今年三作目。

テーマ:

ジャーマン+雨に引き続き、行ってきましたユーロスペース。

さいきんよく通ってます。


「かぞくのひけつ」

大阪の十三を舞台に、なんてことはない家族(父は浮気性)と、

その一人息子の恋愛をちょこっとおかしく描いた映画です。

とにかく谷村美月が観たくて、

それ以外の役者さんはほとんど知らなかったけど(母親の秋野ようこはかろうじて…)、

家族も高校の同級生も近所のおっちゃんらも、いい味出してました。


特に、主人公の親友・村田役の小堀正博

一目惚れ。

いや、一目じゃないな。

コメディもこなす感じが良いです。

恐らくは全くの無名ですが、よろしく。

それにしても、天然コケッコーの岡田将生といい、

気になる男の子がどんどん年下になっていきますね。。


谷村美月は相変わらず良いなー。

思わず写真集を買ってしまいそうな。



東京では引き続き、ポレポレ東中野でも上映予定です。

AD

天気が良かったので谷中から上野までをお散歩。
愛玉子2

途中で、映画「転々」に登場する「愛玉子(オーギョーチー)」を発見。

中に入ったら、映画とは若干造りが違っていたのですが、

帰ってから調べたら映画のシーンの参考になっただけで

実際にお店の中の様子を撮影したのは別の場所のよう。


このお店、引きこもり息子の石原良純が出てくる

非常に笑えるシーンです。




愛玉子1  愛玉子。

そのものに味は無い、寒天のようなものでした。

檸檬シロップが美味です。


ただ、食べた後にかなり体が冷えたので、

夏に食べるのが良さそうです。



「転々」は昨年末に鑑賞しました。

前半は東京散歩、後半は家族ごっこ。

擬似家族の妹が可愛すぎです。

鑑賞後はなんだか温かくなりました。

そして、東京をふらふらしたくなる。



淡々と進むとこは「亀は意外と早く泳ぐ」に通じるものがあります。



亀は意外と速く泳ぐ デラックス版

れっつ東京散歩 あし
AD

面白かったら儲けもんだなー、

くらいの感覚で観に行く作品の方が、

ものすごくガツンとくることが多々ありますが、、


『ジャーマン+雨』


笑った。

笑っていいのか分からない場面も笑ってしまった。


主人公はブスで乱暴なよしこ、16歳。

高校にもいかず、歌手と母親になる事を目指し、

日々たて笛で作曲。

作曲の材料は「トラウマ」。


タイトルのジャーマン+雨は、

ドイツ人のトラウマを元によしこがつくった曲。

この曲を大声で歌うシーンがすごい。

歌は上手くないはずなのに、

どこかしらから湧き出る迫力…


いつしかよしこが愛おしくなっています。。




ユーロスペースにてレイトショー上映中。

AD

ロボ魂

テーマ:

レンタル落ちで購入したロボコン。

それ程期待していなかったけど、

なかなかでした。


ストーリーは青春モノにありがちな

やる気のない落ちこぼれが力を合わせて大会で優勝!

というもので、若干退屈する部分もあるけれど、

何がいいってロボットコンテストの映像がね、

過剰な音楽もカメラワークも無いのに

ものすごい手に汗握るんです。

はらはらして声が出ちゃうんです。


理系の青春、ロボコンに拍手。



今よりこの頃の長澤まさみの方が可愛いかも。



ロボコン
¥2,952
Amazon.co.jp

ハチミツとクローバー

テーマ:

ハチミツとクローバー、ドラマ化決定らしいです。

映画版を久しぶりに観たくなって、

TSUTAYAに借りに行ったところなのでちょっとタイムリー。


はぐは成海璃子、竹本くんは生田斗真。

映画版のキャストが良かったのでどうなるんでしょう。

とりあえず真山と森田さんがぴったりなら良いです。


でもやっぱり加瀬亮の真山は良かったなー。

ハチミツとクローバー ~恋に落ちた瞬間~
¥2,149
Amazon.co.jp

意外と安いので買っちゃおうかな。


ドラマってことで、映画では消化できなかったエピソードとか

上手く取り入れてることを期待します。