夕張⇒伊勢志摩

テーマ:

明日からゆうばり映画祭に行く計画を立てていましたが、

北海道だとどうしても予算をオーバーしてしまうため、

青春18きっぷで三重・和歌山の方面へ行くことにしました。

鈍行9時間だって。

宿泊は、せっかく会員になったのでユースホステルを利用予定。


青春18きっぷは4年ぶり。

のろのろと電車の旅を楽しんできます電車



帰ってきたら、もうほとんど休みがないなぁ。

ちょっとおセンチ。

AD

Prost!

テーマ:


beer 実は、言う程お酒好きじゃないのでは?

と思っていたけど、

やっぱり私は酒好きでした。


ということで、

ドイツで飲んだビール、一挙公開です。


←可愛いコースターコレクション



ホーフブロイ・ドゥンケル (ミュンヘン)

ミュンヘン一、いやドイツ一有名なビアホール「ホーフブロイハウス」

(ホーフブロイ=醸造所)

の、黒ビール。

1ℓジョッキを飲み干しました。

1ℓはもはやピッチャー。

1時間半ほどかかった。

友人の頼んだ、定番の「ホーフブロイ・オリジナル」と、

ビールをレモネードで割った「ラドラー」も一口頂く。

ラドラーは甘くて飲み易く、

日本でもよく見かけるシャンディガフ のような感じ。

酔っ払いだらけの店のテンションも最高で、

途中、友人のオリジナルがサッカーファンに一口奪われるという

ハプニングめいた事態も発生。

しかし1ℓは多すぎるので逆に助かる。

実はハーフサイズも頼めるらしかったのだけど、

(メニューには載っていない)

1ℓジョッキは貴重な体験でした。


Tucher (ニュルンベルク)

おそらくニュルンベルク辺りの地ビール。

濁っていて、そこはかとなく刺身醤油のような味。

なのに不思議と旨い。


ラオホビアー (バンベルク)

麦芽を煙でいぶしたスモーキーな有名地ビール。

0.25ℓ頂いたけれど、癖があるのでそれ以上は無理そう。

飲んだことのない未知の味。


フュヒシェン・アルト (デュッセルドルフ)

デュッセルの地ビール、アルトビア。

その中でのイム・フュヒシェンという醸造所の自家製ビール。

一杯€1という驚きの安さ!

アルトビアはエールビールなのでとても飲み易い。

この旅いちばんの美味しさでした。

美味しかったので御代わり。

なんせ一杯€1♪


フリュー・ケルシュ (ケルン)

ケルンの地ビールはケルシュ。

大聖堂近くのフリューというお店で昼から飲みました。

ケルシュもエール。

よってとても好み。

よって御代わり。


豆知識ですが、どうやらケルンとデュッセルはあまり仲が良くなく、

ケルンでアルトを頼んだり、

逆にデュッセルでケルシュを頼んだりするのはよろしくないそう。

まあその土地のビールを頼むのは当然ですが。


以下はスーパーなどで購入して部屋で飲んだもの。


ベックス

ドイツで輸出量No1を誇る有名ビール。

どこにいっても見かけました。

薄い色のピルスナービールで、

風呂上りにさっぱりと飲みたい感じ。


ドム・ケルシュ

ケルシュは20以上の種類があるそうで、そのうちの一つ。

ドム=大聖堂。


ビットブルガー

こいつもどこに行っても見かけた。

白と金の瓶がお洒落。


ケストリッツァー・シュヴァルツビア

黒ビール。

ひたすら黒い。

ゲーテが愛したビールらしいです。



他にも、ハイデルベルクで店内に巨大醸造器のあるお店とか

いろいろ行ったのですが、

あいにく何ビールだかわからない・・・

とりあえず毎日ひたすら何か飲んでました。


ビール飲むためにドイツ行くのも良いなぁビール

AD

旅支度。

テーマ:

2月の頭から2週間、卒業旅行でドイツに行ってきます。

安いツアーも良いけれど、

それだと大きな観光地のみなのです。

我が故郷、デュッセルドルフに行くには個人旅行しかないのです。


るるぶやまっぷる、地球の歩き方は一通りチェックして、

もうちょっとコアなドイツ本を探してみました。


ドイツイラストガイドブック―ロマンチック街道と古城の旅/まつはし ゆか
いちばんのヒット!
綺麗なイラストで、観光スポットやレストラン、宿が紹介されています。
ここから見つけた宿が、安くて可愛くて参考になりました。
てくてくドイツ/いしかわ ともこ

最初に紹介した本よりイラストがポップ。

更に著者がドイツ初心者なので、あまり参考になりそうもない。

けどエピソードやイラストがほのぼのしてて読んでいて楽しい♪


ビールの国の贈りもの―ドイツビールと料理の楽しみ/野田 浩資

ドイツ行くならビールはマスト!

はたしてどれだけ飲めるのやら。

あぁ、でもワインも飲みたいし…(葛藤)

とってもドイツ博物館めぐり/小前 ひろみ

幸福の豚博物館が気になる…ぶーぶー



以上、全て図書館より。



予定を組み立てるのも楽しいけど、

荷造りも楽しい♪

とりあえず、ひたすら、防寒。



kutsu



飛行機&ホテル内のスリッパもフリースにしてみました。

なんかモンスターズインクみたいです。

可愛いし暖かいし、早くもお気に入りでヘビーユーズです。

関西夜行バスの旅。

テーマ:

今朝 京都から夜行バスで帰って来ました。

土曜朝7時に大阪到着。
毎回思うけど、夜行で朝に着いてもやる事無い。
観光しようにもどこも早くて10時から。
とりあえず朝ごはん食べて一休みしてから、
ホテルに荷物を預けて初日の一番早い回の
「嫌われ松子の一生」を見に高槻へ。
何も大阪まで行って映画館に行かなくても、とも思ったけど
せっかくの初日だし、朝一なら空いてるし、
お目当てのライブは1時からと言う中途半端な時間で、
それまでやる事無いし…。
ってことで眠い目こすって大阪で映画鑑賞。
派手で豪華な映画だった。

松子の愛した男達一人一人のエピソードはだいぶ短いものになっていたけど、

ミュージカル調でスピーディーな作りだし、あの尺では仕方ないのかな。

龍洋一だけはもうちょっと掘り下げても良かった気がするけど。

なんか原作よりだいぶ情けなくなってた気がしました(笑)

終わったら時間ギリギリで急いで大阪城野音へ。
えんもゆかりもない地で、
割とスムーズに乗り換えが出来る自分にちょっと感動。
東京60WATTSはトリだったけど、一番手の馬場俊英さんの
最後の曲のバックバンドにワッツ(-たけし)。
コーラスが素敵でしたvv
あとは、噂のいきものがかりとかロクセンチとか。
ロクセンチには完全にはまってますね。

今回も、ロクセンチが出て無かったら大阪まで行ってなかったかもしれない。
新局『マドレーヌ』の発売が楽しみです。

次の日は京都へー。
おすすめしてもらった「ひさご」という親子丼のお店に行って

清水寺付近を修学旅行の生徒にまじってうろうろして
京都大学チラ見して
鴨川ぶらぶらして
北野天満宮で牛ちゃんにべたべた触ってお参りして
六曜社っていう有名な洒落たカフェに行ったら
名物のドーナツが売りきれててすごすご退散して
ひたすら買い物して
ものすごい威勢の良い飲み屋に行って
夜行で帰宅。
前日とはうって変わって観光し尽くしました。
八つ橋買い過ぎて親に笑われた。


こんな一人旅だけど、楽しかった。
関西良いねー。ふらふらと突発的に行きたい。
次は夏辺りに。

いろいろお世話になりました。