、肺炎や普段と少しでも様子がおかしいと感じたら、すぐに病院に行って下さいね。

椎間板ヘルニアだった私が、ある時きれいな状態に戻りました。
MRIの画像を見て、先生もビックリしました。
免疫力が低下して、膠原病の疑いがあると言われ、定期的に血液検査をしていた私が、ある時から数値が戻りました。

良くなったのは、とある健康法を実践した結果です。
お金はほぼかかりません。
そして誰でもできます。

長男も次男も、入院一歩手前までいったことがあります。
次男は血液検査で白血球の数値がものすごい高く、長男は胃腸炎からの脱水症状。
どちらも入院せずに治りましたが、この時も自己暗示がかなりきいています。
それ以降、風邪もひかずに元気です。

良い方に考える『思い込み』は、とても大事だと思います。

私自身が体験してきたことを、また少しずつ書いていこうと思います。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

sawa2さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。