夜中のPOW!!!!!!

テーマ:
私は90歳を越える祖母と暮らしています

古い家なので、家に仕切りはあまりなく、所々をふすまや障子で仕切っているため、プライバシーやプライベートエリアは全くない環境でございます
いや、そんなことは何の問題もないのです
むしろ話せて、嬉しいくらいです


そして
私が眠る部屋の横には、祖母が寝ております
ここを仕切るふすまは、床に色々とコードが絡まっており、閉めることが出来ないので、まぁ閉める必要もないということで、ふすまは開いたままになっています


やはりこう、暮らしていて色んな障害が出てくるのですが
ほとんどはもう、全て受け入れています

例えば

祖母が夜中にせんべいを食べる音

祖母が夜中に飴を食べる、その飴の袋をこじ開ける音(力がない為1つの飴の袋を開けるのに1分以上の時間を費やします)

祖母が夜中に普通に話しかけるような寝言を言うこと

祖母が夜中にトイレに行く時、"ゴメンやで、おばあちゃんトイレ行くわ、みよちゃん起こしてゴメンやで"と毎回言う、むしろそれに起こされること


そんなの問題ないんです
もうこれは全て、受け入れております

ただ、昨晩
受け入れられないことが起こりました



そう

おばあちゃんのラジオ問題


です

ここに関しては何度か議題にあがっております。数年前から続く問題、ラジオのボリュームがとにかく大きいんです

何度下げてと言っても、なおらない部分になります





昨晩はなぜか夜中に
マイケルジャクソンのメドレーが大音量でかかっていたのです



所々
ポゥッッ!POW POW!!!!!
ハァーハッ!!!!!!
ポゥ!!!!!
アッ!!!!!!! ッッハ!!!!!!!!!
Pow!!!!!!




いや、もう限界です

やれることはやりました
瞑想してみたり
耳にタオルつめたり


でも、やはりこれだけポゥポゥ言われたら
眠れなかったんです


ほんと
夜中にマイケルジャクソンのポゥで眠れる人、私尊敬します

とっても良い歌なんですけどね



そして私はいつも通り
そーっと音量を下げに行きました



おばあちゃん
ありがとう

{3CF41E8E-D712-42AF-86B8-3E531FA9C517}




AD