マサキドウシンの気分は上々

ブログの説明を入力します。

マサキドウシンの気分は上々を彩る・・・


右下矢印右下矢印右下矢印右下矢印右下矢印


$マサキドウシンの気分は上々


$マサキドウシンの気分は上々


$マサキドウシンの気分は上々



$マサキドウシンの気分は上々




$マサキドウシンの気分は上々





$マサキドウシンの気分は上々



$マサキドウシンの気分は上々

$マサキドウシンの気分は上々
$マサキドウシンの気分は上々

$マサキドウシンの気分は上々

$マサキドウシンの気分は上々

おっちゃん怪獣 & 迷惑な女

$マサキドウシンの気分は上々-ipodfile.jpg

$マサキドウシンの気分は上々


















テーマ:

大歓声に包まれたオープニング。オーディエンス総立ちでショータイムが始まる・・・この曲から行くよな、やっぱり・・・ステージ中央、スポットライトを一身に浴び省吾登場~スタートからハイテンション突入、そして2、3曲目と新しいアルバム「旅するソングライター」から珠玉の2曲・・・ネタバレになるから曲名は書かないけど・・・


1部は「旅するソングライター」から全曲セレクト。CDで聴くのとライブで体感するのは違うよね。色々な発見があった(^-^)/


ステージ上の浜田省吾。60歳過ぎても変わらずカッコいい・・・キムタク、福山にも負けていない。醸し出されるオトナの色気と品格、圧倒的存在感、誰もが好きな変わらない歌声・・・ステージ衣装もカッコいい。NHKホールはあっという間に省吾色に染まっていく・・・いつもの景色がそこには見えるクラッカー


オーディエンスとの距離感が近い、一体感も変わらない・・・夫婦、親子、恋人同士、友人・仲間の絆を変わらず大切にしていることを感じさせるMC・・・優しさ、誠実さ、実直さ、温かさ・・・心地よい言葉が全てあてはまるシンガーソングライター浜田省吾の人物像ひらめき電球だって彼とその音楽に救われてきた人はたくさんいるはずだ・・・だから一度ファンになれば離れる人はいない。


同じ時代を生き、共に歩み続けていることを誇りにさえ思う。



そう言えば、渡辺謙と南果歩夫妻が来てたらしい音譜


盟友、町支寛二との掛け合いも変わらない、古村さんはじめバックの一流ミュージシャン達の演奏も素晴らしい。ヴォーカル&コーラスの女性2人も良い。全てに完璧なステージだった。構成もオーディエンスの年齢を考え?1部と2部、新しいアルバム全曲とオーディエンスの誰もが口ずさめ、盛り上がれる楽曲の構成。休憩も15分取ってるし(スライドショー&ピアノ演奏)


2部のオープニング曲も僕が大好きな1曲。この曲はテンションMAX,、気分が盛り上がる・・・久しぶりのタンクトップ姿も60代には見えない鍛えられた肉体美・・・疲労はあるだろうけど、そんな姿は微塵も見せずに気迫だけが伝わってくる・・・オーディエンスと共に歌い、叫び、手を挙げ、一気に走り抜けていく・・・


熱気は益々増していく・・・この夢のような時間が永遠に続けばと思う・・・


あっという間に2部も終わり、アンコール、ファイナルへ~オーディエンス総立ち全員で省吾コールの大合唱。出てきた省吾は腕時計見ながら時間、時間遅いよってポーズ(笑)当然オーディエンスは催促(^人^)分かった、分かったとポーズする省吾。じゃあ、あと1曲行くって・・・ホールは大歓声クラッカー

バンドメンバーに1曲行くぞと合図を送る。今宵ステージのラストの演奏が始まる・・・


そう言えば、浜田省吾にとって渋谷・代々木界隈は聖地なんだな。神奈川大学在籍中に映画館に通い、昔、小劇場 ジァン・ジァンで演奏し、渋谷公会堂、このNHKホール、代々木第一体育館と数々のライブを行ってきた・・・


全ての演奏が終わり、鳴り止まない拍手と大歓声の中、感慨深げにホールの隅々を見渡し、見上げながら去っていく省吾。もしかしたら今夜がこの場所で演奏する最後になるかもしれないとの想いがあったのかな。別れを告げてるように感じたのは僕だけだったのだろうか・・・


もう省吾と僕らが共有出来る残された時間が限られて来たんだなぁ~と感じた瞬間だった・・・


時間は9時半を過ぎ、約3時間のライブは終った。

降りしきる雨の中、2011年のライブ会場だった代々木第一体育館を横目に帰りは原宿駅へ。


次に再会出来るのは何時、何処になるのだろう。


そんな中、夢の時から覚め、現実世界へと向かった・・・






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

外はすっかり暗くなっていた。定時に会社を後にし、渋谷への道のりを急いでいた。偽りとまでは言わないけど、そんな時間から解放され、本来の自分を取り戻せる時間…

2013年FFFで参加した渋谷公会堂を横目に本日のパーティー会場へ向かう…


今日は待ち続けていた浜田省吾のライブ!NHKホール2日目。前回チャリティーライブから約2年半、10年振りのオリジナルアルバムが発売されてから約8ヶ月、今宵限りの一枚を手にすることが出来てから約半年。僕にとって2015年最大のイベントのひとつであることは間違いない。これだけの時間をかけて待った夢の時間はたった3時間で想い出となり記憶の中に刻まれていく。

今宵は浜田省吾とその楽曲と共に歩んできた人生を振り返る時間でもあるのだ。

頭の中を走馬灯のように過るあの頃の記憶…高校時代アルバムJ.BOYを聴いて、FATHER'S SONを聴いてファンになり、当時付き合ってた彼女と行った1988年8月渚園…

互いに浜田省吾のファンであることも幸いし?今の妻と出逢い、足を運びまくってた90年代前半のライブシーン…結婚して子供が出来て、妻の母に子供を預け、星の指輪の詩を自分達に重ねながら向かった1998年ライブ…ピクニック気分で出掛けた1999年昭和記念公園の空を見上げ、今日は雨降らないだろうと…

俺の初恋はロックンロールと歌った省吾と自分の初恋は何だっけ…なんて色々考えながらさいたまスーパーアリーナのセンターステージの省吾とバンドメンバーを見つめてた05年…

東日本大震災が起きて、ライブ開催も危ぶまれた中、異様な雰囲気、緊張感に包まれた静岡のライブ~横浜、代々木、さいたま~仙台、さいたま~忘れられないJ.BOY演奏前の省吾のメッセージ…11年、12年

そして、同窓会で再会した高校時代の彼女と二人帰り道で語り合った想い出と…そんな彼女と別れ、1人公園で缶コーヒーを飲みながら見上げた夜空の月がまるでミラーボールで…二人が好きだったラストダンスが何度も過ぎったあの瞬間を今でも鮮明に想い出す…12年正月…


さぁ、ホールに着いた。多くのオーディエンスが集まっている。

何年も会うことが出来なかった好きな人と会うために、最高のオトナ女子に変身して来た彼女たち…

久しぶりの親友との再会に心踊る人、どんなにカッコつけても浜田省吾にはなれないけど、自分の景色を重ねるオトナ男子たち…

浜田省吾で繋がった仲間達と今宵限りのパーティーで盛り上がるぞとハイテンションのグループの数々…

18時30分過ぎ…いよいよ開演だ…

会場の盛り上がりは最高潮に達していく…


続く



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
久々という言葉が適切でないほど、遥か昔の気がする・・・そう、前回ブログを書いたのが2014年3月だったから。空白の時間について、たいした理由はないけれど、当時ブログを書くことが必然の日々で。多少無理してた部分もあったし、到底今の自分には不可能で・・・気付いたら1年半経ってた。でも、無理なく時間があって、自然と書きたい時に書くことはありじゃないって、昨夜思った。あの人のコンサートに行ったら・・・

昨夜、斉藤和義、せっちゃんの超ロングツアー初日。しかも自宅からチャリで10分の場所(市川)が会場。


キマグレで書いた訳ではなく、昔から変わらない、変われない、せっちゃんのライブの雰囲気が(チョット女子率、しかも若い女性ファンが増えてたけど^ ^)心地よかったからかな。

ドラムのトムさん以外は、いつもと違うバンドメンバーのロングツアー。ベースの隅ちゃん、ギターのフジけん居なくて不安もあるんだろうけど、せっちゃんが「え~~っと。・・・練習いっぱいしてきたし、100回のリハより、1回ライブした方が良い。今日は、皆さんに実験台になってもらいますよぉ~」って。「じゃあ、ボチボチいきますかぁ」って。

女性客「せっちゃんカッコいい」せっちゃん「しよう」女性客「いいよぉー」せっちゃん「そんな簡単なのは・・、口説き倒し、やっと先っぽ入れたら、ダメぇーって言われ方がいい!」会場 大爆笑^ ^

いつもと変わらない、せっちゃん、凄いよ(笑)

ライブは新メンバーかつ初日とはいえ、想像を遥かに超える良いライブだった。新しいアルバム中心のセトリだが、良いよ良いよ。ライブ用にアレンジした楽曲も乗れる乗れる、良い感じ。どんどん良く、また変化して行くんだろうね。弾き語りもあって、そこは毎回変えると。
全23曲だったかな。せっちゃん「結構、体力使うな」「初日だけど、上手くいったんじゃない」
新バンドメンバー圧巻だったですクラッカー
今回のライブ内容は最高に良いですよ音譜
来年中頃まで続く長いツアー、チャンスがあれば、日本武道館公演行くかな!
皆さんも機会と興味があればぜひぜひ音譜



さて、来月は浜田省吾のライブに行くし、来年は山下達郎のライブ初参戦もある。
振り返れば、今年はサザンオールスターズ、ポールマッカートニーの東京ドーム公演にも参加して、相変わらず、ライブはメジャーなアーティスト中心に行ってる。

次回は、これまた久しぶりに省吾のライブ後に綴りましょうグッド!
では、またニコニコ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。