団地

テーマ:
みなさん、さようなら/久保寺 健彦

本を読むキッカケ、

ほとんどダ・ヴィンチ。


2007年総まとめの回に載っていた

「みなさん、さようなら」


小学校を卒業以来、

団地の外に一歩も出ずに生活を送る主人公・悟。

そんなせまい世界で起こる出来事は、

意外とドラマチック。


中学校も通わず、

団地内の図書館に通い、トレーニングとパトロールに勤しむ。

そして職場はケーキ屋(もちろん、団地内)。

団地が寂れ、107人の同級生たちもどんどん団地を離れていくなか、

最後に残された悟は。。。




一年一年、章で区切られ、

章の始めに団地を離れる同級生の名前が書き連ねてあるのがリアルだったりします。

主人公以外にも気になる同級生がたくさんいるのに、

ちょこっとしか出てこなかったり、

いつの間にかいなくなっていたり、

そこが妙に気になる。



またしても徹夜で読んでしまいました。。

その夜の夢に、

小学校の頃団地に住んでいた、

好きだった男の子が出てきた。

そういえば、あの団地にもたくさんの同級生が住んでいたけど

数年前に行ってみたら物凄く寂しかった。

もう誰も住んでいないのかな…





ついでに、

その前に読み終わった本一冊。


十四番目の月 (文春文庫 う 17-3)/海月 ルイ

映画「さよなら、みどりちゃん」で流れていた

ユーミンの曲とタイトルが一緒だったので、購入してみました。


またしても誘拐もの。

しかも読む本読む本、誘拐は成功の設定。

この本は誘拐よりも「女性・母親」という要素に焦点を置いているのだけど、

どうにもイマイチ面白く感じない…。

共感できる部分が全く無いというか、

有り得ないだろ、な人物が出てきたりとか。

同じ記述を何度も何度も繰り返したり、

余計な設定があったり、

ちょっと残念でした。

AD

ビール本と歌野晶午

テーマ:

日本でも美味しいビールが飲みたい!

ということで、誘惑に負けて買ってしまった。

ニッポン地ビール百科/日本地麦酒愛好倶楽部
¥2,100

旨そうなのがあったら、3月中にふらーっと行ってしまおうと画策してます。


これも面白そうでした↓

マイスターのドイツビール案内/高橋 康典
¥1,260

これは読み物系だったので、

図書館で借りてきて読もうと思っています。



さて、ドイツ旅行中のお供は、

友人におススメされたこの一冊でした。


慟哭 (創元推理文庫)/貫井 徳郎
¥780

どんでん返しが凄いと言われたけれど、

先が読めてしまったら、

なんてことはない話でした。。

そもそもそこに力を入れすぎて、

他の部分に魅力を感じるところが無かったのが残念。

なぜそこまで娘に執着するのか、など、

理不尽な設定も多かった。

その上、終わりはあっさり。

ちょっと物足りない。


今読んでるのはこれです↓


世界の終わり、あるいは始まり (角川文庫)/歌野 晶午
¥780

「葉桜の季節に~」で、見事に騙された歌野晶午。

この作品にもトリックが隠されているのか、

中盤で早くもクライマックスのような流れで

これからどうなるなるのか、

はらはらしながら読んでます。



葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫 う 20-1)/歌野 晶午
¥660
AD

鹿男あをによし

テーマ:

ちょっとちょっと!

かりんとうが・・・女!?



ドラマを見てない&原作を読んでない方には

さっぱりな話題で申し訳ないですが、それ程衝撃だったのです。


ただいま原作を1/3ほど読んだところで、

いつまでたっても綾瀬はるかっぽい人物が出てこないなー、

と思っていたら、綾瀬はるか=かりんとう、ですか。


原作には無い恋愛要素を無理やり入れる為??

今後どうなることやら。。


ドラマを見ていると、どんどんネタバレしていきそうなので、

次の放送までには原作読み終えねば。

「鴨川ホルモー」もそうだったけど、

最後の最後まで面白くて一気に読めます。

たぶん、今晩は徹夜。




それにしても、佐々木蔵之介は奈良が似合うなぁ。

(出身は京都だそう。)

AD

またしても徹夜

テーマ:
(e_e).。oO
鴨川ホルモー/万城目 学


面白かった。

森見登美彦は口に合わなかったので、

こっちもちょっと敬遠していたのですが、読み始めたら止まりません!

キャラクターとか、ちょっとした言葉の使い方がツボにはまります。

京都の大学生活に少し憧れ。



さぁ間髪いれずに次は奈良!


鹿男あをによし/万城目 学


読み始めています。

ドラマ も楽しみ。明日17日22時からです。




活字中毒か

テーマ:

ってくらい、本が手放せません。

と言っても、スピードは遅いのでのんびりと読んでいるのですが。


火の粉 (幻冬舎文庫)/雫井 脩介

続きが気になってなかなか本を閉じることが出来ず、

徹夜で読んでしまいました。

恐ろしい。

冤罪とか誤審とか、そっちのほうに話を持っていくと思いきや…






ついつい文庫ばっかり読んでしまうけど、

早く鴨川ホルモーも読まなくては。