『お前が医学部なんて無理だよ・・・』

私が医師になりたいと言った時、友人、先生をはじめ、両親や祖母までもがこう言いました。
ところが半年後、私が医学部に入学した事を伝えると・・・。

わずか半年で偏差値を30上げ、医学部に合格した勉強マニュアルを無料でプレゼント中!


http://www.progrise.com
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2011-02-13

【2/13 雑談】 マジックに感動!

テーマ:勉強テクニック

こんにちは、斉藤将人です。


昨日は仲のいい友人とご飯を食べてきました。



二次会は、その友人行きつけのバーに行ったのですが、

そこはマジックバーという、飲みながらマジックを見せてくれるところでした。



久々にマジックを見ましたが、大感動!



コインが瞬間移動したり、大きくなったり、

テーブルが浮いたり・・・。



程よくお酒が入っていた事もあり、物凄く盛り上がってしまいました。



普通のバーもいいですけど、こういった、楽しめるイベントがあるバーはいいですね。

店員さんの雰囲気も良く、これからも通いたいなぁ、と思いたくなるようなところでした。




一番ビックリしたのが、最後に店員さんに請求書を渡された時。


そこには【11万円】と書かれてました。



『えぇー!ボッタクリ??』

と一瞬焦りましたが、店員さんがニコっと笑い、請求書をひとなですると、

11万円が、1万1千円に!



最後の最後まで楽しませてくれる、最高のバーでした。

これからも機会があれば通いたいですね。


AD
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)
2011-02-11

【2/11 雑談】テレビをパソコンにしてみました!

テーマ:雑談

こんにちは、斉藤将人です。



僕は、結構大きいテレビを持っています。
ちょっと前に奮発して65型のテレビを買ってしまいました。(^^;



でも、買ったはいいんですが、あまりテレビを見る事がなく、

自宅ではパソコンをしている時間の方が多いです。



せっかく大きいテレビを買ったのにもったいないなぁ、と常々思っていたんですが、
先日、弟の家にいったら、弟はテレビをパソコンの液晶モニターとして使っていました。



『これだ!』

と思い、早速、パソコンの本体部分だけ購入。


画像端子をテレビにつなぎ、今は65型のテレビが僕のメインパソコンになりました。



パソコンをするのにも快適ですが、itunesで買った映画などを
そのままテレビで見れるし、YouTubeの動画も見れるし、とても快適です。



音楽も聞けますしね(^^


なんで、もっと早く気付かなかったんだろう・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2011-02-11

偏差値を必要以上に気にしない(後編)

テーマ:勉強の考え方

偏差値に踊らされて、志望校を変えてしまう人もいますが、

これは絶対にやめましょう。



結局失敗します。



模試の偏差値が低かったから、志望校のランクを下げた。
結果、大学に合格したはいいが、行きたい大学ではなかったため、
大学生活を楽しめず、結局仮面浪人をする事になる事も多いと聞きます。




模試は偏差値という数値ではなく、その内容を確認する事に意義があります。



自分がどの分野が弱いのか、どんな問題が答えられないのか、
今は解けない問題が、試験当日答えられるようになるためにはどうすればいいのか。



これを模試から把握し、試験本番までにしっかりと対策を立てる事。
これが模試を受ける、一番の意義です。



偏差値は、目安ですのでそれが低いから大学に
合格できないというものではありません。


それなのに、偏差値を気にする受験生って非常に多いです。


実際、模試の偏差値が低かった人でも、その偏差値以上の志望校に
合格しているという事も多々あります。



インターネットの書き込みや、合格体験談を読めば、
そんな実例はたくさん見つかります。



何度でも言います。決して偏差値に左右されないで下さい。
偏差値が受験の合否を決めるわけではありません。



模試の結果が悪ければ、今まで以上に勉強を頑張り、
そして、結果が良かった人はその結果に満足せずに
これからまた、受験勉強を続けていきましょう。



偏差値に一喜一憂していても、合格はできません。
とにかく鉛筆を動かし、努力し続ける事が一番大切です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-02-11

偏差値を必要以上に気にしない

テーマ:勉強の考え方

模試を受けると、自分の偏差値が算出されます。



大学のレベルも、『偏差値●●以上あれば合格できる』と
偏差値で表現される事が多いです。



だから、受験生は皆、偏差値に過敏になります。



模試の偏差値が良ければ大喜び。
反対に悪ければ、落ち込んでしまう。



でも、偏差値というのは、あくまでも『目安』程度のものです。

もちろん、参考にすべきものではありますが、ただの数値。
それ以上でも、それ以下でもありません。



偏差値が高い、低いなどと偏差値ばかり気にするのはやめましょう。



模試を受けると偏差値や合否判定がでますよね。



しかし、一般の模試であれば、必ずしも、自分の行きたい大学に入りたい人が
大学の合否判定欄にチェックをしているわけではありません。



とりあえず、何個も大学をチェックしているわけですから、
実際の合格ラインとは、大きな誤差が出ているのです。



これに気付くと、一般の模試の合否判定ほど曖昧なものはない事が分かります。
もちろん、参考にはなりますが、所詮参考程度のものでしかないのです。



偏差値や、合否判定を気にする事は時間の無駄です。



模試の結果は結果であって、本番ではないのですから
結果が悪かったからといって、
志望校のランクを下げるなんてもったいない。



自分のを模試の判定くらいで諦める事ほど愚かな事はありません。




(後編に続きます)



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2011-02-10

【2/10 雑談】いつか越えたい、その目標

テーマ:雑談

こんにちは、斉藤将人です。



私が今、勤務している病院は別に有名病院ではありません。
医療の質はそれなりに高い病院ではありますが、全国的には無名だと思います。



では何故、この病院で働いているのか、
それは研修医時代に、出会った内科の先生に惹かれたからです。



僕が研修医でまだ未熟だった頃、僕が持っていた患者さんが
どうしても退院したいと言って聞かない事がありました。



重症の心不全で、この状態で帰すわけにはいきません。
酸素と点滴のお薬で何とか呼吸状態を保っている状態だったのです。


僕は、何度も何度も入院治療の必要性を説明しますが、全く聞き入れてくれない。



『こういう人には何言っても無駄だな・・・』
僕は正直、患者さんのキャラクターのせいにして、諦めかけてました。



『もう、そんなに言うなら帰っていいですよ。
 でも、家で急変しても知りませんからね』


あまりに僕の話を聞いてくれないので、僕は多少イライラしてしまっていて
(今となれば恥ずかしい限りです・・・)このように言おうとしていました。



そんな時に、その先生がやってきました。



先生は最初、何も言わず、患者さんの訴えにひたすら耳を傾けました。
患者さんの気持ち、不満、それを全て深くうなづきながら、聞いていました。



『家に帰りたいよね。』
『でも、今の状態で帰ってもご家族は心配なんじゃないかな。』
『僕が絶対●●さんをよくするから、もうちょっとだけいてくれないかな。』



先生は優しい口調で患者さんに語りかけました。


すると、

『分かりました、先生。どうぞよろしくお願いします』



僕が何度説明しても帰りたいと言って聞かなかった患者さんが
憑き物が取れたように、まるで別人のようになって先生に頭を下げ、入院継続を承諾してくれたのです。



その時、僕は心が震えました。
『こんな医者になりたい』と憧れにも似た強い衝撃を感じたのです。



この先生についていこう。
そして、いつかはこんな医者になりたい。



医者になって初めて、自分の目標を見つけました。



研修医が終わると大学の医局に戻る医師が多いのですが、
僕はその先生に頼み込み、その病院の内科に居続けさせてもらう事にしました。


この先生より、技術の高い医師は世の中たくさんいます。
この先生より、頭のいい医師もたくさんいるでしょう。



もっと有名病院に行けば、知識も技術も付くのかもしれません。



でも、医師に一番大切なのは、手術がうまい事でもないし、頭がいい事でもない。
僕は先生から、このことを学びました。


医者と患者は、人と人です。
相手は感情を持った人間。

それを忘れている医者が多いと思います。


僕は先生から、その当たり前だけど、とても大切な事を学びました。

知識も大事、技術も大事。
それはわかってますし、それはそれで勉強しています。



でも、それ以上に大切なのは、患者さんと向き合う事。


忙しい日々が続くと、つい患者さんと向き合う事を忘れがちになります。
時間がないと、患者さんの訴えを遮って、自分で勝手に判断してしまいそうになります。



そんな時はいつも、先生を思い出します。
先生なら、こんなひどい診察はしない。もっと患者さんの話を聞くはずだ。

自分が間違った道に進みそうになる時、それを正してくれます。


みなさんは、自分の目標になるような人はいますか?
ぜひ、目標となる人を見つける事をオススメします。



そして、その人を見つけたら、その人の行動・考え方を出来る限り取り入れる事です。
最初は、完璧にコピーするくらいの勢いでもいいと思います。



そうする事で、自分のなりたい自分に近づいていく事ができますよ。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。